キューブリック作品のDVD/BD/DL販売

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
61oTeOALJqL._AC_SL1000_

巨匠スタンリー・キューブリックの傑作集!
4フィルム・コレクションが4K Ultra HD&ブルーレイセット+豪華ペーパープレミアム付きで登場!


●『フルメタル・ジャケット』製作35周年記念

●収録作品
2001年宇宙の旅 日本語吹替音声追加収録版〈4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイ〉(3枚組)
時計じかけのオレンジ 〈4K ULTRA HD & ブルーレイセット〉(2枚組)
シャイニング 北米公開版〈4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイ〉(2枚組)
フルメタル・ジャケット 日本語吹替音声収録版 〈4K ULTRA HD & ブルーレイセット〉(2枚組)

●仕様
■新登場キーアート&アウターBOX
■豪華ペーパープレミアム付き
・ブックレット(12ページ)
・アートカード コレクション:2001年宇宙の旅(4枚組)/時計じかけのオレンジ(4枚組)/シャイニング(4枚組)/フルメタル・ジャケット(4枚組)

【ストーリー】
『2001年宇宙の旅』
人間 vs. コンピュータの戦いを、陶酔の映像と音楽で描き出し、アカデミー賞を受賞した『2001年宇宙の旅』。キューブリック(アーサー・C・クラークと脚本を共同執筆)は、有史前の類人猿から植民地化が進む宇宙へ、数千年もの時間を超越する離れ業をやってのけた。人類がまだ見ぬ宇宙の領域に足を踏み入れた宇宙飛行士ボーマン(キア・デュリア)は、不滅の存在へと昇華していくのだろうか。「HAL、進入口を開けろ! 」という悲痛な願いと共に、無限の可能性に満ちた未知への旅を始めよう。

『時計じかけのオレンジ』
喧騒、強盗、歌、タップダンス、暴力。山高帽の反逆児アレックス(マルコム・マクダウェル)は、今日も変わらず最高の時間を楽しんでいた ―他人の犠牲の上にのみ成り立つ最高の時間を。モラルを持たない残忍な男が洗脳によって模範市民に作りかえられ、再び元の姿に戻っていく。多様な意味での恐怖を込めたアンソニー・バージェスの小説を、キューブリックが近未来に舞台を移し映画化。公開当初世界中に衝撃を与え、NY批評家協会賞の作品賞と監督賞を受賞、現在に至っても圧倒的な求心力は観る者を魅了し続けている。

『シャイニング』
スティーブン・キングの原作小説を基に、スタンリー・キューブリック自らが脚色を手がけたホラー映画の金字塔。鮮やかな演技、戦慄の設定、そしてトラッキング・ショットによる幻想的な映像を融合し、かつてない恐怖の世界を描き出す。ジャック・ニコルソン演じるジャック・トランスは、妻(シェリー・デュバル)と息子(ダニー・ロイド)と共に優雅なオーバールック・ホテルを冬季管理人として訪れたことから物語は始まる。トランスはこのホテルを訪れたことはないはずなのだが ― 果たしてその答えは、狂気と殺戮が渦巻くこの場所にある。

『フルメタル・ジャケット』
スタンリー・キューブリックがベトナム戦争を描いた見事なサーガが炸裂。マシュー・モディーン、ビンセント・ドノフリオ他、第一級の出演陣がアメリカ海兵隊の新兵を熱演。過酷極まりない基礎訓練から人間性を奪う戦場の影響まで、壮絶な体験が克明に綴られている。ノンストップのアクションと痛烈なユーモアが詰まった『フルメタル・ジャケット』。観れば、心を撃ち抜かれる。

【キャスト】
デイビッド・ボウマン:(2001年宇宙の旅)キア・デュリア、フランク・プール:(2001年宇宙の旅)ゲイリー・ロックウッド、ジャック・トランス:(シャイニング)ジャック・ニコルソン、ウェンディー・トランス:(シャイニング)シェリー・デュバル、ダニー・トランス:(シャイニング)ダニー・ロイド、アレックス:(時計じかけのオレンジ)マルコム・マクダウェル、アレクサンダー:(時計じかけのオレンジ)パトリック・マギー、ジョーカー:(フルメタル・ジャケット)マシュー・モディーン、教官ハートマン:(フルメタル・ジャケット)R・リー・アーメイ、アニマル・マザー:(フルメタル・ジャケット)アダム・ボールドウィン、レナード:(フルメタル・ジャケット)ビンセント・ドノフリオ

【スタッフ】
監督:スタンリー・キューブリック

『2001年宇宙の旅』映像特典
・『“2001年"という神話』
・『キューブリックが残した遺物』
・『キューブリックの見た未来』
・『2001年という“未来"』
・『“2001年宇宙の旅"の哲学』
・コンセプチュアルアート
・キューブリックの初期作品
・キューブリックのインタビュー

