キューブリックブログ記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
M1

M2
キューブリックの左側にいるのがトーバ・メッツ。

M3
映画の男と同じポーズをとる芝居をするキューブリック。

M4
キューブリックとルースが「共演」したシーン。

 キューブリックの二番目の妻、ルース・ソボトカがキューブリックと結婚前、画家兼映画監督ハンス・リヒターの前衛映画『金で買える夢(Dreams That Money Can Buy)』に出演していたことは以前この記事で紹介しましたが、この映画にキューブリックと最初の妻であるトーバ・メッツ(当時はガールフレンド)が、エキストラとして参加していたそうです。

 この作品の初公開は1947年9月ですので、撮影がその年だとしてもキューブリックは当時18〜19歳(撮影が1947年7月以前なら18歳)。この頃すでにルック誌の有望な新人カメラマンとして、ニューヨークのユダヤ人コミュニティでは知られた存在でした。であれば、キューブリックが映画製作に興味がることを知っている誰かが、この作品のエキストラとしてキューブリックとトーバを撮影現場に誘ったのでは?と考えるのが妥当な気がします。どちらにしても公開された作品は観たでしょうから、キューブリックとトーバは結婚する前から、将来キューブリックの二番目の妻となるルースの存在を認識していたことになります。そのキューブリックがルースと付き合うようになるのはこの5年後の1952年。この頃キューブリックは『恐怖と欲望』を制作中で、ルースはバレリーナをしていました。きっかけはルースのルームメイトの振付師、デイビッド・ヴォーガン(のちに『非情の罠』でデイヴィのマフラーを盗む役として出演)を通じてだと言われています。

M5
ルースが初めて映画に登場するシーン。

 いずれにしてもこの作品で、キューブリック本人とその最初の妻であるトーバ、二番目の妻であるルースが「共演」しているという事実は、実に驚くべきものがあります。つまりこの三人は、ニューヨークのユダヤ人コミュニティという狭い範囲で知り合い、結婚まで至ったということです。キューブリックはその後、ニューヨークはおろかアメリカからもはるか離れたドイツで、以降の生涯を共にするクリスティアーヌ(しかもユダヤ人を弾圧したナチに近い家系の出身者)と三度目の結婚をすることになるのですが、キューブリックがニューヨークのユダヤ人コミュニティから離れ、イギリスに居を構えたのは、そのユダヤ人コミュニティが肌に合わなかったのも理由の一つなのかも知れません。

 ところで、キューブリックはこの頃勃興したニューヨークの前衛映画に関して

「アンダーグラウンド映画からはどんな可能性も感じなかった。クレイジーなアイデアや想像力はあっても、撮影技術はよくなく、興味をそそられなかった。」

と後のインタビューで語っています(イメージフォーラム1988年6月号「キューブリックのロングインタビュー」)。キューブリックの目標はあくまでメジャー・シーンであるハリウッドでの、自己の映像表現を追求することにありました。それは劇映画処女作『恐怖と欲望』が、ニューヨークのアンダーグランドシーンに於いて、多少評価が良かったくらいで満足していなかったという事実からも推察できます。キューブリックが、この『金で買える夢』のエキストラ出演で得たものは「自分はこちら方面に興味もなければ進むべきでもない」という結論だったのではないでしょうか。


『金で買える夢(Dreams That Money Can Buy)』フルバージョン。キューブリック、トーバ、そしてルースの出演シーンは32:56より。


The Stanley Kubrick Appreciation Societyによる紹介動画


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
IMG_1633

 シド・ミードといえば『ブレードランナー』のプロダクトデザインを担当し、一躍有名になった工業デザイナーですが、のちに「ビジュアル・フューチャリスト」を名乗り、プロダクトデザインのみならず、その作品の世界観までデザインするアーティストとして一斉を風靡しました。日本では『YAMATO2520』や『∀ガンダム』で有名ですが、そちらはその方面の専門家にお任せするとして、キューブリックファンの見地からすると興味があるのはやはり『2001年宇宙の旅』の続編、『2010年』の主役宇宙船「アレクセイ・レオノフ号」を始めとするプロダクトデザインを担当した点です。

