2019年5月26日(日)にイギリスのダービーシャーで撮影された、『シャイニング』でホレス(ハリー)・ダーウェント役を演じたブライアン・V・タウンズ(Brian V. Towns)さんのインタビューです。ブライアン・タウンズさんが演じたシーンは、オーバールック・ホテルのオーナーと熊のスーツを着た男(エディー・オディア- Eddie O’Dea)が露骨な行為をする、言わずと知れた「熊のスーツのシーン」です。ブライアン・タウンズは、個人的(プライバシー)な理由で1980年にはクレジットされていませんでした。しかし、彼は今こそ1回限りのインタビューを行い、多くの映画ファンの間で話題になっている謎のシーンについて語るべきだと考えました。熊のスーツのシーンは、1979年2月にEMIエルストリー・スタジオのステージ9で撮影されたもので、監督は言うまでもなくスタンリー・キューブリックです。

 ブライアン・タウンズは、50年代に写真モデルとしてキャリアをスタートさせ、その後、スタントマン、ダブル、俳優として様々な作品(映画、コマーシャル)に出演するようになりました。その中には、ジェームズ・ボンド(スタントマンとして出演した『私を愛したスパイ』や、ショーン・コネリーやロジャー・ムーアが出演したその他のジェームズ・ボンド映画)、『空飛べ!キャットウィーズル』(代役)、『ニューアベンジャーズ』(エピソード『ミディアムレア』)などがあります。1979年には、スタンリー・キューブリック監督に抜擢され、『シャイニング』の最も議論されているシーンに出演しました。

(引用元:動画解説文)




 『シャイニング』でクマ男とホモ行為に及んでいたタキシード紳士を演じた、ブライアン・V・タウンズのインタビュー動画がありましたのでご紹介。このシーンについては以前こちらの記事で考察しています。なお、タキシード紳士については、オーバールック・ホテルの元オーナーである、ホレス(ハリー)・ダーウェントであったことがこれで確認できました。

 ブライアンは1958年にモデルになり、広告やCMに出演していましたが、レスリー・フィリップスの制作会社がスタントマンを探していることを知り、経験はありませんでしたがスタントマンとして映画業界入りしました。『シャイニング』への出演はエージェントを通してですが、キューブリックはブライアンの「老け顔」が気に入ってキャスティングしたそうです(1958年で20歳頃と仮定すれば、撮影時は40歳頃か?)。ブライアンは2週間は「出番待ち」で何もせず、3週目から撮影開始になりましたが、「探求するのは素晴らしい」と、キューブリックの多テイクぶりも「覚えていない」と意に介していなかった様子。最終的にはキューブリックも満足し、「君を気に入ったよ」と言ってくれ、とても嬉しかったと語っています。ギャラについては「スター俳優ほど多くはなかったが、請求書を支払える十分な金額だった」と満足していたそうです。

 ところで、このインタビューでのブライアンの証言によると、このシーンに登場する着ぐるみは「犬」ではなく「熊」だそうです。今までファンの間では、原作小説に準拠し「ロジャー・ザ・ドッグマン」と呼ばれていましたが、キューブリックは何かの理由で犬から熊に改変したんですね。そうなると「ロジャー・ザ・ベアマン」ということになりますが、この件に関しては、演じたエディー・オディアの情報も含めて、改めて記事にしたいと思います。