作品概要/ストーリー紹介

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
df

   邦題/拳闘試合の日
   原題/Day of the Fight
  公開日/1951年4月26日(モノクロ、16分)
 日本公開/日本未公開
   製作/ジェイ・ボナフィールド
   監督/スタンリー・キューブリック
  助監督/アレグサンダー・シンガー
   脚本/ロバート・レイン
   撮影/スタンリー・キューブリック
   編集/ジュリアン・バーグマン
      スタンリー・キューブリック
   録音/スタンリーキューブリック
   音楽/ジェラルド・フリード
   出演/ウォルター・カーチャ
      ヴィンセント・カーチャ
      ネイト・フレイシャー
      ボビー・ジェイムス
ナレーター/ダグラス・エドワーズ
   配給/RKOラジオ

【作品概要】

 キューブリック初の映画作品でニュース映画。ミドル級ボクサー、ウォルターが試合当日の朝からリングに上がり、試合に勝つまでを追ったドキュメンタリ−。友人や自分の資金で製作し、 RKOに売り込んだ。

【ストーリー紹介】

 1950年4月17日拳闘試合の日、ミドル級ボクサー ウォルター・カルティエは朝6時に起床した。夜10時にはボビー・ジェームズとの試合があるのだ。双子でマネージャーでもあるヴィンスと共にカルティエは教会へ。朝食を摂り身体検査し、お気に入りのレストランで試合前最後の昼食を食べた。午後4時、カルティエは試合の準備を開始。午後8時、楽屋入りしバンテージを巻くなど試合に備える。ついに試合開始。ボビー・ジェームズと試合はカルティエがKO勝ちを収めた。今日1日の彼の仕事が終わったのだ。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

博士の異常な愛情 [Blu-ray](amazon)


  邦題/博士の異常な愛情:または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか
  原題/Dr.Strangelove or:How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb
 公開日/1963年12月3日(94分、モノクロ)
日本公開/1964年10月6日
製作会社/ホーク・フィルムズ
  製作/スタンリー・キューブリック
  監督/スタンリー・キューブリック
  原作/ピーター・ジョージ「赤い警報」
  脚本/スタンリー・キューブリック
     テリー・サザーン
     ピーター・ジョージ
  撮影/ギルバート・テイラー
  編集/アンソニー・ハーヴェイ
  音楽/ローリー・ジョンスン
  美術/ケン・アダムス
特殊効果/ウォーリー・ヴィーナース
  出演/ピーター・セラーズ(マンドレイク大佐、マフリー大統領、ストレンジラヴ博士)
     ジョージ・C・スコット(タージトソン将軍)
     スターリング・ヘイドン(ジャック・リッパー将軍)
     スリム・ピッケンズ(コング少佐)
     キーナン・ウィン(グアノ大佐)
     ピーター・ブル(デサデスキー駐米ソ連大使)
     トレイシー・リード(スコット嬢)
     ほか
  配給/コロムビア映画



 1年以上の間、西側高官の間でソ連が最終兵器の「皆殺し装置」が完成しつつあるとの噂が広まっていた。

 バープルソン空軍基地。イギリス軍の派遣将校マンドレイク大佐に基地司令官のリッパー将軍から緊急指令が発令される。それは「R作戦」といい演習ではないという。加えて隊員の私物のラジオを没収せよと指示された。ソ連への隣接空域を飛行中の50メガトンの核爆弾を積んだコング少佐のB-52にもR作戦が指示された。にわかに信じられない隊員たち、だが指令は確認された。美人秘書と情事を楽しんでいたタージドソン将軍にR作戦が発動された事を知らせる電話がかかってくる。まだ危機感は薄く、国防総省の様子を見てくると秘書に告げる将軍。バープルソン空軍基地では敵襲に備えるようリッパー将軍が指示を与えていた。ラジオを見つけたマンドレイク大佐は何気なくスイッチを入れると通常放送だと気付く。放送をリッパーに聴かせ自国に核攻撃がない事を説明し、攻撃機を呼び戻そうと提案するマンドレイクにリッパーは聞く耳を持たない。コング機内では着々と攻撃準備の手順を進め、CRM回路を暗号モードにし、暗号以外通信を受け付けない設定にした。

