あなたの『2021年地球の旅』はジープ・ラングラー4xeから始まります。 ジープ、それはオンリーワン。

ジープの名称は80年間、自由、信憑性、冒険、情熱と途絶えることなく関連付けられてきました。 これらは「夢想家と実行者」のための乗り物です。冒険はすべてのジープの車のDNAに存在し、車とオーナーとの間に並外れた類い稀な絆を築きます。 ジープのエンブレムはブランド以上のものを表しています。 実は、それは名誉のエンブレムです。

(動画説明文より)




 「何か革新的で偉大なものが登場した時に使われる映像と音楽」ということでは、この『2001年…』の人類の夜明けのシークエンスはぴったりなんでしょう。過去にも多くのCMやプロモーション映像に使われ続けてきました。ですが、それが『2001年…』で描いたような「人類史における偉大な跳躍」であるかどうかは疑問である場合が多いように思います。

 このジープのCMですが、この記事によると、「超硬派なジープに史上初電動車登場!! ラングラー4xeはPHVでもオフロード最強か」ということで、プラグイン・ハイブリッド車だそうです。つまり「外部充電もできるハイブリッド車」なんですね(管理人は車は全く詳しくないので間違いがあればご指摘を)。世界中で脱炭素社会への移行が進んでいますが、オフロードでの完全電気自動車化はまだまだ道半ばで、過渡期的な技術であることには間違いないでしょう。ですので「革新的で偉大なものが登場した」とは言い難いのですが、「外部充電もできる」点をモノリスの青い光に例えたかったので、このアイデアが採用されたのだと想像します。

 動物たちが『ツァラトゥストラ…』を歌うという点はちょっと面白いアイデアです。映像の完成度も高いし、さすが大手の広告という感じ。今年は「20(2)1年」なので、『2001年…』のパロディが頻出しそうな予感はありますが、まあ、管理人もこんなことしてしまったので人のことは言えません(笑。ファンにとってはこのアイデアはかなり食傷気味だったりするのですが、面白ければいいんじゃないでしょうか?

情報提供:オリオン様