キューブリック作品上映・TV放映・ネット配信情報

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

アイズ ワイド シャット [Blu-ray]


 奇抜なプログラムで全国にファンを持つカナザワ映画祭が十回目の今年でフィナーレを迎える。会場としている金沢市の金沢都ホテル地下にある旧ロキシー劇場が来年以降、再開発で使えなくなるためだ。主催する「かなざわ映画の会」の小野寺生哉代表(40)が「集大成」という今回。十七日〜二十五日まで過去最多の五十六本を上映し、俳優でミュージシャンの内田裕也さんや黒沢清監督らゲストも多彩だ。 (松岡等)

〈中略〉

 今年はナショナリズムや退廃したエロチシズムから暴力、戦争へと向かう時代の流れをテーマにして上映作を選んだ。サム・ペキンパー監督「キラー・エリート」、大島渚監督「愛のコリーダ」、スタンリー・キューブリック監督「アイズ ワイド シャット」、石井聰亙監督「狂い咲きサンダーロード」などのほか、日雇い労働者が暴力団に立ち向かうドキュメンタリー「山谷 やられたらやりかえせ」も。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:中日新聞/2016年9月3日




 カナザワ映画祭といえば2014年に『シャイニング』の全米版と『フルメタル…』を上映した実績のある映画祭ですが、ラストの今年はハジけまくってます(笑)。正直、キューブリックの『アイズ…』が霞んでしまうんじゃないかと思えるほど充実のラインナップぶり。

 『ソドムの市』『意志の勝利』『愛のコリーダ』『マブゼ博士の遺言』『狂い咲きサンダーロード』『ゼイリブ』『炎628』『戦争のはらわた』・・・そしてキューブリックファンにはおなじみのエピソード、『時計…』のアレックス役にマルコム・マクダウェルが抜擢されるきっかけをつくった『if もしも…』も見逃せない。クレーム上等、来るなら来やがれ!的な作品ばかりですが大丈夫なんでしょうか? とってもカルトな空気満載の映画祭。いや、北陸民の本気を見せてもらいました。

 スケジュールやチケットなどは公式ホームページへ。それにしても『カランバ』って・・・イカんでしょ、これは(笑。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
prime


 Amazonプライム会員とは、年会費3,900円を支払えば、様々な特典を無料で受けられるサービスですが、以前行われていた「Amazonプライム無料体験→無料期間が過ぎるとそのまま登録・有料化」というやり口に批判が集まり、いい印象がありませんでした。しかし今回はそれを反省したのかはっきりと「30日間の無料体験」という表記が見えます。しかも映画や番組が見放題というサービスも開始され、年会費3,900円という金額にお得感が増しました。

 Amazonは配送業者いじめも指摘され、送料無料を取りやめたようですが、このプライム会員になると以前のような送料無料はおろか、お急ぎ便や時間指定など様々なサービスが無料で受けられます。そのほかにもPrime Now(対象エリアのみ)、Prime Music、プライム・フォト、Amazonパントリー、Kindleオーナーライブラリーなど、月額換算たった325円でいいの?という充実ぶり。

 その中でもプライム・ビデオは古今東西、旧作から近作まで充実のラインナップ。キューブリック作品も『ロリータ』『2001年…』『時計…』『シャイニング』『アイズ…』の5作品がすでに登録済み。今後もラインナップの更なる充実が図られるものと期待できます。

 日本では長らく楽天市場がAmazonの対抗馬ですが、楽天は旅行を扱っている、ポイント還元があるなどメリットがあります。それ以外では圧倒的にAmazonが有利になりました。特に送料が無料になるのは大きいのではないでしょうか。

 これを機会にプライム会員登録をされる方も多いかと思いますが、Yahoo! JAPANのプレミアム会員のようにジリジリと値上げしてくる可能性もありますので、年会費の動向には注意が必要でしょうね。

 Amazonプライム・ビデオに登録されたキューブリック作品のリンクは以下のとおり。30日間の無料お試し期間中でももちろん視聴できます。未視聴作品があればこの機会に是非どうぞ。