 国防総省の最高作戦室では大統領を囲んで会議が始まった。「R作戦」とは敵の奇襲攻撃で指令系統が混乱した際に大統領命令なしに核報復攻撃ができる指令で、それを取り消すには暗号が必要となり、その解読には2日半かかるという。爆撃機が敵のレーダー圏に入るまであと18分しか残されていなかった。バープルソン空軍基地には陸軍の空挺師団を向かわせる事にしたが、タージドソンは今なら2000万人程度の被害で済むので、この機会を捉えソ連に全面攻撃すべきだと大統領に進言する。だが大統領はソ連大使を最高作戦室に招き入れた。ソ連大使はホットラインでソ連首相を呼び出そうとするが、作戦室を隠し撮りしようとした大使と一悶着する。一方のコング機内ではサバイバルキットの点検が行われていた。

 バープルソン空軍基地では基地守備隊と陸軍空挺団との間で激しい銃撃戦が開始された。最高作戦室ではホットラインで大統領と首相が会談するが首相が酔っぱらっているため要領を得ない。それでも今までの経緯を説明し、攻撃地点を教えるのでそちらで撃墜して欲しいと要請する。するとソ連が秘密裏に建造していた「皆殺し装置」の存在が明らかになる。基地ではリッパーがマンドレイクに水道水にフッ素が混入されている事実を指摘し、我々の貴重な体液が汚されていると告げる。それが共産主義者の陰謀だと言うのだ。リッパーはゴルフバッグから機関銃を取り出し応戦し始めた。最高作戦室ではソ連大使が核攻撃を受ければ自動的に皆殺し装置が稼働し、10ヶ月で人類は死滅すると説明、兵器開発局のストレンジラブ博士はその存在を保証する。基地では激しい銃撃戦が行われていた。あいかわらずフッ素混入の自説を説くリッパーは、いつその陰謀に気付いたかの問いに、愛の行為の実践中に襲われた虚無感からだと説明、エッセンスの消失が原因であると力説した。やがて基地守備隊が投降、暗号を教えて欲しいと言うマンドレークを無視しリッパー将軍は自殺した。

※ネタバレ注意

 コング機はソ連領空に侵入していた。そこへ敵のミサイル攻撃があり、なんとか撃墜は免れたが暗号装置が機密保持のため自動的に破壊されてしまう。マンドレイクはリッパーの口癖から暗号を推察し、空軍本部に連絡しようとするが戦闘の影響で電話回線は破壊されていた。マンドレイクはグアノ大佐との不毛なやりとりの上、公衆電話から大統領に直接暗号を伝えた。暗号は受信され、攻撃機は帰還した。安堵の声が広がる最高作戦室。だが一機だけ攻撃を続行している機があるとソ連首相から連絡が入る。その一機が核爆弾を投下しても皆殺し装置は発動するのだ。燃料漏れ増加で当初の目標到達が不可能になったコング機は一番近いミサイル基地に目標を変更する。目標に接近し、爆弾投下準備にかかるがショートで爆弾槽が開かない。修理に行ったコング少佐は修理を終えた瞬間、爆弾に股がったまま投下された。

 最高作戦室ではストレンジラブ博士が古い炭坑にシェルターを造り、そこに避難すれば100年の間数十万人が避難できると説明する。生き残る人選をしたくないという大統領に博士は選択はコンピュータに一任すればいいと。その際政府高官は優遇され、男女比は1対10とし、しかも女性は性的に刺激的ながある者が選ばれると力説した。タージドソンはその際にもソ連に対して軍事的優位であるべきと大統領に進言する。それを尻目にソ連大使は最高作戦室を隠し撮りした。ストレンジラブ博士は突然立ち上がり叫んだ「総統、私は歩けます!」そんな中、世界各地で核の花が咲き乱れるのであった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

時計じかけのオレンジ [Blu-ray]


