ロリータ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ドキュメンタリー『バート・スターン オリジナル・マッドマン』のPV

伝説のミュージシャンたちが魅せる奇跡の音楽ドキュメンタリー『真夏の夜のジャズ』4K修復版 Blu-rayが2021年8月4日(水)発売

〈前略〉

◆監督のバート・スターンは、スタンリー・キューブリック監督の映画『ロリータ』(62)や、マリリン・モンローの死去6週間前の姿を撮った著名な写真家!本作の監督バート・スターンは、撮影時弱冠28歳で当時ニューヨークで最も人気のある写真家のひとりだった。スタンリー・キューブリック監督の映画『ロリータ』(62)のポスターやオードリー・ヘプバーン、ブリジット・バルドー、マドンナのほか、死去6週間前のマリリン・モンローを撮影した写真集で大きな話題を呼び、大御所写真家として多くの作品を残した。撮影当時の、新進気鋭の写真家らしい、どこを切り取っても美しい写真のような場面が大きな見どころのひとつ。

〈中略〉

◆映像特典として、バート・スターン監督夫人のシャナ・スターンが監督したドキュメンタリー映画『バート・スターン Original Madman』や、監督の秘蔵インタビュー、ルイ・アームストロングほかミュージシャンのフォトギャラリー、日本版予告編を収録!日本版オリジナルの特製ブックレットも封入!

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:TOWER RECORDS ONLINE/2021年5月21日




 昨年独立系映画館で上映された『真夏の夜のジャズ』が早くもBDになるそうです。この映画の監督であるバート・スターンは、キューブリックのルック社時代の同僚で友人であることは、以前このインタビュー記事でご紹介済みです。スターンは『ロリータ』のポスターなどで使用した、宣材用写真を撮影しただけでなく、『非情の罠』のヒロイン、アイリーン・ケーンをキューブリックに紹介したそうです。

 ジャズは全くの門外漢ですので何も語れませんが、特典のドキュメンタリー『バート・スターン Original Madman』は非常に気になっています。その内になんとか入手して、視聴したいと思っています。


【Amazon.co.jp限定】真夏の夜のジャズ 4K修復版 Blu-ray(B2ポスター付 )

【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 『ロリータ』のスー・リオンが主演した、日本未公開のメキシコ産西部劇『Four Rode Out』(1970)の全編がYouTubeにアップロードされていたのでご紹介。

 スーは『ロリータ』撮影時は14歳でしたので、この『Four Rode Out 』公開時の1970年は23〜24歳くらいですね。すっかり大人の女性でお色気ムンムン(死語)ですが、それもそのはずこの時点でバツイチです。この後黒人のフットボール選手と再婚してスペインへ移住、一児をもうけますがほどなく離婚。トラブルメーカーの烙印を押されて目立った作品には起用されず、不遇の時代を迎えます。それから数度の結婚と離婚を繰り返し、2019年12月26日にロサンゼルスでひっそりとその生涯を閉じました(詳細はこちら)。

 この『Four Rode Out 』ではヒロイン役ですからまだ主役や準主役を張れた頃。古い映画で誰も権利者が名乗り出なかった場合はパブリック・ドメイン扱いになるそうですが、この作品がそれに該当するかどうかはわかりません。おそらく日本でDVD化やネット配信などされる可能性はないでしょうから、無料で見られるうちにスーの演技をお楽しみください。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
bobdylan_lolita

efc4f5ef
上がボブ・ディランが描いた絵。下がその元になったキューブリックの『ロリータ』のワンシーン。あまりの一致度にトレースを疑ってしまう。

 2016年にノーベル文学賞を受賞した(個人的にはとても「的外れ」だとは思いますが)世界的ミュージシャンでアーティストのボブ・ディランは、絵も描くことが知られていて、ザ・バンドの名盤『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』や、自身のアルバム『セルフ・ポートレイト』のジャケットでその筆致を見ることができます。2010年には東京・六本木で絵画展が開催されました。そのディランがキューブリックの『ロリータ』のワンシーンを描いた作品が上記になります。また、その『ロリータ』についてもラジオ番組で語っています。どうやらディランはナボコフの小説やキューブリックの映画版の『ロリータ』が気に入っていたようです。

 となると、名盤『ブロンド・オン・ブロンド』(1966)に収録された曲『女の如く(Just Like a Woman)』の歌詞を、がぜん興味深く聴くことができるようになります。

Nobody feels any pain
Tonight as I stand inside the rain
Everybody knows
That Baby’s got new clothes
But lately I see her ribbons and her bows
Have fallen from her curls
She takes just like a woman, yes, she does
She makes love just like a woman, yes, she does
And she aches just like a woman
But she breaks just like a little girl

誰も痛みを感じない
今夜僕は雨の中に立っていても
誰もが知っている
あの娘が新しい服を買ったことも
でも最近、あの娘の巻き毛から
リボンやタイがなくなったのを知った
あの娘はまるで女のように、そうさ
あの娘はまるで女のように愛し合う、そうさ
そして、あの娘は女のように痛がる
だけど、あの娘は少女のように傷つく


