キューブリック作品上映・TV放映・ネット配信情報

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2001
画像引用:IMDb - 2001: A Space Odyssey

NHK BS8K『8K完全版 2001年宇宙の旅』
<字幕スーパー><レターボックスサイズ>

映画史にさん然と輝く、巨匠スタンリー・キューブリック監督の傑作SF映画。70ミリで製作された超大作のオリジナル・ネガをもとに8K化し、修復を行った8K完全版。

1968年、当時最高のクオリティーを誇る70ミリフィルムで製作・公開されたSF超大作を、オリジナル・ネガをもとに8K化し、色彩や傷などの修復を行った8K完全版。謎の物体モノリスと人類との出会い、宇宙船ディスカバリー号の木星への旅など、知的好奇心に満ちた物語と、巨匠スタンリー・キューブリック監督の圧倒的な映像美が、8Kによって細部まで鮮明によみがえる。今なお最高のSF映画とされる映画史上の傑作。

【監督】スタンリー・キューブリック,【出演】ケア・ダレー,ゲイリー・ロックウッド,ウィリアム・シルベスター,【脚本】スタンリー・キューブリック,アーサー・C・クラーク

<20:27.38-20:30.23 インターミッション>

(引用:NHKホームページ




 もう何度目かわからないBS8Kでの『2001年宇宙の旅』のオンエアですが、初オンエア時のレポはこちらをご参照ください。年末年始に『2001年』がオンエアされることは過去も多かったのですが、8K版が登場してから通常のBSシネマではオンエアしてくれなくなりました。おそらく8K普及を狙ったNHKの戦略的判断だと思いますが、やっぱりBSで気軽に観たいですね。

 ところで川崎のチネチッタで「<ザウンドレボリューション 2022-23>『2001年宇宙の旅』<特別興行>」と題して大晦日に再上映があったそうです。チネチッタでの上映レポはこちらをご参照ください。
 
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ama_pra

 ついこの間キューブリック全作品がAmazonプライム無料から外れたと思ったら、いつのまにかしれっと復活している様です。Amazonのやることはよくわからないですね。

 それはともかく、Amazonプライム会員なら無料で見放題ですので、この年末年始はキューブリック三昧はいかがでしょうか? オススメは裏話満載のドキュメンタリー『2001年 神話の創造』です。訳が良くないのですが、まあ大体のことはわかります。ちなみにこのドキュメンタリーはBDやUHDに収録されていますので、そちらでもご覧いただけます。そっちの訳はしっかりしていますので、訳が気になる方はご購入をご検討ください。

 ご視聴は以下のリンクからどうぞ。

『2001年 神話の創造』

『2001年宇宙の旅』(字幕版)

『時計じかけのオレンジ』(字幕版)

『シャイニング』(字幕版)

『フルメタル・ジャケット』(字幕版)

『アイズ ワイド シャット』(字幕版)
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
barry_lyndon
画像引用:IMDb - Barry Lyndon

バリー・リンドン Barry Lyndon (185分・35mm・カラー)

2023年1月6日(金) 5:50 PM@小ホール
2023年1月13日(金) 5:50 PM@小ホール
2023年1月15日(日) 12:00 PM@小ホール

1975(英/米:ホーク・フィルム/ペレグリン/ワーナー ブラザース)(監・脚)スタンリー・キューブリック(原)ウィリアム・メイクピース・サッカレー(撮)ジョン・オルコット(美)ケン・アダム、ロイ・ウォーカー(音)レナード・ローゼンマン(出)ライアン・オニール、マリサ・ベレンソン、パトリック・マギー、ハーディ・クリューガー(解)マイケル・ホーダーン

【第48回アカデミー賞 撮影賞、歌曲賞、美術賞、衣裳デザイン賞】

ヴィクトリア朝時代を代表するサッカレーの小説を巨匠キューブリックが映画化。アイルランドの農家の息子バリーが18世紀イギリスの貴族社会でのしあがり、やがて欲望のうちに破滅していく。緻密な時代考証のもと、ケン・アダムによる美術、ミレーネ・カノネロとウルラ=ブリット・ショダールンドによる衣裳などによって当時の風俗を再現、さらにアポロ計画のために開発されたレンズや超高感度フィルムを用いて蝋燭の灯りのみで撮影を行ったことも話題を呼んだ。

協力:ワーナー ブラザース ジャパン

(引用:国立映画アーカイブ公式サイト




 来年年明け早々に東京・京橋の国立映画アーカイブにて『バリー・リンドン』が35mmで上映されるそうです。『バリー…』はすでにDCP化され、過去にシネコン等で上映されたことがありますが、35mmフィルムで鑑賞する機会はこの国立映画アーカイブでの上映しか(おそらく)ないでしょう。

 チケット発売の詳細はこちら。管理人はチケット入手できましたら行きたいと思います。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 稀代の映画監督スタンリー・キューブリック。その代表作とドキュメンタリー作品を特集編成。CS初放送となる『キューブリックに愛された男』、『キューブリックに魅せられた男』のほか、『時計じかけのオレンジ』を加え3作品をお届け。

『キューブリックに愛された男』

 天才映画監督スタンリー・キューブリックとイタリア人の私設運転手。30年にも及ぶ2人の奇妙な友情を追ったドキュメンタリー。

『キューブリックに魅せられた男』

 スタンリー・キューブリックに魅了され、彼の専属アシスタントとなった青年。その壮絶な半生と、天才映画作家の仕事ぶりを記録したドキュメンタリー。

『時計じかけのオレンジ』

 鬼才スタンリー・キューブリック監督の傑作SF。完全に管理された未来社会で、エネルギーをもてあますティーン・エイジャーの暴力を風刺的に描く。

(引用元:ムービープラス公式サイト




 CSでは定番の『時計じかけのオレンジ』に加え、『キューブリックに愛された男』『キューブリックに魅せられた男』の2本のドキュメンタリーはCS初登場になります。ちなみにドキュメンタリーの原題は『S Is For Stanley(SはスタンリーのS)』『Film Worker(映画労働者)』です。邦題は正直気に入っていません。まあ、キューブリックのドキュメンタリーであることを明確に示したかったのだと思いますが・・・。もう少しなんとかならなかったのか?というのが正直なところですね。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
81k-nd8YrdL._AC_UL320_

 俗に言う「アマプラ無料」に『2001年宇宙の旅』『シャイニング』『アイズ ワイド シャット』が追加されました。どのタイミングでどの作品が無料になるかはアマゾンの胸先三寸なのですが、こうコロコロと追加と終了を繰り返すと「もうキューブリック作品は全部無料でよくね?」とか思ってしまいますね。

 ついでと言っては何ですが、『シャイニング』の続編である『ドクター・スリープ』も無料になっています。また、訳が雑なのですが『2001年…』のメイキング・ドキュメンタリー『2001年 神話の創造』も無料です。特に後者はオススメです。アマプラ会員の方は、この機会にぜひご視聴を。

【キューブリック関係のアマゾンプライム会員対象無料視聴作品】

『2001年宇宙の旅』
『シャイニング』
『アイズ ワイド シャット』
『ドクター・スリープ』
『2001年 神話の創造』
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