キューブリックブログ記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ml
『2001年宇宙の旅』で初めて発せられる人類の言葉がこの「メーン・フロアです」。原語では「Here you are, sir. Main IeveI, pIease.」



 キューブリックとビートルズの結びつきといえば、以前この記事で「TV映画『マジカル・ミステリー・ツアー』の『フライング』のシーンは、『博士…』のオープニング・シークエンスのアウトテイクの流用」とか、「『2001年…』の猿人「月を見るもの」を演じたダン・リクターは、ジョンとヨーコが購入し『イマジン』のMVの舞台となった邸宅、ティッテンハースト・パークで一緒に暮らしていた」とか、小ネタがいくつかあるのですが、それにまたひとつネタが加わりました。

 『2001年…』で記念すべき人類初のセリフ「メーン・フロアです」を発するエレベーターガールを演じたのは、当時売れっ子のモデルだったマギー・ロンドン(Maggie London)という女性です。このマギー、ビートルズ初の主演映画『ハード・デイズ・ナイト(旧題:ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!)』のディスコシーンでリンゴ・スターと踊っている女性がそのマギーになります。

1:17からのダンスシーンの左側の女性。

Maggie-Final
左:Ringo Starr Jiving With Maggy London At Les Ambassadeurs Nightclub In London To Shoot Part Of The New Film 'a Hard Day's Night'. 1964 . Rexmailpix.(Shutterstock)/右:マギー・ロンドンの近影)

 しかもこのマギー、結婚した相手が1960年代ブリティッシュ・インヴェイジョンの一翼を担ったバンド、マンフレッド・マンのボーカル、マイク・ダボで、結婚時はマギー・ダボを名乗っていたとか(2子をもうけ、現在は離婚)。

ヒット曲『Doo Wah Diddy 』。ロックファンにはクリームのジャック・ブルースが在籍していたバンドとして有名。

 まあ、当のキューブリックはポピュラー・ミュージックには疎かったそうですので、どこまでこういった細かい事情を把握していたのかは不明ですが、この『2001年…』も当時の「スウィンギング・ロンドン」の影響(ハーディ・エイミスがデザインしたコスチュームに顕著)を受けていたんだな、と思わせるエピソードですね。

e1261b7a10c675f039a19e5e75093233
ハーディ・エイミスがデザインしたコスチュームに身を包んだマギー・ロンドン

▼この記事の執筆に当たり、以下の記事を参考にいたしました。
Studio of Style/Maggie London on Vidal Sassoon: "A True Genius"
Maggie London(IMDb)
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
shining_goods
グッズ画像転載許可取得済み

ホラーカフェ☆グッズ情報☆

 7/13から開催中のgourmandise cafe and storeのホラーカフェではホラーグッズを多数販売しております。

【THE SHiNiNG】

iPhoneケース/リチウムバッテリー/ICカードケース/缶バッジミラー/ステッカー/ランチトートバッグ/Tシャツ

 ポップな柄でおしゃれなシャインニングシリーズ。是非一度お手に取ってご覧ください。

(引用元:HEP FIVE SHOP NEWS/2018年7月31日




 関西人にはおなじみ「観覧車のビル」こと大阪・梅田HEP FIVE 3階にあるカフェ「gourmandise cafe and store」でコラボ中の「ホラー・カフェ」に、『シャイニング』グッズが登場しています。お店の入り口はペニーワイズが睨みつけていますが、店内は血塗られたREDЯUMシャイニング・カーペット、怖いよ!と叫ぶダニーくんなど『シャイニング』だらけになっています(詳細は入店してからのお楽しみ)。

 グッズデザインのモチーフは定番の「Here's Johnny! 」ではなく、双子の少女や三輪車に乗るダニーなどですが、あえて犬男を選んでくるあたりが大阪らしいと思うのは私だけでしょうか? Tシャツはメンズですが、サイズさえ合えば女性でも大丈夫だそうです。

 ホラーカフェのコラボは9月30日まで。日本で『シャイニング』のオフィシャルグッズが購入できる機会はほとんどないので貴重です。メニューには『シャイニング』ネタはありませんが、食事をせずグッズのみ購入もできるそうなので、地元民はもちろん、出張や旅行などお近くにお寄りの際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 お店の案内ページはこちら
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 映画レビューSNSサイトフィルマークスで『2001年宇宙の旅』のレビューを読んでいると、SF映画だから宇宙シーンから始まるだろうという先入観からか、最初の「人類の夜明け」パートで戸惑ってしまってそのまま集中力を切らしたまま鑑賞を終え、結局「難解」という結論に至ってしまう、という事例を見つけることができます。それもこれもキューブリックが映像重視の方針からナレーションを外してしまったからなのですが、実はこのパートがどういう意味なのかは「全て映像で説明」しています。ファンにとっては単なる蛇足でしかないと重々承知しつつ、新たな鑑賞者に向けてそれを解説してみたいと思います。尚、当然ですがネタバレしていますので、この記事は鑑賞後にお読みください。

