アイズ ワイド シャット

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sonatacafe
「ビルとニックが座るテーブルの奥にキューブリック夫妻がカメオ出演している」とファンの間で長く定説になっていましたが、それは間違いだそうです。

 ファンの間ではすでに定説とされていた、キューブリックが『アイズ ワイド シャット』のソナタカフェのシーンで夫婦で客として出演しているという話ですが、これはデマだとキューブリックの長女、カタリーナが明確に否定しました。イギリスのSun誌のWeb版に採り上げられるほど有名なトリビアで、いまさら否定されてもそれを周知するのは大変なのですが、なるべく多くのファンの方にこの事実を知っていただきたくて記事にしました。

 以下はそのカタリーナのTwitterの投稿です。

 コメントを少し見てみました。まだスタンリー・キューブリックがヒッチコックのような、カメオ出演をしたと思っている人がいるようです。彼はそうではありませんでした。

 彼は自分の姿をスクリーンに映し出すことはしませんでした。『フルメタル・ジャケット』では、マーフィーの声(トランシーバー)を担当していました。

(引用元:Katharina Kubrick @KCKubrick/2021年5月18日


 私も過去に、この『アイズ…』でのキューブリックのカメオ出演を記事にしていましたので、ここで訂正したいと思います。キューブリックの自作での出演は以下の通りです。どれも偶発的か、映画の制作上自分が演じても問題ない部分のみです。

『拳闘試合の日』における、試合シーンの映り込み

『非情の罠』の警察無線の声

『ロリータ』のオープニングシーンのディゾルブ部分の映り込み

・『2001年宇宙の旅』の月面シーンでのヘルメットバイザーへの映り込み(確定情報ではない)

『2001年宇宙の旅』の呼吸音

『フルタメル・ジャケット』で援護を依頼される無線手、マーフィーの声

 ところで、キューブリック作品には娘たちも出演しているのは、よく知られた話なのですが(詳細はこちら)、以前カタリーナさんに「アンヤは『バリー・リンドン』に出演していないのでしょうか?」と訊いたことがあります。なぜなら、撮影現場を写した写真にアンヤが写っていたからです。

e31c1a2c6ed970f9add75ca8feac4b78
キューブリックの左側にアンヤ、後ろにヴィヴィアン。『パリー・リンドン』の撮影時。

 ですが、カタリーナの返事は「ない」とのことでした。どうやら彼女は、自分自身の姿が映像に残るのがあまり好きではなかったみたいですね(子供の頃は除く)。『バリー…』撮影時、アンヤは10代の多感な頃だったので、余計にそうだったのでしょう。長女は父親に似ると言いますが、アンヤはキューブリックにとって長女(カタリーナはクリスティアーヌの連れ子)ですので、キューブリックも同じように自分の姿を映像に残したくなかったのかもしれません。それに現在の容姿がバレるとプライバシーが脅かされる懸念もありますしね(キューブリックは自分の素顔があまり知られていないのをいいことに、プライベートを楽しんでいた)。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
訳出したコメントは11:11から。

〈前略〉

 キッドマンは『アイズ ワイド シャット』で映画監督スタンリー・キューブリックと共に学んだことを思い出しています。

 「私は最初から最後まで台本を読むように教えられていたのですが、最初に台本を読むときは、先入観がないのですべてを書き留めておくようにしていました。二度と初読の機会はないからです。再読したときはアプローチの仕方が違ってきます。でも、初読は新鮮な反応を得ることができます。だからすぐに自分の気持ちを書きとめて、それを汲み取れるようにしておくのです。スタンリー・キューブリックは私にそう教えてくれた人で、それは素晴らしいものでした。私は今もそれを続けています。 それには常に豊富な情報が含まれているからです」

(全文はリンク先へ:BACKSTAGE/2021年1月28日




 キューブリックも映画化する小説を探して本を読む際、

ストーリーの第一印象はとても大切だ。一般の観客が初めて映画を見て感じるフレッシュな印象、それと共通するものがあるから大切にしなければならない。
(詳細はこちら

と語っていて、実際に大量の書き込みをした原作本が遺されています。キューブリックはそれを有益と考え、俳優にも推奨していたんですね。ニコール・キッドマンとキューブリックは相性が良かったようで、インタビューでも非常に好意的な話ばかりしています。キッドマンはそれまでの撮影は短期間であり、自分の演技に納得できなくても我慢しなければならなかったが、キューブリックの場合はじっくりと演技に臨むことができたので不安はなかった旨の話をしていました(詳細はこちら)。

