2019年12月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


サウンドガーデン/ハーフウェイ・ゼア(Soundgarden - Halfway There)

 まず、サウンドガーデンが2012年に発表したアルバム『キング・アニマル』の収録曲『Halfway There』から。思いっきり『2001年宇宙の旅』のオマージュであることは明白なんですが、迷路や二人の女性が登場するのは少し『シャイニング』っぽくもありますね。MVの監督はアルバムのアートワークも手掛けているアーティストのジョッシュ・グラハムだそうです。

 ところでこの曲、要するにCFAmEmGという王道のカノンコードなのですが、面白いのは本来Gを使うべきところをことごとくG#を使っているところ。それがポップで聴きやすい曲であるにもかかわらず、どこか微妙な違和感(浮遊感)を感じさせる要因だと思うのですが、「意地でもGなんぞ使ってたまるか!」という彼らの気概が伝わってくるようで、なかなか興味深いです。




ザ・フレーミング・リップス/スペース・オディティ(The Flaming Lips - Space Oddity)

 次はザ・フレーミング・リップスによる、デビッド・ボウイが『2001年宇宙の旅』にインスパイアされて書いた名曲『スペース・オディティ』のカバー。まあ、こんなもんでしょうという感じですが、元の曲が名曲すぎてどう評価していいものやら迷いますね。

 このザ・フレーミング・リップス、1960年代のサイケデリック・ポップを現代に蘇らせたかのようなサウンドが特徴で、ノスタルジックなフォークロック(死語)なメロディとピンクフロイドのようなライトショーが印象的です。管理人はもっとブルース寄りのアプローチをするバンド(シド・バレット在籍時のピンクフロイドとか13thフロア・エレベーターズとか)が好みなのですが、それは全て『地獄の黙示録』のあのバンドから始まっているので、そこはお察しということで(笑。ちなみに彼ら所属のレコード会社による日本語版サイトがこれです・・・こちらもお察しということで(笑。

情報提供:鬼太郎さま
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
EWS1「イルミナティ」「フリーメイソン」など何かと話題の的になる『アイズ ワイド シャット』の儀式シーン。

エロティックな表現の限界点を探るのに参考にしたイギリスのTVドラマ『レッド・シューズ・ダイアリー』のオープニング。

800px-FEMMESdapFELICIEN_ROPS
参考にと推奨されたフェリシアン・ロップスの『Le Mannequin(ル・マネキン)』と題された作品。『アイズ…』の世界感に近い。

儀式シーンで使用されたジョセリン・プークの『Masked Ball - Backwards Priests』。

●儀式シーンのリサーチについて

ブライアン・クック(助監督):私はスタンリーによく言ったんだ。「エイドリアン・ラインかトニー・スコット監督を呼んでこのシーンを撮るべきだ。彼らなら撮り方を知ってるよ、スタンリー。でも君は違う!」ってね。それでよく笑いあったものさ。でもね、乱交シーンの撮影日は押しに押したんだ。スタンリーは全然撮ろうという意欲がなかったんだ。ここだけの話、彼の得意分野じゃなかった。複雑で、撮る場所を決めるのも難しかった。しかし、そのためにたくさんのリサーチをした。

アンソニー・フリューイン (キューブリックのアシスタント):G・レグマンという南フランスに住む友人がいた。彼は我々にシュニッツラーの頃のウィーンの秘密結社と性の慣行について多くの情報をくれた。秘密結社の儀式と黒ミサについてのイラストも送ってくれたね、主に19世紀のものを。沢山の儀式のイラストを集めた。現代のものから古代のものまで。レグマンはフェリシアン・ロップスというとても有名ないろんな種類の春画に長けたアーティストを推薦してくれた。

ブライアン・クック:ニコールが海兵といちゃつくシーンでは、焼き増しの写真を使って、彼女にシーンに何を望んでいるか聞いたんだ。「どういう風にしたい?」って。 彼女は(訳者注:写真を見ながら)「いいえ。絶対だめ。これなら。そう。ダメ。それならOK。」 て答えてくれた。

