このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
D5
1968年、サードアルバムのジャケット写真用フォトセッション時のドアーズ。左からジョン・デンズモア(ドラム)、レイ・マンザレク(キーボード)、ジム・モリソン(ボーカル)、ロビー・クリーガー(ギター)。

Cinerama_Dome_front
閉鎖が決定してしまった、パシフィック・シアターが運営していたロサンゼルスにあるシネラマドーム。

〈前略〉

 それは『2001年宇宙の旅』の初日(※レイの記憶が正しければ1968年4月10日か11日)で、誰かがドアーズに6枚ほどのチケットを用意してくれたんだ。午後はリハーサルがあったので、7時からの上映だった。ジョン(・デンズモア)、ロビー(・クリーガー)、ジム(・モリソン)、ドロシー(※のちにマンザレクの妻になるドロシー・フジカワ)、あと誰だったか忘れたけど、車に乗ってハリウッドのシネラマスクリーンのある劇場に行ったんだ。

 マリファナを吸って劇場に入ると、そこは満員だった。残っている席は最前列だけだ。ここは映画を見るのには一番よくない場所だ。バランスが悪い。理想的なのは真ん中に座ることだ。で、最前列に座って「ああくそ、どうしよう。ラリってるし、座って映画を見よう」と思ってたんだよ。

 結果的には最高の席になったよ。スクリーンの前に座ると、目の前には宇宙しかなく、そこに猿がいて、日の出があって、キューブリックのやり方には圧倒されたよ。私たちは口をあんぐり開けて座ってるだけだった。あのオープニングと音楽は本当に素晴らしかった。モリソンは、最初の2分間、猿が出てくる直前のシークエンスが終わって黒くなったところで立ち上がって、「今まで見た中で最高の映画だ、もう行こう」と言った。

 「座れよジム、コメディアンかよ」と言ったんだ。

(全文はリンク先へ:VARIETY/2021年4月14日




 映画館チェーンのパシフィック・シアターが廃業し、シネラマドームを閉鎖するというニュースが最近報じられ、残念に思っていましたが、なんとドアーズのキーボーディスト、レイ・マンザレクが1968年のシネラマドームでの『2001年宇宙の旅』の初日をメンバーと観たという記事がありましたのでご紹介。

 さて、1998年にパリにあるジム・モリソンの墓におもむき、2003年の伝説のサマソニで再結成ドアーズを観ている管理人が張り切ってご説明(笑)いたしますと、このドアーズというバンド、1967年にロサンゼルスでデビューしたロックバンドで、『2001年…』が公開された1968年4月は、サードアルバム『太陽を待ちながら(Waiting for the Sun)』を録音していた頃です。ですのでメンバー全員揃って、録音スタジオから今一番ホットな映画『2001年…』を観に行ったんでしょう。実はこのエピソード、ドラマーのジョン・デンズモアが著した自叙伝『ドアーズ(Riders on the Storm)』の中に、ほんの少しだけ記述があったのですが、それにはメンバー全員で行ったとは書かれていませんでした。ですので、ジムが『2001年…』を観たのかはっきりしなかったのですが、これでその事実があったことが明確になりました。

 この時メンバーが録音していたサードアルバム『太陽を待ちながら』は、実はあまり出来の良いアルバムではありません。なぜならアルバム片面を埋める大作『セレブレーション・オブ・ザ・リザード』が『大地に触れずに(Not to Touch the Earth)』のセクションを残してボツになったからです。ドアーズはそれまでファースト『ドアーズ』での『ジ・エンド』、セカンド『ストレンジ・デイズ』での『音楽が終わったら(When the Musics Over)』と、長編の曲を収録してきました。ですがそれがサードの『太陽…』では不可能になったのです。加えてジムの飲酒癖(ジムの問題はドラッグではなくアルコールだった)や創作モチベーションの低下、女性問題、正体不明の取り巻きとの乱痴気騒ぎなどもあり、その結果、中途半端なアルバムが出来上がってしまったわけです。ですがそれはまだいい方で、次の『ソフトパレード』はさらに・・・これ以上はやめておきましょう(笑。

 さて、これで当時の「ヒッピー文化」「サイケデリック・ムーブメント」に『2001年…』が受け入られていたことがより明確になったわけですが、誤解ないように申し添えますと、ドアーズはこの「ヒッピー文化」とは距離を置いていました。ドアーズは「モンタレー」にも「ウッドストック」にも呼ばれていません。メンバーもサウンド的にはどちらかというとアッパー系よりダウナー系と感じていたらしく、西海岸より東海岸の都市で人気があったそうです(ジムが初めて逮捕されたニューヘイブンも東海岸)。ですのでドアーズを「サイケ」とカテゴライズするのは間違っていると言えます。それは『2001年…』を「サイケ映画」とカテゴライズするようなものだと言えば、キューブリックファンの方にはニュアンスを理解していただけるのではないかと思います。

