スパルタカス

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
巨匠、デヴィッド・リーンが監督した『ドクトル・ジバゴ』(1965)の2015年版の予告編。


〈前略〉

 イギリスの映画史家ジェームス・フェンウィックは、1959年1月8日付の手紙を見つけて驚きました。キューブリックはパステルナックに手紙を書き、前作『突撃』が高評価だったことを伝えました。「私たちが作った最新映画『突撃』はベルギー、ブラジル、フィンランドで最優秀作品賞を受賞しました」「『ドクトル・ジバゴ』の映画化権を購入したいと考えています。この本のイタリアの出版社の代表であるニューヨークの法律事務所には連絡済みです。交渉はまだ準備段階で保留中です」

 さらなる証拠書類は、キューブリックとプロデューサーであるジェームズ・B・ハリスが1598年12月には本の権利を入手したいと考えていたこと。そして彼らがカークの会社であるプライナプロダクションと話し合っていることを明らかにしています。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:The Guardian/2020年11月9日





 当時カーク・ダグラスと『スパルタカス』を制作中だったキューブリックが、1959年1月8日付の手紙を『ドクトル・ジバゴ』の作者ボリス・パステルナークに宛てた、映画化したいとの旨を綴った手紙が発見されたそうです。

 キューブリックはこの頃、カークとの契約にしばられていました。当時制作中の『スパルタカス』の他に数本はカークのプロダクションの傘下で映画を撮らなければならないのです。当時キューブリックは全くの無名監督でした。ですので、映画を撮るにはカークの名声にすがるしかなかったのですが、その検討中の作品の中に『ドクトル・ジバゴ』があったという事実はちょっと驚きでもあるし、原作に有名小説を選びたくなるほど当時のキューブリックは名声を欲していたと考えれば、さもありなんという感想もありますね。

 キューブリックはエイゼンシュテインなど、ソビエトの無声映画に魅せられていましたし、カークのルーツはロシアにあります。赤狩りの嵐も沈静化しつつありました。そう考えるとこのチョイスはごく真っ当に思えますし、まだ飛行機恐怖症でなかったキューブリックはソ連でのロケも考えていたことを考えると、もし権利がリーンに渡らなければ、キューブリックが『ドクトル・ジバゴ』を撮っていた可能性があったということになります。ただ当時、リーンとキューブリックでは知名度、名声の面で随分と差があります。パステルナークがいくらカークの名前が手紙にあるとはいえ、全くの無名監督であるキューブリックに自作の映画化権を渡さなかったのは理解できる気がしますね。

 キューブリックはこの時、同時進行で『ロリータ』の企画を進行中でした。この『ロリータ』に難色を示したのがカークです。カークは当時ポルノ小説扱いだった『ロリータ』を問題視し、キューブリックとの契約を解除しました。晴れて自由の身になったキューブリックはその後『博士の異常な愛情』『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』と次々と傑作を発表し、今やリーンをしのぐ知名度と影響力を獲得しました(リーンの業績を軽視しているのではないので念のため)。そう考えると、キューブリックがカークの庇護のもとに『ドクトル・ジバゴ』を撮っていたら、その後の傑作群は生まれなかった可能性があるわけで、この未完に終わった『ドクトル・ジバゴ』については、個人的には「撮らなくてよかった」と胸をなでおろしています。

 余談になりますが、キューブリックの名前が一般化しはじめたのは『ロリータ』『博士の異常な愛情』の頃からで、決定的になったのは『2001年宇宙の旅』を発表してからです。ですので、それ以前の作品群(具体的には『スパルタカス』以前)や、その頃(1960年以前)の話題について「あのキューブリックが〇〇を〇〇していた!」と評するのは事実誤認を生むので注意する(当時のキューブリックの知名度を考慮すべき)必要があると管理人は思います。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
『スパルタカス』2001年DVD、2010年BD、2015BD、2020年UHDの比較動画。


スパルタカス 4K Ultra HD+ブルーレイ[4K ULTRA HD + Blu-ray]8amazon)



【Amazon.co.jp限定】スパルタカス 4K Ultra HD+ブルーレイ スチールブック仕様[4K ULTRA HD + Blu-ray](amazon)


【映像特典】
●カーク・ダグラスが語る「スパルタカス」
●「スパルタカス」の復元
●未公開シーン
●インタビュー集
●“剣闘士"たちのトレーニング
●ヴィンテージ・ニュース映像
●オリジナル予告編

●フジテレビ『ゴールデン洋画劇場』(1977年3月4日/3月11日放送)版日本語吹替音声収録!
※フジテレビ『ゴールデン洋画劇場』版の日本語吹替音声は、TV放送吹替を主に、吹替が存在しない部分は英語音声+字幕になります




