AS1
『ライフ・イン・ピクチャー』でインタビューに応えるアレキサンダー・シンガー。

 キューブリックのウィリアム・ハワード・タフト高校時代の親友で、初ドキュメンタリー『拳闘試合の日』、劇映画第2作『非情の罠』やハリウッドデビュー作『現金に体を張れ』で制作に協力した、映画監督アレキサンダー・シンガー氏が逝去とIMDbに記載がありました。

 シンガーがキューブリックと知り合ったのは、タフト高校の学内誌にシンガーがオリジナルのSF小説とイラストを発表したところ、それを見たキューブリックが「二人で文学や芸術について話がしたい」と話しかけてきたのがきっかけでした。高校を不本意な成績で卒業後、ルック社に拾われるかたちで就職したキューブリックでしたが、やがてカメラマンという仕事に辟易とし始めました。映画監督への野心を捨てきれないキューブリックは、自身も映画監督を目指していたシンガーと映画製作について語り合います。シンガーはニュース映画制作会社に就職していたので、この時点ではキューブリックより一歩先んじていました。シンガーからニュース映画の制作費を聞いたキューブリックは「ドキュメンタリー映画を安く製作し、それを映画会社に売りつける」ということを思い立ち、実行に移します。それがキューブリックの初ドキュメンタリー『拳闘試合の日』で、シンガーはセカンドカメラマンとして制作に参加しました。また、観客としてエキストラ出演しています。

AS2
『拳闘試合の日』で観客として演技するシンガー。

 その後、キューブリックの劇映画第二作『非情の罠』にもスチールカメラマンとして参加。そこで従軍中に知り合ったジェームズ・B・ハリスをキューブリックに紹介します。ハリウッドにコネのあるハリスは、有能な監督と組んでハリウッド進出を目論んでいました。キューブリックの処女作『恐怖と欲望』を観たハリスはキューブリックの才能に惚れ込み、キューブリックを連れてハリウッドに乗り込みます。そして制作されたのがハリウッドデビュー作『現金に体を張れ』で、その制作にシンガーはセカンドカメラマン(オープニングの競馬場のシークエンスはシンガーの撮影)として参加しました。

 このように、キューブリックが映画監督へステップアップしていった過程において、かなり重要な役割をシンガーは担っていました。特にキューブリックにニュース映画制作のきっかけを作ったこと、ハリウッド進出の立役者、ハリスを紹介したことは重要な出来事でした。その後もキューブリックとシンガーの関係は良好だったようで、キューブリックのドキュメンタリー『ライフ・イン・ピクチャー』に出演し、インタビューに応えています。

 自身の映画監督作品は、『もえつきた夏』(1961)、『プシュケ59』(1964年)、『アカプルコの出来事』(1965)、『地獄のアパッチ』(1971)、『グラス・ハウス』(1972)など。TVシリーズ・TV映画では『チェックメイト』(1962)、『逃亡者 』(1965〜66)、『ラウンダーズ』(1966)、『ザ・モンキーズ』(1967〜68)、『明日なき男』(1967〜68)、『スパイ大作戦』(1967〜69)、『はみだし野郎/アウトサイダー』(1968〜69)、『ザ・ボールド・ワン/ザ・ローヤーズ』(1971〜72)、『西部二人組』(1972)、『ウィーン諜報網』(1973)、『マジシャン』(1974)、『ザ・ファースト36・アワーズ・オブ・ドクター・デュラント』(1975)、『SFタイム・トラベル/シカゴ大火に遭った男たち』(1976)、『グラマー強盗団』(1976)、『ポリス・ストーリー』(1975〜77)、『女刑事ペパー』(1974〜77)、『バンコ』(1977)、『サンゴ礁の美女救出作戦!!シャーク・ハンター 』(1978)、『真珠湾』(1978)、『事件記者ルー・グラント』(1980〜82)、『ザ・リターン・オブ・マーカス・ウェルディ,M.D.』(1984)、『ダラス』(1979〜85)、『探偵レミントン・スティール』(1983〜85)、『ヒルストリート・ブルース』(1983〜85)、『ノッツ・ランディング』(1981〜85)、『女刑事キャグニー&レイシー』(1982〜86)、『冒険野郎マクガイバー』(1985〜87)、『刑事ハンター』(1988)、『イン・ザ・ハート・オブ・ザ・ナイト』(1989)、『ジョーク・アンド・ファットマン』(1989〜92)、『新スタートレック』(1992〜94)、『炎のテキサス・レンジャー』(1993〜94)、『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』(1993〜96)、『スタートレック:ヴォイジャー』(1995〜98)など。

 1928年4月18日、アメリカ・ニューヨーク生まれ、2020年12月18日逝去、享年92歳。