timebokan_2001

タイトル:『タイムボカン24』第22話「アメリカの月面着陸はヤラセだった!!」
遭遇者:トキオとカレン
状況:月面着陸のヤラセ映像を撮影中のハリウッドのスタジオに、モノリスと猿を描いた書割が登場。ちなみに監督の名前は「ジューブリック」


toaru

タイトル:『とある科学の超電磁砲 』第13話『ビキニは目線が上下に分かれますけどワンピースは身体のラインが出ますから細い方しか似合わないんですよ』
遭遇者:御坂美琴、白井黒子、湾内絹保、泡浮万彬、婚后光子、初春飾利、佐天涙子、固法美偉
状況:水着モデル撮影用のバーチャルスタジオで遭遇


abenobashi_monolith

タイトル:『アベノ橋魔法☆商店街』第3話 『合体! アベノ橋☆大銀河商店街』
遭遇者:サッシとあるみ
状況:サッシがロボットにモノリスを売りつけられ、さすったサッシが猿人に「退化」する
※『2001年…』をはじめ、SF、特撮、ロボットアニメネタが満載の回


eva_monolith

タイトル:『新世紀エヴァンゲリオン』第21話 『ネルフ、誕生』
遭遇者:冬月コウゾウ
状況:冬月がゼーレに拉致された際、それまでは人類補完委員会の姿として登場していたが、この回から「ゼーレのモノリス」の姿で登場
※その後旧劇場版、新劇場版にも登場



 『2001年宇宙の旅』が日本のアニメ界に与えた影響は今更語るべくもないかもしれませんが、その多くは「何か偉大なものが登場した時のBGMとしての『ツァラトゥストラはかく語りき』」や、「宇宙空間や無重力シーンのBGMとしての『美しき青きドナウ』などの優雅なクラシック』や、「異次元や別世界に向けて通り抜ける光のトンネル」や、「やたらディテールが細かいゴテゴテとした宇宙船」など、映像的・音楽的演出がほとんどです。そのせいか、思ったほどモノリスがモノリスとして登場した例が多くないのに驚きました。なお「ゼーレのモノリス」は『2001年…』のモノリスとして登場したのではなく、モノリスをベースにエヴァ仕様でデザインされたものなので、正確にはこの記事の主旨と少し異なりますが、ないとやっぱり寂しいので採り上げさせていただきました。

 また、例によって例のごとく「これ以外にもあるよ」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ掲示板Twitterに情報をお寄せください。