恐怖と欲望

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Faer_Killers
「狂気」と「純愛」。同じ「男女」でもこれだけ違う『恐怖と欲望』(1953)と『非情の罠』(1955)。

 キューブリックの劇映画デビュー作『恐怖と欲望』は1953年3月30日にニューヨークのギルド劇場で公開され、やがて全米で公開されました。それは興行主のジョゼフ・バースティンが資金を回収しようと目論んだからに他なりませんが、その公開は「一番館で華々しくロードショー公開」などと言えるものではなく、二番館やアート系(ポルノ劇場系も含む)、果てはドライブインシアターまで、要するに当時の若者のデート用映画(映画よりも暗闇を求める)のひとつでしかなかったのです。自分で資金を集め、ロサンゼルスへロケをし、監督から撮影、雑用までなんでもこなして本作を作り上げたキューブリックにとって、その状況は屈辱的であったであろうことは容易に想像できます。『恐怖と欲望』には、キューブリックが志した「映像と編集で語る」というシーンが頻出(キューブリックの無声映画好きがよくわかる)し、未熟で、青臭くて、低予算による映像の貧弱さはあるものの、「俺はこういう映画が撮りたいんだ!」という気概に満ちた良作として、現在もその価値を失ってはいません。

 キューブリックはこの頃、どうにかしてハリウッドに潜り込もうと無我夢中でした。そのオファーのきっかけとしてこの『恐怖と欲望』が、見る目のあるハリウッド関係者の関心を引くことを期待していたのです。しかし、結果は興行的に失敗したばかりか、ハリウッドから映画監督デビューの話が舞い込むことなど夢また夢の状況でした。当時20代半ばのキューブリックはおそらくこの時点で、「世間の冷たい現実」を身を以て知ったのでしょう。いくらルック社で「若き天才カメラマン」としてチヤホヤされたところで、ハリウッドという札束が舞い踊る世界から見れば、カネを生み出さない自分なんて芥子粒以下のゴミの価値さえない・・・キューブリックはそう判断したのだと思います。次作では「いかにもハリウッドが好みそうな、大衆受けする映画」を作ろうと決めました。そうです、それが『非情の罠』なのです。

 この『非情の罠』はおおよそキューブリックらしからぬ作品です。惹かれ合う男女の薄幸な生い立ち、そこから逃れるために夢を追い求める二人、汗臭いバトルシーン、銃と暴力、性と欲と犯罪が渦巻くニューヨークという舞台、そして安直なハッピーエンド。キューブリックは「これでもか」というばかりにハリウッド受けする要素を詰め込みました。しかし、この作品も興行的はおろか、評価も芳しいものではありませんでした。ですが、この作品をきっかけにある男と知り合うことになります。そう、ジェームズ・B・ハリスです。ハリウッドとのコネを持っていたハリスは、有能な映画監督と組んでハリウッドで一旗上げることを目論んでいました。そのハリスが認めたのがキューブリックだったのです。ハリスのおかげで、ハリウッドとのコネを得たキューブリックはロサンゼルスへ飛び、ハリウッドデビュー作『現金に体を張れ』を制作することになりました。キューブリックはその後も時折「らしさ」は見せつつも、ハリウッドや大衆に迎合した作品を作り続けました(『突撃』でのハッピーエンド改変未遂はその代表例)。キューブリックが本当にやりたいことをやり始めたのはカーク・ダグラスと袂を分かった後、『ロリータ』『博士の異常な愛情』の頃からです。そして満を持して発表した『2001年宇宙の旅』で、その才能をフルに花開かせたのです。

 劇映画処女作『恐怖と欲望』は、映画監督としての「キューブリックの初期衝動」が詰まった作品です(個人的にはビートルズのハンブルグ時代の荒々しさを想像させます)。それからすぐに大衆向けの『非情の罠』に取り掛かったのは、まずは、興行価値のある映画を作る監督であることをハリウッドに知らしめるという、冷静な現実的判断があったのだと思います(まるでブライアン・エプスタインに言われて革ジャンを捨て、スーツを着たみたいに)。だから時間を惜しみ、遠回りをせず、たった2年のブランクで『非情の罠』を公開したのでしょう。その結果、この2作は見事なコントラストを描き出すことになりました。それは、キューブリックの「本心」と「計算」です。キューブリックは生涯、「自分の作りたい映画を作り続けるためには興行成績が重要だ」というバランス感覚を失うことはありませんでした(失いかけたことはありました。『バリー・リンドン』で。笑)。多くの映画監督がたった一度の成功に浮かれ、このバランス感覚を忘れてしまい、自分が撮りたい作品を撮りたいように撮ったばっかりに興行的に惨敗、ハリウッドから姿を消してしまうという事例がいくつも存在していました。キューブリックはそれを避けることができた珍しい例です。そしてそれを高い次元で、しかも一生涯維持し続けた非常に稀有な例でもあります。