 当時、シド・ミードが『2010年』のプロダクトデザインを担当すると聞いて、ソ連といえば曲線的なデザインと刷り込まれていた管理人は「シド・ミードの直線的なデザインだとソ連の宇宙船に見えないのでは?」と危惧していました。デザイン画を見てもその印象は拭えず、「これじゃアメリカ製にしか見えない」と思ったものです。しかし、実際に映画でそのデザインを観るとそんなに違和感はなく、特撮班が頑張ったのか、ディスカバリー号とは対照的な無骨な重量感が存分に「ソ連製」を感じさせてくれました。アーサー・C・クラークが原作『2010年宇宙の旅』で書いた「レオノフ号がディスカバリー号をレ●プしている」というシーン(ドッキングシーン)も原作の印象と大きく違うものではなく、胸をなでおろしたものです。『2010年』という作品に関しては、キューブリックの『2001年…』と比較すること自体間違っていると思うし、それとは全く違う別物として、今現在観ても違和感なく楽しめる「ハードSF映画」として仕上がっていたと思います。それに工学的な知識に裏打ちされたデザインを心がけていた、シド・ミードが果たした役割は少なくないなと、今回の展覧会を観て改めて感じました。

 なお、会場では『ブレードランナー』のメイキング・ドキュメンタリー『デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナー』でシド・ミードが登場する部分が繰り返し再生されていました。ちなみにこのドキュメンタリーに共同制作者として登場するアイヴァー・パウエルは、『2001年…』で冷凍冬眠中にHALに殺されるカミンスキー博士を演じて(ただ寝ていただけですが。笑)います。(詳細はこちら)その他会場ではカーデザイナーとして活躍していた1960年代から、ハリウッドに進出してプロダクトデザインを担当した『スタートレック』『トロン』『エイリアン2』『ショート・サーキット』、そして前述した『YAMATO2520』『∀ガンダム』までと、来場者が3万人を突破し、会期が延長されたのも頷ける充実の展示内容でした。ただ、鑑賞の順路や音声ガイダンスの順番など、導線のレイアウトが良くなかったのが気になりました。あと入場料が2,000円、音声ガイダンスが500円というのも割高感(会場は旧小学校の校舎)がありました。それに地方巡回もしないそうなので、その点も残念です。

 会期は2019年6月2日まで。公式ホームページはこちら

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
TIMBERLINE
引用元:Raddit/stephenking/A letter sent from the Timberline Lodge (Overlook Hotel) to Stanley Kubrick, explaining why Room 217 was changed to 237 in the film.

・・・すでに217号室を見たいとおっしゃる何人かの観光客がいらっしゃいます。映画が公開され、地元で知られるようになると「バスタブの女性」の肥大化した死体に襲われると観光客が恐れてしまう可能性があります。可能であれば「217」を237、247、または257に変更してください。どれもティンバーライン・ロッジには存在しません。



 キューブリックファンにはおなじみですが、映画『シャイニング』の舞台であるオーバールック・ホテルの外観として使用されたティンバーライン・ロッジが「宿泊客が怖がって泊まりたがらなくなるので、幽霊が出る部屋を217号室から存在しない237号室に変更して欲しい」と依頼したというエピソードを裏付ける、ティンバーライン・ロッジからキューブリックに宛てた手紙が発見され、現在ロンドンで開催中の『スタンリー・キューブリック展』に展示されているそうです。227号室がないところを見ると、それは存在したんでしょう。結局キューブリックは原作の217号室を237号室に変更することにしましたが、その旨を手紙に書き込んでいます。

 そして以下が現在のティンバーライン・ロッジ側の公式コメント。

「宿泊客が217号室に泊まるのを怖がるかもしれないので、キューブリックに217号室を描かないように依頼、存在しない237号室に置き換えました。ですが奇妙なことに、そして多少皮肉なことに217号室はロッジの他のどの部屋よりも頻繁にリクエストされています」

(引用元:ティンバーライン・ロッジ公式サイト/ヒストリーページ


 確かに「皮肉」な話ですね(笑。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
beyond1
銀座の資生堂ギャラリーで2017年11月21日〜12月24日まで展示されていた『善悪の荒野(Beyond good and evil, make way toward the waste land.)』と題されたアート作品

