chelsea-drugstore
チェルシー・ドラッグストアの外観。現在はマクドナルドになっている(google map

 『時計…』でアレックスが予約したレコードを取りにいったレコード店のロケ地。ロンドンのキングスロードに実在したレコード店でしたが、現在はマクドナルドになっています。

 因にレコード店なのに何故「ドラッグストア」という店名なのかというと、ローリング・ストーンズの名曲『無情の世界(You Can’t Always Get What You Want)』の歌詞「I went down to the Chelsea Drug Store,To get your prescription filled…」から引用されたため。当時はロックとドラッグは切っても切れない関係にあったので店名としてふさわしく、その名に違わぬ「ヒップ」な店内は『時計…』の劇中で観られる通り。

 当然キューブリックはこの店が『時計…』で描かれているドラッグカルチャーと親和性が高い事を意識してのロケ地の選択だと思います。この店に並べられたレコードの特定の記事はこちら、『時計…』とピンクフロイドの『原子心母』との関連はこちら、このシークエンスでエキストラで出演しているキューブリックの長女カタリーナについてはこちらで記事にしています。