ACO  R-X Rating
mp4ファイル(9.1MB)をダウンロードしてご視聴ください。

この映画には2つの改変が存在することが知られています。

(1)高速3P

(2)ルドヴィコのレイプ映画

 『時計じかけのオレンジ』は、米国では元々X指定で上映されました。キューブリックが映画を回収して編集し、R指定を獲得するまで何ヶ月も劇場で上映されました。もともとホームビデオとケーブルテレビにリリースされたのはR指定版でした。元のカットが復元され、家庭で視聴できるようにリリースされたのは、それから数年後のことでした。

 ここをクリックしてX指定版とR指定版のカットの比較動画をご覧ください。R指定版は20年以上前にVHSで最初にリリースされたものです。X指定版はリマスターされたDVDから収録しました。一部の人はコンテンツ(シミュレートされたセックスとレイプ)が好ましくないと感じるかもしれないので、自己責任でご覧ください。

訳者註:引用元から比較動画(wmvファイル)がダウンロードできます

(引用元:Kubrick Film Ratings Comparisons/A Clockwork Orange: X and R




 ここで言う「R指定版」と「X指定版」とは、公開当時にレイティングされた、キューブリックが編集したバージョンという意味です。現在ではX指定は廃止されていますのでその点はご注意(理由は後述)ください。

 管理人が作成した上記比較動画(mp4ファイル)や、引用元からダウンロードできるwmvファイルを観ると、「R指定版」と「X指定版」の違いを確認できます。(1)の『高速3P』はR指定版ではマーティー(ショートヘアの娘)の着衣シーンがカットされています。確かに全裸から下着を付ける姿が刺激的ではありますが、そのシーンはダメなのに、なぜソニエッタ(金髪の娘)の着衣シーンやベッド上での全裸の乱交シーンがOKなのかはよくわかりません。(2)の『ルドヴィコのレイプ映画』はトリミング変更や別カットにすることによって、主に下半身を見せないようにしています。不足分は女医のカットで補っています。この程度の変更でレイティングがXからRに変更になったと言うのはいささか驚きですが、当時のレイティングの判断基準としてはそうだったのでしょう(R指定版公開時のTVスポットはこちら)。

 キューブリックは『時計じかけのオレンジ』を「X指定」(つまりポルノ映画と同義)とレイティングされないように努力していました。X指定されてしまえば上映館も広報活動も限定されてしまい、興行収入的には大打撃を受けるからです。キューブリックが『2001年宇宙の旅』で湯水のごとく製作資金を使ったのに、『時計じかけのオレンジ』では一転ケチケチで映画製作を行ったのは、厳しいレイティングで上映館が限られるのが予想されるので、興収減で資金回収が難しくなるのを懸念したためだと思います。そのためにもX指定だけは何とか避けたかったのですが、結局Xに分類されていまいました。1971年12月19日のプレミア公開、1972年2月の限定公開、6月の一般公開時はX指定版で公開されましたが、8月25日にR指定版の制作を決定。10月31日から上映を一旦中止、上記の変更を行ってR指定の認定を受け、1973年1月1日からの再公開でやっとより多くの映画館で上映することが可能になったのです(R指定版の公開はアメリカのみ)。

 時は流れて1980年、アメリカで初めて『時計…』のビデオソフトが発売になりました。これはケーブルテレビでのオンエアにも配慮されたため、より穏健なR指定版でした。1986年になると元のX指定版に戻された(キューブリックはX指定版こそが決定版と考えていた?)VHSやLD、のちにDVDが発売になりました。ですが新しいレイティングの基準によってそれは「R」の表記がなされました。つまり、パッケージやラベルに「R」と書かれていても、実はそれは「R指定版」ではなく「X指定版」であるということです。以降はX指定版のみとなり、リマスターDVDやBD、将来発売が予想される4K版でもX指定版になると思われます。日本でのVHSの発売は1991年10月1日です。日本ではモザイクやボカシ処理の入った修正入りでリリースされたのですが、ソース自体は「X指定版」でした。1997年にモザイクやボカシ処理のない無修正版が発売になり、以降は海外と同内容のX指定版になりました。

 もしR指定版を視聴したいと考えるなら、1986年より前にアメリカで発売されたVHSかLDを入手するしかありません。それは以下の通りです。

●VHS
1980年発売のWCI版(ベータ版あり)
1983年発売の緑ジャケ版※管理人により確認済み

●LD
1983年発売の緑ジャケ版 ※尾崎一男様により確認済み

●CED
1983年発売版

 公開当時は「X」とレイティングされた「X指定版」ですが、現在では家庭内視聴でR15+です。2019年の『午前十時の映画祭10-FINAL』で劇場上映された際はR18+指定になりました。一方、管理人が2015年に『ムービーマスターズ』で観たときには何の制限もかかっていませんでした。名画座などの独立系映画館は自主規制なのでしょうか。昔でいうロードショー館、現在のシネコンではより厳しい上映基準が適応されているのだと思いますが、今後『時計…』が上映される際、『午前十時の映画祭』での判断が基準とされる可能性がありますので、それは承知しておかなければならないかも知れません。

 なお、R指定版ではアレックスが牛乳瓶で殴られるシーンがスローモションではないなど微細な違いもあるという指摘もありますが、管理人が所有のVHSで確認したところ、そういった事実はありませんでした。また、以前こちらで記事にした「レイプファンタジー」における修正はX指定版と同じで、アレックスが女の子を追いかけるシーンはなかったことを明記しておきます。

▼この記事の執筆に当たり、以下の記事を参考にいたしました。
IMDb:A Clockwork Orange/Alternate Versions
CLOCKWORK ORANGE THE X-RATING