キューブリック関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
james-mason-lolita-resize
ジェームズ・メイソンとヘイリー・ミルズ。『ロリータ』がこのツーショットだったとすると果たして公開できたかどうか・・・。

〈前略〉

 契約期間中、ミルズはシャーリー・マクレーンとオードリー・ヘップバーンが共演した『噂の二人』『ドクター・ドリトル』、スタンリー・キューブリック監督の『ロリータ』などの作品に出演のオファーを受けていましたが、後者は「ディズニーのイメージを損なう」という理由で辞退し、逃した役だと考えています。

 「ぜひ演じてみたかったわ。とても魅力的な作品です。それに、(スタンリー・)キューブリック、ジェームズ・メイソン、シェリー・ウィンタースと一緒に仕事ができるなんて、すごいことですよね」と、『ロリータ』について本誌に語っています。ミルズは回顧録の中で、スー・リオンがロリータを演じた少女というレッテルを永遠に貼られてしまうのに対し、私はポリアンナであるので、おそらくもっと簡単に受け入れることができるだろうと皮肉っぽく書いています。

 この2人はまったくの 「チョークとチーズ (見た目は似ているが中身はまるで違う)」ですよね。みんな彼女に実際に会ったときでさえ、彼女がニンフェット(妖精・聖少女)であることを期待してしまいます。私もポリアンナのような存在を期待されていたと思います」と彼女は言います。「私たちは自分が演じる役によってレッテルを貼られ、それに対処しなければなりません。それは、私たちのビジネスで起こることのひとつです」

 候補となった役についてミルズは、「どれも本当に面白かったでしょうが、それが私のキャリアにどんな影響を与えたかはわかりません。私たちにはわからないのです」

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Hollywood Reporter/2021年9月7日




 以前この記事でご紹介した通り、ヘイリー・ミルズはロリータ役には乗り気だったようです。というか、上記記事からは「私の方がもっと上手く演じられたはず」というプライドさえ感じます。ですが、現実問題として健全を旨とするディズニーの看板子役だったミルズが、ロリータを演じる可能性はほぼなかったでしょう。実際にロリータを演じたのは新人女優のスー・リオンですが、女優とはいえ数回の端役の経験しかありませんでした。そんな彼女が突然スターになったのですから、その環境の激変に上手く対応できなかったであろうことは容易に想像できます。一方のミルズはその時点でスター子役ですので、ある程度ハリウッドに揉まれ、慣れていたていたと考える方が自然です。また、ミルズ自身がポリアンナのような「良い子」のイメージを払拭したいと考えていたなら、このロリータ役に乗り気だったのもうなずけます。

 この二人は同い年(スー・リオンの方が3ヶ月ほど年下)ですが、以上のように状況はかなり異なります。また、醸し出す雰囲気も異なります。いわゆる「ロリータ」(蠱惑的な幼い少女)として考えるならミルズの方が適役に見えますが、ジェームズ・メイソンとミルズのツーショットは、上映禁止もありうるほど危険な香りが漂ってきます。もしキューブリックがそのことを計算に入れ、少し大人びたスーをキャスティングしたのなら、その判断は正しかったと思います。そうでなくても『ロリータ』上映には、あちこちの団体から批判や圧力にさらされたのですから。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
EWS1
画像引用:IMDb - Eyes Wide Shut

「芸術vsポルノ」という概念に挑み、物議を醸した映画は数多い。フルヌード、官能的な3P、金儲け目当てのセックスシーンなど、ポルノ映画と呼ばれてしまうシーンはあれど、芸術作品として今もシネコンで上映され続けている作品もあるのだ。今回は、ローリングストーン誌が厳選した官能映画30本を紹介する。

〈中略〉

14.『アイズ ワイド シャット』(1999)

