moonwalkers_large
※ヘルメットは『フルメタル…』、ロゴは『時計…』のパロディになっている。

 1969年7月20日のアポロ11号着陸映像はねつ造で、スタンリー・キューブリック監督が製作したらしいという都市伝説の裏側を描いたコメディ映画「ムーンウォーカーズ」が11月14日劇場公開する。

 ルパート・グリントとロン・パールマンが出演し、「スウィンギング・ロンドン」と呼ばれた60年代の若者カルチャー全盛のロンドンを舞台に、借金まみれのダメ男(グリント)とタッグを組んで世紀のねつ造計画に挑むCIA諜報員(パールマン)のドタバタ模様を描く。CM界で活躍するアントワーヌ・バルドー=ジャケがメガホンを取った。

(以下リンク先へ:映画.com ニュース/2015年7月20日




 正直こういったおバカコメディは腹の底から楽しみたいと思っているのですが、昨今のアポロ月面着陸陰謀論者の暗躍ぶりに嫌気がさしているので、この映画さえもそのソースに改竄されないかと若干不安になってしまいます。彼らはそういった事は得意ですからね。なんせエープリールフールのジョーク番組さえ彼らの手にかかれば、改竄・切り貼りして自分たちの都合の良い情報ソースに仕立て上げるのですから。

 以前『ROOM 237』というトンデモ映画をこき下ろしましたが、今回はキューブリック作品そのもので陰謀論を展開しているわけではないですし、キューブリックは単なるネタにしか過ぎないので、『カラー・ミー・キューブリック』と同様に面白ければそれでいいんですが、その点が少し気になります。

 『2001年…』だけでなく、ポスターは『フルメタル…』や『時計…』のパロディになっていますし、劇中にも小ネタが仕込んであるかもしれません。ぜひ楽しんで観たいのですが、訳のわからない陰謀論者のせいで素直に楽しめないとするならば飛んだとばっちりです。いい加減に止めてほしいですね、本当に。


アレン・ジョーンズの女体家具がチラッと登場。ファンならニヤッとできます。