フルメタル・ジャケット

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
キューブリックが気に入っていたグレゴリー・ナバ監督の『エル・ノルテ 約束の地』の予告編。確かに『バリー・リンドン』の影響が伺えます。

〈前略〉

−『アイズ ワイド シャット』のスペイン語字幕を作ったというのは本当ですか?

いいえ、『フルメタル・ジャケット』のスペイン語字幕を作成しました。

 クリス・ジェンキンスという素晴らしいミキサーと一緒にトッド-AO社でミキシングをしていたんです。ミックスをしている最中に、トッド-AO社の秘書が突然電話に出て「スタンリー・キューブリックからグレゴリー・ナバに電話です」と言ったんです。私は「冗談だろ?」と思いました。クリスは「冗談はやめてくれよ」と言いました。秘書は「いや、本当に彼です」と言いました。それでミックスを止めて電話に出ました。それは本当にスタンリー・キューブリックでした。彼は電話をかけるアシスタントを持たず、自分で直接電話をかけていました。

 話をしてみると、彼は、映画が完成した後、自分の映画の海外版をすべて自分で監督していたそうです。彼は自分の仕事にとてもこだわりがあり、何でもやりたがる人でした。彼は、外国版の翻訳者を使うことが好きではなく、さまざまな国の映画制作者や作家と一緒に仕事をするのが好きだと言っていました。彼は、スペインのスペイン語とラテンアメリカのスペイン語の違いを理解しており、ラテンアメリカ版『フルメタル・ジャケット』では、ラテンアメリカのスペイン語を理解している脚本家や監督と仕事をしたいと考えていました。彼は『エル・ノルテ』の大ファンでした。彼はそれを気に入っていました。

 それで『フルメタル・ジャケット』のラテン・アメリカのスペイン語に翻訳するために、一緒に働かないかと誘われて、スタンリー・キューブリックと一緒に仕事をすることになったのです。彼は、すべての単語とそのニュアンスにまで気を配るのです。そうしているうちに、メキシコのスペイン語とアルゼンチンのスペイン語には、違いがあることを知ったのです。

 彼は私に電話をかけてきて、5時間も彼と電話をしていたんですよ。彼はとても熱心でした。やがて、とてもいい友達になって、『フルメタル・ジャケット』の字幕のことだけでなく、いろいろなことを話すようになりました。面白いことに、パンデミックの最中にガレージを漁っていたら、一緒に作業した字幕が全部出てきたんです。膨大な量の仕事でした。ですが私たちは、映画製作やカメラの動き、彼の映画についてなどあらゆることについて話したのです。

 彼は『エル・ノルテ』が大好きで、私に電話をかけてきた理由の一つは、彼が映画において何かを成し遂げたということ、例えば『2001年…』で彼が行った、特殊視覚効果の飛躍的な進歩のようなものでした。彼はただ、『2001年…』に使えると思ってやったわけではありません。むしろ、他の映画制作者のために扉を開き、他のアーティストにインスピレーションを与えることを意識していました。そしてもちろん、『2001年…』はその影響を与えました。『スター・ウォーズ』をはじめ、今日に至るまでのすべての映画は、スタンリー・キューブリックが『2001年…』において大躍進を遂げたことによって生まれたものです。

 そして『バリー・リンドン』でも彼は同じことをしました。つまり、蝋燭の光だけでシーンを照らす方法を世界に向けて発信したことです。それは現実的な方法でした。しかし、それは一過性のものに終わってしまい、他の映画監督が、自然の蝋燭の光を使ったシーンを撮るきっかけにならなかったことに、彼はがっかりしていました。

 彼は『エル・ノルテ』で、もちろん私が『バリー・リンドン』の照明にとても触発されていたのを観ました。私たちは、キューブリックが『バリー・リンドン』で成し遂げたことを、超高感度レンズを使って真似しました。彼が『バリー・リンドン』で成し遂げたことを正確に模倣することができたのです。それは『エル・ノルテ』の私にとって非常に重要でした。『エル・ノルテ』の光に政治的な意図を表現したかったからです。というのも、主人公のロサとエンリケは、蝋燭と灯油の世界からやってきたからです。グアテマラの村には電灯がなく、アメリカに来て初めて電灯に出会うのです。そして私はその映像の光がそれを示唆することを望みました。

 彼は『エル・ノルテ』を見て、「やった!『バリー・リンドン』で私がやろうとしたことを理解してくれる映画監督が現れた!」と思ったそうです。私は、他の映画監督に、この自然な照明技術を使ってもらいたいと思っていました。

