キューブリックブログ記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
d2c07fcc-1
※ロキシー・シアター公開時のオリジナルポスター(クリックで拡大)


 本日2013年5月3日からキューブリック幻のデビュー作『恐怖と欲望』が日本で初公開になります。それを記念して当時のオリジナルポスターを転載いたします!!・・・・・えーと、これのどこが戦争映画なんでしょうか?(汗。これではまぎれもなく「ポルノ映画」ですね。キューブリックが封印したがったのも分かるような気がします。キャッチコピーが「閉じ込められた・・・絶望的な男と奇妙な半獣の女!」ですからね。写真も絶妙なトリミングをして軍服だとは分からないようにしてあるし。

 しかも、大きく扱われている女性写真は本編のものではないですよね。それにライフ誌からは「でかいの、見つけた!」と煽りコピーまで用意してもらってます。あと下1/3は同時上映の正真正銘のポルノ映画じゃないですか。

 当時キューブリックは何を思ってこのポスターを見たんでしょうね。個人的には自分の劇映画が初めて一般公開された喜びよりも、屈辱感や無力感など大いなる挫折を味わったんじゃないかと。その反動がフィルム買い占めによる封印や、次作『非情…』における商業映画指向への方向転換に表れているんじゃないかと想像するのですが。

 結局大手の配給会社に軒並み断られたのが全てだったのでしょう。ギルド劇場という独立系で細々と公開されるしかなかった無名の新人の「芸術映画」に人が集まる筈はなく、二束三文で場末のポルノ映画館に転売される・・・キューブリックの大いなる野心とは裏腹な、そんな現実の非情さをこのポスターが如実に示しているのではないでしょうか。

 そんな「芸術映画」の『恐怖と欲望』ですが、期待して本日を迎えたファンの方には冷や水をかける形になって申し訳けありませんが、くれぐれも過度な期待は慎みください。この記事では『アイアンマン3』とからめて紹介されちゃっていますが、間違ってもデートにこの映画を選ばないように。私は混んでいるGW中は避けて、平日を狙ってこっそり観てくるつもりです。

 日本公開オフィシャルサイトはこちら
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




 アーティスト製作によるフラッシュ・アニメーションを使ったキューブリックのフィルモグラフィ・ビデオです。それぞれの切り口とアイデアで見せてくれるビデオとなっていますが、日常的に某動画サイトでフラッシュやMMDの凄まじい完成度の動画を見慣れているせいか、どちらもいまいちインパクトに欠ける印象です。日本の動画師の方でどなたかチャレンジしてみませんか?このレベルなら優に超せそうな気がするんですが。
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※キューブリック作品のタイトルシークエンスを集めた動画。今後も使用フォントが判明すれば記事に追加して行きたい。

 フリーフォント(ユーザーが自主制作したフォント)の世界には有名な映画のタイトルロゴをマネて、アルファベット一式を作ってしまうという「ムービーフォント」というジャンルがあります。以下はキューブリック作品のムービーフォントと、キューブリック作品で使用された商用フォント(管理人調べ)です。

 フリーフォントは自主制作ですので、アルファベットの並びよってはバランスが悪くなるなるなど完成度はイマイチのものが多いです。著作権的にも黒に近いグレーで、一時期は削除対象だった事もありましたが、最近はそのあたりも緩くなってきているようです。とはいえ、使用は個人の範囲内に留めておき商用利用は控えましょう。

 商用フォントはウェブサイトや印刷物に使用されているフォントですので、当たり前ですが完成度が高いです。Adobe系のアプリやOSによっては自動でインストールされている場合がありますので、まずはご自分のPCを捜してみてください。リンク先は有料になっていますが、探せば無料でダウンロードできるサイトもあるようです。使用に関しては個人・商用とも問題ありません。

 各フォントの利用規約は守ってご使用ください。その他有名作品のムービーフォントはこちらからどうぞ。



アイズ ワイド シャット [Blu-ray]


アイズ ワイド シャット
ポスター・広告・タイトルシークエンス:Futura Extra Bold(商用フォント)



フルメタル・ジャケット [Blu-ray](amazon)


フルメタル・ジャケット
ポスター・広告:Anitlles(フリーフォント)
タイトルシークエンス:ITC Eras Ultra(商用フォント)



シャイニング [Blu-ray](amazon)


シャイニング
ポスター・広告:Shining NFI Demo Font(フリーフォント。デモ版となっているが、これは著作権違反を回避するためだと思われる。商用はやめておくのがベター)
タイトルシークエンス: Helvetica Light(商用フォント)



バリーリンドン [Blu-ray](amazon)


