キューブリックブログ記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

FEAR & DESIRE (1953)[Blu-ray](amazon)


 北米版『恐怖と欲望』DVD/BDに描かれているライフルとその先に付けた銃剣のイラストですが、これを見てこのTV番組のオープニングを思い出した方は多いのでは?管理人は『コンバット!』をリアルタイムで観ていた世代ではありませんが、それでもCMにも採用された(※閲覧注意)有名なテーマ曲とこのイラストは知っていました。いくら『恐怖…』の内容が偶然『コンバット!』と似ているからといって、それに似せたパッケージデザインを採用する神経が分かりません。ひょっとして『コンバット!』と間違ってこのBDを購入させようとするミス・リード戦略なのでしょうか?

 もちろんキューブリックとは何の関係もない話です。『コンバット!』は1962年から1967年までアメリカABCで製作・放映され大人気となり、日本でも放映されました。当たり前ですが、その頃『恐怖…』はキューブリックによって固く封印されていたので、ABCの関係者が『恐怖…』に影響を受けた可能性は皆無です。

 何故こんなパクリと言われても仕方の無い、インチキ臭い事をしたのでしょう?北米版販売元のキノ・ローバー社の姿勢は非常に疑問です。日本の販売元のアイ・ヴィー・シーさんはこのデザインを採用しませんでしたので一安心・・・と思っていたのですが、いくつかのグッズで銃剣のイラストを使っているようです(溜息。誰か止める人はいなかったんでしょうか?これじゃキューブリックの『恐怖…』は『コンバット!』のパクリ(あるいは逆に『コンバット!』は『恐怖…』のパクリ)などと誤解されかねません。内容が似ているだけに両者ともにいい迷惑です。

 ここで明言しておきます。キューブリックの劇場用映画処女作『恐怖と欲望』と、アメリカABC製作のTVドラマ『コンバット!』。この両者には何の関係も、関連性もありませんし、影響云々もありません。全てはキノ・ローバー社が恣意的に(と考えざるを得ない)ライフル銃と銃剣のイラストをパッケージに採用したのが元凶です。その「元凶」は、日本版の販売元にも誤解を与えて(この事実を知らなかったとすれば)しまいました。こういった販売戦略は中小の配給会社や販売代理店ではよくある事とはいえ、コンプライアンスが叫ばれて久しいというのに、甚だ残念という他ありません。

【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
25)
※リサ&ルイーズ来場告知ページ


 『シャイニング』の双子の少女役で有名なリサ&ルイーズ姉妹がニュージャージーで3月に開催される『モンスター・マニア・コンベンション』にゲストとして来場するそうです。こういった公の場所に登場するのは1999年のTV番組以来ではないでしょうか。

 なにかと情報の少ないリサ&ルイーズですが、ダニー・ロイドのように来場の様子がYouTubeにアップされるでしょうから、今から非常に楽しみです。それに合わせたのか、ご本人たちがツイッターを開設したようです。まだフォロワーが少ないようですので、フォローしてみてはいかがでしょうか。私もフォローしましたが、なんとリフォローして頂きました!すごい!!

 『モンスター・マニア・コンベンション』は2014年3月7〜9日、場所はニュージャージー・チェリーヒルのクラウンプラザホテルです。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 GyaO!で配信されているワーナー・フィルムズ・オンラインシアター〈月額見放題コース〉の2013年11月の特集はスタンリー・キューブリックで、ワーナーが権利を持っいる7作品『アイズ ワイド シャット』『フルメタル・ジャケット』『シャイニング』『バリー・リンドン』『時計じかけのオレンジ』『2001年宇宙の旅』『ロリータ』を配信中です。視聴にはYahoo! JAPAN IDと月額997円の登録料が必要ですが、11月の1ヶ月間は見放題になります。キューブリック作品以外では『2001年…』の続編のロイ・シャイダー主演『2010年』、『時計…』でアレックスにナンパされた少女役のジリアン・ヒルズが出演しているミケランジェロ・アントニオーニの『欲望』あたりがおすすめでしょうか。未視聴の方は是非この機会にどうぞ。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
35)
Stanley Kubrick archives(Facebook)


 キューブリックの資料を一手に保管・管理する「スタンリー・キューブリック・アーカイブ」がフェイスブックを開設しています。開設は2013月2月10日のようです。そのせいか、ロンドン芸術大学内にあったアーカイブの紹介ページは閉鎖になったみたいです。

