キューブリック関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Zeiss_Planar_50mm_F0.7_lens
『スタンリー・キューブリック展』で展示された「プラナー50mmF0.7」。ミッチェルBNCカメラに装着された状態。

アポロ計画のためのカール・ツァイス製レンズがオークションに

・NASAのアポロ計画のために設計された希少なカール・ツァイス社製のレンズが、ウィーンでオークションにかけられる。

・ドイツのレンズメーカーであるカール・ツァイス社は「カール・ツァイス プラナー50ミリF0.7」を10本製造し、そのほとんどをNASAに販売した。

・このレンズは、6月中旬のオークションで、10万ユーロ(約1330万円)から12万ユーロ(約1600万円)で落札される見込みだ。

〈中略〉

 「このレンズは非常に効率的に光を集めるので、NASAが月の裏側の撮影に使うことを計画していたという(InsiderはNASAに確認済み)。10本のうち、3本は映画監督のスタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)の手に渡った。彼は映画『バリー・リンドン(原題:Barry Lyndon)』でキャンドルのシーンを撮影するためにそのレンズが必要だった」とシュミットは話す。

 「キューブリック監督は、50ミリ F0.7のカール・ツァイス社製スチールカメラ用レンズ3本を探し出したが、それはNASAのために作られたロットの残りだった」とキューブリックと仕事をした撮影監督のジョン・オルコット(John Alcott)は書籍『ザ・スタンリー・キューブリック・アーカイブ(The Stanley Kubrick Archives)』の中で述べている。

 カール・ツァイス光学博物館のシュミットは「映画史上、初めて人工の光を使わずに撮影することができた」と語っている。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:BUSINESS INSIDER/2021年6月10日





 キューブリックが『バリー・リンドン』の蝋燭のシーンで使用した「カール・ツァイス プラナー50mmF0.7」の同型レンズがオークションに出品され、10万ユーロ(約1,330万円)から12万ユーロ(約1,600万円)で落札される見込みとの記事がありましたのでご紹介。

 キューブリックが使用した「プラナー50mmF0.7」レンズはスチールカメラ用のレンズで、現在世界を巡回中(ですがまだ日本には未到達)の『スタンリー・キューブリック展』に展示されています。オークションにかけられるのは、10本製作されたものの中の一つではありますが、キューブリックが購入した3本ではなく別ロットのものだそうです。それでも約1,330万円〜約1,600万円というのはとんでもない値段ですね。ちなみに6本はNASAが購入、1本はツァイス社が保有していますので、おそらくこれはNASAが所有していたものではないか、とのことです。

 キューブリックが『バリー・リンドン』を制作していた1970年代半ばという時期は、35mmカラーフィルムの品質があまり高くなく、感度も悪いという問題がありました。ですので、人工光のない18世紀のヨーロッパの「空気感」をフィルムに収めるためにはレンズ側を工夫するしかなく、無理やり改造したミッチェルBNCカメラに、F0.7という当時一番明るいとされていた「プラナー50mmF0.7」を装着し、蝋燭の光だけで撮影することを目論みました。ですが、いくら当時一番明るいレンズを用いたところで、「蝋燭の光だけで撮影する」には厳しい制限があり、しかも焦点距離の問題から長大なコンバージョンレンズを装着しなければなりませんでした。また、このレンズではファインダーからは暗くて何も見えなかったため、被写界深度の浅いピント合わせ用に、ビデオカメラを併用したそうです。

 記事によると、カール・ツァイス光学博物館のシュミット氏は「映画史上、初めて人工の光を使わずに撮影することができた」と語っていますが、それは蝋燭のシーンのことです。ですが、そうするために「多少ズル」をしたことはあまり知られていません。例えば当時にはなかった高輝度の蝋燭を作らせ使用したり、レフ板を使って蝋燭の光を効率的に室内に回らせたりといったことです(補助光は使わなかったとのこと。訂正します)。それ以外のシーン(昼間の室内でのシーンなど)では照明(ミニブルート)を使って太陽光を模したりしています(詳細はこちら)。ですので、「『バリー・リンドン』は一切の人工光を使用せず撮影された」というのは間違いですのでお気をつけください。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
DqApwMnU8AASDix
『2001年宇宙の旅』で使用されたMGMの簡略化版ロゴ。

