バリーリンドン [Blu-ray](amazon)


   邦題/バリー・リンドン
   原題/Barry Lyndon
  公開日/1975年12月16日(184分、カラー、ワイド)
 日本公開/1976年7月3日
製作総指揮/ヤン・ハーラン
   製作/スタンリー・キューブリック
   監督/スタンリー・キューブリック
   脚本/スタンリー・キューブリック
   原作/ウイリアム・メイクピース・サッカレー『バリー・リンドン』
   撮影/ジョン・オルコット
   編集/トニー・ローソン
   音楽/ゲオルク・フリードリッヒ・ヘンデル
      ショーン・オリアダ
      フリードリッヒ大帝
      ウォルフガング・アマデウス・モーツアルト
      ジョヴァンニ・パイジェロ
      ほか
   美術/ケン・アダム
   出演/ライアン・オニール(バリー・リンドン)
      マリサ・ベレンソン(レディ・リンドン)
      パトリック・マギー(シェヴァリエ・ド・バリバリー)
      ハーディー・クリューガー(ポッツドルフ大尉)
      マリー・キーン(バリーの母)
      レオン・ヴィタリ(ブリンドン卿)
      ドミニク・サヴェッジ(若きブリンドン卿)
      デヴィッド・モーレイ(ブライアン)
      マイケル・ホーダン(ナレーター)
      ほか
   配給/ワーナー・ブラザーズ
   受賞/1975年アカデミー賞
      美術監督・装置賞(ケン・アダム他2名)
      撮影賞(ジョン・オルコット)
      編曲賞(レナード・ローゼン)
      衣装デザイン賞



 第1部:レドモンド・バリーが如何様にしてバリー・リンドンの暮しと称号をわがものとするに至ったか

 18世紀半ばのアイルランドの農家に生まれたレドモンド・バリーは、父親を決闘で亡くしたため母親ベルの女手一つで育てられた。十代になったバリーは従姉のノーラに恋をし、二人は恋人同士となる。その後ノーラはイギリス軍のジョン・クイン大尉と恋仲となり、家族は裕福なクイン大尉との結婚を望むようになった。そんなクイン大尉に嫉妬したバリーは決闘を申し込み、クイン大尉を倒してしまう。決闘立会人のイギリス軍のグローガン大尉はクイン大尉の死亡を告げ、バリーは警察に知られる前にと、母から旅費20ギニーを渡され村を出た。ところがダブリンへ向かう道中で追いはぎに遭い一文なしになり、仕方なくバリーはイギリス軍の兵員補充に志願して入隊する。数ヶ月後、増援部隊としてやってきたグローガン大尉と再会し、決闘はノーラとクイン大尉の結婚を望む家族が、バリーを村から追い出すために仕組んだもので、クイン大尉は気絶しただけでノーラはクイン婦人となった事を告げられた。

 7年戦争でヨーロッパへ渡り、軍隊の中で頭角をあらわしたバリーはグローガン大尉の部下になった。しかし直後のミンデンの戦いでグローガン大尉は戦死、悲しんだバリーは軍隊を辞めることを考える。そして軍隊による略奪などを目の当たりにしたバリーは、将校の服や身分証、馬を奪って同盟国のプロイセンに脱出した。イギリス軍の将校になりすましたバリーはプロイセンから中立国オランダへ抜けてアイルランドへ帰ろうと考えていたが、プロイセン軍のポツドルフ大尉に職務質問され、正体を見破られてしまう。ポツドルフ大尉はバリーにプロイセン軍に入隊するか逮捕されるかの選択をり、バリーは仕方なく兵隊になることを選んだ。

 2年後、バリーは戦地でポツドルフ大尉を救出した功績により、今度は身分を隠してプロイセン警察でスパイとして働くことになった。バリーの任務の対象は、スパイ嫌疑をかけられていた賭博師のシュバリエ・ド・バリバリだ。シュバリエの召使いとして潜入したバリーだが、2年も帰国できない辛さからプロイセン警察を裏切り、シュバリエの相棒として二重スパイを働くようになる。やがてシュバリエが国外追放になると、シュバリエの策でプロイセンからの脱出に成功、彼と共にヨーロッパ各国の社交界でイカサマ博打で荒稼ぎする。そんな中バリーは病弱なチャールズ・リンドン卿の若い妻レディー・リンドンに出会い、恋に落ちる。やがてリンドン卿は心臓発作で急死した。

※ネタバレ注意

第2部:バリー・リンドンの身にふりかかりし不幸と災難の数々

 1年後、バリーはレディー・リンドンと結婚してバリー・リンドンを名乗るようになる。だが前夫との子、ブリンドンはバリーを認めない。やがて二人の間に子供が生まれ、バリーはブライアンと名付けその子を溺愛するが、家庭をまったく顧みないバリーの放蕩な生活に、レディ・リンドンとの間に亀裂が入りはじめていた。また、ブリンドンはバリーに敵意を露にし始めた。

 そんな時、バリーは共に暮らすようになっていた母ベルから、もしレディー・リンドンが先に死んでしまったら財産は全てブリンドンのものとなる。そうならないためにも爵位が必要だと入知恵される。バリーは爵位を授かるために有力貴族らをもてなし、賄賂を渡し、財産を浪費し始めた。また何人もの愛人を囲うバリーに、ブリンドンは更なる憎悪を募らせるのだった。ブリンドンはブライアンを使ってバリーを挑発、バリーが公衆の面前でバリンドンを殴りつけるという事件が起こる。バリーは社交界での地位を失った。だが相変わらず請求書は大量に舞い込むばかりだった。

 ブライアンに誕生日には馬が欲しいとねだられたバリーは馬を贈るが、その馬から落馬したブライアンは死んでしまう。絶望したバリーは酒に溺れるのだった。やがてリンドン家の家計はベルが取り仕切るようになり、苦しい財政事情を理由に長くリンドン家に仕えていたラント牧師を解雇した。そんな折、精神を病んでいたレディー・リンドンは服毒自殺を図り、重態に陥ってしまう。ラント牧師は城を出ていたブリンドンにリンドン家の窮状を訴えた。ブリンドンはリンドン家を建て直すためにバリーに決闘を申し込む。ブリンドンは決闘に勝利し、バリーは左足を切断する大怪我を負った。

 城外で療養生活を送るバリーにベルが看病に当たり、ブリンドンは城に戻った。ブリンドンは終身年500ギニーの年金と引き替えにイギリスを去って二度と戻るなとバリーに告げた。バリーは同意しベルと共にアイルランドに戻り、恐らくはヨーロッパで賭博をし身を滅ぼしたであろう。レディ・リンドンはバリーに送る年金の小切手にサインした。