キューブリックの家族たち

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2021年に開催された『チャイルドウィックベリー・アートフェアー』の様子。動画制作はカタリーナの三男、ジャック・ホッブス。

キューブリック所有のチャイルドウィックベリー邸、毎年恒例のアート&クリスマスイベントを中止

 米国の映画監督スタンリー・キューブリックの遺族は、彼がかつて住んでいた英国でのアートフェスティバルとクリスマスマーケットを今後開催しないことを明らかにした。ハートフォード・シャーにあるチャイルドウィックベリー・エステートでのイベントは、20年にわたり彼の芸術家の妻が主催していたものです。クリスティアーヌ・キューブリックは現在90歳で、そろそろ引退の時期だと感じています。娘のカタリーナ・キューブリックは、主催するのは「大変な仕事」であり、母はもうそれをしない「権利を得た」と考えている、と語っています。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:BBC.com/2023年1月12日




 キューブリックの長女、カタリーナは「私の母は5月に91歳になり、もうやりたくないと思っています。大変な仕事ですが、彼女は自分の役割を果たしたと思います」と語っているそうなので、残念ですが昨年のクリスマス・マーケットが最後ということになるそうです。

 キューブリックとクリスティアーヌは『突撃』のラストシーンに登場するドイツ人少女としてキャスティングされたのをきっかけに恋人同士になり、結婚し、その後の生涯を「良き伴侶」として過ごしたのですが、1999年にキューブリックが亡くなった後も自身は画家・アーティストとして活動を続けてきました。キューブリックはクリスティアーヌに女優の仕事を続けて欲しかったのですが、クリスティアーヌは女優業にはあまり乗り気ではなく、画家になりたかったと語っています。そんなクリスティアーヌをキューブリックは頼りにし、作品中のあちこちに飾られた絵画はクリスティアーヌの作品であったり、『2001年宇宙の旅』では異星人の造形を手伝ったりもしています。

 また、それ以上に重要なのは、映画製作で悩んだり苦しんだり落ち込んだりした時に、励まし続けたのはクリスティアーヌだったという事実です。他人には自信たっぷりに振る舞うキューブリックでしたが、うまく事が運ばないと自虐的になることもあり、そんなキューブリックを精神面で支えたのがクリスティアーヌだったのです。

 そのクリスティアーヌも今年5月で91歳になります。今後はゆっくりと自分の時間を生きていただけたらと思います。長い間お疲れさまでした。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Veit Harlan
画像引用:IMDb - Veit Harlan

 キューブリックの義理の叔父(妻クリスティアーヌの叔父)のファイト・ハーランはナチス政権下のドイツで、反ユダヤ主義のプロパガンダ映画『ユダヤ人ジュース』(1940)『コルベルク』(1945)の監督を務めました。ハーランは1922年にユダヤ人女優でキャバレー歌手のドラ・ガーソンと結婚し、1924年に離婚しています(ガーソンは後に家族とともにアウシュヴィッツで殺害された)。つまりハーランは当初、反ユダヤ主義者ではなかったのです。

 1933年、ヒトラー政権が始まるとハーランはゲッベルスによってプロパガンダ監督に任命されます。理由は他の優秀な監督がドイツから逃げ出しからだと言われています。そして1940年、ハーランは悪名高き反ユダヤ主義プロパガンダ映画『ユダヤ人ジュース』を監督します。