Amazon.com、映画会社MGMを85億ドルで買収 プライムビデオ強化へ

 米Amazon.comは5月26日(現地時間)、「007」シリーズなどで知られる米映画制作会社MGMを買収することで合意したと発表した。買収総額は84億5000万ドル(約9200億円)。米Netflixや米Disneyなどと競合するストリーミング市場での競争力を維持する狙い。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:ITmedia NEWS/2021年5月27日




 『2001年宇宙の旅』でファンにはおなじみのMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)は、1924年に3社の映画スタジオが合併して設立された映画会社で、社名の由来は「メトロ・ピクチャーズ・コーポレーション」、サミュエル・ゴールドウィンの「ゴールドウィン・ピクチャーズ」 、ルイス・B・メイヤーの「ルイス・B・メイヤー・ピクチャーズ」3社の頭文字を取ったもの。戦前から戦後にかけて全盛期を迎えましたが、1950年代に入ると大作主義の弊害やテレビの台頭などで、その勢いを次第に失っていきました。

 『2001年宇宙の旅』の制作が開始された1960年代中頃はすでに末期で、1970年に『2001年…』が撮影されたMGM英国スタジオが閉鎖、1973年に配給部門がユナイテッド・アーティスツ(UA)に買収された時点で、いったんMGMの歴史は終わったと言っていいと思います。この混乱で『2001年』のプロップの大部分は破棄されてしまったのですが、流出したいくつかは現存するのはこちらで記事にした通りです。その後UAはマイケル・チミノ監督の『天国の門』の大失敗で経営破綻、1981年にMGMが逆にUAを吸収して「MGM/UA」となったのですが、当時「あのMGMが復活した!」とちょっとしたニュースになりました。そのMGM/UAも1986年に「ターナー・ブロードキャスティング・システム」に買収され、1996年にターナーはワーナーの傘下に入りました。その結果、『2001年…』はワーナーが配給権を有することになったのです。

 その後のMGMはソニーなどの支援を受けつつ『007』シリーズなどを制作していましたが(『007』はもともとUAで製作・配給されていた)、2021年5月26日、アマゾンがMGMを84億5000万ドル(日本円で約9200億円)で買収すると発表しました。MGM(とUA)が保有する4000本以上の映画と1万7000時間以上のテレビ番組を、Amazonの定額制動画配信サービス「Amazonプライムビデオ」で全世界に提供する予定だそうです。

 これも時代の趨勢と言えばそうかもしれませんが、アマゾンにしてみれば、自社コンテンツが一気に増えるのでメリットは大きいでしょう。アマゾンプライムはネット配信のサブスクリプションではなく、EC(ネット通販)のサブスクなので、動画配信単体で利益を上げなければならない他社に比べて有利です。つまり加入者にはサブスクを継続さえしてくれればいいのです。とは言え、NetFlixなど他社との競争は激しさを増すばかり。アマゾンプライムビデオ(アマプラ)は、日本では動画配信サービスの半数以上のシェアを獲得しているそうですが、海外ではNetFlixなどの後塵を拝しています。

 現在、キューブリック作品でMGMが権利を有しているのは、元UAで配給された『非情の罠』『現金に体を張れ』『突撃』ですが、この3作品も(何か別の事情がなければ)アマゾンプライムで提供されるでしょう。現在、アマゾンプライム会員は追加料金なしで『アイズ ワイド シャット』『フルメタル・ジャケット』『シャイニング』『時計じかけのオレンジ』の4作品が視聴できます(詳細はこちら)。追加料金が必要なのは『バリー・リンドン』『2001年宇宙の旅』『ロリータ 』(以上がワーナー)、『博士の異常な愛情』(ソニー)、『スパルタカス』(ユニバーサル)です。元UAの3作品が追加料金なしの扱いになるかはまだわかりません。ですが、キューブリック作品は人気ですし、期待はできると思いますね。

▼この記事の執筆に当たり、以下の記事を参考にいたしました。
wikipedia/メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2001
画像引用:IMDb - 2001: A Space Odyssey


 「ローマの休日」から「ローズマリーの赤ちゃん」まで。ヒッチコックにトリフォーに小津安二郎の誰もが聞いたことのあるタイトル、実はまだちゃんと観たことないってことありませんか? そこで、Netflixで観られるそんな作品をピックアップ。おうち時間中にそんな“今更未見”作をすかさずチェック!

