キューブリック関連書籍

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
71xK5SXQk7L
この人を見よ!歴史をつくった人びと伝 4 手塚治虫(amazon)


 ある日、図書館にある検索の端末に何気なく「スタンリー・キューブリック」と入力したところ、この書籍がヒットしました。キューブリックと手塚治虫といえば例の手紙のエピソードだろうな、と思って確認のために本棚を探したのですが目的の本がみつかりません。仕方がないので係の方に案内をお願いし、案内されて驚きました。なんと「児童書」のコーナーにあったのです。手に取って読んでみると、なるほど児童書なのですが、手塚治虫の数あるエピソード(「伝説」ともいいますが。汗)の中でこれが選ばれるとは、となかなか感慨深いものがありました。

 この本を読んだお子さんがキューブリックのことを知り、やがて「映画沼」にハマっていく・・・という事例がどこまで現実味があるかは全く想像できませんが、Twitterで「お父さんの持ってたDVDで『2001年宇宙の旅』を観た」とか、「家にあった『時計じかけのオレンジ』を観ようとすると親に止められた」などといったツイートをたまに見かけることがあります。「キューブリック作品はこうして継承されていくんだなあ」と感慨にしたってよいものやら悩むのですが、そのアーティストや作品との出会いが人生のどの時期の、どういう形であっても、「出会うものには遅かれ早かれ出会ってしまうもの」だと思っています。まあ、出会ってしまったのなら仕方がありません。潔く諦めていただいて(何を?笑)、その後の人生を「正しく狂わせて」いただけたらな、と老婆心ながら思っております。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
81B8uvYHn-L
映画秘宝EX 映画の必修科目01 仰天カルト・ムービー100(amazon)


 『時計じかけのオレンジ』が「カルト映画」と称されることに違和感を感じているファンの方は多いと思いますが、私もその中の一人です。その理由を「『時計…』はなかなかビデオ化されなかったので、その間に幻の作品扱いされてしまったからでは?」と勝手に思い込んでいたのですが、こんなムックが発売されていたのを最近知りました。そりゃ「カルト」と呼ばれるはずです。

 個人的なことで恐縮ですが、私は「映画秘宝」(1995年にムックとして創刊、1999年に雑誌化)という雑誌は存じ上げてはおりましたが、一度も読んだことがありません。理由は「その頃は雑誌を読まなくなっていた」からです。当ブログの前身であるキューブリックのファンサイト「Catacomb」は1998年1月スタートです。当時のインターネットはGoogleもなければwikipediaもありません。資料は全て書籍です。ですので、ホームページ制作のために、キューブリックの一次資料の収集に明け暮れていた私に、この「映画秘宝」を手に取る機会は全くなかったのです。

 というわけで、このムックが映画秘宝編集部のどういう経緯で企画され、出版されたのか、また、その頃の映画秘宝という雑誌の「空気感」を私は全く知らない、という前提で感想を言いますと、「おおよそカルト映画とカテゴライズするにはふさわしくない作品が数多く紹介されている」というものです。これは想像ですが、本を売らんがために、有名作・人気作を敢えて「カルト映画」として紹介しているのではないでしょうか。もちろんそれ自体は版元として、売上をあげたいがための「必要な措置」なのかもしれませんが、ファンにとっては迷惑な話です。なぜなら、わざわざこのムックを古本で購入し、こんな訂正記事を書く羽目になってしまったのですから。

 『時計じかけのオレンジ』に限って言えば、『ロードショー』というミーハー雑誌(敢えて言います。笑)の1972年の読者人気アンケートで堂々「2位」にランクインしている大ヒット・大人気作品が、「カルト映画」であるはずがありません。なにせ1位が『ゴッドファーザー』、3位が『死刑台のメロディ』なのです。こんな作品のどこが「カルト」なんでしょう? では『時計…』以外はどうなのかというと、このムックが『カルト映画』として紹介している作品の一例をピックアップすると、以下のようになります。

『バーバレラ』
『007/カジノロワイヤル』
『サイレント・ランニング』
『悪魔のいけにえ』
『ファントム・オブ・パラダイス』
『ロッキー・ホラー・ショー』
『ゾンビ』
『1941』
『ブルース・ブラザース』
『マッドマックス2』
『ブレードランナー』
『遊星からの物体X』
『ガープの世界』
『死霊のはらわた』
『スカーフェイス』
『未来世紀ブラジル』
『ブルーベルベット』
『ビートルジュース』
『グレムリン2/新・種・誕・生』
『パルプ・フィクション』
『恋する惑星』
『ムトゥ・踊るマハラジャ』
『スターシップ・トゥルーパーズ』
『バッファロー’66』
『ラン・ローラ・ラン』
『ファイトクラブ』
『メメント』
『ズーランダー』