 キューブリックやクラークは「ヒッピー文化」「サイケデリック・ムーブメント」には与しませんでしたが、世の中全てが「狂って」いた1960年代後半の巨大な「うねり」には、いくらキューブリックといえども無関係ではいられませんでした。それは次作『時計じかけのオレンジ』でより明確になるのですが、「サイケ」を知らない世代はそれを「アート」と一括りにしてしまう傾向があります。それは正しくないし、誤解を招きやすいので、この時代を語るには避けて通れない、「サイケデリック・ムーブメント」とはいかなるものだったのかを、ぼんやりとでもいいのでイメージを持っておくと、この時代の映画や音楽を追体験する際にとても役に立つと私は思います。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
HM

スタンリー・キューブリックの『時計じかけのオレンジ』(197)の50周年を記念して、『ザ・ロッキング・マシーン』と『クライスト・アンリミテッド』のアパレルを発売します。各プリントはTシャツとスウェットシャツで提供されます。

(引用:The Rocking Machine official website/APPAREL




 『時計じかけのオレンジ』に登場した男根オブジェ(正式名『ザ・ロッキング・マシーン』)がTシャツに、キリスト像(正式名『クライスト・アンリミテッド』)がスウェットになりました。作者であるハーマン・マキンク公式です。ただいま予約受付中。予約は2021年5月上旬まで、発送予定日は2021年5月10日から選択できます。価格は25.25ポンド(約3,800円)と37.50ポンド(約5,600円)。カラーはそれぞれホワイトとグレーが選べます。海外発送もしてくれるみたいですが、送料の高さや、その他個人輸入のリスクをよく考えての発注をオススメします。詳細はこちらで確認を。
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『Slim Pickens Does the Right Thing and Rides the Bomb to Hell』は2:22から。

Slim Pickens, well he does the right thing
And he rides the bomb to hell
Yeah, he rides the bomb to hell

Watch the pulse, it quickens after every little sting
If you're gonna go to hell
Drink it up, you might as well

Are you really gonna take it like that?
Riding on the missile with the cowboy hat, and

Ah-ah-ah, well the world is gonna end
So dance around the fire that we once believed in
Ah-ah-ah Wanna tear it down again, now

'Cause there's nothing left for us to bleed
Give it up, the sons of anarchy
So come around and have another round on me

Dance, fucker, dance, let the motherfucker burn! hey!

スリム・ピケンズがやった通りだぜ
奴は爆弾に乗って地獄に行く
奴は爆弾に乗って地獄に行く

脈を見な、ちょろっと刺せば早くなるぜ
あんたが地獄に行きたんだったらな
飲んじまったらそうなるぜ

本当にそんなのでいいのかよ?
ミサイルに乗って、カウボーイハットをかぶって

あーあーあーっ!世界は終わりに向かっている
俺たちゃ信じてたさ、だから炎の周りで踊ろうぜ
あーあーあーっ!ぶっ壊したいぜもう一度

流すほどの血はもう残っちゃないぜ
諦めな、アナーキーの息子よ
だからこっちに来な、一杯おごるぜ

踊れよ、クソ野郎、踊れよ、そのくそったれを燃やしてやれ! ヘイ!

(The Offspring『Slim Pickens Does the Right Thing and Rides the Bomb to Hell』一部訳出)




 タイトルの『Slim Pickens Does the Right Thing and Rides the Bomb to Hell』を見た瞬間、ファンなら元ネタは『博士の異常な愛情』だなとわかりますね。「スリム・ピケンズ」とはB52機長を演じた俳優の名前です。訳出した歌詞もそのまんま。長ったらしいタイトルもそれを意識してのものでしょう。アーティストは今更説明不要のアメリカのポップパンクバンド、オフスプリングス。2012年リリースのアルバム『Days Go By』収録曲です。おそらく彼らで一番知られている曲は『プリティ・フライ』『オール・アイ・ウォント』あたりでしょうか?

 MVは『Dividing By Zero』とのメドレーになっています。アニメーションは破滅的で面白いですが、『博士…』への直接的な言及はないようです。キューブリックファンには不要ですが、この記事にたどり着いたオフスプリングファンのために元ネタになった動画を貼っておきます。

【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
SPINNS

 SPINNSより『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『シャイニング』Tシャツが発売中です。全てレディースのワンサイズになります。SPINNS公式のネット通販サイトもありますが、リンクはZOZOに貼ってありますので、ZOZO会員の方はこちらでお買い求めください。

【映画フォトデザイン】movie photoプリントTシャツ
『2001年宇宙の旅』

価格:3,080円(税込)
サイズ:ワンサイズ(レディースのM、Lサイズ相当)
カラー:ホワイト・ブラック
素材:コットン100%

【映画フォトデザイン】movie photoプリントTシャツ
『時計じかけのオレンジ』(アレックス)

価格:3,080円(税込)
サイズ:ワンサイズ(レディースのM、Lサイズ相当)
カラー:ホワイト・ブラック
素材:コットン100%

【映画フォトデザイン】movie photoプリントTシャツ
『時計じかけのオレンジ』(フォト4枚)

価格:3,080円(税込)
サイズ:ワンサイズ(レディースのM、Lサイズ相当)
カラー:オレンジ・ホワイト
素材:コットン100%

【映画フォトデザイン】movie photoプリントTシャツ
『シャイニング』(フォト4枚)