 ここで書く記事の元ネタを晒すのは少し抵抗があったのですが、ここで紹介しきれないレアな写真や資料がザクザクと・・・(笑。右段の「Stanley Kubrick archives」の項目でRSSを表示していますので、気になった記事はチェックしてみてください。

 当ブログもフェイスブックを開設していますが、ブログからFBに自動ポストする設定にしているだけでほぼ放置状態(苦笑。FBのヘビーユーザーには申し訳ないですがメインは当ブログですので、こちらのチェックを宜しくお願いいたします。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
4b4920cd
アメリカンビスタとヨーロッパビスタの比較。数字以上に印象が違い、ヨーロッパビスタの方が視野に全画面が収まりやすいのが分かる。



 キューブリックは『2001年…』や『博士…』など、意図を持った特別なアスペクト比でない限りは、上映サイズはヨーロッパビスタを基準と考えていたようです。(撮影サイズについての記事はこちら)では何故キューブリックはヨーロッパビスタにこだわり、アメリカンビスタを嫌ったか、まずはその理由を考察したいと思います。

 現在は世界的にアメリカンビスタが主流になり、ヨーロッパビスタは廃れつつあります。その理由は一にも二にも視覚的なインパクトにあると考えます。とにかく視野から溢れるくらいの映像で観客を圧倒しようとするなら、よりワイドである方が有利になります。上映される映画もインパクトある大迫力CGで押しまくるハリウッド映画ばかり。当然アメリカンビスタを備えた映画館ばかりになってしまいます。(日本も例外ではありません)

 一方のヨーロッパビスタはワイドとはいえアメリカンビスタまで極端でなく、画面の隅々まで注意が行き届きます。芸術性の高い映画を数多くリリースしているフランスにヨーロッパビスタが多いのも納得がいきます。

 キューブリック作品の特徴と言えば当然後者になります。キューブリックはとにかくディテールにこだわる監督です。キューブリックがアメリカンビスタを嫌い、ヨーロッパビスタを好んだのは当然の事かと思います。ただ残念な事に、ハリウッド映画が世界的に隆盛を誇るようになると、ヨーロッパビスタで上映できる映画館は減少していきました。さすがのキューブリックもその現実には抗えなかったのでしょう、『シャイニング』からはアメリカンビスタでの上映を考慮せざるを得なかったようです。

 次に音声はモノラルにこだわった理由を考察します。実はこれは考察するまでもなく、レオン・ヴィタリがインタビューでその理由を明確に答えています。曰く「300もの英国の映画館をリサーチした結果、音響設備が場所によってかなり異なるため、悪い音響設備でステレオで聴くぐらいならモノラルの方が良い」「悪いステレオより良いモノラルだ、と考えていた」だそうです。非常にシンプルで明快な話です。この話で重要なのはキューブリックはまず第一に映画館での上映をベストコンディションで、と考えていました。『2001年…』の音声がステレオのなのはシネラマの設備はステレオが必須だったため、上映館によって品質に差が出る懸念がなかったためなのでしょう。

 どちらにしてもキューブリックの最大の懸案は「自分の知らない所で自分の意図しないフォーマットで鑑賞されたくない」であった事が伺えます。アメリカンビスタよりヨーロッパビスタを好んだのはそうかも知れませんが、作品の題材がアメリカンビスタやシネマスコープが効果的と考えたらそれを選んでいたでしょう。また、テレビが【4:3】なら自身の手でそれに合わせるし、【16:9】が主流になればやはりそうしたでしょう。映画館の設備が更新され、音響環境が改善されればモノラルに固執する必要はないですから、ステレオにしたでしょう。

 しかし残念ながらキューブリックは、シネマコンプレックスやワイドTV、ステレオ音声が標準になる2000年代を見る事なく逝去しました。あと10年長命であったなら、自身の手で納得行くまで調整をしたでしょうから、現在のBD化の際に問題になっているアスペクト比についての混乱も避けられたのにと、返す返すも残念でなりません。
【お願い】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、WEBマガジンやキュレーションサイトなど、アクセス集めを目的とするサイトのライター様はこの条件を守って頂けていないようですので、の当ブログの閲覧を全面禁止させていただきます。当ブログ記事の一切の参考・引用はしないでいただきますよう、宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