レオン・ヴィタリ (キューブリックのアシスタント):私たちは超えることのできない障害を探してたんだ。ソフトコア・ポルノや『レッド・シューズ・ダイアリー』を見た。どれだけのものを映画で見せられるかを知るためにね。そしてもちろん、シーンに喜んで出てくれる人を探さなきゃならなかった。全てのモデル事務所とダンス教室を当たったよ。問題は彼らが完全に自然でなければならなかったことだ。ボトックス(注射)、豊胸手術は絶対ダメ。これは全ての事務所に明確に伝えた。でも何回か事務所に豊胸手術を受けさせることに同意したこともあった。 ヨランデ・スナイスのダンス会社にも連絡をとった。彼らを何ヶ月も週に1、2回呼んでビデオに撮り、いろんなことを試した。

ヨランデ・スナイス (振付師):モデルたちと多くの時間をリハーサルで過ごしました。スタンリーはエロティックなヴィネットと状況を欲していました。彼が使った言葉は「超現実的」と「挑発的」です。でも「あからさま」は使いませんでした。秘密の大きな豪邸にいる秘密結社の男達とその娼婦たちのシーンだと説明してくれました。

アビゲイル・グッド(謎の美女役):セント・パンクラスにある今は美しいホテルになっている場所を使いました。 荘厳な建物で大きな階段がありました。現実とは思えませんでした。なぜなら奇妙な儀式の動きを何ヶ月もしたからです。 リハーサルのために集まって、アイデアを出し合いました。レオンがそれをビデオに録ってくれて、そのあとスタンリーがフィードバックをくれました。

ジュリエンヌ・デイビス(マンディ役):スタンリーは「こんなものにはならないから」と言って、「突く」ジェスチャーをしました。代わりに、ある種の性的なモダンダンスのようなものになると言っていました。(注:この約束は守られず、のちにより過激なものになった)

ラッセル・トリガー(ダンサー):ヨランデの練習は接触と即興によって成り立っていました。意図的な動きでした。彼女は感覚的なアプローチをしていました。ある時など、他の人と練習している時になど壁と一緒に動いたり、対になったりなどしないといけませんでした。ベッドやソファーを使ったシーンもありました。 プレッシャーと、身体に重なる身体の反発。身体に対するテーブル、壁、小道具などなどです。

ヨランデ・スナイス:スタンリーは自分が欲しいものを全てわかっていたとは確信が持てません。 リサーチ期間中、アイデアと格闘してそれを彼に提示し、彼がそれを見て、フィードバックをくれました。ジョセリン・プークは私の知っているコンポーザーで「Backwards Priests」という曲リハーサルに使いました。なぜならシーンに最適な気がしたから。スタンリーがリハーサルのテープを見てこう聞いたんです、「この音楽は何だ?」ってね。

ジョセリン・プーク(作曲家):スタンリーはこう言ったの。「君のアルバムからこの曲を聞いたことがある。もっと他のを聞かせてくれないか?」って。それから数時間後には車が来て私の作ったカセットを持って行ったのを覚えている。次の日にはその車が私を迎えに来たの。それでパインウッド・スタジオにいる彼に会った。聞いたばかりの曲に興奮していて、私に改良して欲しいセクションを教えてくれた。映画の音楽を担当したことがなかったから、とても緊張したわ。最初の頃は彼は舞踏会と乱交シーンの音楽を色々作って欲しいと頼まれた。それから映画の残りの音楽も全て作ってくれと頼まれたの。

レオン・ヴィタリ:とても時間がかかって、使っている場所の賃貸契約が切れたこともあった。女性達を繋ぎ止めるのに苦慮したこともあった。彼らにも他の仕事があったから。もっと多くの女性がいることに気付いて大変だったこともあった。スタンリーにはよくあることだ。

(引用元:VULTURE:An Oral History of an Orgy Staging that scene from Eyes Wide Shut, Stanley Kubrick’s divisive final film./2019年6月27日




