時計じかけのオレンジ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


第44回アカデミー賞監督賞ノミネート

ウィリアム・フリードキン:『フレンチ・コネクション』
ピーター・ボグダノヴィッチ:『ラスト・ショー』
ノーマン・ジュイソン :『屋根の上のバイオリン弾き』
スタンリー・キューブリック:『時計じかけのオレンジ』
ジョン・シュレシンジャー:『日曜日は別れの時』

監督賞受賞

ウィリアム・フリードキン:『フレンチ・コネクション』

(引用:wikipedia/第44回アカデミー賞




 おそらく、キューブリックが最もアカデミー賞監督賞に近づいた瞬間がこの瞬間だったと思います。第41回アカデミー賞での『2001年宇宙の旅』は、評価がまだ確定しなかった時期なので仕方ないかもしれません。第48回アカデミー賞での『バリー・リンドン』は、対抗馬の『カッコーの巣の上で』が強過ぎてちょっと難しいでしょう。この第44回アカデミー賞で監督賞(作品賞も)を受賞したウィリアム・フリードキンの『フレンチ・コネクション』ですが、もちろんアカデミー賞を受賞するにふさわしい「良作」ではあると思います。ですが、『フレンチ・コネクション』と『時計じかけのオレンジ』では、後者の方がアカデミー賞にふさわしいと思う人は多いと思います。個人的には監督賞、作品賞のどちらかを(できれば監督賞)をキューブリックに贈って欲しかったですね。

 ちなみにそのフリードキン、受賞後に映画記者に対して「今年の最優秀映画監督はスタンリー・キューブリックだと思う。実際は、今年だけでなく常に最優秀だ。以上」と応えたそうです。そのキューブリックはアカデミー賞授賞式には一度も参加していません。パーティー嫌いで飛行機嫌いのキューブリックが、式典のためにわざわざロスへ飛ぶなど考えられませんが、その「不参加」がアカデミー会員の心象を悪くした可能性はあります。まあ・・・この点については弁護のしようがないですね(苦笑。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sidandmancy映画『シド・アンド・ナンシー』には、『2001年宇宙の旅』でアーサー・C・クラークが執筆のため投宿した「チェルシー・ホテル」も登場するので、機会があればぜひどうぞ。

 セックス・ピストルズのベーシスト(だがマトモに弾けなかった)だったシド・ヴィシャスと、グルーピーだったナンシー・スパンゲンの悲劇的な恋愛を描いた映画『シド・アンド・ナンシー』に、『時計じかけのオレンジ』のドルーグのファッションをしたグルーピーが登場しているのでご紹介。

 この登場人物、ブレンダ・ウィンザーという名前で、キャシー・バークが演じています。ブレンダ・ウィンザーなるグルーピーが実在したかどうかはわかりませんが、ジョン・ライドンの「今までに読んだ本は『時計じかけのオレンジ』だけ」という発言があり(※記憶違いの可能性あり。ソースをご存知の方がいらっしゃいましたらご教授を!)、その関係でファッションに採用されたのかもしれません。

 さて、この映画。一時期は「パンクスのバイブル」みたいに言われ、必見の映画とされていたのですが現在はどうなんでしょう? 椎名林檎の『ここでキスして。』でも言及されていましたし、さぞかし実際のシドとナンシーもこんな情熱的で悲劇的な物語と思っている方も多いと思います。が・・・ロックに詳しい方ならご存知のはず。この物語、「美化され方がひどい」という事実を。間違ってもこの映画を見てシドとナンシーの実際を知った気になってはいけません。この二人の実際はどうであったかは関連書籍を読めばわかります。多くのロック映画がそうであるように、しょせんはフィクションです。『ボヘミアン・ラプソディ』が嘘だらけ(フレディが自分がエイズであると知ったのはライブエイド後なので、あのプロットは成立しない)なのにあれだけファンに支持されたのは、そこに「クイーン愛」があったからです。(オリバー・ストーン!聞いてるか?笑)