『ロリータ』(字幕版)

『2001年宇宙の旅』(字幕版)

『時計じかけのオレンジ』(字幕版)

『シャイニング』(字幕版)

『アイズ ワイド シャット』(字幕版)
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 アメリカ・フロリダ州のジャクソンビルにあるサン・レイ・シネマで『An Indifferent Universe, The Films of Stanley Kubrick』と題し、キューブリック全13作品を8〜10月の3ヶ月間に渡って上映するそうです。地方都市とはいえ、こういった企画は羨ましいですね。特に『ロリータ』以前の初期作品は映画館で観る機会はほとんどありませんので、日本でも企画して欲しいです。

 スケジュールは以下の通り。

『シャイニング』 8/23 7p.m. 8/27 12:30pm
『恐怖と欲望』 8/25 6:45pm 8/28 12:30pm
『非情の罠』 8/25 8:00pm 8/28 2:15pm
『現金に体を張れ』8/30 7:00pm 9/3 12:30pm
『突撃』9/1 7:00pm 9/4 12:30pm
『スパルタカス』9/6 7:00pm 9/10 12:30pm
『ロリータ』9/13 7:00pm 9/17 12:30pm
『博士の異常な愛情』 9/15 7:00pm 9/18 12:30pm
『2001年宇宙の旅』9/20 7:00pm 9/24 12:30pm
『時計じかけのオレンジ』9/22 7:00pm 9/25 12:30pm
『バリー・リンドン』9/27 7:00pm 10/1 12:30pm
『フルメタル・ジャケット』9/29 7:00pm 10/2 12:30pm
『アイズ ワイド シャット』10/4 7:00pm 10/8 12:30pm
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スパルタカス [Blu-ray]


知られざる天才脚本家 ダルトン・トランボ傑作選

「STAR CHANNEL MOVIES」スターチャンネル30周年記念特別作品『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』公開記念傑作選。『ローマの休日』のほか、『スパルタカス』『パピヨン』など映画史に残る数々の傑作を世に送り出した天才脚本家ダルトン・トランボ。思想信条ゆえにハリウッドから迫害され、偽名でアカデミー賞を2度も受賞した彼の感動の実話を描き、本年度アカデミー賞でも注目を浴びた『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』が7/22(金)に公開となります。その公開に合わせて、トランボの傑作選と日本初登場のドキュメンタリーを放送。彼の苦難と栄光の軌跡を辿ります。

7/17(日) 午前9:30 一挙放送
7/18(祝・月)〜7/22(金) よる9:00
7/25(月)〜7/29(金) 午後ほか 連日放送

スパルタカス[復元完全版](1960)
7/27(水)午後 2:00

(詳細はリンク先へ:スターチャンネル:知られざる天才脚本家 ダルトン・トランボ傑作選



 7月22日から公開中の『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』に合わせた企画のようです。一挙放送は終わってしまいましたが、7月27日に再度オンエアがあります。しかし『スパルタカス』のOA多いですね。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 2016年7月29日から40年ぶりにイギリスで上映される『バリー…』の再編集予告編がYouTubeで公開されていましたのでご紹介。

 主催はBFI(英国映画協会)ですが「大きなスクリーンで観なければならない」という煽りには笑ってしまいました。日本では昨年キネ旬主催の『スタンリー・キューブリック特集』で全国で公開されましたが、『バリー…』に関しては盛り上がりはいまいちだったような。

 ところでやっぱり気になるのはアスペクト比(笑。この予告編は現行BDと同じ16:9(1:1.78)のようですので、昨年の日本での上映と同じくDCPの1:1.78での上映でしょうね。キューブリックがこだわったヨーロッパビスタでの上映が実現する日は来るんでしょうか?それには紛失したとされるマスターを見つけ出さないといけませんが。ヨーロッパビスタで収録されたDVDは当分手放せそうにないですね。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