キューブリック交友録

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kubrick_Gorme
1960年代前半頃のキューブリックとゴーメ。この頃キューブリックは『ロリータ』で、ゴーメは『恋はボサノバ』で知名度を上げた。

イーディ・ゴーメ(1928年8月16日〜2013年8月10日)

●生涯

 ニューヨーク市ブロンクス区で生まれる。父親はユダヤ系イタリア人で、母親はユダヤ系トルコ人である。生まれた時の名前は、イーディス・ゴーメザーノ(Edith Gormezano)である。高校卒業後に、国際連合の機関で通訳の仕事に従事する。

 1950年に、トミー・タッカー楽団で、デビューを果たす。そこそこ、ヒットを飛ばす。1951年に、テックス・ベネケ楽団に所属する。1957年に、歌手のスティーブ・ローレンス(Steve Lawrence)と結婚する。後に、夫のローレンスとのデュエット(Steve and Eydie)の録音やステージも、注目を集めている。1963年に、邦題『恋はボサノバ』(Blame It on the Bossa Nova)で大ヒットとなる。この曲のレコードが、全米レコード協会よりゴールドディスクと認定される。ブラジルのポップスであるボサノヴァの曲 "Recado" に英語の歌をつけた『ザ・ギフト』(The Gift) も、1963年発表のゴーメの歌のレコード録音より好評を得ていて、ジャズのスタンダードナンバーとして定着している。1980年まで、新作シングルを発表していた。YouTube で、よく登場している。1964年より、トリオ・ロス・パンチョスとの共演などで、『ある恋の物語』や『キエン・セラ』などのスペイン語の歌のパフォーマンスおよびレコード録音も、積極的に展開する。ゴーメは、スペイン語が流暢であった。

 1995年、ソングライターズ・ホール・オブ・フェイム(Songwriters Hall of Fame) に、夫のスティーブ・ローレンスと共に、殿堂入りを果たす。

 2013年8月10日、病気のためラスベガスの病院で死去。84歳没。

●受賞

1961年/グラミー賞 Best Performance by a Vocal Group(夫スティーブと)「We Got Us」
1967年/グラミー賞 Best Vocal Performance, Female「If He Walked Into My Life」
1988年/第2回日本ゴールドディスク大賞THE Best Album of the year(ジャズ・フュージョン部門)「ギフト」
1995年/エラ・アワード(夫スティーブと)

(引用元:wikipedia/イーディ・ゴーメ




 キューブリックがニューヨーク・ブロンクスのウィリアム・ハワード・タフト高校在籍時、同級生に「イーディ・ゴーメ」という歌手がいた、というのは知っていたのですが、世代が全く違うためによく存じ上げておりませんでした。そんな折、実はキューブリックは高校時代、このゴーメのバックでドラムを叩いていたことがあったということを知り、俄然興味が湧いて調べてみたのです。すると、アメリカではグラミー賞を受賞するなど、実力・人気共に当時の大スターであったことを知ってちょっと驚いています。では、日本ではどうだったのかというと、やはりアメリカン・ポップス好きには名の知れた存在だったようで、代表曲『恋はボサノヴァ(Blame It The Bossa Nova)』は日本でもヒットしたんだそう。



 この曲、個人的には聴いたことあるような、ないような・・・といった感じだったのですが、タバコのセブンスターEXのCMにも使われた『ギフト』も有名とのことで、そのCMの動画を探したところ・・・あるんですね(笑。さすがYouTube。



 これを観て、「ああ、この曲かあ!」と納得した次第です。

 それにしても世界に名を馳せた映画監督と歌手が同級生だったなんて、ものすごい話なんですが、双方とも相手のことについて何かコメントしている、という資料は見つかりませんでした。日本だったらどこぞのTV局が飛びつきそうなおいしい話なんですけどね。ゴーメはタフト高校の「最も美しく、最も元気なチアリーダー」に選ばれ、学校のほとんどのミュージカルに出演、週末には友人のケン・グリーングラス・バンドで歌手をしていたそうです。キューブリックはおそらく学校のバンド(スクールバンド)でゴーメと共演したんでしょう。評伝『映画監督スタンリー・キューブリック』には、キューブリックが写したチア・リーダー姿のゴーメを含む集合写真が掲載されていますが、満面の笑みで写るゴーメは今でいうまさに「リア充」。社交性ゼロのカメラヲタ、キューブリックにはゴーメはさぞかし眩しく見えていた・・・のかも知れません(笑。

 このお二方、有名になった後お互いのことをどう思っていたのか、とても興味あります。もし、資料が発掘できればまたその時に記事にしたいと思います。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
8217400
Joseph Burstyn(IMDb)
Joseph Burstyn(wikipedia)

 アメリカの小規模映画配給会社、ジョゼフ・バースティン社社長。キューブリックの劇映画処女作『恐怖と欲望』の配給を手がけた。

 このジョゼフ・バースティン社はヨーロッパの良質な映画を輸入・配給していて、イタリアン・ネオリアリズムをアメリカに紹介したことで知られている。『恐怖…』と同時上映された『海を見た少年(The Male Brute)』もフランスの名匠、ジャン・ドラノワ監督の作品だった。

 バースティンは1950年、1948年に制作されたイタリアの映画監督、ロベルト・ロッセリーニによる『人間の声』『奇跡』からなるオムニバス映画『アモーレ』を『ウェイ・オブ・ラヴ』と改題し、米国で配給した。12月には『ウェイ・オブ・ラヴ』がニューヨーク映画批評家協会によって本年のベスト・外国語映画に選ばれた。

