スタンリー・キューブリック監督作品『時計じかけのオレンジ』の劇中に登場するレコード店。店内に展示され、映像に映ったアルバムはどの作品なのか? そのレポート記事を英国のデザイナーJohn Coulthartが自身のサイトで発表し話題に

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www.johncoulthart.com/feuilleton/2006/04/13/alex-in-the-chelsea-drug-store/

amass/2012年8月29日




 『時計…』のロケで使用された「チェルシー・ドラッグストア」は現在マクドナルドになっています。実際のレコード店でロケされたのですから、そこに映っているレコードは当時発売されていたレコードである、という以上の意味は無いと思います。それに単なる好奇心でも、調べるなら徹底しないと。かの有名なあの名作この名盤が紹介されていないってわざとでしょうか?

 ただ、あからさまに作為的な点があって、2ケ所に前作『2001年…』のサントラがこれ見よがしに映っています。あとピンクフロイドの『原子心母』も2ケ所にあります。フロイドの優遇ぶりが気になりますね。