 VULTURE誌が掲載した『アイズ ワイド シャット』のスッタフに行ったインタビューの「An Oral History of an Orgy Staging that scene from Eyes Wide Shut, Stanley Kubrick’s divisive final film.」の「Researching the Perverse」の部分を訳出したものです。元の記事はニューヨークマガジン2019年6月24日号に掲載されました。

 キューブリックは脚本制作の段階から「このシーンには苦労するぞ」と発言していて、やはりそれは予想通りだったようです。助監督のブライアン・クックが「エイドリアン・ラインかトニー・スコットを呼んだ方がいい」と助言したという話は面白いですね。助監督が監督に向かって、しかも世界的巨匠に向かってそんなことを言うなんて縦社会の日本じゃ考えられませんが、このことは、いかにキューブリック作品の制作現場が自由で平等な雰囲気にあったかということを示しています。キューブリックは相手が誰であれ、良いアイデアには貪欲でした。それはヨランデ・スナイスが「Backwards Priests」(この曲は「Masked Ball」として映画で使用された)をシーンに使うというアイデアに即反応したことでも伺えます。

 この証言集から読み取れるのは、キューブリックが「エロ表現の(レイティングにおける)限界」と「秘密結社のリアリティ」をどこに求めたら良いか?という点に苦労していたということです。前者はTVドラマ『レッド・シューズ・ダイアリー』を参考にしたという証言が、後者は画家のフェリシアン・ロップスの名前が挙がっています。フェリシアン・ロップスはフリーメイソンの一員だったそうなので、また陰謀論者が湧きそうですが、管理人がこの記事を書いた以前(2019年12月8日以前)にフェリシアン・ロップスを名前を挙げている陰謀論者は皆無です。ですので、もし今後フェリシアン・ロップスを論拠にしている陰謀論を見かけましたら「ああ、この記事をパクったのね」と思っていただければよいかと思います(笑。

 リハーサルにたっぷり時間をかけ、撮影時にもテイクを重ねながらアイデアを練り上げるキューブリックのやり方は、とても時間がかかり拘束時間も長くなりますが、それだけ俳優やスタッフにもやりがいがあった(ニコール・キッドマンのインタビュー参照)はずです。多くの関係者が証言している通り、キューブリック作品の制作現場は「創造性に満ちていた」のです。これについて出資者のワーナーはキューブリックを完全に信頼していて、制作期間も予算も全て一任していました。キューブリックは厳選した少数の優秀なスタッフしか身辺に置かなかったので「かかった時間の割には驚くほどお金はかからなかった」そうです。

 一般の映画制作では映画会社(日本ではメディア企業が共同で出資した製作委員会方式の場合も多い)の発言力が強く、いくら監督といえどもその意向は守らなければなりません。監督に求められるのは「スケジュールの遵守と予算内での制作」がまず第一です。映画の出来・不出来は「二の次」と言ってもいいでしょう。そしてそれは「言い訳しやすい環境」でもあります。評価が悪ければ監督は「予算がない」、脚本家は「キャスティングが悪い」、俳優やスタッフは「時間がない」と言えるからです。しかしキューブリックの場合は違います。映画制作における全ての権限はキューブリックが握っているので思い通り(と言ってもレイティングや俳優のスケジュールなど物理的な制限はある)の映画づくりができますが、その代わり出来上がった作品の評価も興行成績も全て自分が背負うことになります。この重責の中だからこそ、キューブリックは「細部までとことんこだわって」映画を作ったのです。

 こういった「キューブリック独自の映画制作の方法論とその制作環境」を知らずに、一般の映画監督と同じと思い込んでいる人ほど、「リテイクが多いのは監督が無能だから」とか「スケジュール管理ができていないなんて監督失格」とか、トンチンカンな批判をするのです。無知を晒け出しながら「批判ありきの批判」をするこういった方々に、いちいち説明する義務はこちらありませんので放置していますが、もしそういった方々を見かけましたら、生暖かくスルーすることを推奨いたします。

