Eddie O’Dea
『ハードコア』※米タイトル『フィオナ』(1977)に出演したエディー・オディア(左)と『シャイニング』の「ロジャー・ザ・ベアマン」(右)。

 キューブリック版『シャイニング』で「一番不可解で異様で恐ろしいシーン」として、たびたび語られる「元支配人ダーウェントと、クマの着ぐるみを着たロジャーとのホモシーン」ですが(詳細はこちら)、このシーンは原作にはありません。実はこのシーンは原作小説の2つのシーンを組み合わせたものだからです。そのシーンを原作小説を比較的忠実に映像化したTVドラマ版『シャイニング』から引用してみます。なお、原作小説では「犬男」、キューブリックの映画版では「熊男」、スティーブン・キングが制作したTVドラマ版では「狼男」であることを、まずご承知おきください。

(1)ホテルの元支配人であり、バイセクシャルのダーウェントが、ロジャーを犬扱いしてからかうシーン

 ロジャーはダーウェントに取り入ろうとしていた「腰巾着」でした。ですのでダーウェントはロジャーを犬扱いし、犬の着ぐるみを着せ「犬男」としてからかうのです。

wolfman1

(2)ロジャーが廊下に出現し、ダニーを父親の許に行かせないように脅かすシーン

 ダニーは父親を助けようと部屋を出たのですが、ロジャーに廊下で通せんぼされてしまいました。ダニーは恐怖のあまり、先へ進むことができませんでした。

wolfman2

小説では腰巾着(すなわち「犬」)という意味のあった「犬男」であっても、映像化するとちょっと可愛らしく間抜けに見えてしまう可能性があります。ですので、スティーブン・キングのTVドラマ版では「狼男」に変更したと思われるのですが、そうなると(1)の「ダーウェントがロジャーを犬扱いしてからかう」というシーンの意味がなくなってしまいます。もし「狼も同じイヌ科だし、そんな細かい点は気にしなくていい」とキングが判断したのなら、やはり詰めの甘さを感じずにはいられません。それはTVドラマ版『シャイニング』全般に漂う「詰めの甘さ」でもあります。

 一方のキューブリックは(1)のシーンは映像化しなかったので、(2)のシーンにダーウェントを登場させ、場所も客室に、目撃者もダニーからウェンディに変更しました。そこまで原作の意図から離れてしまうのであれば、犬にこだわる必然性はありませんので、熊男への変更も容易だったと思います。では、なぜ「熊」なのでしょうか?

 ここからは想像になりますが、キューブリックが「犬のようにコロコロしていて、エロティックなシーンに慣れている俳優」を探していたとします。エディー・オディアは1977年に公開された『ハードコア(フィオナ)』という、実質ポルノであるコメディ映画に出演し、「女性に胸をはだけさせ、胸囲を測ってから胸をもむ男」というなんとも奇妙なキャラクターを演じています。その容姿と共にキューブリックのニーズにぴったりの俳優ですが、いざ現場でエディ−に犬の着ぐるみを着させたところ、そのふくよかな体型から「犬」というより「熊」に見えてしまったんだと思います。であればいっそのこと「熊」ということにしてしまったのではないでしょうか。上記の画像を見れば、熊の顔はなんとなく犬っぽさが残っているし、それとなくエディーに似せて作られているのもわかります。まあ、奇異な雰囲気が伝われば、犬でも熊でもどちらでも良いかとは思いますが、熊だったとの証言がある以上(詳細はこちら)、今後当ブログではこのシーンに登場する着ぐるみの男は「熊男」、もしくは「クマ男」(こちらの表記の方が良いですね)で統一したいと思います。

 ところでエディーが出演した『ハードコア(フィオナ)』(『Hardcore(Fiona)』)は、ググれば(怪しいサイトで)視聴することができます。上記の男性がエディー・オディアであるという確たる情報は実はないのですが、『Hardcore』のIMDbのキャスト欄は出演順に記載されており、体型も似ていることから上記の男性が役名「バディ(Buddy)」であり、それを演じたエディー・オディアであると判断した、という経緯です。つまり状況証拠しかありませんので、間違いである可能性があることを何卒ご了承ください。