APE01

 「人類の夜明け」と題されたパート。太古の地球、おそらくアフリカ大陸であろう風景から物語は始まります。

APE02

 茫漠とした砂漠に残された人類の祖先である猿人の骨。このように猿人たちは滅亡の淵に立たされていました。

APE03

 猿人たちは草を食し、かろうじて命を繋いでいる状態です。バクと草を奪い合う始末です。

APE04

 ヒョウにも襲われます。このように猿人たちがこの地球上から絶滅するのも時間の問題でした。

APE05

 他の群れとの水飲み場の奪い合いです。しかしせいぜい怒声や動作で威嚇する程度しか方法はありません。

APE06

 夜、猿人たちは寝ぐらで聞きなれない音に神経を尖らせています。

APE07

 朝起きてみると目の前に「新しい岩(モノリス)」が屹立しています。明らかに人工物であるそれが一体なんなのか、誰がそれを置いたのか、一切の説明はありません。

APE08

 初めは威嚇するも、好奇心を抑えられなくなった猿人はやがてモノリスに恐る恐る手を伸ばします。これは年老いたボーマンがベッドからモノリスに手を伸ばすラストシーンの伏線になっています。

APE09

 月と太陽を背にするモノリス。このカットでモノリスは太陽がトリガーとなって動く装置であること、第二のモノリスが月にあることを示唆しています。ちなみに月面のモノリスも太陽がトリガーになっていることを示す同様のカットがあります。

APE10

 何気なく骨を拾ってみる猿人。彼はやがて何かを思い出します。

APE11

 それはモノリスに触ったことでした。このカットは「難解だ」「退屈だ」と散々の評価だったプレミア公開の後に、キューブリックが猿人の「気づき」にモノリスが関係していることを明確に示すため、急遽付け加えたものです。

APE12

 骨を道具として使うことに気がついた猿人。「武器」という解釈もありますが、あえて「道具」としています。理由は後ほど。

APE13

 バクを殺し、その肉を食うことを思いつきます。

APE14

 肉食を覚え、飢餓を脱した猿人。後方のバクはやがて猿人たちに食される運命にあります。

APE15

 再び他の群れとの水飲み場を巡る争いです。今度は相手を排除できる道具(武器)を持っていますので、襲いかかってきた相手を撲殺します。

APE16

 この地球上でもう恐れるものは何もない! と言わんばかりに骨を空に放り投げます。

APE17

 その骨はやがて・・・

APE18

 数百万年の時を経て、1999年の衛星軌道上に浮かぶ人工衛星(核爆弾衛星)へと「進化」しました。


 「骨=武器」と解釈しないのは、この「骨を使うことによってバクの肉を食うことを思いついた」という部分が「(殺人用)武器」という解釈だと説明できないからです。より広義に「モノリスによって道具を使うことを覚えた猿人は、バクを狩ることによって肉食を覚え絶滅の危機から脱出し、同時にそれは武器にもなり得て人類初の殺人を行い水飲み場を支配。そしてその支配は全地球上からやがて月まで到達しようとしていた」と解釈するのが自然でしょう。

 アーサー・C・クラーク著の『失われた宇宙の旅2001』によると、クラークはアイザック・アシモフに電話して草食動物を肉食に変えるにあたっての生科学的問題を話し合った、とありますので、猿人が肉食を覚えたことによって進化に影響を与えたのか否かを検討したのでしょう。結論は上記の通り映画で採用されていますので、「影響を与えた」と判断したことになります。

 今年NHKで放映された『人類誕生』というドキュメンタリーによると、ここに登場した猿人であろうアウストラロピテクスからネアンデルタール人、そして現人類の祖であるホモ・サピエンスと別れた際、ネアンデルタール人は絶滅しましたが、ホモ・サピエンスが生き残った理由として「道具をより高度に扱えた」という学説を紹介していました(例として採り上げられていたのは縫い針と石斧)。つまり、キューブリックやクラークが『2001年…』で提唱したように道具の進化と人類の進化は密接に関係している、というのは現在でも有力な説のようです。

 このパートは端的に言えば「何者かの力によって人類の祖先は滅亡の淵からから脱し、地球の支配者へと進化した」という説明部分なのですが、その「何者か」を映像化するのに、タコの姿をした宇宙人がピアノ線で吊るされてやってきて「アナタガタニ道具ヲ使ウ智恵ヲ授ケヨウ」でも、光輪を背負った神様が手を広げながら天から降臨し「あなた方に道具を使う智恵を授けてしんぜよう」でもよかったはずです。しかしあえてそれをやらず「謎の黒い板」で全編押し通し、畏怖さえ感じさせる映像に仕上げたのはキューブリックの功績であると言えるでしょう。

 『2001年…』はわかってしまえばとても単純なストーリーなのですが、それをそのまま映像化してしまうとCG全盛の現在でも陳腐になってしまうでしょう。キューブリックはそれを頑なに拒否したからからこそ、今に至るまで語り継がれる傑作・金字塔になりました。キューブリックは「ストーリーを映像(と音楽)で語る」監督です。意味・意図のない映像はワンカットもありません。一部で言われるような「アートな映像を繋げただけで特に意味はない」などということは決してないことが、上記の解説でわかっていただけるかと思います。

