シャイニング

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
IMG_1822
「レッドラム」と「ジャック・ダニエル」と「ジャック・ニコルソン」でとっても『シャイニング』。

 新宿区荒木町にあるロックバー『テキサスフラッド』に「レッドラム」というラム酒が置いてあります。もちろん元ネタは『シャイニング』でダニーがつぶやく謎の言葉。スペルをひっくり返せば・・・という、ファンなら誰もが知るトリックです。そのトリックもボトルに再現されていて、なかなか凝っていますね。

IMG_1823
「レッドラム」のボトルのアップ。ボトル裏側に印刷された「REDRUM」を正面から読むと・・・。

 味はかなり甘めのラム酒なので、基本的にはカクテルベースで使うお酒だと思いますが、ショットバーでもなかなか置いていませんし、普通のバーならなおさらです。ですので「自分で買うほどじゃないけど、ちょっと試しに飲んでみたい」と思われたなら、『テキサスフラッド』ならストレートでもロックでもソーダ割りでも好きな飲み方で楽しめます。もちろんロックバーですので、BGMはロック(1960〜1970年代がメイン)ばかり。店名を聞いてピンと来る方もいるかと思いますが(詳しくはこちら)、大音量でロックとお酒に酔ってみたいという方にはうってつけです。

IMG_1821
レイヴォーンオンリーというわけでなく、BGMはロック全般。こんなレアチケットがなにげなく飾ってありました。

 実はこのお店、マスターとは個人的に長い付き合いがありました。残念ながらコロナ休業中の一昨年初め、急病により他界されてしまいました。現在は奥様がマスターの遺志を継いで営業を継続中です。場所は東京メトロ四谷三丁目駅と都営地下鉄曙橋駅が最寄の新宿区荒木町。狭くて細い路地「柳新道通り」の中ほどの建物の2階です。行かれる方はGoogleマップ必須です。かなり迷いやすい場所ですが、ストラトを飾った電飾看板が路地にありますので、それを目印にお越しください。

97FB4B9E-B325-48FB-8847-6F1E47122636
こじんまりとした店内と、居心地の良いカウンターと椅子。

DSC00732
柳新道通り中ほど、入口階段前にある電飾看板にはストラトがくっついています。

ロックバー『テキサスフラッド 』
【OPEN】火・水・金・土曜日 午後6:00〜10:00
【住所】東京都新宿区荒木町7-2
【電話】03-3351-2969
【MAP】Google Map
【HP & Blog】https://www2.odn.ne.jp/~texasflood
【Facebook】https://www.facebook.com/master.tekifura
【Twitter】https://twitter.com/BARTEXASFLOOD
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
記事内で紹介されているステディカムのデモ映像。モデルの女性はギャレット・ブラウンの奥さん(当時はガールフレンド)。

 10月6日、ナックイメージテクノロジーにおいて、ステディカムの開発者であり、オペレーターであるギャレット・ブラウン氏の講演会が開催された。ギャレット・ブラウン氏の来日は39年ぶりとのこと。このたび日本でステディカム・ゴールド・ワークショップが開催され(レポートはこちら)、それに合わせての来日になる。ステディカムの登場は映像史に残るエポックメイキングな出来事であり、その証言を聞こうと多数の来場者が詰めかけけた。聴衆は大半が映画やテレビのカメラマンなど映像撮影関係者だった。(主催:銀一)

〈中略〉

「ロッキー」から「シャイニング」そして100以上の映画につながっていく

 「ロッキー」は60万ドルの低予算映画で、スタローンは自分で書いた脚本で、自分が役者としても入りたかったから、役者代ももらわなかったほどだった。

 もちろんこの「ロッキー」は大成功をおさめるのだが、その2年後の「シャイニング」は、ギャレットさんは「私にとってのマスタークラス」だったという(もちろん、彼一流のジョークが半分)。つまり、スタンリー・キューブリックは映像へのこだわりが半端ではなく、1つのテイクで40も50も繰り返すので、まさにワークショップのような撮影になってしまったというのである。体力的には大変そうに思えるが、実は3分のテイクで3分のプレイバック、そして3分の口論の時間があり(笑)、ちゃんと休む時間があったから楽だったという。

 「シャイニング」で庭にある巨大迷路のなかでダニー(子供)を追いかけるシーン。実は雪のシーンだが、実際は1000Wのライトが照らされた40度のセットで、木についているのは雪ではなく発泡スチロール、地面は塩、ミストはオイルスモーク。迷路のシーンを撮るのに3か月もかかったという。本当の迷路なので、この中でセットが火事になったら焼け死ぬ可能性もあったと振り返った。

