2014年09月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Sarah-Joncas
Sarah Joncas

Sam-Gilbey
Sam Gilbey

Joshua-Budich
Joshua Budich

Epyon5
Epyon 5

 キューブリック作品をトリビュートしたアート作品が、サンフランシスコのシャッターストリートにある「スポークアート」の展示スペースで開催中です。期間は9月6日〜27日まで。これらのアート作品はオンラインストアで販売もするそうです。

 「Film」の紹介記事はこちら。公式サイトはこちら
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2001年宇宙の旅 [Blu-ray](amazon)


 英テレグラフ紙が、「宇宙が舞台の映画トップ40」をランキング形式で発表し、スタンリー・キューブリック監督の傑作SF「2001年宇宙の旅」が第1位に輝いた。

(以下リンク先へ:映画.com ニュース/2014年9月5日



 以前こんな記事が出ていましたが、今度は「SF」ではなく「宇宙」ですか。しかし宇宙といっても定義が曖昧で『未知との遭遇』や『猿の惑星』などがランクイン。「宇宙が舞台の映画」というのなら少なくとも上映時間の半分以上が宇宙でのシーンじゃないと意味が無いのでは?それによく見ると『ミッション・トゥ・マーズ』や『スター・ゲイト』など実にアレな名前もチラホラと。ソラリスも『惑星ソラリス』ではなくリメイクの『ソラリス』ですし。前回のこの記事はTime Outというエンターテイメント情報誌でしたが、一般大衆紙である「テレグラフ」だとこの程度の認識なんでしょうね。

 それにしても『2001年…』強し。12位にジョルジュ・メリエスの『月世界旅行』がランクインしていますが、『2001年…』もこの『月世界…』と同じように100年経っても普遍的な評価を得続けるんでしょうね。


エイリアン2 [Blu-ray](amazon)



スター・ウォーズ 帝国の逆襲(エピソードV) (リミテッド・エディション2枚組) [DVD](amazon)



ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray](amazon)



スター・ウォーズ 新たなる希望(エピソードIV) (リミテッド・エディション2枚組) [DVD](amazon)



未知との遭遇 スペシャル・エディション [Blu-ray](amazon)



ライトスタッフ 製作30周年記念版 [Blu-ray](amazon)



惑星ソラリス Blu-ray(amazon)



エイリアン [Blu-ray](amazon)



猿の惑星(日本語吹替完全版)コレクターズ・ブルーレイBOX(初回生産限定) [Blu-ray](amazon)
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
【ご注意】
※今まで販売された単品版を全てを紹介しています。
※amazonの表記が明らかに誤記である場合は修正いたしました。
※ネット上にある情報もなるべく反映させました。
※全ての商品を管理人が所有し、確認した訳ではありません。
※国内版のみです。
※アスペクト比のサイズ見本はこちら
※ASINはアマゾンの商品コード、EAN(JAN)は商品コード(バーコードNo.)です。
※価格はメーカー希望小売価格です。(価格.com調べ)
※この記事は今後加筆・修正の可能性があります。
※誤記・抜け等あれば掲示版にてお知らせください。





バリー・リンドン [DVD](amazon)

メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:1999年9月10日
希望小売価格:3,400円+税
品番:DL11178
ASIN:B0000650RO
EAN:4988135523488
ディスク枚数:1枚
映像:【ヨーロッパビスタ】
画面:【4:3】レターボックス
本編:185分
音声:オリジナル英語(モノラル)
録音:ドルビーデジタル
字幕:日本語・英語
特典:オリジナル劇場予告編
   スタッフ・キャストプロフィール
   プロダクションノート
   受賞歴
備考:初のDVD化。



バリー リンドン [DVD](amazon)

メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2001年8月23日
希望小売価格:2,500円+税
品番:DL21148
ASIN:B00005MINY
EAN:4988135532473
ディスク枚数:1枚
映像:【ヨーロッパビスタ】
画面:【4:3】レターボックス
本編:185分
音声:オリジナル英語(5.1chサラウンド)
録音:ドルビーデジタル
字幕:日本語・英語
特典:オリジナル劇場予告編
備考:デジタルリマスターで画質アップ。『スタンリー・キューブリック DVDコレクターズボックス』と同内容。



バリー リンドン [DVD](amazon)

メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2002年4月5日
希望小売価格:1,500円+税
品番:HP21148
ASIN:B00006585H
EAN:4988135536556
備考:価格を1,500円に値下げ。内容はデジタルリマスター版と同じ。「スーパー・ハリウッド・プライス シリーズVol.1」として4月5日から5月17日までの期間限定で発売された。2003年12月6日に品番・コード、価格も同じで再発売。



メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2004年12月3日
希望小売価格:1,500円+税
品番:HGP21148
ASIN:B000666SS6
EAN:4988135550965
備考:デジタルリマスター版と同じ。



メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2005年4月22日
希望小売価格:1,429円+税
品番:HKP21148
ASIN:B0007Z9Y3M
EAN:4988135554963
備考:価格が1,429円に変更。内容はデジタルリマスター版と同じ。



バリー・リンドン [DVD](amazon)

メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006年12月8日
希望小売価格:1,429円+税
品番: HYP21148
ASIN:B000IU4N14
EAN:4988135583871
備考:デジタルリマスター版と同じ。



バリー・リンドン [DVD](amazon)

メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2008年9月10日
希望小売価格:1,429円+税
品番: WBC21148
ASIN:B001DKBJJ2
EAN:4988135601452
備考:デジタルリマスター版と同じ。『WARNER BEST COLLECTIN』仕様。



バリーリンドン [DVD](amazon)

メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010年4月21日
希望小売価格:1,429円+税
品番: WTB21148
ASIN:B003EVW6CM
EAN:4988135804709
備考:デジタルリマスター版と同じ。



バリーリンドン [Blu-ray](amazon)

メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2012年11月7日
希望小売価格:2,381円+税
品番:1000206867
ASIN:B008X09ZFU
EAN:4988135856654
ディスク枚数:1枚
映像:【16:9】High Definition 1080p
画面:【16:9】
本編:185分
音声:オリジナル英語(5.1ch dts-HDMA)
録音:ドルビーデジタル
字幕:日本語・英語
特典:オリジナル劇場予告編
備考:初BD化。但し映像サイズは【16:9】でキューブリックが望んだ【ヨーロッパビスタ】ではない。『スタンリー・キューブリック コレクション[Blu-ray]』『スタンリー・キューブリック リミテッド・エディション・コレクション[Blu-ray]』『スタンリー・キューブリック マスターピース・コレクション [Blu-ray]』と同内容。




最終更新日:2014年12月17日
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
 キューブリックはかの有名なタイトルデザイナー、ソール・バスに『シャイニング』のポスター製作を依頼しましたが、そのボツ案をキューブリックのコメントと共に紹介します。



SauBassKubrickPosterConcept_002
まるでSF映画みたいだ。ロゴが読みづらい。

SauBassKubrickPosterConcept_001
手と三輪車というのは見当違いだ。ロゴも小さすぎるし、インクがなくなったように見える。

SauBassKubrickPosterConcept_003
迷路と登場人物はやり過ぎ。迷路を出すべきだとは思わない。

SauBassKubrickPosterConcept_004
迷路が抽象的で、迷路を主張しすぎている。

SauBassKubrickPosterConcept_005
アートワークが好きじゃない。ホテルが変だ。アートワークが広がり過ぎだ。コンパクトで十分。ロゴに点を使うのは好きじゃない。小さすぎるし読みづらい。



 キューブリックの悪筆をなんとか解読してみましたが、だいたいこんな事を書いているみたいです。どれももっともな指摘ばかりで納得できるのですが、ソール・バスもなぜこんなクオリティの低いアイデアばかり提出したのか謎です。キューブリックはダメ出しを繰り返し、結局300案以上をバスに提出させたそうです。

 1枚目は完全に『未知との遭遇』を意識してのコメントでしょうね。2枚目はどこから手のビジュアルが出てきたのか不明です。3枚目は思いっきりネタバレしたいますから不採用は当然でしょう。4枚目の迷路が目になっているのは迷路が霊として家族を見ているのを表現しているのでしょうけど、ちょっと分かりにくいですね。5枚目は雪に閉ざされたホテルの孤立感を表現したかったのかも知れませんが、逆にキューブリックの不評を買っています。

 結局採用された案はこれですが、これもいい出来だとは思えません。映画告知の初期やサントラ盤のジャケットに使用されたくらいで、現在はジャック・ニコルソンの『Here's Johnny!』が一般化しています。日本でもこのソール・バス版ポスターは使用されていなかったように記憶しています。ただしタイトルロゴだけはしっかりとその後も使用され続けているので、バスもデザインした甲斐があったと思っていたかもしれません。

 グラフィックデザイナーとしてのソール・バスの神髄はやはり映画のタイトルデザインにあると思います。デザインとグラフィカルな動きのかっこよさですね。CGのない時代にこんなにCG的な発想ができたデザイナーは他にいません。ただキューブリックは「タイトルバックに回すお金があるなら本編に回す」と、けんもほろろなことを言っています。まあ、それでもあれだけ力強いオープニングを作るのですからさすがですけどね。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