1981年10月25日オンエアの日曜洋画劇場での淀川長治氏の解説部分の動画です。『2001年…』の地上波オンエアはwikiによると、この時と1988年7月24日の同番組での2回だけ。しかもキューブリックが指示した編集版。当時の日曜洋画劇場のスタッフの熱意には頭が下がります。

 実はこの頃『スターウォーズ』のヒットで盛り上がったSFブームのおかげて都市部ではリバイバル上映がされていたようなのですが、当時地方住まいだった管理人はそれを指をくわえて見ているしかありませんでした。そんな折のTV放映決定!よっぽど嬉しかったのかTVの前で正座してこの日のOAを迎えたのを憶えています。それに解説内容もほぼ記憶通りだったことを考えると当時の自分にどれほどのインパクトを与えたのか・・・まあ想像したくもないですが(笑。

 そして視聴後、強烈な印象を残しつつもラストシーンに「???」になり、小説版の『2001年…』を読んでとっても「悔しい」思いをしたのがキューブリックにはまったキッカケでした。なぜ「悔しい」のかというと、小説の内容は全て映像で示唆されていたからです。それを見抜けなかった自分の感性の鈍さが「悔しかった」んですね。

 それにしても淀川氏の名調子は今見ても素晴らしい。こういった名解説者はほとんど故人となり、もうどこにも居ません。さびしい限りです。

2020年2月22日:加筆・修正