2022年01月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:04にキューブリックの妻、クリスティアーヌが登場。

 チルドウィックベリー・アートは、英国に残る数少ない専門のアートフェアの一つです。この動画は、15年以上にわたって国内各地から精巧なセレクションのアーティストを集めてきたその成功を称えるものです。

(引用元:動画説明文/2021年11月17日




 昨今の情勢で開催が継続されているか気になっていた、キューブリック邸の敷地内で毎年開催されている「チルドウィックベリー・アートフェアー」ですが、昨年は7月に開会され、11月にはクリスマス・マーケットも開催されたそうです。上記の動画はそのプロモーション用にキューブリックの長女カタリーナの三男、ジャック・ホッブスが制作したものです。お元気そうなクリスティアーヌの姿もあり、ちょっと安心しました。

 今年も7月にアートフェアーが、11月にクリスマスマーケットが開催されるそうです。詳細は公式サイトでご確認ください。もし「現地レポできますよ!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報を。

 
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 アメリカのヒップホップグループ、コットンマウス・キングスが2010年に発表した11枚目のアルバム『Long Live The Kings』収録曲『Stomp』のMVが、まるまる『時計じかけのオレンジ』だったのでご紹介。アルバムジャケットも以下の通り。もうお約束ですね。

 『時計…』はその暴力性からロックやパンク、メタルやヒップホップと親和性が高いことは、世界中の「不良系」アーティストがこぞってオマージュしていることからも伺えます。世界的に『時計じかけのオレンジ』といえばこのイメージなんですね。ところが極東の某国ではそんなセックス、ドラッグ&ロックンロールとはまるで無縁のアイドルたちがモチーフに引用する(詳細はこちら)という異常な事態に(笑。もちろんそれはそれで面白いとは思うのですが、デフォルトはこっちなのでそれは忘れないでほしいですね。


Long Live The Kings (deluxe Edition)(amaozn)
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
s-l1600
スー・リオンと娘のノーナ。

 ロサンゼルスで生まれ育ったノーナの人生は、まるでおとぎ話のように始まった。 有名女優のスー・リオン(ロリータ)と(黒人)フットボール選手(ローランド・ハリソン)の娘である。 幼少期は父親が不在で、金髪碧眼の母親との違いに幼い頃から疑問を抱いていた。 しかし、ノーナの生い立ちは決して「普通 」ではなかった。母親は、ノーナが生まれる前に双極性躁鬱病と診断された。母親が何カ月も寝たきりになることもあり、ノーナは家庭内の世話係になった。 12歳のときに母親が再婚し、母親との関係は一変した。ノーナは家を追い出され、13歳になるとハーフウェイハウス(自立生活訓練施設)に連れて行かれた。 同年、母親は彼女を精神病院に入れ、3カ月ほど入院させた。憧れの存在であった母親に裏切られたことで、ノーナの精神は崩壊し、そこから立ち直るには何年もかかることになる。 ノーナは現在、ロサンゼルスに住んでいる。

(引用元:Facebook Nona Truth Seeker/2013年3月4日




 『ロリータ』の主演女優、スー・リオンの一人娘ノーナは1972年5月20日生まれですので、「12歳の時に母親が再婚」というのは、この年表によると1984年にエドワード・ウェザースと結婚したことを指すのだと思います(翌年には離婚)。1985年にスーはリチャード・ラドマンと結婚しましたので、その結婚生活にノーナが邪魔になったのか、スーはノーナをハーフウェイハウスへ追い出してしまいました。どうやらスーにとってこの結婚生活が一番充実していたようで、1994年にはキューブリックに幸せそうな写真を同封した手紙(詳細はこちら)を送っています(結局はまた離婚するのですが)。ですがその笑顔の裏では、娘に対して虐待とも言える行為に及んでいたことになります。

 スーは『ロリータ』の次作『イグアナの夜』撮影中の1963年に、キューブリックに宛てて「ぜひぜひ次の映画に出させてください」という手紙(詳細はこちら)を書いています。その後は素行の悪さからトラブルメーカーの烙印を押され、ハリウッドから干されると「私の人格崩壊は『ロリータ』から始まった」などと言い出します。ところが1994年になると「私が成功したのは、あなたのおかげです」と書いた手紙をキューブリックに送るのですから、「何を言わんや」ですね。

