『博士…』当時は現役バリバリだったB-52ですが、現在でも数十機は現役で運用中です。でもかなり「魔改造」されているようで、この爆弾倉も当時のものと同じかどうかは分かりません。でも意外と映画との差は感じませんね。キューブリックが映画で使った機内のセットは専門誌に載っていた写真を元にして製作しましたが、思いのほか本物と近かったようで、FBIの捜査対象(実際は問い合わせがあった程度だと思いますが)なったというのは有名な話。でもこの爆弾倉内部は当時は高いランクの軍事機密のはず。かなり創作でデザインしたと思うのですが、けっこう雰囲気は似ています。こうして並べてみるとそれがよく分かりますね。

 不謹慎にも「爆弾の上にカウボーイハットを被った人形をくっつけるくらいしても良かったのに」と思ってしまいましたが、これは現実で実際の軍隊ですからそうもいかないですね。でも空軍でこのB-52の部隊に配属になると、かなりの割合でこっそりと「博士の異常な愛情ごっこ」をしているんじゃないかと睨んでいるのですが(笑。