 私たちは、照明について、感情や心理を表現するために照明がどのように使われているかについて、よく話し合いました。また、カメラの動きについてもよく話し合いました。彼は歴史にとても興味を持っていて、それは私も同じです。ジュリアス・シーザーや、ガリア戦争のアレシアの戦いの戦略についてよく話していました。私たちはちょうど忙しかったですが、とても親しくなり、彼とは何年も友人として付き合ってきました。

 もちろん、彼は『アイズ ワイド シャット』の外国語版ができる前に亡くなっているので、彼が不在のため、あの映画の外国語版で同じような仕事をすることはありませんでした。だから、彼と一緒に仕事をしたのは『フルメタル・ジャケット』で、その結果、彼とはとてもいい友達になりました。彼には同好の士がいて、電話で何時間も話をしたけど、彼は旅行しなかったので、突然自分のために何かをさしてくれと頼まれるのです。例えば自分の映画が上映される映画館を調べてくれとか、音をチェックしてくれとかですね。

 彼が私にさせた1つの大きな仕事のがあります。ジェームズ・ハリスが『スパルタカス』の修復を行ったので、スタンリーからそれを観に行くように、そしてそれを報告するようにも頼まれました。私はそうしました。そして私はそれが上映されていた映画館へ行き、それはセンチュリー・シティでしたが、映画館は「スタンリーキューブリックの『スパルタカス』」と掲げていました。もちろん彼はその作品を愛していましたが、彼はカーク・ダグラスがこれを自分の映画だと考えて大喧嘩をしていたので、映画館の写真を撮って送ってくれと頼まれていて、その通りにしました。

 彼はいつも私に、ちょっとした用事や雑用をさせていました。実際、私たちは『スパルタカス』やその映画がどのように作られたかについてよく話しました。彼はこの映画を公式な作品の一部としては認めていませんでしたが非常に愛着を持っていて、『スパルタカス』の制作についていろいろと興味深い話をしてくれました。私の映画制作人生の中で、最も深く重要な関係のひとつがスタンリー・キューブリックとの関係で、私は彼を師匠のような存在だと思っていました。彼は私と多くの時間を過ごし、私の映画制作や、私がやろうとしていることに関心を持ってくれました。このような素晴らしい人物の頭脳を借りることができたのは素晴らしいことでした。彼の作品は、私の他の映画や『セレナ』に非常に影響を与えました。私にとって彼は、映画史における偉大な映画製作者の中のひとりです。そのような関係を築けたことはとても幸運でしたが、彼は突然、私に電話をかけてくるのです。

−おそらく、彼の作品の中で『フルメタル・ジャケット』が最もアメリカ的な言い回しを持っているのではないでしょうか。

 そうですね。数ある汚い言葉の中でも、メキシコとアルゼンチンでは「ヤリ●ン(c**t)」の言い方が違うので、何時間も悩んだことがあります。彼との経験はとても興味深いものでした。というのも、彼は本当に、本当に細かいのです。彼は映画の中のすべてのことに関わりたがりました。彼は実際に自分の映画を撮っています。彼は『バリー・リンドン』の撮影監督だったのです。他の誰かがクレジットされていても、彼がそれをやったのです。私は彼が映画史上最も偉大な撮影監督だと思います。彼の技術とアイデアは本当に素晴らしいものですが、彼は『シャイニング』では撮影しなかったと言っていました。それは年をとって目が見づらくなったからだそうです。でも『時計じかけのオレンジ』や『バリー・リンドン』では撮影しました。彼は本当に実行する映画監督でした。

(全文はリンク先へ:Roger Ebert.com/Gregory Nava on Working with Stanley Kubrick/2021年4月27日




 数ある「キューブリック伝説」の中でも有名なのが「自作の海外版の翻訳までチェックした」というものがあります。もちろんこれは事実なのですが、ちょっと誤解されている面もあります。この記事の通り、キューブリックは「職業字幕翻訳家」を信用していなくて、それぞれの国に信頼おける自作の翻訳者を決め、その多くは映画監督など「映画製作者」であった、という事実です。日本でキューブリック作品の翻訳担当者として有名なのは映画監督の原田眞人氏ですね。

