全編は『マジカル・ミステリー・ツアー』のDVD/BDで確認を。



 この情報ははじめて知りました。ビートルズ唯一のインストルメンタル曲として有名な『フライング』。アルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』収録のこの曲、TV映画『マジカル・ミステリー・ツアー』(1967)で使用された際に使われた映像の一部が『博士…』の空撮の没テイクだったなんて・・・上記の動画を観れば確かにそのように見えます。

 何故こんなにも重要な情報が今まで表に出てこなかったのでしょう?経緯を調べてみたところ、『2001年…』のロケーション・スカウト/アシスタント・ディレクターだったアンドリュー・バーキンが、この『マジカル…』にもアシスタント・ディレクターとして参加していたそうです。つまり「飛んでる(フライングな)映像」って事でちゃっかり流用しちゃったんですね。多分キューブリックの許可はとっていたとは思いますが、それにしてもこんな重要な情報が今まで表に出てこなかったとは・・・没テイクとはいえ、ビートルズの映像作品にキューブリック作品おの映像が使われていた訳ですから、もっと世間に知られていても良いような気がしますが。

 その当事者のバーキン、後に脚本家・映画監督として成功し、キューブリックが映画化を検討した『ウィーンに燃えて』を1988年に監督しています。また同じく映画化を検討していた『パフューム ある人殺しの物語』には脚本家として参加。女優のジェーン・バーキンは実の妹で、ショーン・コネリー主演の名作『薔薇の名前』の脚本家としても有名ですね。

 この『フライング』についての詳細はここここが詳しいので参考にしてみてください。いやはや、ビートルズファンの博識っぷりにはいつも驚かされます。管理人もビートルズはある程度知識がありますが、とても「ファン」などど名乗れるレベルではないです。迂闊に「ファン」などと自称してはいけない筆頭が、このビートルズだと思います。

2015年9月28日追記:この件に関して追加で記事を書きましたので、ご覧ください。