キューブリックブログ記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
stanley_kubrick

 スタンリー・キューブリック監督に関する「超マニアック」クイズを作成しました。設問は10問までしか設定できませんでしたので、自主制作の『恐怖と欲望』『非情の罠』、キューブリックが自作と認めていない『スパルタカス』は省きました。

 自分自身のマニア度を客観的に評価できないので、設問の難易度設定には苦労しました。タイトルに「超マニアック」と入れましたが、人によって難易度の感じ方はさまざまだと思います。管理人もTwitterで見かけるこういったクイズに何度か挑戦したことがあるのですが、「激ムズ」といいながらそんなに難しくない(ほとんど答えがわかり、数問だけカンで答えれば全問正解してしまう)ものが多いのですが、当ブログが作る以上、そんなに簡単では「その程度?」と思われるのも嫌なので、キューブリック全作品を一通り観ただけでは全問正解できない程度には難しくしました。また、「ひっかけ問題」もありますので注意してお答えください。

 もちろんこの結果で「キューブリック愛」を測ろうというものではないので、「お遊びのひとつ」程度とお考えいただければいいと思います。それよりも解説を充実させることで、遊んでいただいた方にキューブリックに関する知識を増やしていただけるように配慮したつもりです。ですので、ぜひ解説も読んでくださいね。

 それでは、こちらから皆様の挑戦をお待ちしております!




KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
愛された男メイン『キューブリックに愛された男』ことエミリオ・ダレッサンドロ(写真右)

魅せられた男サブ02『キューブリックに魅せられた男』ことレオン・ヴィタリ(写真左)

 amazonに情報がアップされましたのでご紹介。発売予定日は2020年6月3日。パッケージや特典など、詳細がわかりましたらまた記事にします。ただ、ちょっとお高い印象も。

『キューブリックに愛された男』
 4,290円(税込)

『キューブリックに魅せられた男』
 4,290円(税込)

『キューブリックに愛された男・魅せられた男 2作品セット』
 8,580円(税込)



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
GU2001
現在GUで販売中の『2001年宇宙の旅』コラボ。Twitterなどを見る限り人気になっているようです。

 現在ではすっかり映画コラボの定番アイテムと化した感のあるキューブリックアパレルですが、キューブリックは自作の版権ビジネスを好まず、そのまま逝去してしまったため、最近までその権利関係は宙に浮いたままでした。それがなぜ昨今のリリースラッシュへと変わったのかというと、伝え聞くところによるとキューブリックサイドがワーナーに版権管理を一元化したため、とのことです。そのため現在公式商品化できるのはワーナーが権利を持つ『ロリータ』『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『バリー・リンドン』『シャイニング』『フルメタル・ジャケット』『アイズ ワイド シャット』となりますが、現在までで商品化が確認されているのは『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『シャイニング』『フルメタル・ジャケット』の4作品になります。

 権利問題をどう処理しているか正確なところは部外者である管理人にはわかりませんが、時系列を整理することによってある程度経緯が見えるのではないかと思い、ここに情報を整理してみたいと思います。



2014年12月:COACHの2014年秋コレクションに『シャイニング』のアポロ11セーターにインスパイアされたセーターが登場

 コーチがキューブリックサイドやワーナーに許可を得てデザインしたものか、そうでないものかは不明です。この時点ではキューブリック財団はまだ活動を(公式には)スタートさせていませんでした。しかし、このことがオフィシャル化の動きを促したことは十分考えられます。

coach_shining


2016年6月:「Stanley Kubrick」公式Twitterアカウント公式Facebook開設

 キューブリックの権利団体(キューブリック財団)がTwitterとフェイスブックの公式アカウントを開設したのがこの時ですが、権利団体自体はそれ以前から存在し、準備をしていたと考えるのが妥当でしょう。


2017年2月:オフィシャルアパレルとして初めて『時計じかけのオレンジ』Tシャツが登場

 2月21日にアメリカの映画館チェーン「アラモ・ドラフトハウス・シネマ」で『時計じかけのオレンジ』を特別上映する際、前売りチケットの特典として公式Tシャツが登場しました。これが管理人が把握している最古の公式アパレルです。ただ、もしかしたらこれ以前に公式アパレルのリリースがあったかもしれません。

