ここで佐々木さんに厳しい演技指導したのは、キューブリックファンにはおなじみのレオン・ヴィタリです。トム・クルーズの吹き替えを担当した、森川智之さんも同様の苦労話をされています(詳細はこちら)。この頃のレオンは、キューブリックが憑依していたんじゃないかって思うくらい入れ込み方が激しい印象です。リテイクのやりかたまで真似しなくても・・・って思いますよね(笑。それにしても担当者(ワーナー?)が〇〇されるってちょっと可哀想。そこは長引くのがお約束のキューブリック作品なんで、大目に見てあげて欲しかったですね。

 佐々木さんは吹き替え版と一口におっしゃっていますが上映時、TV放映時、ソフト化時と3種類あります(『アイズ…』はソフト化時)。キューブリックは上映時、なるべく字幕で自作を観せたがっていましたが、世界では吹き替え版が主流らしく(日本は字幕版)、仕方なく作っているとインタビューで応えていました。ですので、ここで佐々木さんがおっしゃっている「吹き替え版を許さなかった」というのは映像ソフトに収録する場合、ということかもしれません。ですが、映像ソフトに吹き替え版が収録される様になったのはDVD普及以降(キューブリック逝去後)なんですが・・・。まあ単なる勘違いか、盛られた話を信じてしまった可能性もありますので、あまり深く考えないようにしておきましょう。そうでなくてもキューブリックは「伝説が一人歩き」してしまう監督ですので。

 それにしても『ちびまる子ちゃん』のおばあちゃんの声優さんがこんな若い方だとは存じ上げておりませんでした。お話には「古代」と「真田さん」が登場しますが、このお話の方が個人的には感慨深かったです(世代的に)。そういえばおねえちゃんも原作者も最近お亡くなりに・・・。最近長寿アニメ番組の声優高齢化が話題になることが多くなりました。「声優」という職業が一般に認知されはじめたのが1970年代からですので、それから50年も経てばそうなるのは仕方ないですね。

情報提供:崎環様