キューブリック作品上映・TV放映・ネット配信情報

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
the_shining

『シャイニング』4K版

NHK プレミアムシネマ4K
5月1日(土)午後11時30分〜 午前1時55分

主演ジャック・ニコルソン、鬼才スタンリー・キューブリック監督が、スティーブン・キングの小説を映画化。雪に閉ざされた巨大なホテルで起こる恐怖を描く傑作ホラー映画。

鬼才スタンリー・キューブリック監督が、スティーブン・キングの小説を映画化。名優ジャック・ニコルソンの怪演が光る傑作ホラー。作家志望のジャックは、大雪のため、冬の間は閉鎖されるホテルの管理人を引き受け、妻と幼い息子とやって来る。ホテルでは過去に忌まわしい事件が起きていた。はじめは気にしていなかったジャックだが、亡霊たちにそそのかされ、狂気に取りつかれていく…。日本公開版より長い北米公開版での放送。

【監督】スタンリー・キューブリック,【出演】ジャック・ニコルソン,シェリー・デュバル,ダニー・ロイド,スキャットマン・クローザース,【原作】スティーブン・キング,【脚本】スタンリー・キューブリック,ダイアン・ジョンソン,【音楽】ウェンディ・カルロス,レイチェル・エルカインド

(引用元:NHK プレミアムシネマ4K




 NHKのBS4K放送での「プレミアムシネマ」です。通常のBSシネマとは異なりますのでご注意ください。4Kの北米版ということで、今夏『午前十時の映画祭11』で上映されるものと同じソースだと思われます。加入している方は録画予約を忘れずに。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スタンリー・キューブリック:FILMMAKERS/名監督ドキュメンタリー<映画製作の舞台裏>「ライフ・イン・ピクチャー」

 謎に包まれた巨匠スタンリー・キューブリックの生涯とキャリアを探求する貴重なドキュメンタリー映画。ナレーションはトム・クルーズ。数々の写真や映像作品、ホームビデオなどの資料や、キューブリックの作品に携わったスタッフやキャストの証言によって、如何にして彼が歴史に残る偉大な名作を残したか、その作家性や独自の視点に迫る。『2001年宇宙の旅』の原作者アーサー・C・クラークをはじめ、ニコール・キッドマン、ジャック・ニコルソン、シェリー・デュバル、マルコム・マクダウェル、マシュー・モディーン他キューブリック作品出演者、スティーブン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシ、ウッディ・アレン、シドニー・ポラックら名監督など、豪華メンバーのインタビューによって明かされるキューブリックの知られざる真実がここにある。
※2001年2月にベルリン国際映画祭で初上映。その後DVD発売やTV放送が各国でされた作品。

監督/製作:ヤン・ハーラン
製作:2001年
本編:約142分
出演:スティーブン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシ、ウッディ・アレン、シドニー・ポラック、アーサー・C・クラーク、トム・クルーズ、ニコール・キッドマン、ジャック・ニコルソン、シェリー・デュバル、マルコム・マクダウェル、マシュー・モディーン 他
ナレーション:トム・クルーズ




 2001年のDVDボックスに特典として初収録されて以来、BDボックスやBS、CSなどでオンエアされてきた名作ドキュメンタリー『ライフ・イン・ピクチャー(A Life in Pictures)』が現在YouTubeで無料公開中です。長さは2時間22分と長尺ですが、キューブリック全作品を網羅し、映画に捧げたその生涯を紹介し、数多くの関係者のインタビューを収録したのですから、どんなに長くても観る価値はあります。というか、これを観ずして「キューブリック」を語ってはいけないレベルだと思います。

 『恐怖と欲望』から『アイズ ワイド シャット』までのキューブリック全13作品、『ライフ・イン・ピクチャー(A Life in Pictures)』『キューブリックの素顔(Kubrick Remembered)』の長尺ドキュメンタリー2本、『映画監督スタンリー・キューブリック』『キューブリック全書』『アイズ ワイド オープン』の分厚い関連書籍3冊。他にもキューブリック関連資料はいくつもありますが、キューブリックを「解説」するなら最低限これくらいは観て、読んでおかなければならないでしょう。それだけ人様に「解説」するというのは「知識の裏付け」という「責任」が伴うのです。ですが現実は、単にアクセスを集めたいがためにアップされた浅慮な記事や動画の数々が、ネット上や巷に溢れています。それらがいかに「知識不足」かは、これらをクリアしているファンのみなさんは気づいています(いちいち指摘はされないので、ご本人は気づかれていることにさえ気づいていない)。それを「稚拙で恥ずかしい」と思う良心が少しでもあるのなら、ただちにその無責任な行為を止めるべきです。

 私は感想や評価、好悪といったものは公表しても構わないし、大いに語り合うべきものだと思っています。しかし「解説」は違います。人様に解説するに値しない浅い知識しか持ち合わせていない(自称)ライターや解説動画制作者たちは、このドキュメンタリーを隅々まで観て、「恥を知って」欲しいものだと思っています。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
『午前十時の映画祭11』の予告動画。『2001年宇宙の旅』がないのが気になりますが、新しいDCPが間に合わなかったという理由ならば期待できるかも。

 昨年春、第10回で惜しまれつつ終了した『午前十時の映画祭』が『午前十時の映画祭11』として復活し、その記念すべき復活第1回のラインナップに『シャイニング(北米版)』『2001年宇宙の旅』が上映されることが決定しました!『2001年宇宙の旅』は2013〜14年以来、『シャイニング(北米版)』は初ラインナップになります。