スタンリー・キューブリックの遺作『アイズ ワイド シャット』は、話題になったベネチアのマスクが登場する乱行シーンに加えられた監督公認のデジタル処理によってポルノ的な行為がぼかされたおかげでNC-17指定を免れた。このシーンは見事なまでにエロチックだが、同作でもっとも卑猥な場面はギリギリPG-13指定といったところだろう。豪勢なクリスマスパーティでそれぞれが別の相手とのささやかな戯れを楽しんだ後、トム・クルーズとニコール・キッドマン扮する夫婦は、ベッドルームでハイになりながら欲望について語り合う。妻が性的な誘惑に駆られるなんてあり得ないとクルーズに挑発されたキッドマンは白い下着姿になり、夏の休暇先で出会ったセクシーな海軍将校に関するモノローグを甘い声でささやきながら、夫の嫉妬心を掻き立てる。性的能力に関して言えば、その後クルーズが繰り広げる性的冒険はキッドマンと比べると色褪せて見える。(Writer: ERIC HYNES)

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:ローリング・ストーン日本版/2020年10月18日




 日本版ローリング・ストーン誌の記事ですが、元記事は本国版ですので、あまりなじみのない作品が多くチョイスされています。特に2000年代以降はよく知らない作品ばかりです。こういった作品はシネコンではなく、独立系映画館で上映されることが多いのですが、それすら日本ではあまり見かけなくなりました。現在の日本で官能系映画の需要は(おおっぴらには)あまりあるとは思えませんので、それは仕方ないのかもしれません。そういったニーズはネット配信で十分満たされそうですものね。このような映画に興味がある方にとって、とっかかりにはちょうどいい記事だと思います。そういえば東京が舞台の『エンター・ザ・ボイド』は公開当時ちょっと話題になって、気になっていた映画でした。機会があれば観てみたいと思います。

情報提供:シネマホリック様
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Stanley_Hotel
スティーブン・キングが投宿し、『シャイニング』を執筆した「スタンリー・ホテル」。

〈前略〉

●『シャイニング』(1980)

 本当に怖い、優良心霊スポットの条件はズバリ高確率で「出る」こと。長時間滞在すれば、その確率もあがる。宿泊可能な心霊スポット、幽霊ホテルでの体験談が多いのも納得だ。

 豪雪で休業中の巨大ホテルで管理人一家が体験する恐怖譚『シャイニング』は、モダンホラーの帝王スティーヴン・キングの代表作だが、実はキング自身の体験にインスパイアされた物語だ。

 1974年、キング夫妻は米コロラド州ロッキー山脈の麓(ふもと)に建つ由緒あるスタンリーホテルに宿を取った。ここは亡き創設者とその妻がさまよい、廊下を子どもが遊び回り、敷地内にあるペット墓地で犬と猫の霊が目撃される高感度な心霊物件。ホテルの冬期休暇直前、接客係の霊が常駐すると評判の217号室にチェックインしたキングは、自室の浴槽で誰かが死んでいたら…と妄想に背筋を寒くし、就寝中に3歳の息子が無限に続く廊下を消防ホースに追われる悪夢を見た。すっかり目がさえたキングはあっという間に『シャイニング』の骨子を書き上げたという。

 映画では浴槽から立ち上がる腐乱死体、赤くヒビ割れた顔で笑う男など、ショッキングな幽霊が総出演。うねうねと曲がる廊下に突然現れる双子少女の幽霊(原作は姉妹の設定だが双子ではない)も強烈で、「その方が気持ち悪い」と直感で変更した鬼才スタンリー・キューブリックのヴィジュアル感覚はやはり天才的。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:クランクイン!/2021年8月00日




 「赤くヒビ割れた顔で笑う男」って「盛況だね!」おじさんのことだと思うのですが、あれは頭をかち割られて血が顔に滴り、その血のお酒を飲んでいるというキャラなのですが・・・。まあ、それはともかく、『シャイニング』は出版前のゲラをキューブリックがワーナーから受け取り、それを読んで映画化を決めるわけですが、キューブリックが映画会社が映画化権を所有している小説を映画化したのはこの『シャイニング』のみなんですね。キューブリックは公式には小説を「気に入った」と語っていますが、「文体が弱い」「ラストがありきたり」とけっこう辛辣に批判もしています。その後の小説の改変ぶり(詳細はこちら)を見るにつけ、「いや、本音では気に入ってなかったんじゃないの?」と思ったりもするのですが、公式には何も語っていません。