 これから映画・映像製作や役者を目指す方、また現在そういった仕事をされている方には、この「初読の印象をメモしておき、あとでそれを読み返す」という方法は有益だと思います。ぜひキューブリックやキッドマンの真似をしてみてください。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
EWS_nicole
画像引用:IMDb - Eyes Wide Shut

ニコール・キッドマンは旅行に行くために、撮影待ちをしていた『アイズ ワイド シャット』をサボった。

 ニコール・キッドマンは『アイズ ワイド シャット』の撮影は待機時間が長かったため、パリとシドニーに行く時間があったことを明かした。

〈中略〉

 マーク・マロンのWTFポッドキャストに出演したキッドマンは、困難な撮影について言及している。女優のキッドマンは、しばしば長時間の待機状態に置かれることがあったと語る。ある時には数日間パリに行き、その後オーストラリアのシドニーに帰宅するのに十分な時間があったそうだ。キッドマンは、キューブリックやクルーズのどちらにも知らせずに、友人に(ロンドンの)自宅の電話に出てもらって外出していることを伝えていたと付け加えた。最終的にはオーストラリア旅行中に見つかり、2人に謝罪したという。

 「家に戻って待機していてくれ」と言われてたの。2ヶ月間待機していても一度も呼ばれなかったので、「そうだ、数日だけパリに行ってくる」と決めて、いたずらしたのよ。それを知ったトムがオーストラリアに電話してきて、「もうダメだ、スタンリーに電話してくれ」って。 それで私は「スタンリー、ごめんなさい。シドニーにいるんです」って言ったら「不貞な女だ!」って言われたわ。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:SCREEN RANT/2021年1月14日




 キューブリックは出演俳優に自作への全面的な献身を求めますし、それは契約条項として明記されていたと思います。クルーズとキッドマンはロンドンを離れることを許されず、また、たとえそうするにしてもキューブリックの許可が必要だったでしょう。そんな窮屈さから逃れるためにキッドマンはパリとシドニーに内緒で旅行に行ってしまったのですから、キューブリックが怒るのももっともです。ただ、キューブリックの「不貞な女だ!」という表現は、『アイズ…』で浮気願望を告白するアリス役を意識したものだと思います。キューブリックらしいブラックジョークではないでしょうか。

 キューブリックは旅行を「時間の無駄」と考え、そんな時間があるなら映画製作に没頭したいと考える人でした(とはいえ、家族の強い要望に屈して何度かバカンスには出かけたようです。フランスにあったキューブリックの別荘の記事はこちら)。それに有名な「飛行機嫌い」でもありました。飛行機の安全性を信頼していないキューブリックにしてみれば、主演女優が飛行機に乗ってオーストラリアに行くなんて、「もし事故にでも遭ったらどうするんだ!(自作の制作に影響が出てしまう)」という思いもあったでしょう。

 ともかく400日にも渡って続いた撮影は、クルーズとキッドマンにとってストレスのかかった体験だったことはインタビューなどで度々語られています。それが二人の離婚の原因だとする論調も見られますが、結婚や離婚がそんな短絡的な理由だけでない場合が多いのもまた事実です。それにしても公開から20年以上たった現在でも、主演女優が『アイズ…』の話題を口にする機会があるというのはすごいことですね。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
『アイズ ワイズ シャット』DVD/BDの特典映像として収録されているトム・クルーズのインタビューのノーカット版。 イギリスのテレビ番組で放映された。

 脚本を読み妻(ニコール・キッドマン)は撮影中だった。スタンリーは本を持っててくれと言った。その気があれば数日後に会おうと言われた。でも僕は彼に信頼してもらいたかった。誰にも話さないって。だから読んですぐに彼の所へ飛んだ。ヘリで彼の屋敷に行ったんだ。彼に謝ったよ車だと6時間もかかるから。子供のために短時間で往復したかった。彼は着陸パッドを用意しヘリでそこへ降りた。パイロットに渡す座標を教えてくれ、どこに着陸すればいいか指示してくれた。まだ覚えているよ。彼は着陸を待っていた。たった独りで庭から見てた。着陸後彼とヘリの話をした。機種とか何時間乗っているとか。彼が敷地内を案内してくれた時、なんて魅力的ですばらしい人なんだろうと思った。緊張していた僕はシドニー(・ポラック)に聞いた。気に入らないセリフがあったら監督になんと言うべきか。彼を怒らせたくないと。シドニーはちょっと考えて答えた。「彼も人間なんだ、素直に話せばいいさ」そんな簡単なら苦労はないよね。