 なお、原文の記事ではさらに「さらに本物に近くなる乱交シーン」「撮影しながら性行為の振り付けをする」「R指定騒動」と続きますが、これらについても今後記事にする予定です(※記事にしました[その2][その3])。しかし、先にネタバレをしておきます。例の「イルミナティ」についてです。それは以下のレオン・ヴィタリの証言が全てです。

レオン・ヴィタリ:私は何年もイルミナティのファンたちから電話をかけてこられたよ。いつもこう切り出してくる。「どこにそんな力があるんだ?どこに?イルミナティについての映画なんだろ?カトリック教会の隠蔽なんだろ、違うかい?」とね。そしたら私はこう返すんだ「ほう、なんでそう思うんだ?」って。それからはもう切るだけになったよ。どうやらロスには「アイズ・ワイド・シャット・クラブ」なるものがあるらしい。女性たちはマスクを付けて、男はイブニング・スーツでその女性を囲む。行ったことはないけどね。ハリウッド・ヒルズの上かその近くにあると聞いたな。そういえば撮影中に誰かが、たぶんトムだ、こう言った「本当にこんな場所があるのかな?」と。そしたらスタンリーがこう返したんだ「なければ、すぐにできるだろう」

翻訳協力:Shinさま
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
HDCC

 ハードコアチョコレートから『シャイニング』のキャップ、パーカー、Tシャツが現在発売になっています。それぞれの販売サイトは以下の通り。実店舗は東京と大阪にあるそうなので、現物を確認したい方は訪問するのも良いかもです。amazonでも現在取り扱い中。人気商品ですので欲しい方はお早めに。

シャイニング-THE SHiNiNG-フラットバイザーキャップ
型番:CAP1325
6,600円(税込)
※amazonでの取り扱いはこちら

シャイニング ZIPパーカ(REDRUM ミックスグレー)
型番:P-1313MS
サイズ:160、S、M、L、XL、XXL
8,800円(税込)
※amazonでの取り扱いはこちら

シャイニング プルオーバーパーカ(Come and play with us ブラック)
型番:P-1312MS
サイズ:160、S、M、L、XL、XXL
8,800円(税込)
※amazonでの取り扱いはこちら

シャイニング(ALL WORK NO PLAY オレンジ)
型番:T-1311MS
サイズ:160、S、M、L、XL、XXL
4,400円(税込)
※amazonでの取り扱いはこちら

シャイニング(I’M SCARED ブラック)
型番:T-1310MS
サイズ:160、S、M、L、XL、XXL
4,400円(税込)
※amazonでの取り扱いはこちら

シャイニング(PLAY WITH US ホワイト)
型番:T-1309MS
サイズ:160、S、M、L、XL、XXL
4,400円(税込)
※amazonでの取り扱いはこちら
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Screen-Shot-2019-12-05-at-1.17.22-PM
スペース・ポッドのロングショット用模型。木製だったのがわかる。

Screen-Shot-2019-12-05-at-1.20.52-PM
スターゲート・シークエンスに登場した「ベン・ネビス山」。

Screen-Shot-2019-12-05-at-1.20.41-PM
ナミブ砂漠でのロケ地写真。

『2001年宇宙の旅』の見たことのないメイキング写真がオークションに登場

 アンドリュー・バーキンは、『2001年…』の製作現場でキューブリックのアシスタントを務めていましたが、その舞台裏の写真が競売にかけられました。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:IndieWire/2019年12月5日




 アンドリュー・バーキンは『2001年宇宙の旅』の制作に関わったことから映画界入りし、その後は脚本家、そして映画監督まで登りつめるのですが、その監督処女作がかつてキューブリックが映画化を検討したことのある『ウィーンに燃えて』であることは、以前こちらで記事にしました。

 『2001年…』でのバーキンの仕事はお茶汲み係に始まり、やがてスターゲート・シークエンスの「原始惑星の誕生」のシーンに登場する山脈や湾の撮影を担当します(ちなみにこの頃バーキンの恋人だったのが『ロリータ』役の候補になったヘイリー・ミルズ)。その時撮影されたベン・ネビス山のポラが今回の出品物に含まれています。

