キューブリックブログ記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ae-35unit_1
AE-35ユニットをX線で調査するシーン。飛行機に詳しい方がこの映像を見るとジャイロスコープと気づくのでは?

ae-35unit_3
映画で使用されたプロップ。

ae-35unit_2
本物の飛行機のジャイロスコープ。機種を特定できる方がいらっしゃいましたらぜひご一報を。

 言われてみれば、確かにそんな感じ。『2001年宇宙の旅』でアンテナ台座に取り付けられ、HALの故意による故障の原因にされてしまった「AE-35ユニット」。実はこのプロップは飛行機のジャイロスコープを改造したものだったそうです。

 クラークの小説版『2001年…』では「ハガキ大の薄い板」だったのですが、キューブリックはなぜか大げさな箱型機械にしてしまいました。しかも2001年にしてはちょっとアナクロな感じ。どうして小説版通りに映像化しなかったのかは謎ですが、ハガキ大の薄い板を囲んで大の大人が雁首並べて「うーん・・・」と悩んでいる姿は画にならない、と判断したのかも知れません。某国家運輸安全委員会でもFDRやCVRを調べるシーンは、あの大きさだからサマになるんだと思います。

 AE-35ユニットはアンテナの方向を制御する装置。ジャイロスコープは飛行機の姿勢を制御する装置。飛行機に乗らない理由をキューブリックは

「お望みなら知恵者の臆病と呼びたまえ。実際の所、何年にも渡って私は自分が飛行を楽しんでいないことに気がついた。そして航空会社の広告では決して言わない、商業飛行の妥協のある安全基準に気づき始めた。それで私は船で旅行することにしたのさ」(出典:キューブリック/イメージフォーラム増刊)

と語っていますが、キューブリックはパイロット免許の所有者でもあったので飛行機に関しては「知恵者」のはず。ですので、AE-35ユニットとジャイロスコープとの共通性に気づき、それを取り寄せて改造することを指示したのかも知れませんね。

追記:AE-35ユニットのプロップのベースは、スペリー社のジャイロコンパス G.M.compass MK4 - 6B/563 だそうです。詳細はこちら

▼この記事の執筆に当たり、以下の記事を参考にいたしました。
AE-35 Unit Replication Project


KUBRICK.Blog.jp おすすめ記事





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 この『キューブリック・バイ・キューブリック』は、キューブリックと長年懇意であったフランスの映画評論家、ミシェル・シマンがキューブリック本人と関係者のインタビューをまとめたドキュメンタリーで、今年の「トライベッカ映画祭」で初公開される予定だったのですが中止になったため、現在アメリカでの公開を目指しているそうです。

 ミシェル・シマンといえば、当ブログのTwitterで毎日午前0時頃にbotでツイートしている『キューブリック語録』のソース本『キューブリック』の著者で、ファンにはお馴染みの人物。

 IMDbによると出演者は以下の通り。全てアーカイブ映像です。日本公開を期待したいですね。

スタンリー・キューブリック
ミシェル・シマン
マルコム・マクダウェル
ジャック・ニコルソン
シェリー・デュバル
スターリング・ヘイドン
アーサー・C・クラーク
マリサ・ベレンソン
R・リー・アーメイ
ヴィンセント・ドノフリオ
ピーター・セラーズ
ギャレット・ブラウン
ケン・アダム
レナード・ローゼンマン
トム・クルーズ
ニコール・キッドマン
クリスティアーヌ・キューブリック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 手塚治虫の代表作である『鉄腕アトム』は『アストロボーイ』と改題され、アメリカNBCのネットワークで1963年6月22日から1965年6月4日までオンエアされました。キューブリックは『博士の異常な愛情』のプロモーションのため、1964年頃にロンドンからニューヨークに居を移していましたので、ちょうどこのオンエアの時期と重なります。また、家族を同伴していたので、子供たちが観ていた『アストロボーイ』をキューブリックが観たであろうことは想像に難くありません。それについては手塚治虫本人も

 昭和三十八年の一月一日からアトムが始まり、アメリカで放映されだしたのが、同じ年の八月か九月(注:手塚治虫の記憶違いで、実際は6月から)くらいです。それで手紙が暮れ(注:実際は翌年の1964年末)にきたんです。(引用:【考察・検証】キューブリックが『2001年宇宙の旅』の美術監督を手塚治虫にオファーしたのは本当か?を検証する