 『ユダヤ人ジュース』の監督ファイト・ハーランは戦後、この映画との関わりを否定しようと全力を尽くした。ゲッベルスはもともと、ペーター・パウル・ブラウアーに監督を任せていたが、一九三九年末に心変わりして、ハーランを起用した。もとの脚本がハーランではなく、ルートヴィヒ・メッツガーとエーバーハルト・ヴォルフガング・メラーの作品だということも事実である。そして、ハーランは圧力をかけられていたのかもしれない。ハーランはのちに、ヒトラーは『ユダヤ人ジュース』制作を厳命し、ゲッベルスは承諾しなければダハウに送ると脅したと主張しているが、これを証明するものはない。ゲッベルスの日記には、ハーランは協力的だと書かれている。たとえば、ゲッベルスはもとの脚本に納得していなかったが、ハーランには「たくさんの思いつき」があり、「脚本を手直し」しようとしている、ハーランによる改変は「大仰だ」と記している。すでに存在していた脚本の反ユダヤ主義を緩和したという戦後の主張に反して、彼はそれを強化している。メッツガーとメラーによるもとの脚本とハーラン版を比較すれば明らかである。

(全文はリンク先へ:じんぶん堂 「人種主義」なナチ映画の起源『ヒトラーと映画 総統の秘められた情熱』/2020年6月18日


 以上の引用によると、ハーランは積極的にこの映画に関与し、反ユダヤ主義色を強めることさえしています。その本心は推し量るしかありませんが、自身が過去にユダヤ人と結婚していた事実があることを負い目(ナチス政権下、ユダヤ人に同調するドイツ人も迫害された)に感じ、過剰に積極姿勢を見せただけなのか、それともナチスが掲げる反ユダヤ主義に感化されてしまったのかはわかりません。どちらにしてもナチス政権下でのハーランは、反ユダヤ主義を「積極的に推進」していたのは間違いないでしょう。

 戦後、ナチズムに加担した映画監督としてただ一人起訴されましたが、プロパガンダ映画への関与は強制されたもの(いわく、ゲッベルスに「断れば最前線に送り込む」と脅された)で、本意ではなかったと弁明し、その主張が認められてほぼ無罪(ごく軽い罪状)を勝ち取りました。ただしハーランの証言を裏付ける証拠はなく、逆に積極的に関与していたことが現在では判明しています。

 キューブリックと会ったハーランは裁判の時と同様に「本当は嫌だったがあの時は従うしかなかった」と弁明しています。また、キューブリックの(ユダヤ人の)家族が自分の姪(クリスティアーヌ)を受け入れてくれたことに安堵したと伝わっています。ファイト・ハーランには2歳年下でオペラ歌手のフリッツ・モリッツ・ハーランという弟がおり、それがキューブリックの妻、クリスティアーヌの父親です。クリスティアーヌは幼少時代、ナチズムの教育を受けたそうですが、そのことについては「授業は退屈だった」「ハイル・ヒトラーではあまり手を高く挙げなかった」などと語るだけで、あまり積極的に話そうとはしていません。

 ファイト・ハーランは社会主義に興味を持っており、ナチスに入党した記録もないので、ヒトラーやナチズムに心酔していたということではなさそうです。ですが、上記のようにナチスのプロパガンダ映画製作に積極的に関与したのは間違いありません。その真意は1970年に本人が死去してしまった現在、知るすべはありません。キューブリックはユダヤ人迫害を扱った『アーリアン・ペーパーズ』の製作準備中、ナチスが行なったホロコーストを調べるうちに、余りに惨たらしすぎるので映画(映像)にできないと落ち込んだそうです。それを見ていたクリスティアーヌは中止になったことを安堵したと語るほどでした。そしてそれは反ユダヤ主義のプロパガンダ映画の監督を叔父に持つクリスティアーヌにとって、一族の「汚点」をマスコミにほじくり返されなくて済むことを意味し、その点でも安堵したであろうことは想像に難くありません。