 一方のキングは初版のハードカバー版イラストで「俺の『シャイニング』はこんなイメージだ!!」とばかりに世間に提示します。キューブリックはそれを完全に無視するのですが、キューブリックと同じくらい(それ以上?)しつこいキングは、そのハードカバー版イラストのイメージ通りに映像化します(詳細はこちら)。2人の諍いはこの時点で一応の決着(『シャイニング』再映像化の条件として、キューブリックが「映画版についてあれこれ言わないこと」を挙げた)を見るのですが、キューブリックの死後は再びキングによるキューブリックへの攻撃が顕在化。続編小説『ドクター・スリープ』執筆、その映画化へと突き進みます。ですが皮肉なことにその行動がキューブリック版への評価を高める結果になってしまっていることは・・・まあ、みなさまご存知の通りです。

 このように気が済むまで『シャイニング』をいじり倒したので、さすがのキングも溜飲を下げたでしょう。もう(インタビューとかで)何も言わないでね、お願いだから。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〈前略〉

 「スパルタカス愛のテーマ」は、1960年公開のスタンリー・キューブリック監督映画『スパルタカス』のためにアレックス・ノースが提供した楽曲で、akikoはこれまでにもライヴでたびたび披露してきました。配信されるシングルは、映像作品やライブなどで共演の多いピアニスト&シンセシスト坪口昌恭との共同プロデュースで、新たにアレンジされたもの。坪口とは11月のリリースまで3ヵ月連続でコラボレーションする予定です。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:CDジャーナル/2021年8月30日





 『スパルタカス』でアレックス・ノースが起用された経緯は詳しくはわかりませんが、キューブリックが『スパルタカス』のプロジェクトに参加した時点ですでに撮影は始まっていたので、キューブリックが主導的にアレックス・ノースの起用を促したとはちょっと考えづらいです。

 現在でこそ『スパルタカス』は「スタンリー・キューブリック作品」として語られていますが、現場はカーク・ダグラスやブライナ・プロダクションが取り仕切り、キューブリックは雇われ監督でしかありませんでした。ですがそこはキューブリックのこと、「脚本・撮影・編集は映画監督がやらなければならない」という自身の主義を貫き通したため、現場で様々な軋轢を生み出し、そのことがトラブルへと発展し遺恨になったというのは有名な話です。ですがその「トラブルの逸話」にノースの話は出てきませんし、『2001年宇宙の旅』で再びノースを起用しようとしたことからも、『スパルタカス』におけるノースの仕事は、キューブリックの干渉や影響をほとんど受けなかった、と考えるのが自然です。

 以上の経緯から、アレックス・ノースのペンによる『スパルタカス愛のテーマ』については、100%ノースの功績と言っていいでしょう。すでに映画のサントラ曲という枠を超え、スタンダードナンバーとなり世界中でカバーされています。アレックス・ノースの曲で一番有名な曲と言っていいでしょう・・・いえ、それ以上に有名な曲がありました。映画『ゴースト/ニューヨークの幻』で使用されリバイバルヒットした、ライチャス・ブラザースの『アンチェインド・メロディ』もノース作曲だったんですね。ちょっと驚きました。

【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2001
画像引用:IMDb - 2001: A Space Odyssey

 映画で観るべきは、俳優たちの顔ぶれやストーリーだけではありません。映画の中にも芸術的瞬間があるのです。そんな美しい映像をつくり上げてきた、最高の撮影監督たちの作品をご紹介します。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:エスクァイア 日本版/2021年8月25日




 「撮影監督」というくくりでエスクァイア誌が映画をピックアップしていたのでご紹介。全60作品内、キューブリック作品では『2001年宇宙の旅』(ジェフリー・アンスワース)、『時計じかけのオレンジ』(ジョン・オルコット)、『シャイニング』(ジョン・オルコット)が選ばれていますが、『バリー・リンドン』(ジョン・オルコット)が選ばれていないのはちょっと不満。『時計…』か『シャイニング』どちらかを外してもいいから入れるべきだと個人的には思います。

 他の作品はリンク先をどうぞ。まあ、エスクァイア本誌のセレクトですので、娯楽性より芸術性が重視された映画が多くセレクトされている印象ですね。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