 長女のカタリーナによるとキューブリックはその立場を当然視することはなく、「私は運が良かった」と常々語っていたそうです。私個人は「運が良かった」とはまったく思いません。キューブリックには自己表現と興行成績を高い次元で両立させる才能があり、その努力も惜しまなかっと思っています。キューブリックは自我を押し通すか、大衆に合わせるかの「判断力」に長けていたのです。その事実を示す端的な例として、この「『恐怖と欲望』から『非情の罠』への変わり身の早さ」があるのだと、私には思えてなりません。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
fear-and-desireOST販売元のカルデラレコードのページはこちら

 『恐怖と欲望』のオリジナルサウンドトラックがリリースされました。追加収録で『拳闘試合の日』と、キューブリックが『2001年宇宙の旅』の参考にと観た『To the Moon and Beyond』サントラも。作曲は全てキューブリックの旧友ジェラルド・フリードで、試聴音源を聞く限りオリジナル音源だと思います。以前『Dr. Strangelove: Music From The Films Of Stanley Kubrick』というコンピレーションアルバムがリリースされましたが、それには『A Meditation on War (Fear & Desire)』『Madness (Fear & Desire)』『March of the Gloved Gladiators (Day of the Fight)』3曲が新録音で収録されていました。しかし、このアルバムはあくまでコンピレーションであって、そのほとんどがオリジナル音源でないことは大きな不満になっていました。それに対してこのアルバムはオリジナル音源ですのでそれなりに価値があるということになります。ですが、当時マスターはテープではなくレコードだったんですね。ノイズが入り音質も悪く、モノラル収録です。

 音源が現存するのなら、作曲者のフリードが所有していた以外考えられません。なぜフリードがこのタイミングでリリースするに至ったかは想像するしかないのですが、年齢を考えればやはり「自分が生きているうちに・・・」と考えたのかも知れません。フリードは『非情の罠』『現金に身体を張れ』『突撃』でもサントラを担当しています。もしフリードがこれらの音源を所有していれば今後リリースする可能性があります。期待したいですね。

 収録曲は以下の通り。日本ではARK SQUAREから発売中です。

Fear and Desire

1. Opening Credits (1:37)
2. Heading for the River (1:36)
3. All Clear (0:15)
4. Approaching the Cabin (1:12)
5. Madness (3:04)
6. “Girls Always Love Stories” (1:04)
7. Sidney and the Girl (2:48)
8. The House Down the River (0:13)
9. Mac’s Departure (3:43)
10. Waiting to Kill (5:04)
11. Drifting Through the Night (0:51)
12. End Credits (0:50)

Day of the Fight

13. March of the Gloved Gladiators (2:48)
14. Examination and Preparation (3:53)
15. Waiting for the Big Fight (2:52)
16. Victory (0:39)

To the Moon and Beyond

17.-27. To the Moon and Beyond (9:13)
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Virginia Leith

スタンリー・キューブリック処女作のヒロイン、バージニア・リースは94歳で死去した。

 家族のスポークスマン、ジェーン・チャーマーズによると、リースは11月4日にカリフォルニア州パームスプリングスの自宅で病気にかかりすぐに死亡しました。

 1925年10月15日に生まれたリースは、キューブリックと1950年代にルック誌の表紙の撮影の仕事でリースと知り合いました。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:VARIETY/2019年11月12日




 死亡記事でその俳優の詳細を知る、というのは残念ですが、それもひとつの情報入手の機会なので仕方ありません。以下がヴァージニア・リースに関するソースをまとめたものです。

生誕:1925年10月15日 米国オハイオ州クリーブランド
死去:2019年11月4日 米国カリフォルニア州パームスプリングス
出生名:コラ・バージニア・リース
身長:5フィート6インチ(168cm)
配偶者:ドナルド・ハロン(1960〜1968)
家族:ケリー・ハロンとメアリー・ハロンの元継母。

 元モデルのハスキーボイスなブルネットの女優。1950年代初期に20世紀フォックスによって契約、犯罪映画の『恐怖の土曜日』 (1955)で見栄っ張りな役(バーに通う看護婦)を演じましたが、1956年にフォックスが契約を更新しなかったため、リースのキャリアはすぐに大きな地位を失いました。リースは後に古典的なB級科学SF映画『死なない脳 』(1962)に出演しました。