   題名/時計じかけのオレンジ
   題名/A Clockwork Orange
  公開日/1971年12月20日(137分、カラー、ワイド)
 日本公開/1972年4月29日
 製作会社/ホーク・フィルムズ
製作総指揮/マックス・L・ラーブ
      サイ・リトヴィノフ
   製作/スタンリー・キューブリック
   監督/スタンリー・キューブリック
   脚本/スタンリー・キューブリック
   原作/アンソニー・バージェス『時計じかけのオレンジ』
   撮影/ジョン・オルコット
   編集/ビル・バドラー
   音楽/ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーベン
      エドガー・エルガー
      ジョアキーノ・ロッシーニ
      ほか
 電子音楽/ウォルター・カルロス
   美術/ジョン・バリー
   出演/マルコム・マクドウェル(アレックス)
      パトリック・マギー(アレキサンダー)
      ウォーレン・クラーク(ディム)
      ジェームズ・マーカス(ジョージ)
      アレキサンダー夫人(アドリエンヌ・コリ)
      パパ(フィリップ・ストーン)
      ママ(シェイラ・レイノー)
      内務大臣(アンソニー・シャープ)
      看守長(マイケル・ベイツ)
      ほか
   配給/ワーナー・ブラザーズ
   受賞/1971年ニューヨーク映画批評家協会賞
      最優秀作品賞、最優秀監督賞受賞



 アレックスをリーダーにした4人の非行少年グループは、「コロバ・ミルク・バー」で「麻薬入りミルク」を飲みながら、今夜の「ウルトラバイオレンス」を企てていた。手始めにホームレスを袋だたきにし、対立する少年グループは病院送り、盗んだスポーツカーで郊外の家「ホーム」に押し入りれば、作家を叩きのめし、その妻をレイプする…そんな暴力三昧の日々だった。だがベートーベン好きなアレックスは、そのベートーベンの歌に聞惚れているところを仲間に邪魔にされ、ちょっとした仲たがいを起こす。それをきっかけにアレックスは、仲間に裏切られ、強盗に押し入った老女を殺害した罪で、警察に捕まってしまう。

 刑務所に収監されたアレックスは、聖書で暴力と性欲を慰める日々を送っていたが、やがて政府が犯罪者の更生にと開発した「ルドヴィコ療法」で治療すればすぐ出所できる事をを知り、それを自分に試して欲しいと自ら名乗り出る。だが、その治療法とはとんでもない代物だった。

※ネタバレ注意

 アレックスは拘束具で身体の自由を奪われた上に眼球を閉じれないようにし、暴力的な映画を強制的に見させられ続けた。同時に投薬も行われ、治療が終わる頃には暴力を振るおうと考えただけで気分が悪くなってしまうという、所謂「条件付け」された身体へと洗脳されてしまっていた。

 強制的とはいえ好青年に変貌したアレックスが家に戻ると、そこには見知らぬ間借人がいて、自分の居場所はないと悟る。当てもなくさまようアレックスに、かつて暴力を振るったホームレスや警官にいいように仕返しされてしまう。心身共にボロボロになったアレックスが辿り着いたのは、かつて襲撃した「ホーム」だった。アレックスの正体に気付かず、手厚く保護する作家。だが正体がばれてしまうと、今度はアレックスを自殺に追い込み、それを反政府運動に利用しようと企てる。絶望したアレックスは投身自殺を図った。

 重傷だが、奇跡的に命はとりとめたアレックスは回復した。今度は逆に政府が広告塔に利用すべく、アレックスを元の凶暴な人格に戻していたのだ。以前のように、暴力を取り戻したアレックスは不適な笑みを浮かべながらベートーベンに陶酔し、「完全に治ったね」と嘯くのだった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

シャイニング [Blu-ray](amazon)


