時計じかけのオレンジ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
81B8uvYHn-L
映画秘宝EX 映画の必修科目01 仰天カルト・ムービー100(amazon)


 『時計じかけのオレンジ』が「カルト映画」と称されることに違和感を感じているファンの方は多いと思いますが、私もその中の一人です。その理由を「『時計…』はなかなかビデオ化されなかったので、その間に幻の作品扱いされてしまったからでは?」と勝手に思い込んでいたのですが、こんなムックが発売されていたのを最近知りました。そりゃ「カルト」と呼ばれるはずです。

 個人的なことで恐縮ですが、私は「映画秘宝」(1995年にムックとして創刊、1999年に雑誌化)という雑誌は存じ上げてはおりましたが、一度も読んだことがありません。理由は「その頃は雑誌を読まなくなっていた」からです。当ブログの前身であるキューブリックのファンサイト「Catacomb」は1998年1月スタートです。当時のインターネットはGoogleもなければwikipediaもありません。資料は全て書籍です。ですので、ホームページ制作のために、キューブリックの一次資料の収集に明け暮れていた私に、この「映画秘宝」を手に取る機会は全くなかったのです。

 というわけで、このムックが映画秘宝編集部のどういう経緯で企画され、出版されたのか、また、その頃の映画秘宝という雑誌の「空気感」を私は全く知らない、という前提で感想を言いますと、「おおよそカルト映画とカテゴライズするにはふさわしくない作品が数多く紹介されている」というものです。これは想像ですが、本を売らんがために、有名作・人気作を敢えて「カルト映画」として紹介しているのではないでしょうか。もちろんそれ自体は版元として、売上をあげたいがための「必要な措置」なのかもしれませんが、ファンにとっては迷惑な話です。なぜなら、わざわざこのムックを古本で購入し、こんな訂正記事を書く羽目になってしまったのですから。

 『時計じかけのオレンジ』に限って言えば、『ロードショー』というミーハー雑誌(敢えて言います。笑)の1972年の読者人気アンケートで堂々「2位」にランクインしている大ヒット・大人気作品が、「カルト映画」であるはずがありません。なにせ1位が『ゴッドファーザー』、3位が『死刑台のメロディ』なのです。こんな作品のどこが「カルト」なんでしょう? では『時計…』以外はどうなのかというと、このムックが『カルト映画』として紹介している作品の一例をピックアップすると、以下のようになります。

『バーバレラ』
『007/カジノロワイヤル』
『サイレント・ランニング』
『悪魔のいけにえ』
『ファントム・オブ・パラダイス』
『ロッキー・ホラー・ショー』
『ゾンビ』
『1941』
『ブルース・ブラザース』
『マッドマックス2』
『ブレードランナー』
『遊星からの物体X』
『ガープの世界』
『死霊のはらわた』
『スカーフェイス』
『未来世紀ブラジル』
『ブルーベルベット』
『ビートルジュース』
『グレムリン2/新・種・誕・生』
『パルプ・フィクション』
『恋する惑星』
『ムトゥ・踊るマハラジャ』
『スターシップ・トゥルーパーズ』
『バッファロー’66』
『ラン・ローラ・ラン』
『ファイトクラブ』
『メメント』
『ズーランダー』

・・・えっと、映画初心者さん向け名作映画紹介ムックでしょうか?(笑。ここまでピックアップすればある事実に気づきます。実はこれらの作品は表紙や裏表紙のカラーイラストに採用されているのです。つまり「本を売らんがための釣り」ということですね。この件に関しては出版当時も批判されたようで、いくつかの書籍レビューでそれを確認することができます。

 このムックが出版された2011年というのは出版不況が騒がれていた頃でした。版元である洋泉社にとっても、出版は慈善事業ではありませんので、本を売らなければならないのは理解できます。ですが、ネットと違って書籍は「残り」ます。出版されたおおよそほとんどの書籍は国立国会図書館にアーカイブされることはよく知られた事実です。つまりネットのように「なかったことにはできない」のです。もちろん版元はそれを承知の上で、このムックを「売ろう」としたのだと思いますが、結局2020年に洋泉社は解散してしまいました(正しくは「双葉社に吸収された」)。つまり「版元は消えても書籍は残ってしまった」わけです。

 まあ、このムックを真に受けた読者の方には罪はないので、あまり厳しくは言いたくはないのですが、この記事にたどり着いた方は、もうこれで「カルト映画」というものを正しく理解していただいたということで、今後は「『時計じかけのオレンジ』はカルト映画」などという間違った認識を流布しないでいただけたら(ネット、リアル問わず)と思います。また、このような二次情報書籍をソースに安易な記事を書く、ネットライター様も同様にお願いいたします。

 なお、このムックには正真正銘の「カルト映画」も掲載されていますので(たぶんこちらが編集部の本音では?)、そちらはそちらで存分に「カルト感」をお楽しみください。また、続編である『映画秘宝EX 映画の必修科目10 仰天カルト・ムービー100 PART2』(amazon)も出版されていますので、よりディープなカルト作品を楽しみたいのであれば、そちらもオススメいたします。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
HM

スタンリー・キューブリックの『時計じかけのオレンジ』(197)の50周年を記念して、『ザ・ロッキング・マシーン』と『クライスト・アンリミテッド』のアパレルを発売します。各プリントはTシャツとスウェットシャツで提供されます。

(引用:The Rocking Machine official website/APPAREL




 『時計じかけのオレンジ』に登場した男根オブジェ(正式名『ザ・ロッキング・マシーン』)がTシャツに、キリスト像(正式名『クライスト・アンリミテッド』)がスウェットになりました。作者であるハーマン・マキンク公式です。ただいま予約受付中。予約は2021年5月上旬まで、発送予定日は2021年5月10日から選択できます。価格は25.25ポンド(約3,800円)と37.50ポンド(約5,600円)。カラーはそれぞれホワイトとグレーが選べます。海外発送もしてくれるみたいですが、送料の高さや、その他個人輸入のリスクをよく考えての発注をオススメします。詳細はこちらで確認を。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
「ドルーグ」は2:23に登場。