ClockworkOrange_EventPage


2017年10月:アンダーカバーが『シャイニング』の双子の少女をモチーフにしたコレクションを発表

 アンダーカバーによるキューブリック・インスパイアはこれが最初になります。

undercover_shining


2017年11月:H&Mが『シャイニング』の双子の少女Tシャツを販売

 管理人がこのTシャツの存在に気がついたのが11月でしたが、発売はそれ以前だと思います。急いで店舗に買いに走りましたが季節柄Tシャツの取り扱いはなく、結局ネットショップで購入しました。

IMG_1254


2018年1月:アンダーカバーが『2001年宇宙の旅』にインスパイアされたコレクションを披露

 アンダーカバーが2018-2019秋冬メンズコレクションで『2001年宇宙の旅』にインスパイアされたコレクションを披露しました。

undercover2018aw


2018年4月:イオンスタイルから『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『フルメタル・ジャケット』のTシャツが発売

 おそらくキューブリックアパレルが大々的に認知されたのは、この時のイオンが初めてだと思います。そしてもちろん、日本のメーカーで公式アパレルを発売したのもイオンが初になります。管理人も購入早々ツイートしましたが、その直後からイオンのネットショップが繋がりにくくなるという大失態を犯してしまいました。関係者の皆様、その節は大変ご迷惑をおかけいたしました(汗。それだけキューブリックアパレルを望んでいたファンが多かったという証左なのですが、980円(GWのセールでは2点以上で750円)という低価格も話題になりました。なぜなら非公式(海賊版)の輸入Tシャツを5、6千円で買わされていたファンからすればタダみたいなものだったからです(笑。ネットメディアもこの話題に飛びつき、キューブリックファン、映画ファンの間ではちょっとしたトピックになりました。

tsyatu


2019年1月:アンダーカバーが『時計じかけのオレンジ』にインスパイアされたコレクションを披露

 『2001年…』に引き続き、アンダーカバーが2019-2020秋冬メンズコレクションで『時計じかけのオレンジ』にインスパイアされたコレクションを披露しました。

undercover2019aw


2019年4月:イオンで『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『フルメタル・ジャケット』Tシャツが発売

 昨年に引き続きイオンでキューブリックコラボが発売されました。この年の秋にもイオンは『時計…』『フルメタル…』のロンTを発売しています。

DSC01275


2019年6月:GUより『シャイニング』『時計じかけのオレンジ』Tシャツが発売

 昨年のイオンのヒットを知ってか、GUが『シャイニング』『時計じかけのオレンジ』Tシャツを販売しました。特に『シャイニング』の双子の少女Tシャツはメンズなのに女子に大人気で争奪戦になり、メルカリなどで転売される騒ぎとなりました。

GU_KT


2019年9〜10月:ZARAより『シャイニング』コラボアイテムが次々登場

 H&Mに負けじとZARAもキューブリックコラボを発売。特に双子の少女Tシャツはやはり人気だったようです。

zara

ZARA1


2020年1月:サンキューマートより『シャイニング』双子の少女と『時計じかけのオレンジ』アレックスTシャツが発売

 ローティーン女子向けのショップ、サンキューマートでも390円という驚きの低価格でキューブリックアパレルが発売になりました。「ローティーンに(エロ・暴力描写が多い)キューブリック作品は・・・」という向きもあろうかと思いますが、個人的には全く問題ないと思っています。遅かれ早かれ拗れる人は拗れるもんです(当人比)。

DSC00175


 上記以外にもWEGO、FRAY I.D、FURFUR、ヴィレッジヴァンガード、メディコムトイ、ニコル、ハードコアチョコレート、グッドロックスピード、Noodle、FREAK'S STORE、SLOBE IENALE、jouetie、BEAMS、パニカムトーキョー、niko and...、ユナイテッド・アローズ・グリーンレベールなど、日本の主要なアパレルメーカーは一度はキューブリックコラボをリリースしているのではないでしょうか。そして今夏は個人的に「本命」と目していたユニクロのUTから『2001年…』コラボが発売される予定になっています。