   邦題/シャイニング
   原題/The Shining
  公開日/1980年5月23日(142分、カラー、ワイド)
 日本公開/1980年12月13日(119分の国際版)
 製作会社/ワーナー・ブラザーズ
製作総指揮/ヤン・ハーラン
   製作/スタンリー・キューブリック
 共同製作/ロバート・フライアー
      マーティン・リチャーズ
      マリー・リア・ジョンスン
   監督/スタンリー・キューブリック
   脚本/スタンリー・キューブリック、ダイアン・ジョンスン
   原作/スティーブン・キング『シャイニング』
   撮影/ジョン・オルコット
   編集/マーティン・ハンター
   音楽/ウェンディ・カルロス、レイチェル・エルキンド
   美術/レイ・ラヴジョイ
   出演/ジャック・ニコルソン(ジャック・トランス)
      シェリー・デュヴァル(ウエンディ・トランス)
      ダニー・ロイド(ダニー・トランス)
      スキャットマン・クローザス(ハロラン)
      フィリップ・ストーン(デルバード・グレディ)
      ジョー・ターケル(ロイド)
      ほか
   配給/ワーナー・ブラザーズ



 上空から冷ややかに見つめる視線。それは雄大なコロラド・ロッキーの中を走る一台のワーゲンを追いかける。やがてその視線の先に豪華なリゾートホテル「オーバールック・ホテル」が姿を現わした。ワーゲンの主は作家兼教師のジャック・トランス。彼は冬季に閉鎖されるこのホテルの管理人の採用試験に赴いたのだ。ところがその面接で支配人から不吉な話を聞かされる。前任の管理人はあまりの孤独に気が狂い、妻と娘を惨殺し自分も猟銃自殺したというのだ。そんな話を一笑に付し無事採用されたジャックは、妻ウェンディと一人息子のダニーとともに再びオーバールックに向かう。だが、超自然感応能力〈シャイニング〉を持っていたダニーは、そのホテルに不気味な影の存在を感じていた。

 ホテルに到着したトランス一家に、ホテルの料理長ハロランは不安を抱く。特に自分と同じ〈シャイニング〉を持っているダニーを心配し、「237号室には何もないから近づくな」と言い残してマイアミに帰省した。一方のジャックは、断酒中の自分にはアルコールのない、静かな環境で執筆ができると乗り気で、ウェンディはそんな家族を暖かく支えるつもりだった。

 だが、そんな一家の幸せな時間は長くは続かなかった。ダニーはいきなり双子の少女の霊に遭遇、ジャックも苛立つばかりで一向に執筆がはかどらず、テニスボールで遊び出す始末。やがてダニーはハロランの忠告にも関わらず、何者かに誘われるかのように237号室に入ってしまった。

※以下ネタバレ注意

 ジャックは酒を求めて誰もいないゴールドルームのバーに行く。するとそこにバーテンダーの霊が現れて、断酒中にも関わらずジャックは勧められるままに酒を飲んでしまう。237号室でダニーが何ものかに傷つけられた事を知ったウェンディは、ジャックに237号室を調べるように迫る。そこでジャックも若い女(老婆)の霊と遭遇するが、ウェンディには「何もなかった」と報告するだけだった。何ものかに取り込まれつつあるジャック・・・。再びゴールドルームに赴くと、そこはパーティーの真っ最中。そこで出会ったウェイターのグレディに「ずっと昔からあなたはこのホテルの管理人だった」、「邪魔をする奥さんと息子には〈しつけ〉が必要」と諭されると、霊の言う通りにウェンディやダニーを襲い始めた。

 ダニーはハロランに助けを求め、それを感じ取ったハロランは急遽ホテルに向かう。ある一文を繰り返しタイプしただけの原稿用紙の山に、やっとジャックの異常に気がついたウェンディは、襲ってきたジャックをバットで殴って気絶させ食品倉庫に閉じ込め、ダニーと一緒にホテルからの脱出を図る。だが無線や雪上車はジャックによって壊された後だった。それに対しグレディはジャックを倉庫から助け出し、自分の勤めを果たすように迫る。再び妻子を襲い始めるジャック。そこにハロランが到着するが斧でジャックに殺されてしまう。生け垣迷路に逃げ込んだダニーはなんとかジャックを巻く事に成功。ハロランが乗ってきた雪上車でウェンディとダニーはホテルを無事脱出、ジャックはそのまま生け垣迷路で凍死する。

 ジャックはホテルのロビーに飾られた、1921年のアメリカ独立記念日のパーティーの写真の中に幸せそうな顔をして写っていた。そしてパーティーの音楽はやがて雑踏へと変わるのだった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

突撃 [DVD](amazon)