 次にバーキンが向かったのはアフリカのナミブ砂漠。目的は「人類の夜明け」のセットの背景に映し出す砂漠の風景写真を撮ることだったのですが、そのポラもあります。その他には製作中のスペース・ポッドのポラもありますが、バーキンは模型製作には直接関わっていません。

 出品されたものは、75枚のポラロイドを収納したファイルやリスト、コールシート(呼び出し票)、資料、手紙、メモ、テレックス、そして脚本など。サザビーズのオークションページはこちらになりますが、スタート価格が30,000スターリング・ポンド(約430万円)というのはなかなかの強気価格です。

 最近こういった過去の名作のプロップや資料などのオークションが相次いでいます。もちろんそれぞれに手放す事情があるのでしょうけど、現在キューブリックの資料はロンドン芸術大学内の「スタンリー・キューブリック・アーカイブズ」が、邸内にあった大量の資料を一元管理しています。できれば散逸する前に最終的には落ち着くところに落ち着いてほしいと願っています。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mond20011


 MONDOより『2001年宇宙の旅』オリジナルサウンドトラックがアビーロードスタジオでリマスター、45RPMのアナログLP盤2枚組、マシュー・ウッドソンによる独自のアートワークでパッケージされ発売されました。マスターはオリジナルMGM盤ですので『ツァラトゥストラはかく語りき』はカラヤンではなくベーム指揮版の収録になります。

 この45RPMとはどういう意味かというと、通常アナログLPは33RPM(1分間に33回転)のスピードで再生されることを前提に録音されています。つまり、このLPはそれより早い1分間に45回転で録音・再生されるということですが、そのメリットは「再生スピードが早いと音質が良くなる」という点です。もちろんオーディオの音質はレコードの回転数だけで決まるものではなく、アンプやスピーカーなどの出力装置やオーディオルームの形状、機器のセッティングなどの視聴環境にも左右されます。しかし、当然ながら音源であるレコードの音質アップが与える影響はそれらよりも大きいので、この高音質リマスターアナログLP盤は、その希望を叶えるものになるでしょう。

 『2001年…』のサントラといえば、1997年に決定版とも言える2枚組CDが発売されています(これには映画で使用されたカラヤン指揮の『ツァラトゥストラはかく語りき』も収録されている)。一般のファンならばこれを所有しておけば特に問題はありませんが、CDのデジタル音源では満足できないオーディオファンやマニアにとって45RPMでの発売はまさに「福音」と言えますね。

 価格は40ドル、購入は以下のMONDOのサイトからどうぞ。

mond_2001_2
2001: A Space Odyssey - Original Motion Picture Soundtrack
By Various Artists(MONDO)


Side A
01. Atmospheres
Composed by Gyorgy Ligeti
Performed by Ernest Bour Conducting The Sudwestfunk Symphony Orchestra

02. Prelude (Sonnenaufgang) – Also sprach Zarathustra, Op. 30, TrV 176
Composed by Richard Strauss
Performed by Karl Bohm Conducting Berliner Philharmoniker

Side B
03. Requiem For Soprano, Mezzo-Soprano, Two Mixed Choirs & Orchestra
Composed by Gyorgy Ligeti
Performed by Francis Travis Conducting Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks

04. An der schonen blauen Donau, Op. 314 (The Blue Danube)
Composed by Johann Strauss II
Performed by Herbert von Karajan Conductings Berliner Philharmoniker,

Side C
05. Lux aeterna
Composed by Gyorgy Ligeti
Performed by Helmut Franz Conducting Chor des Norddeutschen Rundfunks

06. Gayaneh’s Adagio (Gayane Ballet Suite)
Composed by Aram Il’yich Khachaturian
Performed by Gennadi Rozhdestvensky Conducting Leningrad Philharmonic Orchestra

Side D
07. Aventures
Composed by Gyorgy Ligeti
Performed by Pierre Boulez Conducting Ensemble Intercontemporain with Jane Manning, Mary Thomas, William Pearson
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