価格:3,080円(税込)
サイズ:ワンサイズ(レディースのM、Lサイズ相当)
カラー:アイボリー・スミブラック
素材:コットン100%

【映画フォトデザイン】movie photoプリントTシャツ
『シャイニング』(ダニー)

価格:3,080円(税込)
サイズ:ワンサイズ(レディースのM、Lサイズ相当)
カラー:ホワイト・ブラック
素材:コットン100%
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
a9c8ab0f
エド・ビショップが演じた『2001年宇宙の旅』のアリエス1B宇宙船船長(左)と『謎の円盤UFO』のストレイカー長官(右)。

 『2001年宇宙の旅』と『謎の円盤UFO』は制作時期が近く、同じボアハムウッドにあったMGMスタジオを使って制作(17話以降はパインウッドスタジオに移転)されたこともあって、共通点がいくつかあります。まず出演俳優ですが、有名なところで、『2001年宇宙の旅』でアリエス1B宇宙船船長を演じたエド・ビショップは、『謎の円盤UFO』ではストレイカー長官役で出演しています。

 また、そのアリエス1B宇宙船でフロイド博士に機内食を運んでいたスチュワーデスを演じていたエドウィナ・キャロルは、『謎の円盤UFO』第一話『宇宙人捕虜第1号』で宇宙人に襲われ行方不明になった黄色のワンピースの女性、レイラ・カーリンを演じています。

レイラ・カーリンエドウィナ・キャロルが演じたアリエス1B宇宙船のスチュワーデス(左)と行方不明になったレイラ・カーリン(右)。

 これはIMDbに記載がないので確定情報とは言えないのですが、ディスカバリー号で眠ったままHALに殺されたハンター博士は、スカイダイバーのエンジニア、ジョン・マスターズ中尉を演じたジョン・ケリーではないか?という情報もあるそうです。

ハンター『2001年…』のハンター(左)と『UFO』のジョン・マスターズ中尉(右)。

12189617
冷凍睡眠装置から出てくる俳優。確かにケリーに似ています。

 そのスカイダイバーの船内で使用されているイスが、ムーンバスの操縦席のイスの流用であるとの情報も。比較すると肘掛はありませんが確かに似てますね。

イス
ムーンバスのイス(左)とスカイダイバーのイス(右)。

 第13話『UFO月面破壊作戦』(イギリスでは第15話『Flight Path』)に、『2001年宇宙の旅』の「ハムハムハム・・・」で有名なサンドイッチをいれていたケースが登場しています。ただ、入っていたのはサンドイッチではなくバズーカ砲の砲弾です。このサンドイッチケース、イタリアのGIO STYLE社製の「Frigo Portatile」というクーラボックスで既製品だそうです。既製品なので『謎の円盤UFO』では別にそれを使った可能性がありますが、同じスタジオで制作されていたという事実がある限り、情報提供してくださった元・空想科学少年さんがおっしゃる通り「スタッフが倉庫かどこかから引っ張り出してきたのでしょう」という意見に賛成です。

ケース
『2001年…』のサンドイッチケース(左)と『UFO』の砲弾ケース(右)。情報提供:元・空想科学少年さま

 『謎の円盤UFO』(原題『UFO』)は1970年9月16日〜1973年3月15日までイギリスで放送されていた全26話のSFテレビシリーズです。日本では1970年10月3日から1971年3月27日まで日本テレビ系列局で放送されました。本作の撮影は1969年4月に開始され、『2001年…』が撮影されたボアハムウッドのMGM英国スタジオを拠点に制作されました。1969年の終わりにスタジオが閉鎖される前にこれらのスタジオで17話までが撮影され、1970年6月にはパインウッドスタジオで制作が再開、残りの9話が撮影されたそうです。『2001年…』の撮影終了は1968年3月頃とされていますので、ちょうどその一年後に撮影が開始されたことになります。この頃にはまだMGMの倉庫にたっぷりと『2001年…』のプロップが残されていたはずだし、両作に共通して働いていたスタッフや俳優も多くMGMにいたはず。ですので、こういったことが起こるのだと思います。

 ところで全くの余談ですが、よく言われる『新世紀エヴァンゲリオン』のオープニング『時計じかけのオレンジ』の予告編の影響ではないか?という話ですが、庵野監督はこのインタビューでキューブリックよりも『謎の円盤UFO』の影響の大きさを語っています。それは以下のオープニングを見ても一目瞭然だと私は思います。



▼この記事の執筆に当たり、以下の記事を参考にいたしました。
2001italia.it/A full cast list for '2001', Part 4 - The Discovery Crew
【ご注意】当ブログの記事は報告不要でご自由にご活用頂けますが、引用元の明記、もしくは該当記事へのリンク(URL表記でも可)を貼ることを条件にさせていただいております。それが不可の場合はメールや掲示板にてご一報ください。なお、デマサイトやデマ動画チャンネルの制作者、アクセス稼ぎだけが目的のキュレーションサイトのライター様などは当ブログの閲覧、ならびに利用は禁止させていただきます。※当ブログはネタバレありです。

このページのトップヘ