キューブリック作品に登場した場所・地名

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tumblr_lzddjh9iFs1qi4nycのコピー

 『シャイニング』に登場するホテルの宴会場の名称。幽霊達が社交パーティーを開いているシーンは、怖いというよりどこかユーモラスだ。客の一員としてキューブリックの三女、ビビアンが出演(ジャックが座るスツールの左側のソファに座っている右側の黒い服の女性。長いパイプを持っている)している。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
by-1916-after-two-grizzly-ye-c7ccf73f-sz850x638-animate

 第一次世界大戦を象徴する軍事的要害。機関銃や重火器が登場し、銃弾を避ける為には地面に穴を掘ってそこに潜む重要性があり、そこで人が通れる溝を掘り進め、そこを戦略拠点や通路、生活空間とした。難点は溝であるために雨の際には雨水が流れ込んだり、また生活排水が溜まりやすく非常に不衛生だったため、伝染病や凍傷などの病気が発生した。

 『突撃』では塹壕を出て蟻塚へ向けて突入するが、これは合理的な戦法とは言えず、本来なら塹壕をジグザグに掘り進めて敵陣へにじり寄る戦法が採られる。ただこれには時間を要するのですぐ戦果を上げるのは不可能だ。この点でミロー将軍とダックス大佐は対立するのだが、結果は暗澹たるものだった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
52)

 『非情…』で、デイヴィの叔父が牧場を営む町。『アイズ…』ではニックの嫁さんと子供が待つ町。両作品とも舞台がニューヨークで「田舎」に戻るというシチュエーションでシアトルが登場するのは、生まれも育ちもニューヨークのキューブリックにとって「田舎」と聞いてまず思い浮かぶのがこのシアトルだったのかも。東京生まれの人が「北海道」を想像するようなものでしょうか。同じく開拓の町ですしね。それ以上の意味は・・・多分ないと思います(笑。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
47)

 『非情…』で、グロリアが勤めていたブロードウェイ49丁目にあるダンスホールの名称。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
53)

 長編劇映画第二作『非情…』と、遺作『アイズ…』の舞台になった街。そしてキューブリックの故郷でもあります。20代と60代、モノクロとカラー、ロケとセット・・・。思えば遠くに来たものだ、とキューブリックは思ったでしょうか。ニューヨークへの核攻撃に怯えていたキューブリックでしたが、911テロは知らずに亡くなりました。もし存命だったら、何を思ったでしょうか。とても悲しんだに違いありません。

このページのトップヘ