『恐怖…』の日本初公開に向けてのオフィシャルサイトディザーが公開になっていたのでご紹介。紹介文にもあるように、キューブリックはこの『恐怖…』を忌み嫌っていて、1991年にコロラド映画祭、1994年にはニューヨークのフィルム・フォーラムで上映された際「訴訟も辞さない」と強硬な態度で臨み、中止に追い込もうとしたほど。

 没後は何度か企画上映され、本国アメリカでは既にTVでオンエア、DVD/BDとしてリリース済です。また、それなりにネットで検索すれば・・・観れます。(当然字幕はないですが)でも、多分劇場公開は今回が最初で最後でしょうから、この機会は逃さないでおきましょう。どうしても観に行けない方は日本版DVD/BDのリリースも当然あり得ますので、それを待ってみるという手もあります。

 ところで上記のような経緯もあるので、キューブリックの遺志を尊重するなら「観ない」という選択肢もあるかと思います。ただ、一度オフィシャルに公開してしまったものは、例え本人が気に入らないといっても後から取り消す事はできませんので、これはキューブリックには諦めてもらうしかなさそうです。実は『恐怖…』だけでなく自主制作第二弾『非情…』も封印しようと試みたようです。さすがに世界公開(日本でも短縮版として公開)され、フィルムが世界中に散逸してしまっていたので、回収は不可能だったみたいですが。

 この事からも分かるように、キューブリックはハリウッドで製作した『現金…』を自身のデビュー作と見なしていたようです。当時は自主制作の2作品は知られていませんでしたからそれで良かったのですが、有名になって以降は自主制作映画だけでなくドキュメンタリー映画まで掘り起こされてしまったのは、このブログで紹介している通りです。

 肝心の作品ですが、オフィシャルサイトやディザーでは期待感を煽っていますが、過度な期待は禁物です。所詮は自主制作ですし、役者もほとんどが素人。『非情…』でさえあのデキですからあとは推して知るべしかと思います。当時のキューブリックの年齢(24歳)や置かれた状況、その頃の映画のレベルを加味して判断すべきでしょう。それがどの程度のものなのか・・・そして「キューブリックらしさ」はどこまで垣間見えるのか・・・。今から公開が楽しみです。