〈中略〉

2001年宇宙の旅(1968)

 SF映画の原点と言われる、名匠スタンリー・キューブリック監督の不朽の名作。内容は難解ながら、時代をまるで感じさせない映像美は必見の価値あり。猿が骨を武器として使う最初のシーンから、かなりのインパクトで、「ツァラトゥストラはかく語りき」「美しく青きドナウ」といったクラシック音楽の使い方も強烈。400万年前、人猿が石の板(モノリス)と遭遇、知能を授かる。月のクレーターの地中から謎の石碑が発掘された18か月後、最新型人工知能「HAL9000型コンピュータ」を搭載した宇宙船ディスカバリー号が木星探査に向かう。やがて意志を持ったHALが反乱を起こす。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:ELLE/2021年5月25日




 女性ファッション誌の「ELLE」のWEB版が、50-60年代の名作映画で『2001年宇宙の旅』を採り上げていたのでご紹介。ピックアップされた作品を見てみると、「名作」と呼ぶにはなかなかアクの強い作品も混ざっていて、ELLEの読者層にそぐわないと思わないでもないですが、「50-60年代」「Netflixで配信中」という縛りがあったせいなのかもしれませんね。

 ともあれ、こういったメジャーな雑誌がキューブリック作品を採り上げていただけるのは喜ばしいことです。キューブリックアパレルの普及もあって、女性ファンも増えてきている実感もあります。それは2013年から始めたこのアンケートにも表れていて、開始当初は女性はほんの1割程度でしたが、現在は1/4ぐらいに割合が増えています。確かにキューブリック作品には、女性が視聴するには不都合な表現がありますが、そんな表層では語れない、性別や年齢を超えた魅力があるのも事実です。先入観や巷の噂などに惑わされず、「キューブリック作品を初見できる」という「特権」と、それに伴う「感動」を、(老若男女問わず)存分に楽しんでほしいと思っています。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Nakagin_Capsule_Tower_2008
レトロフューチャー感満載の外観と室内(wikipedia

 日本を代表する建築家・黒川紀章が設計し、世界で初めて実用化されたカプセル型の集合住宅『中銀カプセルタワービル』。日本発の建築思想・メタボリズムが体現された貴重な建物で世界的に有名な観光資産でもあるが、3月22日、老朽化により建て替えを前提にした不動産業者への売却が決定した。現在、実際に稼働しているカプセルは140基中約30基。外観・内装は映画監督スタンリー・キューブリックらが描いた近未来の世界観そのものだが、同ビル保存・再生プロジェクト代表・前田達之氏によれば、「利用者は昭和のような長屋的、トキワ荘的生活をしている」と時空の交錯をほのめかす。同ビルの歴史や魅力、問題点などについて聞いてきた。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:ORICON NEWS/2021年5月17日




 建築に詳しくない方の間でも知られている、カプセルが積み重なったような異様な外観が目を引く「中銀(なかぎん)カプセルタワービル」ですが、解体の危機に瀕しているそうです。このビル、住所は「銀座」となっていても最寄りは新橋、もしくは汐留になります。ですので、記事にあるように観光資源にするには場所が悪いですね。銀座といえば誰もが想像する4丁目交差点からのアクセスがよければよかったのですが、「和光も見たし、銀座観光のついでに中銀のビルでも見に行くか」とは、なかなかなりにくい距離です。再開発された汐留エリアがすぐ近くですが、そもそも汐留自体にそんなに観光地としての魅力があるわけではないので、その点からも望み薄です。居住者にビジネスニーズがあるのもこの一帯がビジネス街だからです。

 もし、ビルを大規模修繕して存続させるとするならば、一番可能性があるのがホテル事業(カプセルホテル)だと思います。まあ、その程度のアイデアはすでに上がっているとは思いますが、APAさんあたりが買い取って、文化的価値を尊重し、コスト的には全く合わないと理解した上でも、ビルを生き返らせていただければ、こんなに素晴らしいことはないとは思うのですが。