 こうして振り返ると、やはり2018年のイオンが転機だったと思います。旧来からのキューブリックファンはもちろん、キューブリック作品を知らない映画ファン、そしてそもそもそんなに映画に興味を持っていなかったライトなファンまで巻き込んだ「ファッションアイコン」としてキューブリック作品が扱われるようになりました。もちろんそれ以前から、ヴィレッジヴァンガードなど輸入雑貨を扱う店ではポスターやポストカードなどが販売されていて、キューブリック作品で自室を飾るということはファンの間では普通に行われていました(私も例外ではありません。大汗)。ですが、「ポスターを部屋に飾る」と「Tシャツを着て外を歩く」では大きく意味合いが違います。現在のキューブリックアパレルの頻発と、それを着て街を闊歩するファン(もちろんそんなにファンじゃなかったとしても)の出現は、旧来からのファンからすると「こんな時代が来るなんて!」と、とても信じられませんし、また嬉しくも思います。

 当ブログやツイッターで何度も繰り返していますが、「これをきっかけにキューブリックファンが増えればいいことなので、未視聴で着ても全く問題ない」というのが管理人の立場です。1998年に個人ホームページとして開設、2006年にブログに移行して以来ずっとネットの片隅で細々と「キューブリック!」と叫び続けていた管理人にしてみれば「もっとやって!」とさえ思っています(笑。キューブリック存命時代を知らない若いファンも大いにキューブリック作品にハマっていただき、その魅力(肯定でも否定でも)を語り合っていただけたら、望外の喜びであると声を大にして申し上げたいと思います!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『キューブリックに愛された男』(S Is for Stanley)
2016年/イタリア/1時間22分
監督:アレックス・インファセッリ
出演:エミリオ・ダレッサンドロ
3月24日(火)10:30〜11:52 @シネマテークたかさき
3月26日(木)13:00〜14:22 @シネマテークたかさき

『キューブリックに魅せられた男』(Filmworker)
2017年/アメリカ/1時間34分
監督:トニー・ジエラ
出演:レオン・ヴィターリ/ライアン・オニール/R・リー・アーメイ/ステラン・スカルスガルド
3月24日(火)12:30〜14:04 @シネマテークたかさき
3月27日(金)19:30〜21:04 @シネマテークたかさき

(引用元:第34回高崎映画祭公式サイト




 「第34回高崎映画祭」で『キューブリックに愛された男』『キューブリックに魅せられた男』の上映が決定しました。上映スケジュールは上記の通り。平日なのが残念ですが、どちらも素晴らしいドキュメンタリーですので、近隣在住の方はぜひこの機会をお見逃しなく。管理人の鑑賞レポートはこちら

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
academy_mu
公式サイトのプロモーション動画には「アリエス1B宇宙船」も登場。

 一体いつまで待たせるんだ・・・と待ち続けた、ロサンゼルスに開館予定の「アカデミー博物館」の開館日が2020年12月14日に決定したようです。当初は2017年、次に2019年と何度も延期になっていましたので、今回は確実・・・なんでしょうね?

 当ブログでも何回もご紹介している通り、この博物館で展示される予定の『2001年宇宙の旅』で実際の撮影に使用された現存する唯一のモデル、「アリエス1B宇宙船」もしっかりとPVに登場しています。修復は終わっているようで、窓の中もしっかり再現されていますね。

 映画ファンの聖地となり、ロサンゼルスの新たな観光スポットになるには確実でしょうから、いい施設にしたいのはよく分かるのですが、この建物、実は新築ではなく改築なんですよね。元々はメイ・カンパニーというデパートだった建物で、歴史的に価値があるとされたために改築に手間取ったのではないかと予想しています。まあそうだとしても「予定は未定」でしかないのはいかにもアメリカらしいですが。

 場所は、2013年に『スタンリー・キューブリック展』が開催されたロサンゼルスカウンティ美術館(LACMA)の隣。公式サイトはこちら。楽しみですね。

このページのトップヘ