  邦題/突撃
  原題/Paths of Glory
 公開日/1957年12月25日(86分、モノクロ)
日本公開/1958年2月19日
製作会社/ハリス=キューブリック・プロダクション
  製作/ジェームズ・B・ハリス
  監督/スタンリー・キューブリック
  原作/ハンフリー・コッブ「栄光の小径」
  脚本/スタンリー・キューブリック
     カルダー・ウィリンガー
  撮影/ジョージ・クラウス
  編集/エヴァ・クロール
  音楽/ジェラルド・フリード
  美術/ルードウィッヒ・レイバー
  出演/カーク・ダグラス(ダックス大佐)
     ラルフ・ミーカー(パリス伍長)
     アドルフ・マンジュー(ブルラール将軍)
     ジョージ・マクレディ(ミロー将軍)
     ウェイン・モリス(ロジェ中尉)
     リチャード・アンダーソン(サントーバン少佐)
     ジョセフ・ターケル(アーノー二等兵)
     ティモシー・キャレイ(フェロル二等兵)
     ほか
  配給/ユナイテッド・アーティスツ



 1916年、第一次世界大戦中のフランス軍。ブルーラード将軍はドイツ軍の難攻不落な陣地「蟻塚」を攻め落とそうと、ミロー将軍に明後日までに占領せよとの命令を出す。現状では不可能と主張するミローは昇進をほのめかされたため承諾する。前線を視察したミロー将軍から命令を聞かされた、701歩兵連隊長で元弁護士のダックス大佐は攻撃は無謀だと抗議するが、解任を示唆され止むなく受け入れる。

 その夜、3名が蟻塚偵察に向かうがロジェ中尉は敵前逃亡し、その際ルジューンを手榴弾で殺害する。それに気付いたパリス伍長はロジェを激しく非難した。明け方作戦が開始されると、ダックス大佐はピストルを持って連帯を鼓舞し、兵士とともに戦うが激しい砲撃と機銃掃射で連隊は途中で前進を阻まれる。だがB隊は壕にこもって攻撃をしようとしなかった。しびれをきらしたミロー将軍は味方の陣地を砲撃しろと命令するが砲兵隊はそれを拒否、そんな中、先発隊も塹壕へ退却し始める始末だった。

 ミロー将軍は命令を実行しなかったとして3中隊から1名ずつ、合計3名を選び軍法会議にかけることにした。ダックス大佐は弁護を志願したが、それを思いとどまるようミローはダックスに圧力をかけた。選ばれた兵士は気に入らないからと選ばれたフェロル二等兵、くじ引きで選ばれたアーノー二等兵、ロジェ中尉のルジューン殺害を告発しようとしたパリス伍長の3人だった。裁判が進むにつれ、これは形ばかりの軍法会議で見せしめとして銃殺刑にするのが目的だと気付いたダックス大佐は、元弁護士という経歴もあり軍法会議でこの裁判の不当性を主張する。

※ネタバレ注意

 ダックスの主張は認められず、裁判は3人に有罪を言い渡した。最期の時を待つ3人は苛立っていた。懺悔を聞きに来た従軍神父を酔っぱらったアーノーは侮辱し、それに激怒したパリスはアーノーを殴って重傷を負わせてしまう。銃殺隊長の人選にダックスは敵前逃亡したロジェ中尉を選ぶ。命令を嫌がるロジェに構わず無理矢理任命した。その時ダックスはミロー将軍の味方への砲撃命令の存在を知る。それを盾に銃殺刑を止めるようブルーラード将軍に圧力をかけた。結局銃殺刑は施行されたが、ミロー将軍も味方への砲撃命令で査問委員会にかけられる事になる。ブルーラード将軍はダックスへ昇進を持ちかけ、そのかわりミローの告発を取り下げるよう暗に要求する。それをダックスは拒否した。

 酒場で騒ぐ701連隊の兵士たちは、敵の少女をさらし者にし喜んでいた。少女が歌を歌い始めると侮辱していて兵士は静かになり、涙を流し一緒に歌い始めた。その様子を見ていたダックスは前線に戻る命令を少し待つように指示した。

このページのトップヘ