 最近、その『ボヘミアン・ラプソディ』の成功に触発され、また「ロック伝記映画ブーム」が起こりつつあるようです。正直、そんなもの観るなら完全なるフィクション(『さらば青春の光』とか『ブルース・ブラザーズ』とか『ロッキー・ホラー・ショー』とか)か、ドキュメンタリーでも観とけって思うのですが、中にはそこそこ「楽しめる」作品があるのも事実。ですが題材にされたアーティストは実在であっても、その映画の内容がが事実であるということは映画製作上「ありえない」と理解し、「フィクション」として割り切って楽しむべきものだと私は思います。(いや、そのアーティストのファンにとって、映画化されたイメージを真に受けて、真顔で語られるのは迷惑以外の何物でもないのですよ、実際。苦笑)
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 ユニバーサル・オーランド・リゾートといえば2017年の『ハロウィン・ホラー・ナイト 27』で『シャイニング』のアトラクション(お化け屋敷)を期間限定オープン(詳細はこちらこちら)し、話題になったのですが、今度は『時計じかけのオレンジ』ですか。PVを見る限りだと数あるホラー映画の中の一つとして採り上げているみたいですが、『時計…』ってホラーじゃないような・・・。まあそんなこと言ったら、ユニバーサルなのになんでワーナー作品?ってことになるので、ここは広い心で「映画」というくくりで納得すべきなんでしょう。

 ところでリンク先の『シャイニング』のアトラクションですが、これはぜひ日本のUSJでも実現してほしい!ここでも映画会社の壁があるのでしたら、なんとかそれを乗り越えてほしいですね。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 正直に言いますが、わたくし小室哲哉の音楽が苦手です。それは全盛時代からそうで、まあ、生理的に合わないんだと思います。

 何が苦手かと言いますと、メロディも歌詞も全部ダメ。移調で誤魔化したり、何よりもメロに言葉が乗ってなく間延びする「字足らず感」が嫌。「小室進行」って言いますが、そんなの以前からあった定番のコード進行です。そのコード進行に乗せるメロがワンパターン。歌詞もひどいし、言葉の選び方にもセンスのなさを感じます。最近のアーティストの言葉選びのセンスの高さや、メロの乗せ方の上手さ(ヒゲダンとかヨネヅとか)には感心するばかりですが、それに比べると小室の歌詞は小学生かと思うくらい幼稚。まあ幼稚な人だってことは一連の事件が証明してしまいましたね。

 で、この曲ですが実は当時からこのMVの存在を知っていました。知っていたのに採り上げなかったのは苦手だったからです。生理的に合わないんです。嫌いなんです。だけど当ブログをご覧の方の中にはファンがいるかもしれない・・・もしそうならとても失礼かな、と思っていたのです。

 でも、もう過去の人なんで書きます(笑。ファンの方、本当にごめんなさい。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 なんともまあそのまんまなネーミングのバンドが存在するんですね。記事によると「メロコア」と紹介されていますが、個人的にはデスメタルだと思うんですが・・・。どうも最近の音楽シーンのカテゴリー分けにはちょっとついていけなさを感じます。

 まあ音楽性はともかく、思い切ったネーミングの割にはとっても寂しい登録者数と再生数。一年前にリリースされたこの曲に至っては3ケタって・・・。



 ところでデスメタルバンドと言えば、キューブリックの孫サム・キューブリック=フィニー(キューブリックの次女アンヤの息子)が所属していた「SHIELDS(シールズ)」が解散したそうです。2018年にギタリストのジョージ・クリスティーが自殺してしまい、活動を停止していたのですが、結局解散とういことに。サム君はこれからどうするんでしょう?現在キューブリックの家族でスポークスマン的な活動しているのは長女のカタリーナですが、妻のクリスティアーヌはもう高齢ですし、カタリーナももう70歳手前。割り切ってキューブリックのスポークスマンに就任してもいいと思うんですけどね。顔も似てますし。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