・・・えっと、映画初心者さん向け名作映画紹介ムックでしょうか?(笑。ここまでピックアップすればある事実に気づきます。実はこれらの作品は表紙や裏表紙のカラーイラストに採用されているのです。つまり「本を売らんがための釣り」ということですね。この件に関しては出版当時も批判されたようで、いくつかの書籍レビューでそれを確認することができます。

 このムックが出版された2011年というのは出版不況が騒がれていた頃でした。版元である洋泉社にとっても、出版は慈善事業ではありませんので、本を売らなければならないのは理解できます。ですが、ネットと違って書籍は「残り」ます。出版されたおおよそほとんどの書籍は国立国会図書館にアーカイブされることはよく知られた事実です。つまりネットのように「なかったことにはできない」のです。もちろん版元はそれを承知の上で、このムックを「売ろう」としたのだと思いますが、結局2020年に洋泉社は解散してしまいました(正しくは「双葉社に吸収された」)。つまり「版元は消えても書籍は残ってしまった」わけです。

 まあ、このムックを真に受けた読者の方には罪はないので、あまり厳しくは言いたくはないのですが、この記事にたどり着いた方は、もうこれで「カルト映画」というものを正しく理解していただいたということで、今後は「『時計じかけのオレンジ』はカルト映画」などという間違った認識を流布しないでいただけたら(ネット、リアル問わず)と思います。また、このような二次情報書籍をソースに安易な記事を書く、ネットライター様も同様にお願いいたします。

 なお、このムックには正真正銘の「カルト映画」も掲載されていますので(たぶんこちらが編集部の本音では?)、そちらはそちらで存分に「カルト感」をお楽しみください。また、続編である『映画秘宝EX 映画の必修科目10 仰天カルト・ムービー100 PART2』(amazon)も出版されていますので、よりディープなカルト作品を楽しみたいのであれば、そちらもオススメいたします。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
f29264da
IndieWire誌がピックアップした「キューブリック本」。なんと全て未邦訳。

41c-MABfSYL
『Stanley Kubrick and Me: Thirty Years at His Side』
by Emilio D’Alessandro


 ドキュメンタリー『キューブリックに愛された男』の種本で、映画制作前に出版された。キューブリックの専属運転手兼アシスタントだったイタリア人、エミリオ・ダレッサンドロの回顧録。


51wMddX7gJL._SX322_BO1,204,203,200_
『Stanley Kubrick: A Biography』
by John Baxter


 ジョン・バクスター著の「もう一つの」キューブリックの評伝。邦訳されているのはヴィンセント・ロブロット著のもの。


41XfOQQyzlL
『Kubrick』
by Michael Herr


 『フルメタル・ジャケット』を共同で脚本を担当した、マイケル・ハーのキューブリックとの回顧録。『シャイニング』の共同脚本担当で小説家のダイアン・ジョンソンによると、キューブリックの実像は「マイケルの書いた通り」だそうです。


71CNE0u2b8L
『The Stanley Kubrick Archives』


 イギリスのロンドン芸術大学にある「スタンリー・キューブリック・アーカイブ」に収蔵されている資料をまとめた資料集。いくつか判型の違いが存在するので注意。


363541880
『Stanley Kubrick Produces』
by James Fenwick


 キューブリックの未製作作品を含めた映画製作実績をまとめた本。


81oEc2BFt2L
『Stanley Kubrick’s Napoleon』


 キューブリックが、未完の大作『ナポレオン』製作のために集めた資料をまとめた豪華資料集。


515u07M2OFL
『Stanley Kubrick: New York Jewish Intellectual
by Nathan Abrams


 キューブリックのユダヤ人としての側面にスポットを当てた評伝。



 以上ですが、IndieWire誌がこの7冊を「魅力的」とした理由は定かではありませんが、どちらにしても日本では「全て未邦訳」という悲しさ。これをご覧になった出版関係者の方はぜひ邦訳をご検討ください。なお、各書籍の解説は管理人が記したもので、引用記事の和訳ではありませんので何卒ご了承ください。

(引用元:IndieWire『Stanley Kubrick: 7 Fascinating Books on the Legendary Director』/2021年4月19日
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
81oSxAR-6RL
スペースエイジ・インテリア(amazon)


 いわゆる「ミッドセンチュリー」な家具で「レトロフューチャー」なインテリアを紹介したムック本です。「実際こんな部屋に住めるの?」と驚くばかりの部屋ばかりですが、居住者それぞれのこだわりが詰まった部屋はみているだけでも楽しいですね。もちろん、実現させるにはお金も(収集する)時間もかかったんだろうな、というのは容易に想像できます。