 東京駅のレンガ駅舎も存続の危機を乗り越えて、観光名所になったという経緯があります。この中銀カプセルタワービルがそれと同列に語れないのは重々承知ですが、安易なスクラップ&ビルドが繰り返されているこの国で(もちろん自然災害が多く、湿度が高いなど建築には厳しい風土ではあることは承知しています)、このような「個性的な建築」がひとつでも多く未来に継承されて欲しいと思っています。

 ところで、

 集まって一緒に映画鑑賞をすることもあった。作品はキューブリックはもちろん、『ブレードランナー』など退廃的近未来もの、同ビルの秘蔵映像など。

なんてすてきなこともあったそう。確かに『2001年宇宙の旅』より『ブレードランナー』が似合いそうではあります。もっと言えば『惑星ソラリス』が一番ふさわしいと思います。首都高もすぐそばですしね。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Trumbull_Nolan
ダグラス・トランブルとクリストファー・ノーラン。

〈前略〉

ークリストファー・ノーラン監督の『2001年…』の70mmプリントについてはどう思われますか?

 彼のカラーグレーディングには同意できない部分もありましたが、彼がやっていることは素晴らしいと思いました。しかし、ワーナー・ブラザースとは『2001年…』に関して以前から親密な関係にあり、彼らのためにそのドキュメンタリーを制作していたので、ちょっとした驚きを感じました。当時、「私はすべてのオリジナルネガがどこにあるか知っています。私はキューブリックの撮影現場で一緒に働いていた人間だから、君たちがやりたい修復にはぜひ協力したい」と言ったんです。しかし、彼らはクリストファー・ノーランに連絡し、私には連絡しませんでした。そうなんです、すべては会社のため。お金の問題です。

 映画の修復を行う場合、ジョージ・ルーカスやロバート・ワイズなど、そもそも映画を作った原理原則を持ち込むことが重要なんです。彼らは『スタートレック』より良くしてくれました。『ブレードランナー』でも、映画をより良いものにするための作業が行われ、私もそれに協力しました。というのも、私はすべての特殊効果の65mmネガを保管しており、それをスタジオに提供したからです。一般的に、このような修復は、映画を作った人たち、特に撮影監督の原則によって行われるものではありません。『ゴッドファーザー』を復元するなら、コッポラを呼びます。

ー今後の修復で考慮してもらいたいフィルムの最も重要な点は何ですか?

 『2001年…』について、映画制作の過程で重要視していたのは「星」の存在でした。フィルムの乳剤の一粒ほどの大きさしかない星が、35mmプリント用に複製したときに消えてしまわないかどうか、非常に気を使いました。そのためにいろいろなテストをして、消えないようにしました。そうしないと、背景が黒くなって星がなくなってしまい、意味をなさなくなってしまうからです。幸いなことに、ブルーレイを含めてその点はよく保存されています。「星」はちゃんとあります。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:IndieWire/2021年5月1日




 私は幸運にも『2001年宇宙の旅』70mmアンレストア版を観る機会に恵まれましたが(詳細はこちら)、その監修をクリストファー・ノーランに依頼した話を知って、「ダグラス・トランブルはキューブリックとクレジットの件で色々モメてたのでシコリがあるんだろうな」と勝手に想像していました。また、現在の若い世代に『2001年…』を知ってもらうためにも、ノーランのネームバリューに頼るというのもいい判断だと思っていました。ですが、実際はワーナー側がトランブルを「スルー」したようです。

 ノーランは『2001年…』に多大な影響を受け、フィルム撮影や保存にこだわりがあることが知られていたので、適任だったとは思いますが、単純に考えれば当時直接制作に携わっていたトランブルの方が適任だったのは間違いありません。ですが、この『70mmアンレストア版』がお披露目されたのは、2018年のカンヌ映画祭での特別上映でした。そんな華やかな場所での広告宣伝効果を考えれば、ノーランの方が適任だと判断されたのだと思います。

Cannes_2018_4
左からキア・デュリア、カタリーナ・キューブリック、 ロン・サンダース、ヤン・ハーラン、クリストファー・ノーラン。2018年カンヌ映画祭にて。

 まあ、お二人で仲良く・・・というのが理想かもしれませんが、エゴが渦巻くショービジネスの世界では、なかなかそうはならないというのは、みなさま周知の事実ですね。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