 キューブリックが字幕翻訳家(日本では戸田奈津子氏)を信頼しなかった理由はわかりませんが、おそらくセリフの微妙なニュアンスは自分と同じ映画製作者ではないと理解してもらえないと考えていたのではないでしょうか。加えて戸田氏が女性だったこともキューブリックにとっては良いことではなかったと思います。「ヤリ●ン(c**t)」(「c**t」とは女性器を指す言葉)を正しく訳すのに何時間もかかったというのですから、この仕事は女性には向かないとキューブリックが判断しても不思議ではないでしょう。キューブリックは自作をとても大切にするので、たくさんの国内外の映画観ていた中で「これぞ」と思った映画製作者に依頼をしていたようです。翻訳は記事のようにキューブリックと担当者の共同作業になり、これについては原田氏も同じ経験をされています。

 ただ、原田氏によると「ある程度進んだら任せてもらった」と語っていたので、全世界の言語の翻訳の、全部が全部を細かくチェックしていたわけではないようです。当然です。そんなことをしていたら本業の監督業をすることができません。ですので、旅行したがらないキューブリックとのやりとりは電話が主で、これは原田氏も同様でした。もしクレジットするなら「翻訳担当:◎◎◎◎、翻訳監修:スタンリー・キューブリック」というのが一番実際に近かったのではないのでしょうか。もちろんそれでも大変な負担です。でも、キューブリックは字幕で自分の意図が捻じ曲げられることを危惧していました(詳細はこちら)。それだけキューブリックは「自作を愛していた」のです。

 「自作を愛していた」のは、公式には自作と認めていなかった『スパルタカス』でも同じだったようです。つまり「気に入ってもなく、評価もしていないが愛着はある」ということです。この心理は同じクリエーターの方なら共感できるのではないでしょうか。いくら「黒歴史」とわかっていても、やっぱり自作には愛着があるものです。キューブリックは劇映画処女作『恐怖と欲望』のフィルムを回収し、すべてを闇に葬ろうとしましたが、それもまた「自作を愛するがゆえ」の行為だったのかもしれません。

 「突然電話をしてきて何かを頼まれる」というのも、キューブリックの周りにいた人たちの共通する体験です。『アイズ…』の脚本担当だったフレデリック・ラファエルや、『時計…』の音響を担当したドルビー社のヨアン・アレンも、全く同様の体験をインタビューで語っています。「キューブリックから電話がかかってくる」というのは、キューブリックのその人に対しての信頼と愛情の証でした(たとえ当人が迷惑がっていたとしても。笑)。逆にその信頼を裏切った相手にはとことん辛辣で、完全没交渉を貫き通しました。それにはマルコム・マクダウェルやアンソニー・バージェスが該当します(もちろんカーク・ダグラスも)。マルコムがインタビューのごとに態度を軟化させていったのは、おそらくそれに気づいたからではないかと思っています(マルコムは「あれ(悪口)は電話してくれという意味だった」と後に語っています)。

 キューブリックはよく複雑なパーソナリティの持ち主だったように語られるのですが、実際のその言動はシンプルを旨としていたように感じます。もしかしたら複雑なのはキューブリックではなくて映画製作というプロセスの方だったのかもしれません。こうして身近な関係者が語るキューブリック像はそれを示唆していますが、それはキューブリック作品も観ても感じる「究極のシンプルさ」「ミニマムさ」にも通ずるものがあります。ですがそこに辿り付くまでには膨大な量の情報処理と、いくつもの選択肢をくぐり抜けなければならない・・・。ひょっとしたらキューブリックはそんな風に考えていたのかも知れませんね。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 ハチくん「彼はチェリオのハニーナッツがコレストロールを下げる効果があるのを知って幸せなのです」

 シリアル食品の「チェリオ」には、コレストロール値を下げる効果があり、心臓病のリスクを下げることが期待できるそうなのですが、それを伝えるコマーシャルのシチュエーションが『フルメタル…』のハートマン軍曹ネタである必要は・・・全くないですね(笑。

 まあ、広告代理店の担当者か、メーカーの担当者がやりたかっただけかもしれませんが、訓練教官役も、訓練を受ける新兵役も黒人というのは時代を感じますね。映画ではひどい罵詈雑言と嫌味と皮肉で人種差別をされまくっていましたが。ひょっとしてそれを踏まえてのキャスティング?・・・まさか、ね。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Full-Metal-Jacket-2
画像引用:IMDb - Full Metal Jacket

 ジョーカー二等兵自身が、スタンリー・キューブリック監督とのコラボレーションの重要な瞬間を分析します。これにはエンディングの変更も含まれます。

〈中略〉

別の結末

 自身の著書『フルメタル・ジャケット・ダイアリー』でも撮影中のエピソードを語っているモディーンは、脚本のエンディングがどのように変更されたのかについてIGNに語りました。元々は、エンディングでは兵士たちが燃え盛る廃墟を歩いていて、ミッキーマウスクラブのテーマを歌っていた時にジョーカーが死ぬはずでした。「その場所に爆弾が落ちるはずだった」とモディーンは言いました。 そして「私の脳が爆弾から逃げるように、体を起こすようにと足や心に訴えている」とボイスオーバーが入る予定でした。