『シャイニング』映像特典
・ステディカム開発者ギャレット・ブラウンと映画評論家ジョン・バクスターによる音声解説
・『メイキング・ザ・シャイニング』ヴィヴィアン・キューブリックによる音声解説
・『恐怖の展望ホテル』
・『スタンリー・キューブリックの世界』
・インタビュー:音楽ウェンディ・カーロス
・ステディカム開発者ギャレット・ブラウンと映画評論家ジョン・バクスターによる音声解説

『時計じかけのオレンジ』映像特典
・ドキュメンタリー(43分)
・メイキング(28分)
・『オー・ラッキーマルコム!』(86分)
・オリジナル劇場予告編

■製作:1968/1971/1980/2008 アメリカ/イギリス

(C) 1980 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved./(C) 1987 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved./(C) 2011 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved./(C) 2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

【Ultra HD ブルーレイ】
●ご視聴にはUltra HD ブルーレイ再生対応機器が必要となります。
●[4K ULTRA HDを高品質でお楽しみいただくために]
4K ULTRA HDは4K解像度・HDR(ハイダイナミックレンジ)・広色域での再生に対応しています。
ご視聴には、Ultra HD ブルーレイ再生対応機器に加え、4K/HDR対応テレビでのご視聴をおすすめいたします。

発売予定日:2022年12月2日
販売価格:26,800円(現時点)

詳細はAmazonの販売ページへ。




 既発売の『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『シャイニング』『フルメタル・ジャケット』の4K UHD & BDのディスクをまとめて、紙モノの特典を追加しただけですね。特典映像も既発表ばかりで新しい映像はなさそうです。

 気になるのは12Pのブックレットですが、たいしたものではないのでは、という気がしますが果たして・・・? しかも現在バラ売り中の以下の4作品を合計するとなんと13,746円。ディスクの内容が同じなら選択肢は紙モノ特典次第となりますが、おそらく4Kセットはクリスマス〜年末商戦向けですので、その時期を過ぎると値下がりは確実です。うーん、あんまり食指が伸びない気が・・・。『アイズ…』『バリー…』『ロリータ』の4K化は確実でしょうから、それらをセットしたボックスが出るまでの「つなぎ」の意味しか感じられません。ワーナーお得意の小出し作戦、乗るか乗らないかは慎重にご判断していただくことをお勧めいたします。

フルメタル・ジャケット 日本語吹替音声収録版 (4K ULTRA HD & ブルーレイセット)(2枚組) [4K ULTRA HD + Blu-ray]/3,173円

シャイニング 4K ULTRA HD & HD デジタル・リマスター 北米公開版 (2枚組) [Blu-ray]/3,045円

(初回限定生産)時計じかけのオレンジ (4K ULTRA HD & ブルーレイセット)(2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]/4,537円

2001年宇宙の旅 日本語吹替音声追加収録版 4K ULTRA HD& Blu-ray (3枚組)/2,991円
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
DSC03548
後に続々とリリースされるDVDボックスセットの第一弾。発売当時は画質が悪いと不評だった。

 キューブリック作品のソフト化はVHS(ビデオテープ)からLD(レーザーディスク)の時代を経て(他にも色々ありましたがそれは省略して)、1990年代の終わり頃からDVD化がスタートしました。このボックスセットは1999年9月9日に発売されたもので、初DVDボックスセットとして所有している方も多いかと思います。

 収録作品は『時計じかけのオレンジ』『バリー・リンドン』『シャイニング』『フルメタル・ジャケット』の4枚組。よく知られているようにこのDVDはアスペクト比がスタンダート収録ですが、残念ながらデジタルリマスター前なので、画質は粒状感が目立ちます(下記参照)。あと『シャイニング』はなぜか北米版(143分)のロングバージョンが収録されています。そしてこれが一番重要なのですが、音声がキューブリックの意図したモノラル収録なんですね。ですので、その意味では貴重な盤と言えると思います。

 これ以降、デジタルリマスター版、リマスター版、BD、4K UHDと高画質・高音質化が進んでいくのですが、それはキューブリックの伺い知らないところでされていることです。もちろん今更そんなことを言っても詮ないだけですが、一般のファンならともかく、キューブリック原理主義者なら撮影時のアス比(スタンダートやヨーロッパビスタ)でモノラル収録の初DVDは一通り所有してもいいかも知れませんね。

