キューブリックの映画版では単なる超能力、テレパシー程度の描写しかなく、あまり重要視されなかった『シャイニング』という概念について主に原作の観点から考察してみました。

 スティーブン・キング自身が公言しているように、この「シャイニング」という言葉はジョン・レノンの『インスタント・カーマ』の歌詞「Well we all shine on Like the moon and the stars and the sun(そうさ私たちは輝けるさ、月のように、星のように、そして太陽のように)」が着想源です。「カーマ」はサンスクリット語で「業」を意味しますが、業の概念が分からないキリスト教圏の人間であるキングは、このカルマという言葉を「因果」と解釈しています。つまり小説『シャイニング』で語られる、オーバールック・ホテルに集う人間たちが積み重ねて行った悪行、「負の因果の繰り返し」の事です。そのカルマ(負の因果)に対抗できる唯一の(キリスト教的な)聖なる光がダニーの持つ「シャイニング」だとキングは理解し、小説のアイデアの中心に据えたのです。

 この『インスタント・カーマ』の歌詞を、なるべく『シャイニング』の世界観に準じ、ダニーの視点で訳してみました。

Instant Karma's gonna get you
Gonna knock you right on the head
You better get yourself together
Pretty soon you're gonna be dead

What in the world you thinking of
Laughing in the face of love
What on earth you tryin' to do
It's up to you, yeah you

Instant Karma's gonna get you
Gonna look you right in the face
Better get yourself together darlin'
Join the human race

How in the world you gonna see
Laughin' at fools like me
Who on earth d'you think you are
A super star
Well, right you are

Well we all shine on
Like the moon and the stars and the sun
Well we all shine on
Ev'ryone come on

Instant Karma's gonna get you
Gonna knock you off your feet
Better recognize your brothers
Ev'ryone you meet
Why in the world are we here

Surely not to live in pain and fear
Why on earth are you there
When you're ev'rywhere
Come and get your share

Well we all shine on
Like the moon and the stars and the sun
Yeah we all shine on
Come on and on and on on on

お手軽な因果がパパを狙っている
パパの頭の中に入り込もうとしてる
よくよく自分自身を見つめないと
すぐに死はやってくるよ

いったい何を考えているの
愛を笑いとばして
いったいどういうつもりなの
それはパパ次第なんだ

お手軽な因果がパパを狙っている
パパの顔をじっくりとのぞき込んでる
愛する人のことをよく考えて
人類に生まれたことを楽しんで

世界には色々あるんだってことを知って
バカみたいだと笑ってもいいから
いったいどういうつもりなの
そうだよ、パパは確かに
スーパースターだよ

そうさ、ボクたちは輝けるんだ
月のように、星のように、そして太陽のように
そうさ、みんなが輝ける
さあ、みんな!

お手軽な因果がパパを狙っている
パパを完全に打ちのめす
みんな仲間だってことに気がついて
僕たちはどうしてここに存在しているんだろう

苦痛や恐れで生きているんじゃないんだ
パパならどこにでも行けるのに
どうしてそんなところにいるの
こっちに来て、みんなで分かち合おうよ

そうさ、ボクたちは輝けるんだ
月のように、星のように、そして太陽のように
そうさ、みんなが輝ける
さあ、みんな!

※管理人訳(誤訳はご了承下さい)


 かなり意訳を含んでいますが、雰囲気は伝わると思います。こうしてみると、この『インスタント・カーマ』という曲が、小説『シャイニング』のプロットに大きな影響を与えているのか良くわかります。そしてこのパワフルでオールド・ロックンロールな曲調が、いかにキューブリック版『シャイニング』の世界観と違うかも分かります。これはまさに小説版&TVドラマ版『シャイニング』の世界観です。

 無神論者であるキューブリックは、キングが小説版の中核に据えたこの「悪魔(ホテル)VS神聖(ダニー)」というアイデアに興味を示めさず完全に排除し、原作に登場するポップミュージックやロックという音楽趣味も、自身の好きなクラッシックへと改変しました。さらに悪いことに、キングが自分自身の分身として登場させた、アルコール依存症から立ち直り、良き父親であろうと奮闘する「作家ジャック・トランス」を、「狂った父親」と単なるアイコン化してしまったのです。キングがキューブリック版に否定的な理由がこの事からもはっきりと理解できるかと思います。

 上記の動画は『インスタント・カーマ』に合わせて『シャイング』を再編集したものです。映像はキューブリックの映画版なのでかなり無理して編集してあり、ものすごく違和感があります。クラシックをベースとしているキューブリック版の映像からは、ロックンロールのアタック感やリズム感など欠片も感じさせてはくれません。それを是非確認してみてください。