 「スタンリーはエンディングについて尋ねてきて、私は『戦争の悲劇を示している、戦争の悲劇を示している、人間性の喪失を示している』と言ったんだ」 。キューブリックは何ヶ月にもわたってモディーンにジョーカーの運命と結末についてどう思うかを訊き続け、2人は喧嘩寸前までなりました。最終的にモディーンは「ジョーカーは生きるべきだ」と言った。「ジョーカーは教官を殺すべきだ」「ブートキャンブで友人を自殺で失い、ベトナムで少女の命を奪っても彼は生きるべきだ」とキューブリックにモディーンは説明しました。「それこそが戦争の真の恐怖であり、悲劇だからだ。ジョーカーのような経験をして、残りの人生を過ごす必要がある」と。

ジョーカーとアニマルマザー

 映画の中でアダム・ボールドウィンは、間違いなくジョーカーと衝突したキャラクターです。意欲的に「アルファ」アニマルマザーを演じました。実際、2人の間の最初の打ち合わせでは、ジョーカーの男らしさを疑うアニマルマザーに対し、ジョーカーはアニマルマザーの顎の下にM16を突きつけて脅しました。 「私たちはそれを数回撮影しました、そしてスタンリーは 『これはうまくいかないな』と言いました」モディーンもそう思いました。その後、キューブリックとモディーンはトレーラーに引っ込んでシーンについて話しました。モディーンは、実際にアニマルマザーのようなタイプに出会ったら、冗談を言うだけだと言いました。

 「私が懸念していたのはアイリス(カウボーイを演じたハワード)のような奴です」とモディーンは付け加えました。 「The little dogs with the big bite. With the big guys, it's the bigger they are the harder they fall.」。そのためシーンが変更になり、代わりにジョーカーはトレードマークの皮肉でアニマルマザーと対峙しました。 「私は別のジョン・ウェインのセリフを映画に取り入れたいと必死だったので、その1つを見つけました」「(ジョン・ウェインのマネで)クソからピーナッツを探して食え」。

最後の煙

 最後のシーンで、モディーンは「カメラマンとスタンリーは、暗くなったので「もっと火をつけろ」と言い続けていたのですが、私は「いや、煙をもっとたくさん」と言いました。そしてキューブリックに煙が映像を覆い隠すことはなく、そこにあったわずかな光を屈折させ、実際により多くの明かりをもたらすことを説明しました。 「知られているように、私が非常に誇りに思っている映画への技術的な貢献があります」

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:IGN/2020年11月7日




 記事にある「私の脳が爆弾から逃げるように、体を起こすようにと足や心に訴えている」というボイスオーバーは、原作小説にはフエ市街突入時にジョーカーの小隊が攻撃を受け、ジョーカーが気絶するシーンがあり、そこで使われていたセリフです。映画ではこのエピソードがカットされたので、セリフだけラストシーンに転用され、ジョーカーが死ぬことになっていたんでしょう。当初の脚本ではジョーカーの墓のシーンがあったので、ジョーカーがどのように死ぬのか興味があったのですが、ミックーマウス・マーチを歌いながら行進中に爆弾で死ぬ予定だったというのは初めて知りました。

 脚本段階ではこのような情緒的なシーンがいくつかあったようですが、最終的にはカットされました。結果、『フルメタル・ジャケット』は非常にドライな印象の作品になりましたが、この証言によるとその判断は決してキューブリックの独断でなかったことがわかります。おそらく(おそらく・・・ですが)当初脚本は、キューブリックと共同で脚本を担当したマイケル・ハーの影響が大きかったのだと思います。キューブリック自身も、この原作小説をどのように脚色すればいいのか、最終的な判断を撮影時まで保留していたのでしょう(キューブリック流のやりかた)。「撮影もひとつの創造」と語ったように、マシュー・モディーンにもアイデアを求め、いくつかのアイデアを採用しています。キューブリックは撮影時に俳優やスタッフにアイデアの提供を求めていて、それらのエピソードは書籍『2001:キューブリック・クラーク』でも語られていました(例えばポッドの中にボーマンとプールが入ってHALの停止を検討するアイデアはプールを演じたのゲイリー・ロックウッドのアイデア)が、それはこの『フルメタル…』でも同じだったようです。