 ちなみにキューブリックは上映は『バリー・リンドン』までヨーロッパビスタ、『シャイニング』以降はアメリカンビスタを想定して撮影しています。ですので『シャイニング』以降が16:9収録なのは問題ないのですが、『バリー…』はヨーロッパビスタ想定なので、16:9で視聴する場合は左右に黒帯(ピラーボックス)が必要になります。ですが、現行のBDはそうなっていません。クライテリオン版のBDはヨーロッパビスタでリリースされていますので、将来予想される4K UHDでのリリースの際には、ぜひともヨーロッパビスタでリリースをお願いしますよワーナーさん!

the_shining_dvd
初DVD版(左)とデジタルリマスター版DVD(右)の画質の違い。アスペクト比はどちらもスタンダード。

The_shining_DVD
スタンダート・モノラル収録、北米版(143分)の初DVD版(左)とスタンダート・デジタルレストア&デジタルリマスター、5.1chサラウンド収録、コンチネンタル版(119分)のデジタルリマスター版DVD(右)

 このDVDボックス、Amazonでも売っていますがヤフオクでもたまに見かけます。大体1,500〜2,000円くらい。スタンダート収録でモノラル音声、北米版(143分)の『シャイニング』が欲しい場合は、このボックスセットか単品パッケージ版を入手するしかありません。その際はパッケージ上部の青帯が「STANLEY KUBRICK COLLECTION」だけで「DIGITALLY RESTORED AND REMASTERED」と入っていないものを間違わないようにお選びください。なお、北米版は4K UHDですでにリリースされています。16:9でも構わないから北米版ロングバージョンを高画質で観たい、と言う方はこちらをお選びください。


スタンリー・キューブリック DVDスペシャルBOX(amazon)



シャイニング 特別版 [DVD](amazon)




シャイニング 4K ULTRA HD & HD デジタル・リマスター 北米公開版 (2枚組) [Blu-ray](amazon)
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
amazonBF

 Amazonのブラックフライデーのセールが始まりました。キューブリック関連の商品では以下のBD、UHDがお買い求めやすくなっています。セール終了まで6日。在庫が少ないものもありますので、購入予定がある方はお早めに。

2001年宇宙の旅 日本語吹替音声追加収録版 4K ULTRA HD& Blu-ray (3枚組)
 ¥6,589 特選タイムセール:¥3,295


スパルタカス 4K Ultra HD+ブルーレイ[4K ULTRA HD + Blu-ray]
 ¥6,589 特選タイムセール:¥3,295


【Amazon.co.jp限定】スパルタカス スチールブック・ブルーレイ [Blu-ray]
 特選タイムセール:¥3,234


【Amazon.co.jp限定】(1000セット数量限定)フルメタル・ジャケット 日本語吹替音声収録版 (4K ULTRA HD & ブルーレイセット)スチールブック仕様(2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]
 セール特価:¥5,545


フルメタル・ジャケット 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ(2枚組) [Blu-ray]
 参考価格:¥6,369 特選タイムセール:¥3,503
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1474_5
ヨーロッパビスタでの表示。劇場公開時はこのアスペクト比だった。

STD
スタンダードでの表示。このアスペクト比で表示されれば、左右カットで再生(放映)されるリスクはない。

u316140892.1
当該のクライテリオン版レーザーディスク(LD)。

 キューブリックがワイドのマスクをNGにし、マルチアスペクトでの表示を指示した『博士の異常な愛情』クライテリオン版LDの詳細がありましたのでご紹介(引用元はこちら)。発売は1992年6月24日です。

 『博士の異常な愛情』のwikiには

この処置で破棄された効果の最たるものは、核爆弾と共にコング少佐が落下して行く場面でビスタサイズの背景に対し1:1.33で撮影された爆弾と少佐がはみ出し、光学合成で人為的に作られたフィクション、あるいはジョークを強く意識させる点である。

とあります。これは「通説」であり、キューブリック本人がそう発言したわけではありません。キューブリックは「1.33:1(正確には1.37)および1.66:1のマルチアスペクトで映像を表示しろ」と指示しただけです。

 この件に関してはこちらの記事で検証した通り、キューブリックが危惧したのは当時のブラウン管テレビ、すなわちスタンダードサイズでの再生時に、ワイド映像の左右カットで再生されてしまうのを恐れていたからではないかと考えます。この頃(1994年)のキューブリックはTVオンエアやビデオ化を睨んで「撮影はスタンダード、劇場上映は上下マスクのワイド(アメリカンビスタ)」というフォーマットで映画製作をしていました。この『博士の異常な愛情』もそれに準じ、スタンダードの映像でビデオ化しておけば、ワイド映像の左右カットで視聴される危険性がないと考えたのではないかと思います。wikiにある指摘、「光学合成で人為的に作られたフィクション、あるいはジョークを強く意識させる点である」は、TVで視聴している時ならともかく、ワイド(この時代はヨーロッパビスタ)で劇場上映された際にはそうなりません。もしキューブリックが通説通り「ジョーク」としてこのシーンを作ったのなら、劇場でもスタンダードで上映しろという指示があるはずです。しかしそういった事実はありません。この点からもこの「通説」は破綻していると私は考えます。ですので、こんな説得力のかけらもない「通説」は誤解を生むので、wikiから削除していただきたいと思っています。

