james-mason-lolita-resize
ジェームズ・メイソンとヘイリー・ミルズ。『ロリータ』がこのツーショットだったとすると果たして公開できたかどうか・・・。

〈前略〉

 契約期間中、ミルズはシャーリー・マクレーンとオードリー・ヘップバーンが共演した『噂の二人』『ドクター・ドリトル』、スタンリー・キューブリック監督の『ロリータ』などの作品に出演のオファーを受けていましたが、後者は「ディズニーのイメージを損なう」という理由で辞退し、逃した役だと考えています。

 「ぜひ演じてみたかったわ。とても魅力的な作品です。それに、(スタンリー・)キューブリック、ジェームズ・メイソン、シェリー・ウィンタースと一緒に仕事ができるなんて、すごいことですよね」と、『ロリータ』について本誌に語っています。ミルズは回顧録の中で、スー・リオンがロリータを演じた少女というレッテルを永遠に貼られてしまうのに対し、私はポリアンナであるので、おそらくもっと簡単に受け入れることができるだろうと皮肉っぽく書いています。

 この2人はまったくの 「チョークとチーズ (見た目は似ているが中身はまるで違う)」ですよね。みんな彼女に実際に会ったときでさえ、彼女がニンフェット(妖精・聖少女)であることを期待してしまいます。私もポリアンナのような存在を期待されていたと思います」と彼女は言います。「私たちは自分が演じる役によってレッテルを貼られ、それに対処しなければなりません。それは、私たちのビジネスで起こることのひとつです」

 候補となった役についてミルズは、「どれも本当に面白かったでしょうが、それが私のキャリアにどんな影響を与えたかはわかりません。私たちにはわからないのです」

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:Hollywood Reporter/2021年9月7日




 以前この記事でご紹介した通り、ヘイリー・ミルズはロリータ役には乗り気だったようです。というか、上記記事からは「私の方がもっと上手く演じられたはず」というプライドさえ感じます。ですが、現実問題として健全を旨とするディズニーの看板子役だったミルズが、ロリータを演じる可能性はほぼなかったでしょう。実際にロリータを演じたのは新人女優のスー・リオンですが、女優とはいえ数回の端役の経験しかありませんでした。そんな彼女が突然スターになったのですから、その環境の激変に上手く対応できなかったであろうことは容易に想像できます。一方のミルズはその時点でスター子役ですので、ある程度ハリウッドに揉まれ、慣れていたていたと考える方が自然です。また、ミルズ自身がポリアンナのような「良い子」のイメージを払拭したいと考えていたなら、このロリータ役に乗り気だったのもうなずけます。

 この二人は同い年(スー・リオンの方が3ヶ月ほど年下)ですが、以上のように状況はかなり異なります。また、醸し出す雰囲気も異なります。いわゆる「ロリータ」(蠱惑的な幼い少女)として考えるならミルズの方が適役に見えますが、ジェームズ・メイソンとミルズのツーショットは、上映禁止もありうるほど危険な香りが漂ってきます。もしキューブリックがそのことを計算に入れ、少し大人びたスーをキャスティングしたのなら、その判断は正しかったと思います。そうでなくても『ロリータ』上映には、あちこちの団体から批判や圧力にさらされたのですから。