シャイニング [Blu-ray](amazon)


 スタンリー・キューブリックの名作『シャイニング』の前日譚を描いた映画『ザ・オーバールック・ホテル(原題) / The Overlook Hotel』で、『わたしを離さないで』のマーク・ロマネクが監督交渉に入っていることがVarietyや複数のメディアによって明らかになった。

〈中略〉

 そしてこの前日譚となる『ザ・オーバールック・ホテル(原題)』では、泥棒男爵のボブ・T・ワトソンが強盗で稼いだ金を利用して、アメリカで最も壮大なコロラド州のロッキー山脈にリゾートホテルを建設し、そこに家族を住まわせるが、さまざまな出来事が巻き起こるという設定になっている。

シネマトゥデイ映画ニュース/2014年7月23日





 以前こんな記事が出ていて期待していたのですが、どうやら舞台がオーバールック・ホテルというだけでキューブリック版との関連性は薄そうです。記事にあるワトソンとはホテルの初代支配人ですが、原作『シャイニング』に出てきます。その孫はキューブリック版にもキング版にも登場していますね。キューブリック版では最初の面接のシーンやホテルを紹介するシーンでアルマンのそばにいた寡黙な男性です。キング版はファーストシーンからいきなり登場するえらく口の悪い現管理人です。

 監督もアルフォンソ・キュアロンからマーク・ロマネクに交代ですが。ちょっと微妙な感じが・・・。期待値は落ちてしまいましたが、今後も情報はフォローします。