と証言しています。

 キューブリックは『アストロボーイ』で描かれている未来イメージを気に入って、手塚治虫に『2001年宇宙の旅』(注:その頃はタイトルは決まっていなかったし、現在観るようなリアリズムに徹した映画になる予定ではなかった)の美術監督を依頼する手紙を出すのですが、キューブリックが『アストロボーイ』のテーマ性を感じ取るほど熱心に観ていたかは疑問です。ただでさえ多忙なキューブリックが数回のオンエアを観るだけならともかく、毎週欠かさず熱心に観る、というのはビデオのない当時ちょっと考えられません。結局この依頼は手塚治虫の「食わせなければならない家族(スタッフ)が大勢いるのでロンドンへは行けない」という理由で実現はしなかったのですが、このやりとりだけで「キューブリックは手塚治虫のファンだった」と判断するにはいささか飛躍が過ぎると思います。

 現に、昨年刊行された『2001年』制作に携わったスタッフの証言集をまとめた『2001:キューブリック クラーク』に、このエピソードは登場しません。また、キューブリックが他の手塚治虫の作品を観た(読んだ)という証言もありませんし、ましてやファンレターを手塚治虫に送った、という事実もありません。キューブリックにとって手塚治虫は「美術監督を依頼するに値する対象の一人」という認識であり(もちろんそれだけでも凄いことですが)、それ以上でもそれ以下でもなかったのではないかというのが実際ではないでしょうか。

 キューブリックがこの時欲していたのは「未来を映像化(視覚化)できる才能」であり、その中の一人が手塚治虫だったのでしょう。オファーを断られた直後、キューブリックは元NASAのフレデリック・オードウェイやハリー・ラングと知り合い、NASAの宇宙開発の現実を知ったキューブリックは急速にリアリズムの徹底へと舵を切ります。その頃には手塚治虫の存在はキューブリックの頭の中からすっかり消えていたことでしょう。

 逆に手塚治虫は

「ぼくはキューブリックの作品をいいかげんに見てた」「試写会で、画面に展開するロケットや月基地の光景を見ながら、ぼくは感慨無量であった。」

というコメントからわかるように、キューブリックへのシンパシーを増大させてゆきます。その影響はその後の手塚作品のあちこちに表出していますが、それはここで語らずとも自明でしょう。

 このように、直接の交流は二度にわたる手紙のやり取りのみだったのですが、キューブリックと手塚治虫の間には奇妙な共通性があります。『時計じかけのオレンジ』と『時計仕掛けのりんご』(手塚治虫はキューブリックが『時計…』の映画化を決定する前にこの作品を書いた)、『アーリアン・ペーパーズ』と『アドルフに告ぐ』(お互いホロコーストに興味があることを知らない)、『A.I.』と『鉄腕アトム』(元ネタが『ピノキオ』である偶然)・・・。西洋と東洋の二人の同い年の「天才」が興味を持ったテーマが似通っているのは、やはり二人の間に「共通する感覚」があったのだろうと思います。ですが、その「感覚」を根拠に「キューブリックは手塚治虫のファンだ」と断じるのは暴論というもの(長男である手塚眞氏がそういう分には微笑ましくも思えますが)。もしファンと言うとするならば、

「ぼくはキューブリックにどうしても会いたくて、ニューヨークに何回か行ったんだけれど、いつでもいなかったですね。いなかったのは当然で、撮影であちらこちら飛びまわっていたのでしょうね。(注:キューブリックがロンドンに居を据え、大の飛行機嫌いであることを知らなかった)」

と残念そうに語る、手塚治虫の「片思い」だったのではないでしょうか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
goroku
出典元の書籍(予定)。この他にも雑誌に掲載されたインタビュー記事からも引用する予定です。

 当ブログのTwitterアカウントに、キューブリックが語った思想、考え方、映画制作への取り組み方やノウハウ、その他趣味や嗜好など、キューブリック作品やキューブリック本人を理解するために有益だと思われるコメントを関連書籍から抜粋し、午前0時に自動ツイートするbotを登録・設定いたしました。当初は1年分、つまり365種類用意するつもりだったのですが、登録は200種類しかできませんでしたので、200とさせていただきます。ただ、諸事情からまだ107しか準備できていません。おいおい200まで登録するつもりですが、今しばらくお待ちください。また、登録順に呟いても面白くないので、ツイート順はランダムとさせていただきました。設定は午前0時ジャストなのですが、トラフィックの関係か数分遅れる場合もあるようです。