 タイトルの『スペースエイジ』でまず、思いつくのは『2001年宇宙の旅』の宇宙ステーションに置いてあったオリビエ・ムルグ作の「ジン・チェア」。本誌でも小川隆・ユキヨ夫妻や山下修平さんの部屋に置かれています。このチェアはとても人気があるので、カフェや美容室に置かれている場合もあるそうなのですが、確実に座ってみたければラスクで有名な群馬県にある「ガトー・ハラダ本館シャトー・デュ・ボヌール」の店舗に置かれているので、機会があれば訪問してみてはいかがでしょうか。

 本誌には他に扉ページに『時計じかけのオレンジ』のヌードマネキンや、刈谷翼さんの部屋紹介には『シャイニング』237号室のカーペット柄のカーテンも登場しています。刈谷さんはこのカーテンを自作されたのことですが、せっかく本文で「姉の影響でキューブリック作品に触れてきた」と紹介されているのに、『シャイニング』の件には触れずじまい。いや、そこは触れてあげようよ、とちょっと思ったり。

 こんな部屋に住んでみたい!と考えている方にはとっても参考になりそうなムックですが、いずれにせよ家具のお値段が・・・。この本が言う「2021年・宇宙部屋の旅」を実現するにはとってもお金がかかりそうです(世知辛い。汗)。

情報提供:オリオンさま
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
IMG_2356
全960ページのボリューム。それに重い!定価4,800円(税別)

 1902年(メリエスの『月世界旅行』)から2018年(スパイク・リーの『ブラック・クランズマン』)までの映画1001本が、年代別に掲載されているまさに「映画辞典」と呼ぶべき本。その最新版である第四版が上梓されていましたので購入してみました。さっそくどのキューブリック作品が掲載されているかチェックしたのですが、『突撃』『スパルタカス』『ロリータ』『博士の異常な愛情』『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『バリー・リンドン』『シャイニング』『フルメタル・ジャケット』の9作品でした。

 なにかと評判の悪い『ロリータ』が掲載されているのには驚きましたが、その代わりと言ってはなんですが『アイズ ワイド シャット』が未掲載。まあ、一般的にはそうなんだろうな、と思うしかないですが、こちらの記事によると過去には『A.I.』や、なんとキューブリックが脚本段階で監督として参加していた『片目のジャック』も掲載されていたそうです。ちなみに個人的には『片目…』は駄作だと思います。

 内容はあらすじ紹介だったり裏話だったり解説だったりと著者思い思いのごった煮で、訳のせいもあるかと思いますが文章のクオリティは必ずしも高いとは思いませんでした。『時計…』の項には「監督は(映画への批判で)これ以降30年近くイギリスを離れた」とありますが、正しくは「30年近く公開が禁止された」です。原文を確認していませんが、おそらく誤訳でしょう。

 本国アメリカでは2003年以降毎年改訂版が出版され続けているそうですが、評価の固まっている1990年代以前の作品は大きな入れ替わりはなさそうです。それでも2013年版(日本未発売)で大きな改定があったようで、1001作品をピックアップする難しさを感じさせます。特に2000年代以降は価値観の多様化・細分化、映画産業のグローバル化などで「名作」という統一的判断基準が設定しにくくなっている印象があります。それに興行収入主義が蔓延し、「時代」「時間」という厳しい判断基準に耐えうる作品が登場しにくい状況もあるでしょう。個人的には20世紀で区切りをつけ「死ぬまでに観たい名作クラシック映画1001本」として厳選した方がいいんじゃないかと思っています。

 では、この本に掲載されている作品が一番多い監督が「映画史上最高の監督」と言えるのかどうか?ということですが、結果は以下の通り。チャップリンが4本という少なさで圏外という以外は・・・まあ納得ですね。

1位 アルフレッド・ヒッチコック(16本)
2位 イングマール・ベルイマン (10本)
   ハワード・ホークス
3位 スタンリー・キューブリック(9本)
   ルイス・ブニュエル
4位 ジョン・フォード(8本)
   ジョン・ヒューストン
   スティーブン・スピルバーグ
   ウィリアム・ワイラー
   ジャン=リュック・ゴダール
5位 フェデリコ・フェリーニ(7本)
   ジャン・コクトー
6位 ウディ・アレン(6本)
   ロバート・アルトマン
   ミケランジェロ・アントニオーニ
   黒澤明
   デヴィッド・リーン
   ヴィンセント・ミネリ
   マイケル・パウエル
   マーティン・スコセッシ
   オーソン・ウェルズ
   ビリー・ワイルダー

 ボリュームの割にはアマゾンで5,280円(税込)というお手頃価格ですし、テキストのクオリティに目を瞑るなら資料的価値の点からも持っていて損はないと思います。問題はどの版のタイミングで購入するか、でしたが、今回背が『シャイニング』だったのでこの版での購入になりました。日本未発売の2005年、2006年版は表紙が『シャイニング』だったそうです。映画ファンなら必携・・・と言いづらい部分もありますが、興味のある方はご購入を検討してみてはいかがでしょうか。


死ぬまでに観たい映画1001本 第四版(amazon)
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