 リースが『アメリカン・サイコ』の監督、メアリー・ハロンの義理の母親というのはびっくりですが、メアリー・ハロンの実母は実父ドナルド・ハロンの前の妻、グロリア・フィッシャー(婚姻期間は1949〜1960)なので、義理の母親として2人が生活を共にしたのは8年間(別居などがなければ)ということになります。キューブリックとはルック誌の表紙撮影の仕事でリースと知り合ったんですね。その表紙を探したのですが見つかりませんでした。見つけたらまた記事にしたいと思います。

 そのリースが11月4日に94歳で他界、大往生と言ってもいいでしょう。故人のご冥福をお祈りいたします。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 キューブリックの劇映画処女作『恐怖と欲望』は、ニューヨークのギルド劇場で1ヶ月間の上映の後、全米のあちこちの映画館やドライブインシアターに回されることになったのですが、その上映館の中には二番館、三番館、果てはポルノを上映する劇場までありました(詳細はこちら)。キューブリックにしてみれば、それは屈辱以外の何ものでもないわけですが、配給権をジョゼフ・バースティンが握っている以上、そのバースティンは利益を確保するためには手段を選ばなかったであろうことは容易に想像できます。

 その上映の中で、ロキシー・シアターで上映された際のポスターが残っていて、そこには『The Male Brute(野生の男)』なる映画と同時上映されたことがわかっています。『恐怖と欲望』と同様、『野生の男』もまるでポルノであるかのような売り出し方ですが、実はこれはフランスの名匠、ジャン・ドラノアの佳作『海をみた少年』であることはここで記事にしました。この映画もジョゼフ・バースティンが配給権を持っていたので、売れない映画どうしを抱き合わせ、ポルノまがいに宣伝し、少しでも資金を回収しようとした意図が読み取れます。その、ポルノにされてしまった『海をみた少年(原題:Le Garcon sauvage)』の予告編の映像がYouTubeにありました。これを観ただけでもポルノでないのは明らかです。

 キューブリックが映画制作を始めた初期は、このように制作費の支払いや、次作の制作資金捻出のために権利を譲りわたすことを余儀なくされていました。そのことは後に「自作の権利を全て自分が保有する」「そのためなら自作に関係する事柄全てに干渉する」という考えに至り、それを実行します。このように、小説や絵画や音楽などの世界では当たり前だと思われている「作者が自作の権利を保有する」という「常識」が、映画では「異例」と思われている現実をキューブリックは変えたがっていました(少なくとも自身だけでもそうすべきと考えていた)。しかしそれは現在に至るまで「異例」であり続け、キューブリックが当たり前と考えて行った自作への執着ぶりを揶揄する風潮は今も変わりません。

 キューブリックが劇映画処女作『恐怖と欲望』で得た経験と屈辱は、その後の映画制作に関するスタンスを決定づけました。その傍証として、同時上映されたこの『海をみた少年』が受けた同様の屈辱的な扱いが、それを証明していると言えるでしょう。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
next33
在庫限りにはなりますが、現在全品在庫があるそうです。購入はこちらからどうぞ。



 2013年に劇場公開、その後DVD/BDがリリースされたキューブリック幻の劇映画処女作『恐怖と欲望』ですが、その時に制作会社CUEとnext33の共同企画されたTシャツなどのグッズの在庫が全品あり、現在も購入可能だそうです。next33の販売サイトはこちらになります。

 最近、キューブリック作品の公式Tシャツが流通大手のイオンから格安で販売になり、キューブリックファンをざわつかせましたが、それはキューブリックの死後宙ぶらりんになっていた版権管理を、ワーナーが代表して行うようになったからです。キューブリック作品の日本国内の配給権は以下のようになっていますが、現状ではワーナー配給作のみが公式グッズをリリースできる状態にあると考えられます。ただ、契約期間等もあるでしょうから、将来はわかりませんし、これからどうなっていくのかも不明ですので、欲しい方は入手できるうちに入手しておいた方が無難かと思います。

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

『アイズ ワイド  シャット』
『フルメタル・ジャケット』
『シャイニング』
『バリー・リンドン』
『時計じかけのオレンジ』
『2001年宇宙の旅』
『ロリータ』

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

『博士の異常な愛情』

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

『スパルタカス』

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント

『突撃』
『現金に体を張れ』
『非情の罠』

IVC

『恐怖と欲望』※作品自体はパブリック・ドメイン

 なお、ヤフオクやamazon、楽天などでは非公式(海賊版)のTシャツなどが手に入りますが、商品の性質上、当ブログではご紹介を控えさせていただいております。また、海外販売の公式グッズは過去にいくつかご紹介してきましたが、購入するにしても個人輸入になってしまうので、コスト高やトラブルのリスクが高くなってしまいます(amazonや楽天の業者が輸入して販売している場合もあるようです)。もし「どうしても欲しい」という方がいらっしゃいましたら、くれぐれも自己責任でご購入ください。

情報提供:ナコ様
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