言わずと知れた1960年代後半から70年代前半にかけて起こったサイケデリック〜プログレッシブ・ロックムーブメントを代表する名盤中の名盤、ピンクフロイドの『原子心母』。キューブリックはこのアルバムの『原子心母(組曲)』を気に入り、『時計…』のサントラとして使いたいとのオファーをフロイド側に出しましたが、その時の条件が「無制限の使用ライセンス」。つまり編集や加工を自在にさせて欲しい、というものです。当然のようにフロイド側はこれを拒絶、この話は流れてしまいます。

 キューブリックにしてみれば、『2001年…』のリゲティでやったように音源をそのシークエンスに合わせて自在に加工したかったのでしょうが、すでにメジャー・バンドの仲間入りを果たしていたフロイド側がそれを許すはずがありません。例のレコード店のシークエンスでこれみよがしに『原子心母』が置いてありますが、キューブリックは他のアーティストの作品を自作品に提供してもらう際「映画内で取り上げれば良い宣伝になるから」と口説いていたそうです。このシークエンスはその名残でしょう。

 キューブリックとピンクフロイドとの間には何かと逸話も多く、以前もこういった話を紹介しました。それに、このあまりにも有名な牛のジャケットをデザインしたのはヒプノシスでしたね。

 以前、キューブリックが『2001年…』の音楽監督をフロイドにオファーしたという話はマユツバだとここで書きましたが(この件は改めて検証します)実はこの『時計…』の話と混同しているんじゃないかと思っています。ではキューブリックはどこでこの「ピンクフロイド」の名前を知ったかという事になりますが、キューブリックは自身のトップ10ムービーでミケランジェロ・アントニオーニの『夜』を第7位に挙げているのです。ここまで書けばカンの良い方ならピン!とくるはず。そう、そのアントニオーニの当時の最新作『砂丘』のサントラを手がけていたのがピンクフロイドなのです。シド・バレット時代からキューブリックがフロイドに興味を持っていた、という話より遥かにこちらの方が説得力があります。

 でも今度はロジャー・ウォーターズがソロアルバム『死滅遊戯』のために『2001年…』の音源使用をキューブリックにオファーを出したりするんですよね。それをキューブリックが断る・・・なんだか最後までこの両者は噛み合なかったみたいです。

▼この記事の作成にあたり、以下のサイトを参考にいたしました。
スタンリー・キューブリックとピンク・フロイド