 特典と吹き替えは「ニュー・デジタル・リマスター版BD」と同じですね。スチールブック仕様はパッケージ違いで内容は同じです。気になる4K画質ですが、それは上記動画でご確認ください。おそらくこの動画をフルHD環境で観ても差ははっきりしないと思いますので、4K環境のない管理人はコメントは控えたいと思います。4K環境をお持ちの方は、まだまだコンテンツが少ない中、この日本版発売は嬉しいニュースでしょう。発売予定日は2020年11月6日です。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
アカデミー撮影賞発表シーンは1:59から。

SK&METY
『スパルタカス』を撮影中のキューブリックとラッセル・メティ。

 「スタンリーと撮影監督ラッセル・メティの仲は散々なものだった。冗談なのか本気なのかわからなかったが、ラスはよく『さあ、あのブロンクスのユダヤ男をクレーン車から追い出してやろう』と言った。スタンリーはちっとも気に留めなかった。少しもだ」(ローレンス・オリビエ)

 「ラッセル・メティにとって、キューブリックはやっと髭が生えてきた青二才にしか思えなかったのだろう。『こいつが映画を監督するのか。こいつにカメラを置く位置を指示されるのか。冗談だろう』それが彼の態度だった」(トニー・カーティス)

(引用:評伝『映画監督 スタンリーキューブリック』より)




 ラッセル・メティは『G・I・ジョウ』(1945)、『凱旋門』(1948)、『心のともしび』(1954)、『荒馬と女』(1961)など数多くの作品に参加し、ハリウッドの黄金期を支えた伝説的な撮影監督で、特にオーソン・ウェルズの『黒い罠』(1958)では冒頭の長回しによる撮影が有名です。そんなメティにとってアンソニー・マン監督の代わりにやってきた、当時若干30歳のキューブリックなど青二才にすぎず、20歳以上も年上の自分がキューブリックの指示に従うなど屈辱以外の何者でもなかったのでしょう。一時期、クレジットから自分の名前を削除するように求めたこともあったそうです。

 一方のキューブリックはカメラマン出身でもあり、撮影に関しては並々ならぬこだわりを持っていました。ハリウッドデビュー作『現金に体を張れ』で、名カメラマンのルシアン・バラードと対立した時と同じように、『スパルタカス』おいても相手が誰であろうと、自流を貫き通しました。プロデューサーであるエドワード・ミュールにメティが辞めると脅した時も、キューブリックは「黙って椅子に座って仕事をすればいい。僕が撮影監督をやる」と言い放ったそうです。

 『スパルタカス』は1960年アカデミー賞で撮影賞(カラー)を受賞しましたが、撮影監督のクレジットはメティなので受賞したのはメティでした。しかし、前述の通り実際にその仕事をしたのはキューブリックでした。メティはアカデミー賞受賞における興行的な価値を考え、受賞を辞退したり、表立って映画やキューブリックを批判することは避けましたが、この動画で見られる「ちっとも嬉しそうではない受賞スピーチ」は、そんなメティの屈辱的な思いが透けて見える、非常に貴重なものだと言えるでしょう。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
spa
画像引用:IMDb - Spartacus

NHK BS4Kシアター『スパルタカス』
・ 10月19日(土)午後9時00分〜 午前0時18分
・字幕スーパー
・レターボックスサイズ
※13:18:25〜13:21:06 インターミッション
(引用元:NHK BS4Kシアター




 4Kのソースは日本未発売の『スパルタカス』4Kデジタルリマスター版BDでしょうか? 実は今年の2月23日にも4KでOAされていたそうです。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kd

 12月9日に100歳の誕生日を迎えた名優カーク・ダグラスが、自身のキャリアを米バラエティのインタビューで振り返った。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:映画.com/2016年12月12日




 この記事の元記事はここで紹介済みですが、訳記事を映画.comさんが書いていましたので同内容ですがご紹介。

 この「同作の撮影中、終始対立していた2人に対し、一緒にセラピーを受けることをダグラスの妻が提案。そのセラピーで精神科医がキューブリック監督に勧めたのが、「アイズ ワイド シャット」の原作となったアルトゥール・シュニッツラーの小説「夢奇譚」だったという。」の部分がうまく訳せず、スルーしてしまったのですが、そういう意味だったんですね。

 この『アイズ…』の原作を紹介したのは誰か?という話はキューブリックの二番目の妻ルースではないか、など諸説あったのですが、この証言が正しいとするとなかなかのトピックです。ただ、あの小説の内容と二人の確執が精神科医的にどうリンクするのかちょっと理解に苦しみます。他のソースが出てくるまで断定的に考えない方がいいかもしれません。あと、『アイズ…』をカークが「あれは一番ひどい出来だよ」と評するのは予想の範囲内ですね。そういう意味でもこの二人の相性は最悪なんでしょう(笑。

 相性は最悪でも、キューブリックが巨匠の地位を築けたのはこのカーク・ダグラスのおかげであることは間違いありません。そしてそれはキューブリックにとって「乗り越えなければならない壁」であったことも想像に難くありません。もう長い年月が経っていますし、一人はもうすでに鬼籍に入っています。カークには一日でも長く生きて欲しいですね。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