『Slim Pickens Does the Right Thing and Rides the Bomb to Hell』は2:22から。

Slim Pickens, well he does the right thing
And he rides the bomb to hell
Yeah, he rides the bomb to hell

Watch the pulse, it quickens after every little sting
If you're gonna go to hell
Drink it up, you might as well

Are you really gonna take it like that?
Riding on the missile with the cowboy hat, and

Ah-ah-ah, well the world is gonna end
So dance around the fire that we once believed in
Ah-ah-ah Wanna tear it down again, now

'Cause there's nothing left for us to bleed
Give it up, the sons of anarchy
So come around and have another round on me

Dance, fucker, dance, let the motherfucker burn! hey!

スリム・ピケンズがやった通りだぜ
奴は爆弾に乗って地獄に行く
奴は爆弾に乗って地獄に行く

脈を見な、ちょろっと刺せば早くなるぜ
あんたが地獄に行きたんだったらな
飲んじまったらそうなるぜ

本当にそんなのでいいのかよ?
ミサイルに乗って、カウボーイハットをかぶって

あーあーあーっ!世界は終わりに向かっている
俺たちゃ信じてたさ、だから炎の周りで踊ろうぜ
あーあーあーっ!ぶっ壊したいぜもう一度

流すほどの血はもう残っちゃないぜ
諦めな、アナーキーの息子よ
だからこっちに来な、一杯おごるぜ

踊れよ、クソ野郎、踊れよ、そのくそったれを燃やしてやれ! ヘイ!

(The Offspring『Slim Pickens Does the Right Thing and Rides the Bomb to Hell』一部訳出)




 タイトルの『Slim Pickens Does the Right Thing and Rides the Bomb to Hell』を見た瞬間、ファンなら元ネタは『博士の異常な愛情』だなとわかりますね。「スリム・ピケンズ」とはB52機長を演じた俳優の名前です。訳出した歌詞もそのまんま。長ったらしいタイトルもそれを意識してのものでしょう。アーティストは今更説明不要のアメリカのポップパンクバンド、オフスプリングス。2012年リリースのアルバム『Days Go By』収録曲です。おそらく彼らで一番知られている曲は『プリティ・フライ』『オール・アイ・ウォント』あたりでしょうか?

 MVは『Dividing By Zero』とのメドレーになっています。アニメーションは破滅的で面白いですが、『博士…』への直接的な言及はないようです。キューブリックファンには不要ですが、この記事にたどり着いたオフスプリングファンのために元ネタになった動画を貼っておきます。