まあ今更感もありますが、とりあえず紹介。監督はティム・バートン、主演はジョニー・デップの黄金コンビですね。プロモーション来日時のインタビューによると「白いテレビルームを作ってみたら、それが『2001年宇宙の旅』を思い起こさせるセットだし、モノリスが板チョコの形と同じだった。だから工夫したわけではなく自然にあの場面が誕生したんだ」なんて偶然を強調していいるようですが、この作品、他にも『サイコ』や『サタデーナイト・フィーバー』、それにクイーンやビートルズなど往年のロックもオマージュされているので、最初からパロディやオマージュ満載の映画を創ろうとしていたのは明白。『2001年…』もその内のひとつだったのでしょうね。