 ところで、上記クライテリオン版のページの書き込みには、「当初はテリー・サザーンの初期脚本が収録されていたが、キューブリックの要請で削除された」とあります。キューブリックの秘密主義やネタバレ嫌いは有名ですので、この指示は非常に納得できるものです。それも含めてキューブリックはこのLD対し、なみなみならぬ「こだわり」を示していますが、それもそのはず、キューブリックは『博士…』のオリジナルネガ紛失のため、かろうじて使える2本のマスターポジフィルムからカメラで全コマを撮影し、新たにネガを作ったそうです。そういった苦労を惜しまないからこそのこのこだわりですので、ファンならマルチアスペクト版のDVDは押さえておきたいところですね(詳細はこちら。個人的にオススメするのは、吹き替えや特典入りの『コレクターズ・エディション』)。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
drstrangelove_UHD

■内容紹介

鬼才キューブリックが、核戦争の恐怖に迫るブラック・コメディの傑作。

<ストーリー>
時は冷戦の真っ只中。アメリカの戦略空軍基地司令官リッパー将軍が突然、ソ連への水爆攻撃を命令する。ところがソ連が保有している核の自爆装置は水爆攻撃を受けると10ヶ月以内に全世界を破滅させてしまうと判明。両国首脳陣は最悪の事態を回避すべく必死の努力を続けるが、水爆はついに投下されてしまう・・・。

<キャスト>
ストレンジラブ博士/米大統領/マンドレーク大佐:ピーター・セラーズ(山路 和弘)
タージドソン将軍:ジョージ・C・スコット(宝亀 克寿)
リッパー将軍:スターリング・ヘイドン(佐々木 勝彦)
グアノ大佐:キーナン・ウィン(楠見 尚己)
コング少佐:スリム・ピケンズ(辻 親八)

<UHD 映像特典>(計 約119分)

キューブリックが水爆について考える
単独飛行:製作者キューブリック
完全性の追求:カメラマンの追想
膨らむ伝説:キューブリック・アーカイブ
重大な影響:我が父 ピーター・ジョージ
時を超えて:象徴とストレンジラブ
キューブリック監督のインタビュー
米NBC 「The Today Show」 映像クリップ(2種)
オリジナル・ティーザー予告編
●オリジナル予告編・・・新規収録
※音声特典の収録はございません

<ブルーレイ映像特典>

●冷戦の時代:専門家の解説(ピクチャー・イン・ピクチャー)とポップアップ・トリビア
※この特典は対応機器にて再生可能です。
●ピーター・セラーズとジョージ・C・スコットのインタビュー
●"作戦室で戦争は困る"または核の脅威
●『博士の異常な愛情』が生まれるまで
●『博士の異常な愛情』におけるセラーズの魅力:名優セラーズと1人3役
●スタンリー・キューブリックの世界:短編映画から『博士の異常な愛情』まで
●ロバート・マクナマラ元米国防長官のインタビュー
●予告編集
※音声特典の収録はございません

<ポイント>
1.初4K UHD化!
2.初収録の映像特典が驚異の110分超え! (UHDのみ)
3.往年の名作が4Kで蘇る!
鬼才キューブリックが、核戦争の恐怖に迫るブラック・コメディの傑作。

※ブルーレイは下記、既発売商品と同一内容・同仕様のディスクを使用しています。
BLU-10035 博士の異常な愛情

<ULTRA HD ブルーレイ>
●ご視聴にはULTRA HD ブルーレイ再生対応機器が必要となります。
●[4K ULTRA HDを高品質でお楽しみいただくために]
4K ULTRA HDは4K解像度・HDR(ハイダイナミックレンジ)・広色域での再生に対応しています。
ご視聴には、ULTRA HD ブルーレイ再生対応機器に加え、4K/HDR対応テレビでのご視聴をおすすめいたします。

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

価格:5,087円
発売予定日:2021年11月24日



博士の異常な愛情 4K ULTRA HD & ブルーレイセット[4K ULTRA HD + Blu-ray](amazon)




 海外ではすでに発売済みの4K ULTRA HD 『博士の異常な愛情』ですが、日本でも特典映像満載で発売されることが決定しました。下記動画はDVD、BD、UHDの比較動画です。参考までにどうぞ。

 個人的には特典映像が気になるのですが、『博士…』に関しては資料性が低いものが多かったので今回はどうでしょう? BDにつきましては既発売のものと同じようです。


『博士の異常な愛情』DVD、BD、UHDの比較動画。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