article-2183619-146177B4000005DC-659_634x631
ジョンの写真を撮るダン・リクター。後ろにはヨーコの姿も。

 1969年から1973年まで、ジョン・レノン(John Lennon)とオノ・ヨーコ(Yoko Ono)のパーソナルアシスタントとして一緒に生活し、一緒に仕事をしていたダン・リヒター。2人について、英デイリー・テレグラフ紙で語っています。

 現在83歳の俳優でパントマイマーのリヒターは、1968年のスタンリー・キューブリック監督の名作『2001年宇宙の旅』のオープニングシーンにも出演しています。

 リヒターがヨーコと初めて会ったのは1964年の東京でした。当時、2番目の夫である映画プロデューサー兼アートプロモーターのアンソニー・コックスと結婚していたヨーコはリヒターと最初の妻ジルとロフト・スペースをシェアしていました。その後も、リヒターとジルはヨーコとの友情を保ち、1969年の夏にジョン・レノンとヨーコがロンドン郊外の家ティッテンハースト・パークを購入した後、レノンとヨーコと一緒に住むことになりました。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:amass/2023年1月4日




 ダン・リクター(リヒター)は『2001年宇宙の旅』で猿人の「月を見るもの」を演じていますが、そのリクターはジョンやキューブリックよりも先にヨーコと知り合っていたのですね。そういえばヨーコはパフォーマンス・アーティストでした。ヨーコとは東京で共通の友人を通じて出会ったそうですが、パントマイマーであるリクターとは同じパフォーマーとして意見があったのかもしれません。ジョンとヨーコの出会いの経緯は有名なので省きますが、その後ジョンとヨーコは恋人同士になり、その関係からジョンの邸宅「ティッテンハースト・パーク」に取り巻きとして住むようになったようです。

 邸宅でリクターはカメラマン(主に記録係)として働いていて、名曲『イマジン』のPV(一部)を撮影したり(詳細はこちら)、名盤『ジョンの魂』のジャケ写もリクターによるものです(詳細はこちら)。リクターはジョン&ヨーコがニューヨークに引っ越した後、1973年頃に別れたらしいですが(失われた週末で別居した頃?)、ジョンのニューヨーク時代はドキュメンタリー『ジョン・レノン、ニューヨーク』に詳しいです。そこには「愛と平和」どころか「セックス&ドラッグ&ロックンロール(おまけに浮気に別居)」な悪童ジョン・レノンの姿が生々しく語られていますので、興味のある方はぜひ。