 以上を理解した上で『2001年宇宙の旅』に再挑戦してみてください。一度観ただけでは見逃していた多くの「意味」に気づくでしょう。そしてそれから何度でもその「気づきと感動」を味わって、楽しんでください。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
undercover

 以前この記事でご紹介した『2001年宇宙の旅』にインスパイアされたアンダーカバーの2018-19秋冬メンズコレクションが発売になったそうです。

 商品はZOZOTOWNのアンダーカバーのページで確認を。HALのブレインルーム「ロジック・メモリー・センター」のデイパックは一見それとわからないのでいい感じ。ヒップホップな人にはパーカーとパンツの上下セットが需要ありそう。白い部屋のモノリスのビジュアルをあしらった長袖スウェットも人気が出そうですね。

 月面のモノリス発見現場や、アリエス号のスチュワーデスシーンのブルゾンはインパクト大なので、着るには覚悟が必要です(笑。これを着こなせる日本人はそんなに多くないでしょう。芸能人とかには需要ありそうですけど。

 ブランドものなのでお値段は高め。庶民は2枚1,500円とバカ安だったイオンのキューブリックTシャツで我慢ですね。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 『2001年宇宙の旅』にイラストレーターとして参加したロイ・カーノンですが、主に宇宙船や月面基地のイラスト化(デザインはハリー・ラング)や、ストーリーボードの作成に腕を振るいました。彼が描いた初期ストーリーボードにはアーサー・C・クラークの小説版に酷似したシーンが登場します。つまりキューブリックは当初はクラークが書き上げてきた小説の草稿を忠実に映像化しようとしていたのです。

 しかし、小説を現実に映像化するには様々な困難が予想されます。CGのない当時、特撮には膨大な予算と時間を必要とします。しかも、いくらそうしたからと言って技術レベルの低い1960年代のこと、完成度の高い素晴らしい映像が撮れるとは限らないのです。そこでキューブリックは当時の技術で映像化しても陳腐にならないシーンを取捨選択し、さらにそのシーンも美的感覚を優先させ、シンプルかつ美しいものに(多少説明不足になろうとも)置き換えてしまいました。その始まりの過程がこれらのストーリーボードから読み取れますので、それを私的判断も混ぜつつ、解説してみたいと思います。

rc1

 地球〜月軌道上からのディスカバリー号の出発シークエンスです。小説版では過去形でボーマンが語り、映画ではこのシーンはカットになりました。宇宙ステーションは円盤型、ディスカバリー号はボウル型と呼ばれる初期バージョンなのがわかります。

rc3

 月面近くを航行中のディスカバリー号。

rc4

 ディスカバリー号のロケットブースターの切り離しです。当初はこうして第2宇宙速度(地球重力圏脱出速度)をかせごうと考えていたようです。

rc6

rc7

rc2

 木星の衛星(どの衛星にするつもりだったかは不明。ちなみに『2010年』ではエウロパが選ばれている)に到達したディスカバリー号。なぜかブースターがくっついたままです。ブースター案はボツになったのでしょうか?

rc8

 ディスカバリー号からスペースポッドが発進するシークエンスです。ディスカバリー号のデザインが変更になっています。スペースポッドはボートみたいなデザインです。複数機出動しているのを見るとコンピュータの反乱はなく、当初案のようにクルー全員で木星探査に乗り出しているようです。

rc5

 スペースポッドがディスカバリー号に帰還するシーンです。かなり雑な印象。

rc9

 木星の衛星の表面を飛行するスペースポッド。

rc10

 木星の衛星にぽっかり空いた穴。縦穴モノリス?

rc11

 縦穴モノリスに近づくスペースポッド。小説版では土星の衛星ヤペタスに屹立するモノリスの近い面と遠い面が入れ替わり、いつの間にか縦穴に変化しているという描写でした。当時それを映像で表現するのは不可能なので、単なる縦穴にしてしまったのかもしれません。

rc12

 縦穴に降りていくスペースポッド。小説版のボーマンのセリフ「すごい!降るような星だ!」を思い出します。最終的には「木星衛星軌道上の巨大モノリスがなんらかの力場を宇宙空間に発生させ、それにスペースポッドが飲み込まれた」という描写になりましたが、「縦穴に降りていく」というシチュエーションはそれに比べるとちょっと間抜けに見えます。

 以上、これらのストーリーボードに描かれたシーンやデザインはキューブリックによって「全てボツ」にされました。『2001年…』が現代でも耐えうる完成度を誇っているのは、これら「大量のデザインとアイデアの死屍累々」の上に成り立っているのだ、とたまには思い出すのも悪くないかも知れませんね。

RCarnon

 ちなみにこのロイ・カーノン、『2001年という“未来”(2001: A Space Odyssey -- A Look Behind the Future)』にご本人が登場し、その仕事ぶりが紹介されています。BDに特典映像として収録されていますので、興味のある方はぜひそちらもご覧ください。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