 今回このコメントを抜粋するにあたり、条件を設けさせていただきました。それは「キューブリック自身のインタビュー記事やコメントから抜粋する」ということです。第三者が聞いたコメントや、伝聞などは除外しております。キューブリックは自身のインタビュー記事を掲載前にチェックしますので、掲載しているコメントは「キューブリック自身が発した言葉で、それを自身がチェックしたもの」とご理解いただいて構いません。

 出典は以下の通りとなっております。ツイートを見て興味を持たれた方は、ぜひ出典元の書籍をお買い求めください。どれもおすすめの本ばかりです。これらキューブリックの考え方や発想、趣味・嗜好などを知ってからキューブリック作品を鑑賞すると、より理解が深まると同時に楽しみ方も増えることでしょう。この『キューブリック語録』がそのお役に立てれば幸いです。

【キューブリック語録001〜029】
出典:キューブリック/イメージフォーラム増刊『キューブリックかく語りき』

【キューブリック語録030〜071】
出典:キューブリック/イメージフォーラム増刊『キューブリック語録』

【キューブリック語録072〜077】
出典:キューブリック/イメージフォーラム増刊『キューブリック、あるいは偶然性の美学』

【キューブリック語録078〜092】
出典:キューブリック/ミシェル・シマン『最初のインタビュー/1972』

【キューブリック語録093〜107】
出典:キューブリック/ミシェル・シマン『2度目のインタビュー/1976』

※ご注意
・出典をそのまま掲載しておりますので、こなれていない文章になっている場合があります。
・Twitterの文字数に収まらない場合は、原文をなるべく損なわないように注意し、接続詞などの語句を一部カットしてます。
・掲載する語録は管理人の主観判断によるものですが、必ずしも管理人がその内容に共感しているとは限りません。
・各作品のネタバレについて言及しているものは掲載を見合わせました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
glamb

 ストリート系ファッションブランドglambより『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『シャイニング』『フルメタル・ジャケット』のコラボ登場し、ただいま予約受付中です。お届けは6月下旬になるそうです。

 一気に4作品、全13アイテムの投入ですが、デザイン性は上がってきていますね。まあそうでないと他社との差別化ができませんし、それぞれブランドコンセプトがあり、だからこそのこのお値段だと思います。

 ところで、やっぱりこの4作品しか商品化されないところを見ると、版権がクリアになっているのはこれらのみで、ワーナーが権利を有している『ロリータ』『バリー・リンドン』『アイズ ワイド シャット』はまだダメなんでしょうね。両作品ともファンはいますし、特に『ロリータ』は女子受けするのは確実でしょう。もし1000円以下の低価格でTシャツが発売されれば、争奪戦は必至だと思います。まあ、そんなことを門外漢がここで言わなくても、業界では虎視眈々と狙っているとは思いますが。

 サイズは全て0〜4までの5サイズ、先行予約は4月12日23時59分まで。ご予約は以下のリンクからどうぞ。

GB0220 / KU01 : 2001 hoodie
Color:White・Black
22,000円(税込)

GB0220 / KU02 : 2001 tailored JKT
Color:Black
39,600円(税込)

GB0220 / KU03 : 2001 tri layered CS
Color:White・Black
14,300円(税込)

GB0220 / KU04 : Star child T
Color:White・Black
7,590円(税込)

GB0220 / KU05 : Clockwork CS
Color:White・Black
12,100円(税込)

GB0220 / KU06 : Clockwork jodhpurs pants
Color:White・Black
25,300円(税込)

GB0220 / KU07 : Clockwork sweat
Color:Orange・Black
22,000円(税込)

GB0220 / KU08 : Alex T
Color:White・Black
7,590円(税込)

GB0220 / KU09 : Full Metal SH
Color:Black・Khaki
20,900円(税込)

GB0220 / KU10 : Full Metal sweat
Color:Black・Gray・Khaki
18,810円(税込)

GB0220 / KU11 : Full Metal T
Color:White・Black・
7,590円(税込)

GB0220 / KU12 : Shining layered CS
Color:White・Black
14,300円(税込)

GB0220 / KU13 : Shining T
Color:White・Black
7,590円(税込)

このページのトップヘ