Trumbull_Nolan
ダグラス・トランブルとクリストファー・ノーラン。

〈前略〉

ークリストファー・ノーラン監督の『2001年…』の70mmプリントについてはどう思われますか?

 彼のカラーグレーディングには同意できない部分もありましたが、彼がやっていることは素晴らしいと思いました。しかし、ワーナー・ブラザースとは『2001年…』に関して以前から親密な関係にあり、彼らのためにそのドキュメンタリーを制作していたので、ちょっとした驚きを感じました。当時、「私はすべてのオリジナルネガがどこにあるか知っています。私はキューブリックの撮影現場で一緒に働いていた人間だから、君たちがやりたい修復にはぜひ協力したい」と言ったんです。しかし、彼らはクリストファー・ノーランに連絡し、私には連絡しませんでした。そうなんです、すべては会社のため。お金の問題です。

 映画の修復を行う場合、ジョージ・ルーカスやロバート・ワイズなど、そもそも映画を作った原理原則を持ち込むことが重要なんです。彼らは『スタートレック』より良くしてくれました。『ブレードランナー』でも、映画をより良いものにするための作業が行われ、私もそれに協力しました。というのも、私はすべての特殊効果の65mmネガを保管しており、それをスタジオに提供したからです。一般的に、このような修復は、映画を作った人たち、特に撮影監督の原則によって行われるものではありません。『ゴッドファーザー』を復元するなら、コッポラを呼びます。

ー今後の修復で考慮してもらいたいフィルムの最も重要な点は何ですか?

 『2001年…』について、映画制作の過程で重要視していたのは「星」の存在でした。フィルムの乳剤の一粒ほどの大きさしかない星が、35mmプリント用に複製したときに消えてしまわないかどうか、非常に気を使いました。そのためにいろいろなテストをして、消えないようにしました。そうしないと、背景が黒くなって星がなくなってしまい、意味をなさなくなってしまうからです。幸いなことに、ブルーレイを含めてその点はよく保存されています。「星」はちゃんとあります。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:IndieWire/2021年5月1日




 私は幸運にも『2001年宇宙の旅』70mmアンレストア版を観る機会に恵まれましたが(詳細はこちら)、その監修をクリストファー・ノーランに依頼した話を知って、「ダグラス・トランブルはキューブリックとクレジットの件で色々モメてたのでシコリがあるんだろうな」と勝手に想像していました。また、現在の若い世代に『2001年…』を知ってもらうためにも、ノーランのネームバリューに頼るというのもいい判断だと思っていました。ですが、実際はワーナー側がトランブルを「スルー」したようです。

 ノーランは『2001年…』に多大な影響を受け、フィルム撮影や保存にこだわりがあることが知られていたので、適任だったとは思いますが、単純に考えれば当時直接制作に携わっていたトランブルの方が適任だったのは間違いありません。ですが、この『70mmアンレストア版』がお披露目されたのは、2018年のカンヌ映画祭での特別上映でした。そんな華やかな場所での広告宣伝効果を考えれば、ノーランの方が適任だと判断されたのだと思います。

Cannes_2018_4
左からキア・デュリア、カタリーナ・キューブリック、 ロン・サンダース、ヤン・ハーラン、クリストファー・ノーラン。2018年カンヌ映画祭にて。

 まあ、お二人で仲良く・・・というのが理想かもしれませんが、エゴが渦巻くショービジネスの世界では、なかなかそうはならないというのは、みなさま周知の事実ですね。