 「シャイニング」は一年のプロジェクトだった。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:VIDEO SALON/2018年10月23日




 『シャイニング』で印象的に使用されたカメラ・スタビライザー(安定装置)「ステディカム」の開発者、ギャレット・ブラウンが来日して講演したそうなのですが、その内容の記事がありましたのでご紹介。

 講演の内容は主にステディカムの開発経緯と最新機種の紹介ですが、専門的な知識がなくてもなんとなく仕組みは理解はできます。当初は16mm用だったのですね。確かに映画製作で使用するなら35mm用のものが必要ですが、それには苦労があった(パナビジョンが横取りしようとした)ようです。よく間違われるのですが、ステディカムが最初に使われた映画は記事にある通り『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』です。事実はそうなのですが、ステディカムの可能性を最大限に発揮させたのはやはりキューブリックでしたね。

 『シャイニング』でのギャレット・ブラウンのコメントはこちらこちらをご参照いただくとして、上記記事はギャレット・ブラウンの「私にとってのマスタークラス」という表現を「半分ジョーク」と片付けています。もちろんジョークでもなんでもなくギャレット・ブラウンにとってキューブリックはまさに「マスター」で、制作中に飛び出す様々な要望やアイデアを試しては、それを撮影へと反映させていったのです。

 現在ではステディカム(スタビライザー)はスマホ用のものまで発売され、カメラマンや動画制作者にとって身近な機材となりました。昨今はドローンにややお株を奪われた感はありますが、それでもスポーツ中継ではよく目にします。その開発者であるギャレット・ブラウンにはアカデミー科学技術賞ほか数多くの賞が贈られています。講演には多くの業界関係者が詰めかけたそうですが、そのことが氏の影響力の大きさを物語っていますね。

情報提供:伊藤雅彦さま
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
DSCN1099

DSCN1109
写真撮影は入口のコーナー(第1章)のみ可。

●概要
会場:国立映画アーカイブ 展示室(7階)
会期:2022年12月13日(火)−2023年3月26日(日)
開室時間:11:00am-6:30pm(入室は6:00pmまで)
*1月27日と2月24日の金曜日は11:00am-8:00pm(入室は7:30pmまで)
休室日:月曜日および12月27日(火)〜1月3日(火)は休室です。
観覧料:一般250円(200円)/大学生130円(60円)/65歳以上、高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料
*料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含みます。
*( )内は20名以上の団体料金です。
*学生、65歳以上、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものをご提示ください。
*国立映画アーカイブが主催する上映会の観覧券(オンラインチケット「購入確認メール」またはQRコードのプリントアウト)をご提示いただくと、1回に限り団体料金が適用されます。
主催:国立映画アーカイブ

・マスク着用のない方の入館をお断りします。
・来館者全員に検温を行います。37.5℃以上の方は入館をお断りいたします。

 誕生から120年以上のあいだ、映画は見る人にさまざまな感情を呼び起こしてきました。中でも、「恐怖」は人々を抗いがたく引きつけてきました。スクリーンに現れる異形の怪物、人間の心の闇を暴くサイコホラー、あるいは鮮烈な映像表現で綴られる超常現象と、映画は幅広い形で観客に恐怖を提供してきたのです。日本においても、無声映画の時代から怪談文化と結びついた時代劇映画が数多く作られてきただけでなく、1990年代以降は「Jホラー」と呼ばれる作品群が生み出されるなど、恐怖映画は今なお大きな存在感を放ち続けています。

 シリーズ「ポスターでみる映画史」の第4回となる「恐怖映画の世界」は、国立映画アーカイブのコレクションを中心に、映画草創期から連綿と作り続けられてきた恐怖映画のポスターを取り上げる展覧会です。『カリガリ博士』といった古典から、ダリオ・アルジェントらのイタリアン・ホラー、『ジョーズ』などのパニック映画、そして日本の怪談映画やJホラーの最新作まで、観客を怖がらせ楽しませてきた諸作品の系譜をたどります。工夫の凝らされたポスターヴィジュアルや惹句をお楽しみいただき、身も凍る恐怖の世界にどっぷりとお浸かりください。

(引用:国立映画アーカイブ公式サイト




 東京・京橋にある国立映画アーカイブにて『ポスターでみる映画史 Part 4 恐怖映画の世界』が開催されていますので、訪問してきました。キューブリック作品では例のジャック・ニコルソンがニタっと笑う『シャイニング』が展示されていました。展示は洋画はメジャーな作品が多かったですが、邦画は観たことのない古い「恐怖・怪奇映画」が展示されていて、どちらかというとそちら方面のファンにおすすめです。