 このように、キューブリック一家の人種やイデオロギー的な立ち位置は、微妙でセンシティブなものがありました。ですが、当のキューブリックは前述の通り『アーリアン・ペーパーズ』を企画を立ち上げたり、そうかと思えば「ヒトラーは正しかった」と発言したり、自宅でクリスマスパーティーを楽しんだりと、出自がユダヤ人でありながらもそれには全くとらわれず、自由に振舞っていました。それはキューブリックにとってイデオロギーや人種や宗教など、自身の映画製作者としての才能と意欲と好奇心の前では、瑣末なことに過ぎないと考えていたからではないでしょうか。キューブリック作品に共通する、物事や出来事を俯瞰の視点で描く描き方は、イデオロギーや人種や宗教に振り回されている愚かな人間たちを冷静に見つめいてた(出身が人種のるつぼで大都会であるニューヨークだった影響も大きい)、キューブリックの視線と一致するものを感じるのは私だけではないでしょう。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




 デスメタルバンド、シールズのボーカル兼ギターで活躍していたキューブリックの実孫(次女アンヤの一人息子)サムくんですが、やっと音楽活動を再開したようです。

 シールズは2018年にメンバーが自殺してしまうという残念な終わり方をしてしまったのですが、今度は随分とデジタルでダンサブルな感じですね。とりあえず活動はYouTubeが中心のようですが、2022年4月23日にロンドンでギグも決まってるみたいですし、機会があればぜひ来日していただきたいです。まあ、ご本人はおじいちゃんを全然憶えていないと思いますけど。

 KUBRICKのlinktreeはこちらTwitterアカウントもあるのですが、linktreeに載せていないところを見ると放置するつもりのようです。ちょっと残念。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:04にキューブリックの妻、クリスティアーヌが登場。

 チルドウィックベリー・アートは、英国に残る数少ない専門のアートフェアの一つです。この動画は、15年以上にわたって国内各地から精巧なセレクションのアーティストを集めてきたその成功を称えるものです。

(引用元:動画説明文/2021年11月17日




 昨今の情勢で開催が継続されているか気になっていた、キューブリック邸の敷地内で毎年開催されている「チルドウィックベリー・アートフェアー」ですが、昨年は7月に開会され、11月にはクリスマス・マーケットも開催されたそうです。上記の動画はそのプロモーション用にキューブリックの長女カタリーナの三男、ジャック・ホッブスが制作したものです。お元気そうなクリスティアーヌの姿もあり、ちょっと安心しました。

 今年も7月にアートフェアーが、11月にクリスマスマーケットが開催されるそうです。詳細は公式サイトでご確認ください。もし「現地レポできますよ!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報を。

 
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 キューブリックの長女カタリーナの三男、ジャック・ホッブスはキューブリック邸内にスタジオを設け、音楽制作や動画撮影を請け負っているのですが、そのジャックが撮影した動画にはたびたびキューブリック邸が登場しています。このMVもそのひとつ。

 曲はクイーンの名曲『Love of my Life』のカバーでピアノの弾き語りなのですが、MVの撮影場所はキューブリック邸のビリヤード室です。アーティストのホープ・ウィンターがどこまで有名なのかわかりませんが、YouTubeのチャンネル登録者数を見る限り、YouTube界隈ではそこそこ知られていると判断して良さそうです。

 そのジャックのサイトはこちら。そんなに儲かってはなさそうですが(失礼!)、必死で売上を上げなくてもキューブリックの遺産で食いつなげますからね。以前は自身もミュージシャンをしていましたがプロデュース業に転身、そこから動画撮影まで手を広げたようです。悠々自適でまったく羨ましい限りですが、お祖父ちゃんの才能は受け継いでいないようです・・・というか、母親のカタリーナがクリスティアーヌの連れ子なので(カタリーナはクリスティアーヌの前夫の子)、遺伝子的にはキューブリックとの繋がりは全くありません。ついでに言えば、ジャック・ホッブスのホッブスとはカタリーナの前夫、フィリップ・ホッブスの姓です。ややこしいのでキューブリックの家族については以前こちらの記事にまとめておりますので参考までどうぞ。家系図もその記事にあります。家系図の範囲の家族はキューブリック作品に参加していたり、キューブリックのドキュメンタリーに登場していたりするので、把握しておくことをお勧めいたします。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