 アメリカでの公開後、ニューヨーク州理事会は「放浪者(フェデリコ・フェリーニ)を聖人だと信じた女が妊娠し、村人のそしりを受けつつも女は一人で教会で子供を産む」という内容の『奇跡』について「神への冒涜」だとした抗議を受け、理事会は聴聞会に調査する様よう命じた。聴聞会はこの作品が「神への冒涜」と判断、1951年2月16日に教育委員は映画の配給のライセンスを取り消すように命じた。

 それに対し、この判断を不服としたバースティンは訴訟を起こし、「ジョゼフ・バースティン社対ウィルソン裁判」として有名になる。アメリカ最高裁判所は、ニューヨーク州教育法の特定の条項が映画の上映を禁止したり、「神への冒涜」としてライセンスを停止することを認めていることは、言論の自由に対する拘束となると判断した。

 1921年にアメリカに渡ったポーランド移民。1953年11月、大西洋横断飛行中に機内で冠動脈血栓症を発症し、死去。生年月日不詳。
 
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Thomas_Schelling
Thomas Schelling(IMDb)
トーマス・シェリング(wikipedia)

 アメリカの経済・政治学者。専門はゲームの理論。『博士の異常な愛情』のコンサルティングを担当した。

 キューブリックはシェリングの書いたピーター・ジョージの小説『赤い警報(破滅への二時間)』の紹介記事を読んで興味を持ち、映画化権を獲得したが、小説には大きな問題があった。原作小説が書かれた1958年頃は爆撃機が核攻撃の主な手段だったが、1960年代までには大陸間弾道ミサイルがそれに取って代わっていたからだ。 そのため、爆撃機を使ったもっともらしいシナリオを考え出すためにシェリング、キューブリック、ピーター・ジョージ、核の理論家ウィリアム・カウフマンらと協議することになった。「私達は核戦争の始め方をどうするか苦労した」「私達は(戦略)空軍で狂った誰かがいない限り、最終的には核戦争が起こるはずがないと考えた」。そうやってキューブリックとピーター・ジョージは小説を「ナイトメア・コメディ」に改変することを決めたそうだ。

 また、映画に登場した「皆殺し装置」はシェリングのアイデアで、それは自身が最も興味を持っていたテーマ(戦略的コミットメント、誤ったコミュニケーション、意図せぬ結果)でもあった。

 1921年4月14日カリフォルニア州オークランド出身、2016年12月13日死去、享年93歳。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20081112054454

 言わずと知れた日本を代表する漫画界の巨匠。すでに伝説の域にまで達している偉人。詳細はここで語ってもしょうがないんでwikiをどうぞ。

 その才能と唯我独尊ぶりから周りから疎んぜられ、まさにキューブリックの如く「才能あるクソッタレ」でもあった手塚治虫ですが、そのキューブリックが『2001年…』の美術監督をオファーしたという逸話は有名で、それ以降手塚はキューブリックに影響された(というか志向・嗜好が似通っている)作品を数多く残しています。以下はそれをまとめたり考察した記事です。

【交友録】手塚治虫とキューブリックからの手紙

【インスパイア】手塚治虫の『時計仕掛けのりんご』

【考察・検証】手塚治虫、スタンリー・キューブリックをかく語りき

【考察・検証】キューブリックが『2001年宇宙の旅』の美術監督を手塚治虫にオファーしたのは本当か?を検証する

 因みに管理人が読んだ中でいちばん好きな手塚作品は『アドルフに告ぐ』です。もしこれをキューブリックが読んでいたら、『アーリアン…』になんらかの影響を及ぼしたかもしれませんね。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
6754549_125688186726
Dore Schary(IMDb)
ドア・シャリー(MOVIE-FAN)

 アメリカ・ニュージャージー州出身の映画・TVプロデューサー、作家、エッセイスト。

 ハリス=キューブリック・プロが製作した『現金…』に興味を持ち、まだ公開のメドが立っていなかった『現金…』をMGMで買い取って公開しようとしたが、ユナイテッド・アーティスツに拒否されてしまった。その代わりにハリスとキューブリックをMGMに引き抜き、その庇護下で『燃える秘密』の製作が決定、脚本まで作業が進んでいたが、肝心のシャリーが社内抗争に巻き込まれてMGMを退社。この企画は実現しなかった。

 他の参加作品は『大鴉』(1935)、『少年の町』(1938)、『若い科学者』(1940)、『人間エヂソン』(1940)、『踊るニュウ・ヨーク』(1940)、『マーガレットの旅』(1942)、『バターン特命隊』(1943)、『家路』(1943)、『恋の十日間』(1944)、『らせん階段』(1945)、『時の終りまで』(1946)、『ミネソタの娘』(1947)、『独身者と女学生』(1947)、『ウチの亭主と夢の宿』(1948)、『恋はかくの如く』(1948)、『拳銃往来』(1948)、『緑色の髪の少年』(1948)、『令嬢画伯』(1949)、『窓』(1949)、『戦場』(1949)、『夜の人々』(1949)、『罠』(1949)、『追いつめられた男』(1950)、『勇者の赤いバッヂ』(1951)、『二世部隊』(1951)、『女群西部へ!』(1951)、『ロデオの英雄』(1953)、『あの高地を取れ』(1953)、『年日本人の勲章』(1955)、『白鳥』(1956)、『最後の銃撃』(1956)、『バラの肌着』(1957)、『孤独の旅路』(1958)、『ルーズベルト物語』(1960)など。

 1905年8月31日アメリカ・ニュージャージー州出身、1980年7月7日死去、享年74歳。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