 展示室にはホラー映画のサントラが一作品一曲づつ流されていました。作品の展示リストはこちら。会期は3月26日まで。興味のある方はぜひ。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 マーヤ・ルドルフが司会を務める『サタデー・ナイト・ライブ』の今週のエピソードから、オーバールック・ホテルとスタジオ8Hの境界が曖昧になる巧妙なコントが登場しました。「このコントには、ティナ・フェイ(「シャイニング」のジャック・ニコルソンの前任者である管理人の代わり)、クリステン・ウィグ(不気味な双子の女の子役)、レイチェル・ドラックス(浴槽の女性役)といった「サタデー・ナイト・ライブ」卒業生が登場しており、とても冷たく不穏な映画にもかかわらず、温かく愛すべき作品に仕上がっているのです。以下、ご覧ください。

(全文はリンク先へ:IndieWire/2021年03月28日




 マーヤ・ルドルフがSNLのスタジオに赴くとなぜか過去の出演者が集合しており、そこにはなかったはずのバーがあった・・・というまるまる1コーナーが『シャイニング』のパロディになっています。最後の写真に『ブルース・ブラザーズ』も登場していますね。

 まあ、細かい「笑いどころ」についてはSNLを観ていないとわかりづらいですが、詳しい方ならもっと笑えると思います。それにしても『シャイニング』、愛されていますね。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mini1028-A4_kyofu-omote-e1666942909905

●概要
会場:国立映画アーカイブ 展示室(7階)
会期:2022年12月13日(火)−2023年3月26日(日)
開室時間:11:00am-6:30pm(入室は6:00pmまで)
*1月27日と2月24日の金曜日は11:00am-8:00pm(入室は7:30pmまで)
休室日:月曜日および12月27日(火)〜1月3日(火)は休室です。
観覧料:一般250円(200円)/大学生130円(60円)/65歳以上、高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料
*料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含みます。
*( )内は20名以上の団体料金です。
*学生、65歳以上、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものをご提示ください。
*国立映画アーカイブが主催する上映会の観覧券(オンラインチケット「購入確認メール」またはQRコードのプリントアウト)をご提示いただくと、1回に限り団体料金が適用されます。
主催:国立映画アーカイブ

・マスク着用のない方の入館をお断りします。
・来館者全員に検温を行います。37.5℃以上の方は入館をお断りいたします。

 誕生から120年以上のあいだ、映画は見る人にさまざまな感情を呼び起こしてきました。中でも、「恐怖」は人々を抗いがたく引きつけてきました。スクリーンに現れる異形の怪物、人間の心の闇を暴くサイコホラー、あるいは鮮烈な映像表現で綴られる超常現象と、映画は幅広い形で観客に恐怖を提供してきたのです。日本においても、無声映画の時代から怪談文化と結びついた時代劇映画が数多く作られてきただけでなく、1990年代以降は「Jホラー」と呼ばれる作品群が生み出されるなど、恐怖映画は今なお大きな存在感を放ち続けています。

 シリーズ「ポスターでみる映画史」の第4回となる「恐怖映画の世界」は、国立映画アーカイブのコレクションを中心に、映画草創期から連綿と作り続けられてきた恐怖映画のポスターを取り上げる展覧会です。『カリガリ博士』といった古典から、ダリオ・アルジェントらのイタリアン・ホラー、『ジョーズ』などのパニック映画、そして日本の怪談映画やJホラーの最新作まで、観客を怖がらせ楽しませてきた諸作品の系譜をたどります。工夫の凝らされたポスターヴィジュアルや惹句をお楽しみいただき、身も凍る恐怖の世界にどっぷりとお浸かりください。

(引用:国立映画アーカイブ公式サイト




 東京・京橋にある国立映画アーカイブにて『ポスターでみる映画史 Part 4 恐怖映画の世界』が2022年12月13日(火)〜2023年3月26日(日)の会期で開催されます。キューブリック作品では『シャイニング』が展示されるそうです。おそらく例のジャック・ニコルソンの顔のやつですね。他作品の展示リストはこちら。国立映画アーカイブ主催の上映会のチケット半券を持っていくと50円割引になります。今までの例ですと展示室内撮影OKのはずなので、管理人も訪問致しましたらまたレポしたいと思います。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