この曲、wikiには

1965年ツアー中の感謝祭の日に書かれたバラードで、アンディー・ウォーホールの「ファクトリー」に所属していたイーディ・セジウィックのことを歌ったとも、フォーク・シンガーのジョーン・バエズのことを歌ったとも言われている。

と書かれていますが、歌詞を読むと小説『ロリータ』のワンシーンそのままです。雨の中(キューブリックの映画版では雨は降っていない)、家を飛び出したロリータをハンバートが追いかけ、学校を辞めて旅に出ることを約束するシーンです。つまり、キューブリックの映画版ではディランが描いた上記の絵のシーンになります。歌詞全部を読んでみても、主人公の「僕」は「あの娘」に振られてしまうことから、『ロリータ』そのままであることが伺えます。

 管理人はディランについては詳しくないので、『女の如く』の元ネタ(パクリと言うほどではないと思います。ミュージシャンが小説や映画にインスパイアされて曲を書く例はそれこそゴマンとあります。)が『ロリータ』であるとディラン自身が言及しているかどうかまでは知りません。つまり直接それを示すソースはありませんのであくまで推察・推論の域を出ないものであることはご承知おきください。まあ、ディラン本人が『ロリータ』が好きであると公言していて、映画版の絵まで描いていること。リリースされた時期(『女の如く』は1966年、キューブリックの『ロリータ』は1962年)や、ディランの創作物には剽窃が多いことが指摘されていることなどを考えると、かなり確度は高いのではないかと思っています。

▼この記事の執筆に当たり、以下の記事を参考にいたしました。
Untold Dylan/Bob Dylan And Vladimir Nabokov; from Lolita to Just like a woman.

【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ハリス&スー1
『ロリータ』のセットでのハリスとスー。この写真を撮ったキューブリックは、この時すでに二人の関係を知っていたのかも知れない。

ハリス&スー2
ハリスとスーが『ロリータ』で共演した演劇のシーン。画像一番左がハリス。

The Dark Side of Lolita

Sue Lyon was 14 when she starred in the film. The producer slept with her anyway

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Air Mail/The Dark Side of Lolita/2020年10月24日




 数年前からハリウッドでのセクハラ、パワハラが表面化し、問題視されるようになってきましたが、これが事実だとすれば、たとえ二人の間に恋愛感情があったとしてもちょっとしたスキャンダルです。しかし、現在のところWEBメディアの「Air Mail」でしかこのニュースを伝えていないことは留意すべきことです。

 スーの当時の友人であるミシェル・フィリップス(元ママス&パパス)の証言によると、『ロリータ』の撮影時(1960年10月〜1961年4月)に関係を持ったと告げられたそうです。ミシェルはハリスの写真を見せられ「こんなおじいちゃんと…」とショックを受けたそうですが、スーは当時14歳、ハリスは当時32歳。その年齢に見えない風貌であることは本人のせいではありません。この件について現在のハリスは「それについて話すつもりはない」と語ったそうです。ただ、スーがハリスの写真を撮影地のイギリスから持ち帰っていたことを考えれば、二人の関係は「恋人同士」だったことは伺えます。

 また、スーの最初の夫であるハンプトン・ファンチャー(『ブレードランナー』の脚本家)もこの件を知っていたかのような発言をしています。当時このことは少し話題になったそうで、スーが16歳の頃まで関係は続いたと記事にはあります。また、ファンチャーの友人であるジム・マックスウェルによると、ハリスとスーが初めて関係を持ったのは1962年の夏で、『ロリータ』の宣伝ツアー中のことだったと証言しています。スーはこの時15歳。こちらが正しいとしても、この年齢で性交渉を持つことはイギリスでもカリフォルニアでも法的に認められていませんでした(ちなみにスーは1962年9月に『ロリータ』の宣伝ツアーで来日している。この時「恋人」のハリスは同伴していない)。

 本来なら、こんな下世話な話題は当ブログでは採り上げたくないのですが、相手がキューブリックファンなら名前を知らないものはいないジェームズ・B・ハリスであれば採り上げないわけにはいきません。ハリスはキューブリックをハリウッドに導いた恩人ですし、監督料が出るほどのヒット作を作れなかったキューブリックの経済面を支えたのはハリスです。具体的には『スパルタカス』がヒットするまで、キューブリックはハリスの援助とギャンブル(ポーカー)で日銭を稼いで生活していました。そんな人情味あふれるハリスがその地位を利用してスーと関係を持ち、その後恋人関係になったというのは、長年キューブリックファンが持ち続けていた「ジェームズ・B・ハリス」という人物像を覆すものです。ハリスはファンチャーと破局後のスーと交流を再開し、1964年11月にインタビューでスーとの関係を問われた際、「私たちは結婚するつもりはありません。でも、私たちはとても良い友人です」と応えています。もちろん当時と今とでは「男女の関係」に関する常識は違います。当時は「あまりにも歳の差がある少女と中年の奇妙なカップル」という扱いでしたが、プロデューサーと主演女優という出会い時の関係性は、たとえスーの同意があったとしても、現在で言うところの「セクハラ・パワハラ」と呼ぶべきものです。そういった時勢の変化も関係者が口を噤んでいる大きな要因になっているのでしょう。