バリー・リンドン
ポスター・広告・タイトルシークエンス:ITC Souvenir Lightを基にデザインされたオリジナルフォント(未確認)
エンドタイトル:Cheltenham Roman(商用フォント)



時計じかけのオレンジ [Blu-ray]


時計じかけのオレンジ
ポスター・広告:Timepiece Font(フリーフォント)
※コロバ・ミルクバーのフォントについてはこちら



2001年宇宙の旅 [Blu-ray](amazon)


2001年宇宙の旅
ポスター・広告:Futura Bold(商用フォント)
タイトルシークエンス:Gill Sans Light(商用フォント。2001を2OO(オー・オー)1として使用しているようだ)



博士の異常な愛情 [Blu-ray](amazon)


博士の異常な愛情
ポスター・広告:Helvetica Bold Condensed(商用フォント)
タイトルシークエンス:Strangelove(フリーフォント・有料)、Major Kong(フリーフォント)



ロリータ [Blu-ray](amazon)


ロリータ
タイトルシークエンス:Perpetua Bold Italic(商用フォント)



スパルタカス [Blu-ray]


スパルタカス
タイトルシークエンス:Clarendon Wide Regular(商用フォント。タイトルだけ60〜65%程度平体をかけているようだ)



突撃 [DVD](amazon)


突撃
タイトルシークエンス:Bodoni系との情報があるが現在は同一フォントはない模様。



現金(ゲンナマ)に体を張れ [DVD](amazon)


現金に体を張れ
タイトルシークエンス:不明
ポスター・広告:種類がありすぎて不明



非情の罠 [DVD](amazon)


非情の罠
タイトルシークエンス:不明
ポスター・広告:Cheltenham FB Bold Condensed(商用フォント)



恐怖と欲望 Blu-ray(amazon)


恐怖と欲望
タイトルシークエンス:Century Old Style Roman(商用フォント)


 キューブリックはこの記事にとるとサンセリフ系を好んでいて、特にFutura、Helvetica、Universが好きだったそうです。キューブリック展や出版物でFutura系を使用しているのは故人の嗜好に合わせての事のようです。余談ですが管理人はFutura系は好きではありません。「j」の先が曲がっていないのをいつも指摘されますので使わないようにしています。そんな際はFrutigerがおすすめですね。


▼この記事の作成に当たり、以下のサイトを参考にいたしました。
STANLEY KUBRICK'S TYPOGRAPHY
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
02)
※ワーナー・ブラザース90周年記念特集(web site)

 映画.comとワーナーの共同企画「ワーナー・ブラザース90周年記念特集」でキューブリックが取り上げられています。今年はワーナー・ブラザーズの90周年だそうで力はいっていますね。ワーナーにはキューブリックはお世話になりっぱなしだったので、キューブリックファンにとっては特別な会社です。(BDのトリミングの悪評はさておき)ですから紹介文の「16歳にして撮影した写真がルック誌の表紙を飾るほどの腕前」を「ルック誌に採用されるほどの腕前」に可能なら訂正をお願いしたいです。表紙ではなく記事中の写真ですね。さすがに16歳の小僧の写真を表紙にするほどルック社も人材不足ではなかったでしょうから。掲載された写真とその経緯はここで紹介しています。
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
04)
Kubrick(iTunes Store)


 この記事でご紹介した通り、現在ロサンゼルスで開催中の『スタンリー・キューブリック・ザ・エキシビジョン』ですがオフィシャルアプリが無料でダウンロードできるようです。当時の貴重な撮影現場のスチール写真やポラロイド、撮影に関するメモやスケッチ、コールシートやスクリプトの一部、インタビューなど、かなりのボリュームが収められています。たぶんキューブリック邸に残っていた物の一部だとは思いますが、どれもサザビーズあたりに出品すれば高値落札間違いなしの貴重な歴史的資料ばかり。これらを読み込むだけでもかなりの充実度でしょう。

 もし日本語解説付きで日本での展示が実現すれば多分一日じゃ足りないしょうね。大型展示物はほとんどレプリカでしょうから、当時の雰囲気を味わうにはいいにしても、価値はあまりないでしょう。でも、こういった資料の展示は非常に価値があります。ただ、それを存分に味わうにはそこそこの予備知識を持ってないといけないでしょうから、現在の日本におけるキューブリックを取り巻く現状を考えると日本での開催は絶望的でしょうね。
【お願い】最近キュレーションサイト等で当ブログの情報を流用し、記事化したものが見受けられるようになりました。しかも引用元を記載せず、無断流用との指摘を避けるため、巧妙に文章を工夫している場合もあるようです。当ブログは、ブログ名「KUBRICK.Blog.jp」の明記とリンクを貼っていただくことを条件に、流用・引用など自由にご活用いただけます。許可も報告も不要です。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