 僕らは何でもやる気だったけど新婚時代じゃなくて本当に良かったと思うよ。対処しきれなかっただろう。当時から僕らの絆はとても強かったとはいえ、この役はつらかったと思う。離婚してたとは言わないがとにかく難しかったと思う。撮影中でもつらい時はあったしね。役の上でいさかいが起きた時は、いろんな生の感情が、なんというか・・・出てきたんだ。でもスタンリーの映画でシーンの途中で演技を止め妻に相談はできない。礼節をわきまえ自制が必要だ。それでも私生活に影響する。つらかったね毎日毎日演じたから。数日を除けばいつも監督と一緒。監督と僕とニコールの3人。かなりの時間でその時もつらかった。僕の心の葛藤をスタンリーは知っていたはずだ。

 撮影中、あるところまで来てしまった時、同じ役を長く演じることにいらだつようになった。一つ一つのシーンで発見が必要だった。スタンリーはいつもこう言っていた。「どのシーンもこの役を生かせ。どの瞬間もこの役で生かすんだ」彼には分かっていた。僕が自分にいらだっていることや、うまくできないこと。そんな時は・・・クソッ! とにかく・・・調子の出ない日や疲労困憊している日もある。でも自分に厳しいから僕は自分を責める。帰国の時期も問題だった。僕は会社を持っているから予定が気になる。それで監督に聞いた。「スタンリー、長くかかるのはかまわない。とにかく教えてくれ、撮影終了は半年後?すでに半年経った」。スタッフも脚本家も待っていたから、知る必要があった。さらにあと2年かかるのかと聞くと、彼は「バカ言うな」と答えた。「そんなにかかってしまったら、噂が本当になるじゃないか」と。笑ったよ。それであきらめた。仕方ない。

 撮影最後の日は、長い間待っていた日であり、恐れていた日だった。ビル役に飽き飽きしていたから待ち望んでいた一方で、スタンリーとの仕事を終わらせたくなかった。出てゆく時、彼にキスし抱擁して言った。「愛しているよ、分かってるだろ」。すると彼は僕を見た。深夜で静かな瞬間だった。彼は「私もだ」と。お互いに礼を言った。あれが彼と僕の・・・最後の会話だった。

 僕の人生の3年間を彼と過ごし・・・

── 映画が完成した直後に彼が亡くなったと聞き、信じられなかったでしょう。聞いた時の気持ちは?

 とにかくショックで・・・耳を疑った。葬儀に行った時はとてもつらかった。ニコールやご遺族が心配だったし、映画のことも心配だった。彼にも僕にも大きな意味があった。共演者でもある妻にとってもね。葬儀に行く途中ずっと考えていたんだ。どこかで・・・本当にバカげているけど、僕らの気持ちのどこかで嘘だと思っていた。彼は死んでいないと思いたかった。彼の家に行けばそこにいると。本気でそう思っていたわけじゃないけど、心のどこかで願っていたんだ。ご夫妻と食事をして酒を飲んだ部屋に入った。あの時は暖炉があり、スタンリーと奥さんがいた。でもそこには棺があり不条理に思えた。

(1999年7月12日、ハリウッド・フォーシーズンズホテルにて)




 『アイズ ワイズ シャット』DVDやBDに特典映像として収録されているトム・クルーズのインタビュー動画の訳をテキスト化したものです。2020年11月26日(木)23時からNHK BS1でオンエアされた(その後何度か再放送されている)『トム・クルーズ〜永遠の若さを追求して〜』でも一部が採り上げられていました。その番組で語られるトム・クルーズ像は「単なるイケメン俳優がハリウッドを代表する俳優に登りつめたものの、複雑なパーソナリティーやトラウマとなった出自、新興宗教の影響などのによって、結婚と離婚を繰り返すトラブルメーカーに成り下がる姿」と、やや批判的な視点で紹介したものでした。実際のトム・クルーズがどういう人物であるかはその番組を観ただけで語れるものではないのでここでは触れませんが、番組で引用されたインタビュー動画の訳文を読んでいただければわかるように、トムとキューブリックの関係は決して否定的なものばかりではなかったことが伺えます。

