キューブリック作品上映・TV放映・ネット配信情報

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Dkii3H9U4AADIhH


日時:2018年10月6日(土)−10月7日(日)、10月11日(木)−10月14日(日)

会場:国立映画アーカイブ[2階] 長瀬記念ホール OZU

主催:国立映画アーカイブ、ワーナー ブラザース ジャパン合同会社

定員:310名(各回入替制・全席自由席)

スケジュール:
10月6日(土)/11:00、3:30
10月7日(日)/11:00、3:30
10月11日(木)/2:00、6:30
10月12日(金)/2:00、6:30
10月13日(土)/11:00、3:30
10月14日(日)/11:00、3:30
※開館時間など詳細はこちら

料金〈前売券・当日券〉:一般 2,500円/高校・大学生・シニア 2,000円/小・中学生・障害者(付添者は原則1名まで) 1,300円
*国立映画アーカイブ及び東京国立近代美術館のキャンパスメンバーズ料金は、当日券のみあり(1,900円)。

★各回の開映後の入場はできません。
★前売券の購入には、別途発券手数料がかかります。
★学生、シニア(65歳以上)、障害者の方は証明できるものを入場時に必ずご提示下さい。

◎料金〈前売券・当日券〉

一般 2,500円/高校・大学生・シニア 2,000円/小・中学生・障害者(付添者は原則1名まで) 1,300円
*国立映画アーカイブ及び東京国立近代美術館のキャンパスメンバーズ料金は、当日券のみあり(1,900円)。

★各回の開映後の入場はできません。
★前売券の購入には、別途発券手数料がかかります。
★学生、シニア(65歳以上)、障害者の方は証明できるものを入場時に必ずご提示下さい。

◎前売券発売

9月1日(土)12:00 pmより
チケットぴあにて全上映回の前売券(全席自由席・各200席分)を販売します。
Pコード:558-820

◎前売券の購入方法

▶ チケットぴあ店舗、セブン-イレブンで購入
  前売料金に加え、1枚につき発券手数料108円がかかります。
▶ 受付電話(0570-02-9999)で購入
 前売料金に加え、1枚につき発券手数料108円がかかります。
※毎週火・水2:30am〜 5:30amはシステムメンテナンスのため受付休止となります。
▶ チケットぴあのサイト(http://w.pia.jp/t/nfaj-wdah2018/)で購入
  前売料金に加え、1枚につき発券手数料108円、また決済方法によって1件につき
決済手数料がかかる場合があります。
※チケットぴあの手数料等については、チケットぴあHPのヘルプ、利用料一覧の頁をご覧ください。
※本前売券の購入に、システム利用料(通常216円/枚)はかかりません。
※前売券の払い戻し、交換、再発行はいたしません。

◎当日券

当日券でご入場される方には、開館と同時に、当日上映される全ての回の入場整理券を1階ロビーにて発券します。当日券は、入場時に整理番号順に販売します。定員に達し次第締切ります。
※各日の開館時間については上映スケジュールをご覧下さい。

(詳細はリンク先へ:国立映画アーカイブ「製作50周年記念『2001年宇宙の旅』70mm版特別上映」




 当ブログでもたびたびご紹介して来た通り、(通常の)70mm上映施設はここにしかないので、やはり来ましたね。チケットは争奪戦必至でしょう。あとは109シネマズ大阪エキスポシティでのIMAX70mm版上映の可能性(『ダンケルク』の上映実績あり)ですが、ひょっとするとひょっとするかも知れません。期待して待ちましょう。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


 映画専門サービスの「BS10 スターチャンネル」は、8月に世界的なヒットメーカーとして知られ、日本でも最も有名なハリウッド映画監督と言っても過言ではない、スティーヴン・スピルバーグ監督の特集企画を放送!

 この特集に先駆け、7月22日(日)のBS10 スターチャンネルの映画情報番組「映画をもっと。」では、スタンリー・キューブリックの最後の企画を、スピルバーグ監督が引き継いで実現させた感動のSFヒューマンファンタジー『A.I.』を無料放送します。

〈以下略〉

(全文はリンク先へ:時事ドットコムニュース/2018年7月18日




 『A.I.』がスターチャンネルで無料放送されるそうです。キューブリックが映画化したらどうなっていたか興味が尽きない本作ですが、個人的にはやっぱり延期していたような気がします。と、いうのもロボットを人間が演じるという点において、こだわり主義者のキューブリックがOKを出したとはあまり思えないからです。キューブリックは本物のロボットを使いたがったそうですしね。それは説明的すぎるラストシーンも同様です。まあ『A.I.』はあくまでスピルバーグ作品として語るべきものでしょう。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年 [Blu-ray](amazon)


 『2001年宇宙の旅』の続編にあたる映画『2010年』がNHK BSプレミアムで6月28日(木)放送。原作はアーサー・C・クラークの『2010年宇宙の旅』。『カプリコン・1』のピーター・ハイアムズが製作、監督、脚本、撮影を担当したSF大作。

●『2010年』
NHK BSプレミアム 2018年6月28日(木)午後1時00分〜2時57分

(全文はリンク先へ:amass/2018年5月1日




 以前この記事でもご紹介した、今年の1月にスターチャンネルでオンエアされた『2010年』が、今度はNHK BSプレミアムでオンエアされるそうです。ファンならよく知られたネタですが、この『2010年』には原作者のアーサー・C・クラークがカメオ出演、キューブリックもある場面に登場(?)しています。

 管理人の『2010年』評は、ずいぶん昔に書いたものですがこちらをどうぞ。

【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2016年にイギリスで再上映された際のオフィシャルトレイラー。



 スタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)監督が18世紀のヨーロッパを舞台に、一人の青年が貴族にまで成り上がり、やがて国を追放されるまでの流転の半生を描いた華麗なる歴史大作。映画『バリー・リンドン』がNHK BSプレミアムで4月26日(木)午後1時00分〜4時07分放送。

〈以下略〉

全文はリンク先へ:amass/2018年3月1日




 『バリー・リンドン』のNHK BSでのオンエアはけっこう珍しいのではないでしょうか。さて問題はアスペクト比がキューブリックの指定した1.66であるか否かですが、両側にピラーボックスが表示されればクライテリオン版の1.66、フルサイズで表示されればワーナーのBDと同じ16:9ということになります。注目しましょう。


Criterion Collection: Barry Lyndon/ [Blu-ray] [Import]

※アスペクト比1.66のクライテリオン版。リージョンA・日本語字幕なし


バリーリンドン [Blu-ray](amazon)

※アスペクト比16:9のワーナー版。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

フルメタル・ジャケット [Blu-ray](amazon)




 池袋にある名画座、新文芸坐の『魅惑のシネマ・クラシックスVol. 27 ワーナー・ブラザース シネマフェスティバル PART 4』と題した企画で『フルメタル・ジャケット』の上映が決定したようです。

 上映フォーマットはDCPで、スケジュール・料金は次の通り。

【スケジュール】
2月16日(金)12:05/16:35
2月17日(土)10:20/14:55/19:30

【特別料金】
一般1500円、学生1400円、シニア・友の会1100円/ラスト1本1100円(シニア・友の会1000円)

(引用先:新文芸坐・上映プログラム


 映画館でキューブリック作品を観られる機会は意外と少ない(DVDやBDが普及しすぎているせいもあるかも)ので、このチャンスをお見逃しなく。

【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