 日本人にはわかりにくいジョーカーの「ジョン・ウェインのモノマネ」ですが、ここでは「Pilgrim(流れ者)」がそれに該当するそうです。ジョン・ウェイン主演の『マクリントック』という映画があり、ウェインのセリフに相手を「Pilgrim」と呼ぶシーンがあり、それが元ネタなんだとか(ソースはこちら)。こういうジョークの類は元になる知識がないと面白さが半減してしまいますね。

 このシーン、当初はジョーカーがアニマルマザーの顎下にM16を突きつけるシーンの予定だったのですが、これと似たシーンが原作小説にあります。もっともジョーカーの相手はアニマルマザーではなく、居丈高なデブのMPだったのですが。デブMPなら銃で脅してもサマになったかも知れませんが、相手がマザーなら弱そうな奴が銃に頼って強そうな奴を脅しているように見えるので、同等に対峙できる「皮肉の応酬」に変更になったんでしょう。

 キューブリックは脚本段階では主にストーリーを練り上げるのですが、シーンについては撮影時のアドリブ(クラークはこれを「キューブリックの行き当たりばったり」と評している)を重視していました。それはこのようにキャスティングや撮影状況より、脚本段階では上手くいくと思われたシーンでも、実際映像にしてみると上手くいかない(キューブリック的には納得できない)ことがあることを知っていたからです。加えてキューブリックは他者のアイデアにオープンでした。多くの俳優やスタッフが自身のキューブリック作品における貢献を語るのはそういう理由からです。ただし、そのアイデアを採用するか否かはキューブリックの判断に委ねられます。こういった事実から、海外ではキューブリックの監督スタイルはよく「マエストロ(指揮者)」に例えられます。ですが残念ながら日本ではいまだに旧来的な監督像のまま語られることが多いようです。ですので、こういった当事者の証言からその旧来像が一刻も早く払拭されることを(特に映画関係者・映画系ライターや記者)願ってやみません。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 R・リー・アーメイは『フルメタル・ジャケット』以前、『地獄の黙示録』にヘリ・パイロット役で出演していたのは有名ですが、日本未公開作『The Boys in Company C』(1978)にドリル・インストラクター役で出演したシーンの抜粋動画がありましたのでご紹介。

 これを見る限り、かなり出演シーンが多いように思えます。よくリー・アーメイは「『フルメタル…』出演以前は最低限の演技経験しかなかった」と言われるのですが、セリフのある役でこれだけのシーンに出演、しかも日本未公開とはいえハリウッド映画ですから、これを「最低限」と言えるのかどうかどうか。これだけの演技経験があれば、同じドリル・インストラクター役ですし、『フメメタル…』で、ハートマン軍曹(当初はガーハイム軍曹)役を演じさせてくれとキューブリックに直談判したのも理解できますね。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
91w5CgmGm2L._AC_SL1500_
Amazon限定『フルメタル・ジャケット』には日本語吹き替えが収録。オリジナルペーパーアイテム(レターホルダー、キューブリックからの手紙、アートカード、ミニポスター)付。

71i3+WvS3hL._AC_SL1500_
Amazon限定『スパルタカス』には日本語吹き替えが収録。

 地味に人気があるスチールブック仕様のBDですが、『フルメタル・ジャケット』と『スパルタカス』の4K UHD BDにはそのスチールブック仕様も数量限定で用意されています。こちらで揃えたいというニーズもあるかと思いますので、欲しい方はお早めのご予約をおすすめいたします。発売予定日は『フルメタル…』は2020年12月2日、『スパルタカス』は2020年11月6日です。

 ちなみに『2001年宇宙の旅』にもスチールブック仕様の4K UHD BDがありますが、こちらはリージョンフリーの海外版で、日本語字幕入りとなっています。ワーナーはなぜ人気のある本作の日本語版スチールブックをリリースしないのか不思議です。他国では宇宙評議会のワッペンと猿人のピンバッチが付属するという仕様のものまであるというのに。まあ、各国の映画会社の方針の差といえばそれまでですが。


【Amazon.co.jp限定】(1000セット数量限定)フルメタル・ジャケット 日本語吹替音声収録版 (4K ULTRA HD & ブルーレイセット)スチールブック仕様(2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]



【Amazon.co.jp限定】スパルタカス 4K Ultra HD+ブルーレイ スチールブック仕様[4K ULTRA HD + Blu-ray]



2001年宇宙の旅 4K Ultra HD+ブルーレイ 数量限定スチールブック仕様(3枚組)[リージョンフリー 日本語収録](輸入版)
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