 『シャイニング』は、過去に映画祭などでは北米版の上映がありましたが、4K・北米版の上映は日本初です。ただ4KといってもDCPも上映設備も2Kなので、正しくは「4Kスキャンの映像ソースを2Kで視聴」ということになります。現在の日本で4K上映ができる施設はIMAXレーザーなど一部のみです。画質に過剰な期待を抱くと肩透かしにあいますのでその点はご注意ください(もちろん4Kスキャンの恩恵はそれなりに受けられるとは思います)。

 一方の『2001年宇宙の旅』ですが、2013〜14年のデジタル化第一回上映時のDCPははっきり言って画質も音質もイマイチだった記憶があります(2018年のIMAX上映はIMAX専用バージョンで素晴らしかった)。今回それと同じDCPかどうかは確認しなければなりませんが、もし8Kスキャンされたソースを使って新しく制作されたDCPなら画質や音質の改善が期待できます。ただ、シネスコサイズを無理やりビスタサイズのスクリーンに投影するのは同じだと思いますので、上下に大きく黒帯が出現します。ですので、選べるならなるべくスクリーンサイズの大きい上映館でご鑑賞ください。

 上映情報は以下の通り。今後情報が更新されていくと思いますので、この記事を鵜呑みにせず、常に新しい情報を公式サイトから入手するようにしてください。

 でも、やっぱりキューブリック作品を採り上げてくれるのは嬉しいですね!!なかなか劇場で視聴する機会はありませんので、未見の方や円盤や配信で視聴済みな方も是非この機会をお見逃しなく!



『シャイニング(4K・北米版)』

・グループA 2021年7月23日(金)〜8月5日(木)
・グループB 2021年7月09日(金)〜7月22日(木)

『2001年宇宙の旅』

・グループA 2021年7月9日(金)〜7月22日(木)
・グループB 2021年7月23日(金)〜8月5日(木)

上映館はこちら

『午前十時の映画祭11』

【開催期間】 2021年4月2日(金) 〜 2022年3月31日(木)の全52週間
【開催劇場】 全国63か所の映画館・シネマコンプレックス 詳しくはこちら
【上映時間】 午前中スタート
※各劇場、各作品により上映開始時間が変わります。
※ご鑑賞になる前に、各劇場にお問合せいただくか、各劇場公式サイトをご確認ください。
【上映期間】 全作品基本2週間上映
※作品によっては1週間上映の場合もございます。ご注意ください。
【上映作品】 上映作品は全27作品
・外国映画の新セレクト作品/19本
・日本映画の新セレクト作品/ 3本
・これまで映画祭で上映した外国映画作品/4本
・これまで映画祭で上映した日本映画作品/1本
【鑑賞料金】 ※各劇場により鑑賞料金が変わります。
※各劇場にお問合せいただくか、各劇場公式サイトをご確認ください。

(引用元:『午前十時の映画祭11』公式サイト
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
eyes_wide_shut
画像引用:IMDb - Eyes Wide Shut

 スタンリー・キューブリックが最後に挑んだテーマ、それは性的な精神世界への旅立ちと緊迫のサスペンスの融合。そしてこの作品はトム・クルーズとニコール・キッドマンという二人のスターのキャリアにおける試金石となった。クルーズの演じる医師は、彼の妻(キッドマン)から性の欲望を告白されたことが引き金となり ― それが恐るべき殺人事件に発展していくとも知らずに ― 自らの結婚生活を脅かすほどエロティックな衝動に埋没していく。疑惑と恐怖から脱皮し、自己発見と調和へと続く道が、キューブリックの振るタクトによって、花開いていくかのようだ。優雅な撮影、卓越した色彩、息をのむ映像。時代を代表するフィルム・メーカーとしての名声を欲しいままにしたキューブリックが見せる勇壮華麗な演出は、全ての人の目を大きく見開かせ続けるだろう。

再生時間:02:39:07
配信期間:2020年12月28日(月) 00:00 〜 2021年3月7日(日) 23:59

(引用:GYAO!『アイズ ワイド ショット』




 Yahoo系の動画配信サイト、GYAO!が『アイズ ワイド シャット』を無料配信中です。登録の必要ありませんので気軽に観られるのがいいですね。未見の方はこの機会にぜひどうぞ。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
FMJ_1
画像引用:IMDb - Full Metal Jacket

『フルメタル・ジャケット』
2020年12月22日(火) 23:59まで

 スタンリー・キューブリックがベトナム戦争を描いた見事なサーガが炸裂。マシュー・モディーン(『エニイ・ギブン・サンデー』)、ビンセント・ドノフリオ(TVドラマ『LAW & ORDER:クリミナル・インテント』)他、第一級の出演陣がアメリカ海兵隊の新兵を熱演。過酷極まりない基礎訓練から人間性を奪う戦場の影響まで、壮絶な体験が克明に綴られている。ノンストップのアクションと痛烈なユーモアが詰まった『フルメタル・ジャケット』。観れば、心を撃ち抜かれる。

キャスト:ジョーカー/マシュー・モディーン 教官ハートマン/R・リー・アーメイ アニマル・マザー/アダム・ボールドウィン レナード/ビンセント・ドノフリオ
スタッフ:製作/スタンリー・キューブリック 監督/スタンリー・キューブリック 脚本/スタンリー・キューブリック 脚本/マイケル・ハー 原作/グスタフ・ハスフォード

再生時間:01:56:38

配信期間:2020年10月14日(水) 00:00 〜 2020年12月22日(火) 23:59

(引用:GYAO!『フルメタル・ジャケット』




 4K UHD BDが12月に発売になるのでそのプロモーションでしょうか? 広告はウザいですが無料ですのでそれは我慢しましょう。『フルメタル…』の管理人のレビューはこちら。初見の方はぜひ参考にしてみてください。ただし、主流の解釈ではないので念のため。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