 キューブリックのファンだったクルーズがキューブリックのオファーを喜んでで引き受け、その際に約束された「キューブリックへの全面的な献身」を3年(撮影は1年半)もの間果たし続けたわけですが、それはクルーズにとって想像以上の困難な体験だったことはこのインタビューからも伺えますし、他のインタビューでも語られています。クルーズはこの頃絶頂期で、自身も映画制作者として出演作では大きな影響力と責任を持っていました。そのクルーズがいくら相手がキューブリックとはいえ、完全に他者の支配下に入るわけですから、そのストレスは相当のものだったことが伺えます。

 キューブリックはすでにある脚本や台本に固執せず、撮影現場でのアドリブでどんどんシーンをより良く変えていくという手法を採ります(キューブリックはそれを「撮影もひとつの創造」と話している)。上記にある「一つ一つのシーンで発見が必要だった」はまさにそれで、常に作品の中心にいるクルーズにとっては「正解のない底なし沼」に放り出されるようなものだったでしょう。しかもクルーズには「映画制作者としてのプレッシャー」も抱えていたのです。しかし、ここで思い出して欲しいのはキューブリックも、クルーズとは比べ物にならないほどの「映画制作者としてのプレッシャー」を抱え込んでいたことです。キューブリックは映画ファンなら名前を知らないものはいない世界に名だたる映画監督・映画作家で、その新作は常に世界中の映画ファンの注目と期待を集めていました。そんなキューブリックにとってみれば「自作に徹底的にこだわる」というのは当然と言えることであって、それはクルーズも頭では理解していたでしょう。ですがクルーズにも映画制作者としての予定と責任があります。その苦悩とジレンマが滲み出たインタビューと言えると思います。

 追加情報として、『アイズ…』撮影時の裏話を集めたスタッフのインタビュー記事『【考察・検証】『アイズ ワイド シャット』の儀式・乱交シーンについてのスタッフの証言集』を併せて読んでいただければ、キューブリック独自の映画制作の現場の空気を感じ取っていただけるかと思います。また、同時期(キューブリック逝去後数ヶ月)に行われたニコール・キッドマンレオン・ヴィタリのインタビューもぜひご覧ください。

 余談として、作品自体の感想や論評は作品を観て自由に語ればいいものだとは思いますが、「解説」は違います。他者にその作品を「解説」するには、その作品を鑑賞したという事実だけでなく、その作品の制作者や制作環境、制作された時期など膨大な「背景情報」を理解しておく必要があります。ですが残念ながらその知識も理解もない人が安易に解説記事や解説動画をネットに上げる(その多くは広告収入が目的)という事例が後を絶ちません。しかも悪いことに、その中には知名度がある「評論家」も含まれています。知名度がある方がする解説が常に正しいとは限りません(知ったかぶる評論家は数知れず存在します)。ソースもないままに「その人の単なる一方的な思い込み」を、「解説」と称して語る内容を鵜呑みにしない程度のネットリテラシーは、このネット時代には必携のスキルだと思います。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
eyes_wide_shut
画像引用:IMDb - Eyes Wide Shut

 スタンリー・キューブリックが最後に挑んだテーマ、それは性的な精神世界への旅立ちと緊迫のサスペンスの融合。そしてこの作品はトム・クルーズとニコール・キッドマンという二人のスターのキャリアにおける試金石となった。クルーズの演じる医師は、彼の妻(キッドマン)から性の欲望を告白されたことが引き金となり ― それが恐るべき殺人事件に発展していくとも知らずに ― 自らの結婚生活を脅かすほどエロティックな衝動に埋没していく。疑惑と恐怖から脱皮し、自己発見と調和へと続く道が、キューブリックの振るタクトによって、花開いていくかのようだ。優雅な撮影、卓越した色彩、息をのむ映像。時代を代表するフィルム・メーカーとしての名声を欲しいままにしたキューブリックが見せる勇壮華麗な演出は、全ての人の目を大きく見開かせ続けるだろう。

再生時間:02:39:07
配信期間:2020年12月28日(月) 00:00 〜 2021年3月7日(日) 23:59

(引用:GYAO!『アイズ ワイド ショット』




 Yahoo系の動画配信サイト、GYAO!が『アイズ ワイド シャット』を無料配信中です。登録の必要ありませんので気軽に観られるのがいいですね。未見の方はこの機会にぜひどうぞ。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