terry-gilliam-hates-superhero-movies
『ルナティック・アット・ラージ』を監督する予定のテリー・ギリアム

DFti0DPXoAQ1AEd
キューブリックとともに脚本を執筆したジム・トンプソン

〈前略〉

 「私は今年の9月に撮影することになっていたんだ 」とギリアムはLa Repubblicaに明らかにしました。「もともとスタンリー・キューブリックのアイデアだった映画をやっていたんだ。脚本もあったし、キャストも決まっていたんだけど、ロックダウンのせいですべてが台無しになってしまったんだ」

 Cinergieによると、キューブリックが放棄したプロジェクトは『ルナティック・アット・ラージ(Lunatic at Large)』の映画化で、キューブリックの当時の製作パートナーであったジェームズ・B・ハリスが1950年代に著名な犯罪作家のジム・トンプソンに依頼し、キューブリックのアイデアを基にした70ページに及ぶ作品だという。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:/Film/2020年7月28日




 テリー・ギリアムが監督することになったんですね。10年前のこの記事で、キューブリックの義息(長女カタリーナの夫)であるフィリップ・ホッブスが、1956年に企画された本作の脚本を1999年に見つけたと話題になっていました。その時は監督やキャストを探している段階でしたが、10年の時を経てその企画が動き出していたとはちょっと驚きです。

 そのホッブスとカタリーナは2001年に離婚してしまったのですが、この脚本はホッブスがまだ権利を有しているんでしょうか? もしそうならクレジットで名前が確認できると思いますが、それよりも何よりも完成させないことにはどうしようもないですね。でも、ギリアムが監督すると決まっているなら、時間はかかっても実現の可能性は大きそうです。