 『スペース・プレイヤーズ』とは原題通り『スペース・ジャム』(1996)の続編なのですが、いろいろすったもんだした挙句、NBAのスーパースター、レブロン・ジェームズ主演で2020年にやっと完成。そして2021年8月に日本公開の運びとなったそうです。元々マイケル・ジョーダン人気にあやかった企画だったので、「この企画、まだ生きてたの?」と驚くばかりですが、ほんとハリウッドって時間かかるときは思いっきりかかりります。

 その『スペース・プレイヤーズ』にはさまざまなキャラがモブとして登場しているそうです。『時計じかけのオレンジ』のドルーグたちの他にカメオ出演しているキャラはwikiを参照してください。ワーナーはスピルバーグの『レディ・プレイヤー1』で、この手法に味をしめたのかもしれませんね。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ダンガンロンパちさ先生・・・うっ。

 『時計じかけのオレンジ』に登場するルドヴィコ療法ですが、「被験者が見たくないものを強制的に見せて洗脳する」という定番の方法として定着している感があります。それが良いのか悪いのか判断はつきませんが、なんにしてもキューブリックの影響力を感じさせるし、また、元ネタを知っていると楽しめる(楽しんでいいの?笑)シーンでもあります。

 この記事ではその被害に遭われた二次元のみなさま(断るまでもないですがアニメキャラのことです)をご紹介します。なお、情報提供をTwitterで募ったものもあるので、それはそれぞれ情報提供者のお名前を入れされていただきました。もし不要だと思われた方がいらっしゃいましたらご一報ください。


EGdKbS6VAAA8iEp

タイトル:『アイドルタイム プリパラ』第16話『あの地獄にさよならを』
被験者:地獄ミミ子
被験者になった理由:アイドル嫌いの地獄ミミ子を矯正するため
情報提供:影松さま


owari_2

owari_1

タイトル:『続・終物語』第5話『こよみリバース 其ノ伍』
被験者:阿良々木暦
被験者になった理由:アレックスのコスプレをした斧乃木余接に責められたため。
余談:斧乃木余接がメインキャラの『憑物語』OPには「シャイニングカーペット」が登場している。


ダンガンロンパ

タイトル:『ダンガンロンパ3 The End of希望ヶ峰学園〜絶望編』第9話『雪染ちさは笑わない』
被験者:雪染ちさ
被験者になった理由:「絶望」を見せつけ、闇堕ちさせるため


mhtd

タイトル:『探偵歌劇 ミルキィホームズ TD』 第2話『パーフェクト・フール』
被験者:明智小衣
被験者になった理由:アイドル嫌いの明智小衣を矯正するため


DW

タイトル:『デッドマン・ワンダーランド』第4話『クロウ・クロウ』
被験者:五十嵐丸太
被験者になった理由:人殺しを厭うガンタを洗脳するため


エウレカセブン

タイトル:『交響詩篇エウレカセブン』第44話『イッツ・オール・イン・ザ・マインド』
被験者:絶望病患者たち
被験者になった理由:人工的にコーラリアン化するための実験
情報提供:ふるふるさま


サブングル

タイトル:『戦闘メカ ザブングル』第30話『頭にきたらおしまいよ』
被験者:エルチ・カーゴ
被験者になった理由:敵側が寝返らせるために洗脳
情報提供:maru@mixiさん


gundam_v

タイトル:『機動戦士Vガンダム』第7話『ギロチンの音』
被験者:オイ・ニュング伯爵
被験者になった理由:洗脳というよりむしろ拷問
情報提供:ジェスなもりさん



 海外のアニメ(カートゥーン)の情報も提供していただきましたが、今回は日本のものに限らせていただきました。厳密には「洗脳」ではないものも含まれますが、広義として「視野を限定されて拘束、本人の意思に反する処置を施される」という意味でまとめさせていただいております。これらは全て管理人が該当話を視聴して確認済みですが、全話視聴しているわけではないので間違いがあればご指摘を。また「これ以外にもあるよ」という方がいらっしゃいましたら掲示板Twitterに情報をお寄せください。ご協力いただきましたみなさま、情報提供ありがとうございました。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
DSC00539パッケージは紙製。タバコ風なシュリンクになっています。

DSC00554ジョーカーは2枚。裏面の共通デザインは写真右下の「Aの中でナイフを握ったアレックス」です。

 「アクエリアス」というメーカーから発売されている『時計じかけのオレンジ』のトランプです。ツイッターで見かけて中身が気になったので買ってきました。驚いたのは、カードのデザインがとっても凝っていたこと。各A、J、Q、Kは全て異なる『時計…』のワンシーンがプリント、2〜10の数字カードはそれぞれ『時計…』の象徴が数字の数だけデザインされ、スペードとクローバーには黒色が、ダイヤとハートにはオレンジ色が使われています。

 カードは紙製で、それにコーティングが施してありますが耐久性はあまりなさそう。印刷の品質も外国製と考えればまあそれなりです。あまりにも凝ったデザインなので、慣れるまでカードの種類は左上と右下にあるマークと数字で確認するしかありません。ですので実用性には多少難がありますが、好きな人には面白がってもらえると思いますので、プレゼントに良いかも知れませんね。

 購入したのは新宿にあるディスクユニオンシネマ館です。価格は1,430円(税込)でした。数に限りがあると思いますので、来店時に必ずあるとは限らないのでご注意ください。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