 現在ロンドン・デザインミュージアムで開催中の『スタンリー・キューブリック展』ですが、日本でも多くの方が関心を持たれているようで、当ブログで2012年頃から日本開催をお願いしてきた管理人としても嬉しい限りです。最近、キューブリックの長女であるカタリーナ(キャサリーナとも)さんがTwitterを使い始めたらしく「Please come to Japan!」とメッセージを送ったところ「A museum in Japan has to want the exhibition there. Maybe you could organise that?(舌出しと考える絵文字)」というなんとも返事に困る返信をしていただきました。皮肉っぽいニュアンスはともかくも、キューブリック展開催には美術館側からのオファーと組織が必要とのことなので(まあ、当たり前といえばそうなのですが)、そのご協力を皆さまにツイートさせていただきました(カタリーナさんからは「ジョークだった」とやんわり謝罪されているのでお気になさらないように)。

 おそらくカタリーナさんは「そんなに簡単に言わないで、ロンドンだって大変だったんだから!」という気持ちがあったからだと推察しますが、まさにその通りで、キューブリックのお膝元であるロンドンでさえ「今になってやっと」ですから、この日本での開催がいかに困難かは察するに余りあるものがあります。しかしそれを望むのがファンというもの。そこで誠に勝手ながらKUBRICK.Blog.jp 管理人が、その考察とご提案をここでさせていただけたらと思います。

 そのキューブリック展ですが、大きく以下の3つの点を考慮すべきかと思います。

(1)ライトなファン向けか、コアなファン向けか

(2)ルック社カメラマン時代のキューブリックの扱いをどうするか

(3)『ナポレオン』や『アーリアン・ペーパーズ』などの未完作品をどう扱うか


 (1)は後回しにして、まず(2)については、別枠で写真展を開催すべきだと考えます。昨年(2018年)の5月3日から10月28日の期間、ニューヨーク市立博物館で『Through a Different Lens:Stanley Kubrick Photographs』と題して写真展が開催されました。それに合わせて同名の写真集もすでに刊行されています。ですので、キューブリック展では最低限触れる程度で良いかと考えます。理想を言えば『キューブリック展』と『キューブリック写真展』を別施設の同時期開催ですが、もし『キューブリック展』のオファーが競合し、それが実現しなかった関係者様は、より小規模な施設でも開催可能な『キューブリック写真展』の開催を企画されてみることをお勧めいたします。キューブリックがルック社時代に撮影した写真の権利は、ニューヨーク市立博物館が全て所有しております。過去の事例としてイタリア・ジェノバオーストリア・ウィーンでの開催事例がありますので、それぞれご参照ください。

 (3)についてですが、これも最低限で良いかと考えます。というのも、当ブログでこれら未完作品に関する記事は人気がないからです(笑。コアなファンの方は興味を示していただけるのですが、ここまでディープな情報に興味を示すファンはそんなに多くないな、というのが管理人の実感です(もちろん当ブログではそんなことは一切気にせず、今後も記事にするつもりです)。

 次に、当ブログの現在までのアンケート結果をこちらでご覧ください。このように、現在キューブリックファンは男性比率が多いものの、女性も約1/4とキューブリック作品の特性(エロや下ネタが多い)を考えれば健闘していて、世代に至っては30代以下の世代もそれなりに分布している印象です。このアンケートを始めた当初は圧倒的に男性が多く、世代も40代以上が多数を占めていたのですが、約6年でファン層が広がった事実がここからもわかります。

 そして、昨今の展覧会のトレンドも無視できません。すなわち「インスタレーション(体験型展示)」です。その一例ですが、銀座の資生堂ギャラリーで2017年11月21日〜12月24日まで『1/2 Century later.』と題したアート展が開催されました。そこに展示されていたのは『2001年宇宙の旅』に登場した「白い部屋」を模した展示でした(上記画像)。この展示はキューブリックファンの話題を集めましたが、それは劇中のワンシーンを展示で再現する「体験型展示」だったからです。もちろん展示点数の多いキューブリック展では同じようにはできませんが、現在ロンドンで開催中のキューブリック展も、写真や動画で見る限りはそういった方向性を感じ取ることができました。

 ただ、そうなるとおのずと展示点数は少なくなり、作品の世界観再現のためにレプリカの展示が多くなるという問題があります。キューブリック作品のプロップやセットはほとんど残ってなく(現存するものはかなり貴重)、現在展示されている大型のプロップはレプリカ、大量生産品は同型他機種がほとんどです。コアなファンからしてみれば「そんな価値のないレプリカよりも、実際に映画製作に使用した台本やメモ、手紙、スケッチ、絵コンテ、ストーリーボードなどの紙資料を展示してほしい」と思うかも知れませんし、管理人もそう思います。しかし、ここはそれをグッと我慢し、「いかにキューブリック作品の世界観に没入できるか」という体験型展示を目指すべきだと考えます。それに最適な一例として、海洋堂さんの『ディスカバリー号プロップ完全再現モデル』の展示を希望いたします。現在キューブリック展で展示中のディスカバリー号の模型はお世辞にも工作精度の高いものとは言えません。海外のキューブリック関係者に「日本のものづくりの真髄」を見せつけるためにも、是非の実現を希望いたします。