 一方、スーとキューブリックの関係は終始良好であったようで、1963年の手紙でも、1994年の手紙でもそれは伺えます。もしハリスとの件をキューブリックが知っていたとしても、義理堅いキューブリックは何も言わなかっただろうし、実際何も語っていません。あとは存命であるキューブリックの妻、クリスティアーヌ(もしくは長女カタリーナ)が知っている可能性がありますが、証言する可能性はあるかもしれません。というのも、キューブリックとの結婚をハリスに大反対された(キューブリックはユダヤ人、クリスティアーヌはナチスの家系の出身だったため)クリスティアーヌは、ハリスにずいぶんと厳しく扱われたからです。クリスティアーヌはそれについていまだに根に持っているようで、それはインタビューなどから伺うことができます。

 まさに小説や映画の『ロリータ』と同じく中年男性、しかも同じくプロデューサーと恋人(愛人)関係になったロリータと同じ運命を歩むことになったスー・リオンですが(ただし、スーは処女だったがロリータは処女ではなかった)、二人の男(ハンバートとキルティ)に人生を狂わされてしまったロリータとは違い、スーはその後自ら破滅的な人生を歩むことになります(詳細はこちら)。もちろんスーの言う「16歳の頃から躁鬱病だった」「私の人格崩壊はこの映画(『ロリータ』)から始まった」は事実だと思いますが、その原因の全てを『ロリータ』やハリスに押し付けるのは違うと思います。スーは出自や成育環境があまりにも悪すぎました。そしてそれをさらに悪化させたのがハリウッドやマスコミというショービジネスの世界だと思います(スーは「14歳でスターダムに駆け上がった性的美少女が、その後平凡な道を歩むことはありません」と語っている)。

 スーは5回の結婚と離婚を繰り返し、その中には黒人との結婚も含まれています(実娘は施設へ預けたまま育児放棄してしまった)。そして結局生涯の良き伴侶とは巡り会えず、独身のまま73歳で亡くなってしまいました。スーはその結婚の間にも多くの恋愛をしていると思います。その中でこのハリスとの恋愛(もちろん問題は大ありですが)が、スーにとって比較的心穏やかなものであったことを願わずにはいられません。

追記:この件はすでにスーハリスの英語版wikiに記載があります。余談ですが、スーの日本語版wikiには「結婚は4回」とありますが正確には「5回」です。wikiは間違いが多いので、外国人の場合は日本語版の記述を鵜呑みにせず、本国版とクロスチェックすることをおすすめいたします。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Sue Lyon, 1965_2

Sue Lyon, 1965

 1965年12月に交通事故に遭い、松葉杖をつくスー・リオンの画像です。この1965年というのはジョン・フォードの『荒野の女たち』の制作終了〜公開の頃でした。

 1970年代に入るとスーは黒人のローランド・ハリソンと結婚してスペインに渡り、それもすぐ離婚して帰国。今度は強盗殺人犯と獄中結婚し、また離婚。やっと落ち着いたのはラジオエンジニアのリチャード・ラドマンと結婚した1985年頃からで、1994年には幸せそうな手紙をキューブリックに送っています。スーは以前「私の人格崩壊はこの映画(『ロリータ』)から始まった」と語っていましたが、その手紙には「私の成功はあなたがいたから」などと手のひら返しの感謝の言葉が綴られています。しかしその幸せも長続きせず、2002年にはラドマンと5度目の離婚をしています。

 17年も連れ添ったラドマンとの離婚の原因は定かじゃありませんが、『ロリータ』はビデオ、LD、DVD、BDとソフト化を繰り返し、その度に莫大な報酬がスーに支払われていたはず。「キューブリックブランド」の恩恵に預かったスーが、薄給(ローカルラジオ局勤務なのでたいした給料でないはず)のラドマンに対し何らかの不満を募らせたとしても、彼女のこれまでの言動から察するに余りあるものがあります。その結果が離婚なら、さもありなん、といったところでしょうか。

 ところでスーにはハリソンのとの間にノーナ・ハリソンという娘がいるのですが、スーの死を公表したのは「長年の友人」であるフィル・シラコポロスという人物でした。この事実から事情ありげな母娘関係が想像できますが(白人と黒人の娘であるノーナは施設に預けられるなど、かなり劣悪な境遇を強いられたそうです)、自滅的・破滅的人生を送ったスーらしいとも言える、なんとも残念で寂しい幕切れとなってしまいました。

 なお、ノーナの現況ついてですがNona Truth Seekerの名前で活動していますので、興味のある方は検索してみてください。ただ、彼女のTwitterでは母親の死についての記事をコメントなしでリツイートしたのみです。あまり母親の件には触れない方が賢明な気がしますので、そっと覗く程度にしておくことをおすすめいたします。

sue-lyon-nona-1
スーとノーナ。1970年代前半頃。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