 そんな「毒親」に育てられたにもかかわらずノーナは立派に成長し、現在NONA TRUTH SEEKERの名前で作家、治療家、活動家、真実の探求者として活動しています。サイトにあるブログを読むと、母親に対する複雑な心境が綴られていますが、それと同時に自立には非常に苦労したであろうことが伺える記述もあります。しかしその想いは複雑でも、ロスで開催された『スタンリー・キューブリック展』で、『ロリータ』のフラッグを見つけて「ママ!」と喜ぶあたり、やはりノーナにとってスーは特別な存在だったようです。

 結局スーは2019年12月26日にさびしく逝去してしまうのですが、その死の際にノーナの姿はありませんでした(ノーナ自身もニュースで母の死を知った)。我が子を顧みることなく、愛と恋に生き、5回の結婚と離婚を繰り返したあげく、孤独に死んでいったスー・リオン。せめてノーナの人生だけは幸せであってほしいものですね。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
メガネをかけた緑のワンピースの女性が『時計じかけのオレンジ』のラストシーンでアレックスの「お相手」だったカチャ・ワイエス。

 フラッシュカットにスーパーインポーズを混ぜ込む手法はまさしく『時計じかけのオレンジ』の予告編を彷彿とさせますが、『時計…』の予告編を制作したのはキューブリックではなくパブロ・フェロというアーティストです(詳細はこちら)。パブロ・フェロは元々グラフィックデザイナー兼CM制作者で、広告畑の人でした。それをキューブリックが『博士の異常な愛情』の予告編とタイトルシークエンスの制作に起用し、それがきっかけで映画界で活躍するようになったのです。

 さて、この1974年公開の『ドッキリ・ボーイ/窓拭き大騒動』という作品。チェリー・ボーイが積極的な女の子と繰り広げるドタバタエロラブコメ映画は、日本でも1980年代あたりに『パンツの穴』『童貞物語』、TVドラマでは『毎度おさわがせします』などブームになっていましたが(中二病全開の『台風クラブ』という傑作もありましたね)、現在の「青春ラブコメ」には露骨な性描写はほとんどなく、清々しくもピュアな物語ばかりになってしまいました。そのピュアピュアで育った世代が『時計…』の性描写を観て「過激」と反応してしまうのは分からないでもないのですが、1970年代に台頭した「性の解放」運動からのソフトコアポルノや性のめざめ映画、そしてこの青春エロコメディ映画への流れを知っておかないと、『時計…』だけが突出して性描写が過激だったとの誤解を生んでしまいます。つまり1970〜1980年代だとこの程度は「当たり前」だったのです。もちろん2000年代に入ってからの現実社会における性犯罪の深刻化などがあり、規制が強化されたことが背景にあるのは間違いないですし、それを云々するつもりもありませんが、『時計…』の性描写に過剰に反応してしまい、その深刻で辛辣なメッセージを読み取ることができない、となってしまうのであれば、とても残念だと言わざるを得ないでしょう。

 ところでこの映画、実は『時計…』のラストシーンでアレックスの「お相手」だったカチャ・ワイエス(Katya Wyeth)が出演しています(緑のワンピースの女性)。このワイエスはモデルでもあって、雑誌にも頻繁に登場していたようです。キューブリックは、エロシーンにはヌードに慣れているモデルを起用するのが常でしたが、ハマー・フィルムのホラー映画『ドラキュラ血のしたたり』ではピーター・カッシングと共演しています。TVシリーズでは『空飛ぶモンティ・パイソン』や、『スペース1999』の『植民地衛星エントラの悪夢』にも出演。これらのことから当時のエロ・妖艶担当女優の一人だったのだと思いますが、『時計…』のラストシーンでは別カットもあったのに、削除されてしまったことをご本人はどう思っていいたんでしょう?(詳細はこちら)インタビューなどが見つかればまた記事にしたいと思います。

情報提供:チーリーさま

濃いメイクとあっけらかんとしたエロがいかにも1970年代。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2001_borman
画像引用:IMDb - 2001: A Space Odyssey

 動画配信サイトGYAO!で『2001年宇宙の旅』が2022年3月31日(木)23:59まで無料配信中です。GYAO!の視聴には登録など一切不要(有償視聴の場合は登録が必要)ですので、よく利用させていただいています。広告が多いのが玉に瑕ですが・・・(汗。PCのブラウザや、アプリをインストールすればスマホ、タブレットでも視聴できますが、『2001年…』は大画面で視聴するべき作品。Amazon Fire TV Stick (amazon)などのセットトップボックスをTVに接続してアプリをインストールし、なるべく大画面TVでの視聴をお勧めいたします。

 視聴はこちらからどうぞ。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトやまとめサイトの作成、デマや陰謀論をSNSで拡散する等を意図する方の当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