 他には、紙ものの展示縮小はやむなしとの意見と逆行するようですが「黒澤明との手紙「スタンリー・キューブリック・アーカイブ」に残っていれば)」と「手塚治虫との手紙(封筒のみ手塚治虫の遺族が所有)」の展示もキューブリックと日本とのつながりを示す貴重な資料なので展示を期待したいです。

 このような点を勘案すると(1)の結論は「ライトなファン向け」となります。もちろん集客の面からもそちらの方が有利なのは言うまでもありません。コアなファン向けには『The Stanley Kubrick Archives』の邦訳本を発刊していただければある程度溜飲は下がるでしょう。そうなると出版社さんも巻き込まなければなりませんが。

 実現するか否かはともかく、以上がKUBRICK.Blog.jp 管理人の『スタンリー・キューブリック展』に関する(勝手な)考察とご提案です。なお、Twitterでも申し上げたように、当ブログはその実現のための内部資料であれば、許可も報告も不要でご自由にご活用していただけます。関係者様各位の賢明なるご判断を何卒よろしくお願いいたします。

参考:『スタンリー・キューブリック展』関連リンク
ニューヨーク市立博物館
スタンリー・キューブリック展公式サイト
スタンリー・キューブリック・アーカイブ(ロンドン芸術大学内)
『スタンリー・キューブリック展』開催地リスト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
DSC01275
『時計じかけのオレンジ』Tシャツの地の色の赤は、若干朱色がかった赤です。

 現在、全国(北海道・九州を除く)のイオン大型店にて、トップバリュの「A BASE-T」というブランドから『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『フルメタル・ジャケット』のキューブリック作品Tシャツ3種類が880円(税別)で発売になっていましたので、早速購入してきました。

 昨年は6種・3サイズ展開だったのですが、今年は3種・4サイズ(S、M、L、LL)展開です。LLが追加になっていますが要望が多かったのでしょうか? 『時計じかけのオレンジ』TシャツはWEGOからも販売されていますが、サイズはMとLのみ。女性にも少なからずニーズがあるはずですので、Sを用意してくれたイオンさんは良心的だと言えます。でもまあ、そもそもWEGOとイオンとでは販売力が違いますので、はける枚数が多い分、価格を抑えたりサイズ展開をしやすいイオンさんが有利なのは当然と言えば当然です。だとしても税込でも1,000円を切る価格はやはり魅力的ですね。

 イオンは、よりどり2点で1,500円(税別)というさらに破格値の「Tシャツフェス」を2019年4月26日(金)〜5月6日(月)に開催すると予告しています。昨年に続いてもろにGWにぶつけてきましたが、昨年の状況を説明すると、キューブリックTシャツに限って言えば5月3日にはネットショップは完売、GW中には大都市圏近郊のイオンでは軒並み売り切れ、その後も入手希望者が後を絶たず「キューブリックTシャツ難民」が発生するという事態になりました。今年はどうなるかはわかりませんが、確実に入手したい方はTシャツフェス前に購入する方が無難かもしれません。

 ただ昨年の盛り上がりは「キューブリック作品商品化元年」と言える年で、それまで中に浮いていたキューブリック作品(ワーナが権利を持つ『ロリータ』『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『バリー・リンドン』『シャイニング』『フルメタル・ジャケット』『アイズ ワイド シャット』の7作品)の版権をワーナーが一元管理することになったことによるものです。ですので、キューブリック作品のオフィシャル商品化(海賊版の商品はそれまでにも数多く存在していた)を心待ちにしていたファンが飛びついた、という経緯がありますので、今年は昨年ほど盛り上がるかどうかはわかりません。でも、Twitterでもそこそこ盛り上がっているようですし、ファンなら購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 イオン映画コラボTシャツ取扱店舗はこちら。イオンのネットショップでも現在販売中(2019年5月6日現在)です。

『2001年宇宙の旅』
『時計じかけのオレンジ』
『フルタメル・ジャケット』

このページのトップヘ