キューブリックブログ記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
rm

 『2001年…』でアートワーク全般を担当したロバート・マッコールが描いたストーリーボードです。スペース・ポッドがスターゲートを抜け、通常空間に戻るシーンのようです。クラークの小説版によると第42章の「見知らぬ空」のワンシーンだと推察できます。

 以前ここでも指摘したようにキューブリックは一旦はクラークの小説の忠実な映像化を試みていたようです。しかし結果そうならなかったのは小説をそのまま映像化すると陳腐になる、既に予算や時間を費やしすぎてしまった等の判断があったのだと思われます。キューブリック自身がインタビューで「わざと曖昧にする必要はなかった」と答えているように、リアルで説得力のある映像表現を目指していたら結果的に曖昧にせざるを得なかった、という事でしょう。

 キューブリックはその後、この「映像を暗喩・象徴的に使用し、演技や台詞で全て説明してしまう事を避ける」という手法を好んで使うようになり(『時計…』以外)、キューブリック作品の代名詞になっています。どうしても具体的に「そのものズバリ」を見せてしまう映像の特性を逆に利用したこの方法論はキューブリックが初めて用いたものではありませんが、「劇」映画が主流のハリウッドの映画界でここまで徹底的に、しかも高いクオリティを持って表現し続けたのはキューブリックが初めてである、と言い切って良いでしょう。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
sc
※映画には登場しなかったスターチャイルドと地球のカット。こういったアイデアも試されていたようだ。(imgur)


 画像共有サイトimgurに『2001年…』の撮影中のスチール写真が映画のストーリー順に並べられて(撮影順ではない)アップされていたのでご紹介。既知の写真もありますが、未見のものもチラホラありますね。特にディスカバリー号撮影風景はレアでしょう。こんなに大きな模型だったんですね。ムーンバスセットの写真も珍しいです。あとスターゲート合成前のポジとか、フロイド博士が寝ている時オリオン号の座席のモニタで流れていた車の映像の撮影風景とかは初めて見ました。

 白い部屋モノリスの前のボードにはしっかりと「ホテルルーム」と書かれています。この白い部屋をめぐってはインテリアがいつの時代のものかを巡って散々議論がされましたが、小説版の通り最初から異星人が用意したホテルの一室のつもりだったのが確認できますね。因にモデルとなったホテルはザ・ドーチェスターです。

 遠心機でプールのジョギングシーンなどを撮影したドリーに載ったカメラの写真もあります。遠心機は左右にパカっと分かれる構造になっていて、このカメラをセンターにして、それをセットが挟み込むような形になっていました。真ん中に走るつなぎ目はゴムになっていて、ドリーが過ぎた後は自然に隙間を隠してくれるようになっていたそうです。

 HALのロジック・メモリー・センター無重力シーンは主にワイヤーで俳優を吊り下げて真下から撮影しています。こうすればワイヤーが俳優自身の身体に隠れ、まるで宙に浮いているかのように見えます。その撮影方法もよくわかりますね。

 CGが影も形もなかった時代、柔軟な発想とアイデア駆使し、手間ひまを惜しまず膨大な時間をかけて製作された『2001年…』。こうして舞台裏を見ると、その素晴らしさに感嘆せざるを得ないと同時に、CGが登場するまで、こんな事をもう一回やろうなんて考える人が誰もいなかったのもよく理解できますね。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
hal
※THE HAL PROJECT(website)


 ずいぶんと前からあるサイトですが、改めてご紹介。HAL9000そっくりのスクリーンセーバーがダウンロードできます。隅々まで神経の行き届いたデザインが美しく、なかなかの再現度です。とりあえず2種類を無料で試用できますので、お気軽にお試しを。

 好みはフルスクリーン・バージョンですね。確かにコンソール・バージョンの方がHALらしいですが、あまりにもモロバレなので、ここは「分かる人には分かる」フルスクリーン・バージョンで通ぶりたいです。一見単なる普通にカッコイイスクリーンセーバーですから、インストールするPCを選ばないのもいいですね。研究や開発で使用しているPCならそれっぽくってなおさらよろしいかと。でも個人的にはスリープ派なのでスクリーンセーバーは使わないと思います(爆。

 映画でのこのモニター表示はダグラス・トランブルを始めとするスタッフの手描きアニメーションだったのは有名な話ですね。ワイヤーフレームのアニメーションはまさしくワイヤーフレームを実際に作成し、それを回転台の上に載せて少しずつ回転させながら撮影、それを画像処理してあのAE35ユニットなどのアニメーションを製作したそうです。何気ない映像ですが恐ろしく手間がかかっているのです。スタッフが逃げ出すのも無理ないですね。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1779717_633464426721513_633119672_n

 スタンリー・キューブリック・アーカイブズが公表した写真です。クルーズとキッドマン、それに夫妻の娘役だったマディソン・エジントンの三人がボートに乗っています。親子三人が揃っている事、夏服である事を考えれば、ビル一家が一夏を過ごしたアメリカ東海岸の高級リゾート地「ケープ・コッド」でのシークエンス様に撮影された、もしくは撮影を検討したものだと予想されます。『アイズ…』の劇中、アリスがこのケープコッドでの夏休みについて語るシーンがありますので、それ用に映像を準備したのでしょうか?

 こういった未公開画像はスタンリー・キューブリック・アーカイブズのフェイスブックで順次公表されています。この記事でご紹介した『2001年…』の未公開シーンの写真も同フェイスブックで公表されました。当ブログの右カラム最上部でRSSを取得し画像を掲載していますので、気になる方はチェックしてみてください。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Vivian_Kubrick_article

 キューブリックの三女で、現在家族と絶縁中のヴィヴィアンがキューブリックの命日に際し、プライベート写真をいくつかツイッターに投稿したようです。

 ここにその画像をまとめたブログがあります。もちろん未見で貴重なものばかり。特にアボッツ・ミードの自宅ベランダでキューブリックと抱き合う写真には感慨深いものがあります。でもこんなことをする時間があるなら一刻も早く怪しげな新興宗教団体エセ環境団体とは縁を切って、家族の元に戻って欲しいものです。

 ヴィヴィアン・キューブリックのツイッターアカウントはこちら。反政府集会に突然現れ、インタビューされた時の記事はこちら

追記:映画.comが『キューブリックの娘が「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」現場写真を公開』として記事にしています。
【お願い】キュレーションサイトやまとめサイト、個人ブログ等で当ブログの情報を流用し、記事化する場合は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク張ることを条件に、許可も報告も不要となっております。何卒ご協力を宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